ゆで卵の簡単時短レシピ!節約できるのは時間だけじゃない!

ゆで卵を時短で簡単に作ることができるレシピについてまとめました。時短になるだけでなく水を節約できるゆで卵の簡単レシピもご紹介。ゆで卵の時短レシピを取り入れれば、好みのゆで卵をすぐに作れるようになるので時間や水の節約になって便利です。

ゆで卵の簡単時短レシピ!節約できるのは時間だけじゃない!

目次

  1. ゆで卵を時短で作れるレシピが便利!
  2. 水を節約することが可能な時短ゆで卵レシピ
  3. フライパンで水を節約して時短ゆで卵を作ろう!
  4. 鍋なしで水も節約!炊飯で作る時短ゆで卵のレシピ
  5. ストレスフリー!時短ゆで卵をきれいにむく方法
  6. 時短ゆで卵で作りたい!味付け卵のレシピ
  7. ゆで卵たっぷり!リッチなポテトサラダのレシピ
  8. ゆで卵に味がしみて美味しい!手羽元の煮物レシピ
  9. 豪華なメイン料理に最適なゆで卵入りミートローフ
  10. ゆで卵の簡単な時短技を活用してみよう!

ゆで卵を時短で作れるレシピが便利!

簡単に時短につながるゆで卵の作り方が知りたい

ゆで卵はお湯を沸騰させて卵をゆでて、と意外と時間がかかるもの。ゆで卵を作る時はなるべく時間を節約しながら作っていきたいですよね。そのまま食べるだけでなく、いろいろな料理で使うゆで卵は時短で作れればとても便利。料理の効率を下げることなく、ゆで卵を活用することができるので時短技を知っておくと役立ちます。

時短ゆで卵で節約していこう!

「時間を節約できるゆで卵の時短技を知りたい!」「時間だけでなく、水も節約できるゆで卵の作り方を知りたい」というときに役立つ時短ゆで卵の情報をまとめました。時短ゆで卵の作り方を知っておけば、あらゆるシーンで役に立つはず。日常的な調理に便利な時短ゆで卵の作り方をチェックしていきましょう!

Thumbゆで卵は水から何分ゆでる?半熟と固ゆでの時間を調べてみた!

水を節約することが可能な時短ゆで卵レシピ

お玉1杯分の水と卵を鍋に入れる

それでは早速、時短で作れるゆで卵のレシピを見ていきましょう。卵は常温に戻して鍋に入れます。お玉1杯分の水を加えたら蓋をし、強火で3分加熱してください。

蓋をして加熱し、放置したら時短ゆで卵の完成

3分が経ったら火を止めて、蓋をした状態で3分放置します。これで半熟ゆで卵の完成。固ゆでにしたい時は、6分加熱しましょう。普通にゆで卵を作るよりも時間をおさえられるのに加えて、水の分量も少なくて済むのが嬉しいポイント。ゆで卵を作る時にたくさんの水を沸かすのは面倒だったり、光熱費をおさえたいときにおすすめの方法です。

フライパンで水を節約して時短ゆで卵を作ろう!

フライパンに2cmくらいの水を入れる

フライパンに2cmくらいの高さまで水を入れて沸騰させましょう。冷蔵庫から取り出したばかりの卵を入れ、ときどき転がしながら3分加熱してください。転がすことによって、黄身を中央に持っていくことができるので断面が綺麗なゆで卵が作りたい時はぜひ転がしてみましょう。

加熱したら火を止めて、しばらく置いたら時短ゆで卵の完成

火を止めて、そのまま10分おきましょう。これで半熟状態のゆで卵の完成。ぜひ試してみてくださいね。

Thumbゆで卵の賞味期限と保存方法を調査!冷蔵庫や常温では何日?

鍋なしで水も節約!炊飯で作る時短ゆで卵のレシピ

お米と一緒に卵を入れるだけ

鍋を使わずにゆで卵を作ることもできます。炊飯器でご飯を炊く時にお米の上にゆで卵をのせて、通常通り炊飯をするだけでOK。ご飯を炊くついでにゆで卵が作れるので便利です。

固ゆで卵を作りたい時に活用しよう

これは固ゆでをしたい時におすすめの方法。半熟にしたい時は、他の2つの方法を取り入れてくださいね。

ストレスフリー!時短ゆで卵をきれいにむく方法

ゆで卵を氷水で冷やす

ゆで卵の殻をむく時、きれいにむけないことがありますよね。その場合、まずは茹でたてのゆで卵を氷水につけましょう。冷ましてから殻をむくことで、きれいにむけます。

卵の底に画鋲をさす

殻の底の部分に画鋲をさしてからゆで卵を作り、氷水で冷やしてから画鋲を外します。そのまま殻をむいても、きれにむくことができるのでぜひ取り入れてみてくださいね。

Thumbゆで卵の殻のきれいなむき方!簡単にできる裏技を比較検証!

時短ゆで卵で作りたい!味付け卵のレシピ

味付け卵に必要な材料

美味しいゆで卵を作れた時におすすめしたいのが味付け卵のレシピ。しっかりと味がしみこんだ味付け卵は、いろいろな料理に使えるのでとても便利。ラーメンなどのトッピングに使ったり、丼にトッピングしたりとさまざまなアレンジが可能です。ゆで卵が余ってしまった時の保存方法としてもおすすめ。美味しい味付け卵をストックしておきましょう!

味付け卵に必要な材料は、ゆで卵1個、砂糖小さじ1/3、醤油10ml、みりん10mlになります。お好みで和風だしの素を調味液に入れると風味がアップ。調味料の分量はゆで卵1個あたりのものになるので、作りたい味付け卵の量に合わせて調整してください。ラー油を入れて辛味を加えたりと、アレンジも楽しんでみてくださいね。

いろいろ使えて便利なレシピ

ジッパー付き保存袋の中に醤油・みりん・砂糖を入れ、好みの方に茹でたゆで卵も入れます。空気を抜いてしっかりと密閉したら冷蔵庫に入れ、半日おきましょう。味がしっかりと全体にまわるように途中で何回からゆで卵をひっくり返すのがポイント。しっかりと味をつけたい時は1日漬けるのがおすすめ。好みの味付けの濃さになったら完成です。

ゆで卵たっぷり!リッチなポテトサラダのレシピ

ポテトサラダに必要な材料

ポテトサラダを作る時も、ゆで卵の時短技を活用すればスムーズ。時短で作ったゆで卵をたっぷり入れることによって、リッチな味わいのポテトサラダに仕上がることができます。ポテトサラダは余ったとしてもサンドイッチにはさんだり、コロッケにアレンジしたりといろいろなリメイクができるのが嬉しいポイント。ぜひ時短ゆで卵で作ってみてはいかがですか。

ポテトサラダに必要な材料は、ジャガイモ2個、ゆで卵2個、玉ねぎ1/8個、ハム2枚、きゅうり1本、牛乳大さじ1、酢小さじ1、マヨネーズ大さじ2、塩胡椒になります。マヨネーズにはからしを入れて風味をプラスするのもおすすめ。大人風味のポテトサラダにしたい時はからしを加えてみてはいかがですか。ニンジンなど好みに合わせて具材も増やしましょう。

簡単なレシピ

キュウリを輪切りにしたら塩をふり、しばらくおいて水分が出てきたら絞ります。玉ねぎは薄くスライスし、水にさらしましょう。10分ほどさらしたら水からあげ、キッチンペーパーなどで水気をとっておきます。ジャガイモの皮をむいたら4等分にして沸騰したお湯で茹で、茹で上がったら茹で汁を捨ててください。

粉ふきいもを作るようにジャガイモを中火にかけながら水分を飛ばし、熱いうちにマッシャーでつぶします。酢を加えて全体に味をなじませたら、マヨネーズと塩胡椒も加えて味を整えましょう。ゆで卵は粗く刻み、ジャガイモと合わせます。ジャガイモの熱が冷めたらキュウリと玉ねぎも加えて混ぜ合わせて完成。

ゆで卵に味がしみて美味しい!手羽元の煮物レシピ

手羽元の煮物に必要な材料

ゆで卵にしっかりと味がしみこんだ手羽元の煮物は、食べ応えのあるメイン料理が欲しい時にぴったり。時短技を使えば、一度にたくさんのゆで卵を作れるのでボリューム満点の手羽元の煮物を作ることができます。調味料には酢を入れるのがポイント。酢を入れることでさっぱりとした風味になる他、鶏肉を柔らかく仕上げることができます。

手羽元の煮物に必要な材料は、ゆで卵2個、手羽元6個、酢1/4カップ、醤油1/4カップ、水1/4カップ、鶏がらスープの素小さじ1、砂糖大さじ2になります。大根やニンジン、ゴボウなどの根菜類を入れてボリュームアップするのも良いですね。冷蔵庫に根菜類が余っている時は、入れてみましょう。彩りを添えたい時は青ネギを刻んでトッピングします。

簡単にできるレシピ

手羽元とゆで卵を鍋に入れたら、水・醤油・酢・鶏がらスープの素も加えて火にかけます。ひと煮たちさせたらアクをとり、落し蓋をして弱火で20分ほど煮込みましょう。水分が飛び、全体に味が馴染んだら完成です。

豪華なメイン料理に最適なゆで卵入りミートローフ

ミートローフに必要な材料

ゆで卵を使って豪華なメイン料理を作りたい!というときにぴったりなのがミートローフです。ゆで卵をたっぷり入れることによってボリュームアップし、食べ応えのあるメイン料理に。見た目が豪華なのでおもてなし料理や、記念日のディナーにもぴったりです。お祝い事があるときなどに時短ゆで卵を使ってミートローフを作ってみてはいかがですか。

ミートローフに必要な材料は、合挽き肉300g、生卵1個、ゆで卵3個、パン粉40g、牛乳1/2カップ、ニンジン1/2本、バター15g、ミックスベジタブル50g、玉ねぎ1/2個、ケチャップ1/4カップ、ウスターソース1/4カップ、塩胡椒になります。ミックスベジタブルがない場合は省いてもOK。風味を加えたい時は肉ダネにナツメグを入れましょう。

気軽に作れるレシピ

生卵と牛乳を混ぜ合わせたらパン粉も加え、ふやかしておきます。ニンジンはすりおろしましょう。玉ねぎはみじん切りにします。フライパンにバターを溶かし入れたら玉ねぎとミックスベジタブルを炒め、玉ねぎがしんなりしたら火を止めて熱を冷ましてください。

玉ねぎとミックスベジタブル、合挽き肉、パン粉、ニンジン、塩胡椒をボウルに入れて粘りが出るまでこねます。パウンド型を用意し、1/3の高さまで肉ダネを詰めたら殻を剥いたゆで卵を並べてください。残りの肉ダネをのせ、200℃のオーブンで35分焼きます。ミートローフを型から取り出し、出てきた肉汁とケチャップ、ウスターソースを混ぜ合わせたソースをかけたら完成。

ゆで卵の簡単な時短技を活用してみよう!

ゆで卵の時短技は、時間だけでなく水を節約できるのが魅力。効率的にゆで卵が作れれば、他の料理にも使いやすいので便利ですね。ぜひゆで卵の時短技を活用してみてください!

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2020-11-30 時点

新着一覧