豆乳を使った味噌汁は美味しくてヘルシー!人気のレシピをすべて紹介!

大豆で作られている豆乳はヘルシーですが、毎日飲むのは中々難しいですよね。しかし、豆乳を味噌汁に加えたレシピが人気だというのをご存知でしょうか?毎日飲む味噌汁にヘルシーな豆乳を加えた「豆乳の味噌汁」の美味しいレシピやアレンジ、おすすめ具材をご紹介します。

豆乳を使った味噌汁は美味しくてヘルシー!人気のレシピをすべて紹介!

目次

  1. 豆乳は栄養抜群の飲料です!
  2. 豆乳は料理に使いやすい!
  3. 毎日の「味噌汁」に豆乳を加えて気軽に摂取しよう
  4. 基本の豆乳味噌汁の作り方
  5. 豆乳の味噌汁におすすめの具材〜野菜編〜
  6. 豆乳の味噌汁におすすめの具材〜タンパク質編〜
  7. 豆腐と野菜たっぷりの豆乳味噌汁レシピ
  8. 美容効果に期待!鮭入り豆乳味噌汁のレシピ
  9. 甘くてクリーミーなさつまいもの豆乳味噌汁
  10. 栄養たっぷりで美味しい豆乳のお味噌汁を楽しもう

豆乳は栄養抜群の飲料です!

豆乳はヘルシーと言われていますが、定期的に個人で購入したり飲んだりしているという方は意外と少ないのではないでしょうか?また、ヘルシーとは言ってもどれくらいヘルシーだかをご存知ないという方も多いと思います。

豆乳の栄養とは?

豆乳は大豆からできているため、タンパク質が非常に豊富です。また、大豆には女性は特に摂取したい「イソフラボン」が豊富に含まれています。イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするため、美容を気にする方や更年期障害などでホルモンの減少に悩む方などは積極的に摂りたい食材です。

大豆は消化に悪く、吸収されにくいのですが、豆乳は液体のため本来の大豆よりも吸収率がよく、その栄養を生かすことができます。タンパク質・ビタミンなど人間にとって必要な栄養素も入っていて牛乳よりも脂質が少なく、無調整であれば糖質も少ないのでダイエット中にもぴったりとされています。

豆乳は料理に使いやすい!

栄養価が高く、ヘルシーだとわかっていても、豆乳は飲み物として考えるとクセが強く飲みにくさを感じる方が非常に多いと思います。しかし、豆乳は豆腐などと同じように大豆からできているのでそのまま飲むのではなく、料理に使い、他の調味料や食材と一緒に味をつけることで摂取しやすくなります。

例えばクリームソースを作るときなどは牛乳・生クリームの代用として豆乳を使うといった方法が定番です。クリーミーさもありつつ、乳製品よりもヘルシーなのでダイエット中の方や健康に気を使う方などは豆乳を使うことが多いそうです。

毎日飲む味噌汁に豆乳を加えてみよう

しかし、毎日洋食のこってりしたクリームを作ったりはしないですよね。でも、手軽に豆乳を摂取したいという方におすすめなのが味噌汁です!味噌汁に豆乳!?と思われる方もいると思いますが、味噌は大豆でできているため豆乳と相性が良いんです!

また、味噌汁に使われる油揚げや豆腐なども豆乳とおなじく大豆製品です。大豆製品と出汁の相性はいいので、豆乳を入れることでまろやかさがアップし、そのままのものを飲料として飲むよりも飲みやすさがアップします。

毎日の「味噌汁」に豆乳を加えて気軽に摂取しよう

また豆乳の味噌汁は通常の味噌汁と同様に、色々な具材で楽しむことができ、まろやかでクリーミーになることから洋風の野菜や具材などにも合いやすくなるんです!

ここからは、豆乳の味噌汁の作り方やアレンジレシピ、おすすめの具材などをご紹介します。手軽に豆乳を摂取できて美味しいので、ぜひご家庭の定番の1つにしてみてください。

基本の豆乳味噌汁の作り方

ではまずは基本の作り方を覚えましょう!と言っても難しくはなく、通常の味噌汁の作り方とほぼ変わりません。

まずだしの素を入れた水に具材を入れ、柔らかくなるまでよく煮ます。具材が柔らかくなったら、仕上げに豆乳と味噌を溶きながら加えるだけで豆乳の味噌汁の完成です。具材も煮えにくいものは最初に、煮えやすいものは後からなど、基本の味噌汁レシピと変わりません。

豆乳味噌汁に使うのは「無調整豆乳」を

1つ注意したいのは、使う豆乳です。市販の豆乳は調整豆乳と無調整豆乳の2種類が販売されていますが、味噌汁をはじめ豆乳を使った料理を作るときは「無調整」のものを使いましょう。調整豆乳は甘みがついていて、そのままで飲みやすいようになっている変わり、料理には向きません。

豆乳の味噌汁におすすめの具材〜野菜編〜

キャベツ

基本の味噌汁の作り方がわかったところで、豆乳の味噌汁をアレンジして飽きがこないように召しあがれるおすすめの具材(野菜)をご紹介します。まずご紹介するのはキャベツです。

キャベツを豆乳の味噌汁に入れると甘みが引き立ち、とても美味しいと評判です。キャベツはスープなどに入れると甘みが増しますが豆乳味噌汁のクリーミーさとその甘さが相性抜群です!他の具材も合わせて入れてアレンジを加えても、キャベツだけのシンプルなものも美味しいですよ。

きのこ

クリームシチューやクリームパスタなど、クリームソースに合いやすいきのこは豆乳にも合う食材です。安価で手に入りやすく、ローカロリーで毎日の食事にぜひ取り入れたいものでもありますよね。豆乳の味噌汁に舞茸やエノキなどのお好きなきのこを入れて飲むのもとってもおすすめです。

ほうれん草

ほうれん草も上記のきのこ同様、クリーム系に合いやすい野菜ですね。またお醤油などの発酵食品とも相性がいい食品です。よって、豆乳味噌汁の具材にもぴったりです!ほうれん草のグリーンが豆乳に映えて彩も綺麗ですし、栄養価も高いのでおすすめです。

豆乳の味噌汁におすすめの具材〜タンパク質編〜

豆乳のお味噌汁は普通のお味噌汁に比べてクリーミーで満腹感がアップしますが、より満足感のある汁物を作りたいという時もありますよね。そういう時におすすめなタンパク質の食材は、美味しいだけではなく入れることで栄養価もアップします。まずご紹介するのはまったりとした甘みが人気の卵です。

卵は味噌と豆乳を加えた段階で落とし、お好みの硬さになれば完成です。卵も安価なのに栄養価が高く、豆乳と合わせて摂りたい食材です。卵を入れることで満足感もアップするので朝食の味噌汁としてもおすすめです。

油揚げ

また、豆乳と同じ大豆製品である油揚げもおすすめの食材です。揚げてあるぶん旨味も強く、野菜だけでは物足りないと感じた時には食べ応えも旨味もアップさせてくれる食材ですよね。油揚げも卵同様安価で手に入りやすく、毎日の食事にぜひ生かしたいものの1つです。

豆腐と野菜たっぷりの豆乳味噌汁レシピ

続いては豆乳味噌汁のアレンジレシピをご紹介します。豆乳と同じく大豆製品であるお豆腐は安くて美味しいのでどのご家庭にもストックのある食品ですよね。この豆腐を豆乳味噌汁に入れることでボリュームもアップします。また野菜もたっぷり入れることでお味噌汁なのに満足感のある1品に仕上がりますよ。

作り方は、だし汁を火にかけて沸騰させます。きのこ類や短冊形に切った大根、にんじんなどの具材を入れます。野菜に火が通ったら、食べやすい大きさに切った豆腐を加えます。鍋がフツフツしてきたらお味噌と豆乳を加えて完成です。

ネギをトッピングしたり、七味などをかけるとより美味しくなるのでおすすめです!朝食にはこれとご飯だけでも充分な満足感があり、なお栄養も取れます。お味噌汁だけで野菜とタンパク質がたっぷり摂れるので栄養バランスがよくおすすめです!

美容効果に期待!鮭入り豆乳味噌汁のレシピ

鮭はアンチエイジングに良いとされているお魚だということをご存知でしょうか?それにイソフラボンがたっぷり入った豆乳を使って、鮭入りの豆乳味噌汁にすれば女性に嬉しい栄養の詰まった味噌汁ができます。鮭を入れることで食べ応えもアップし満足感もある味噌汁になりますよ。

鮭は一口大に切っておき、人参と里芋はいちょう切り、ごぼうはささがきにしておきます。だし汁に人参、ごぼう、さといもを加えて柔らかくなるまで煮ます。そこに鮭、酒、豆乳を加えてひと煮立ちしたら火を弱めて味噌を入れ沸とうする少し前で火を止めれば鮭入りの豆乳味噌汁の完成です。

また上記の野菜以外にもこんにゃくや豆腐、ネギなど色々な野菜を加えたりしてアレンジをするのもおすすめです。鮭は味噌とも乳製品とも相性がいいので、豆乳味噌汁にもぴったりの食材ですよ。

甘くてクリーミーなさつまいもの豆乳味噌汁

甘くて美味しいさつまいもをクリーミーな豆乳味噌汁に入れれば甘みがより引き立った美味しい味噌汁になります。さつまいもを入れることでボリュームもでる上に美味しく、ビタミンも豊富なので栄養価も抜群です!美味しいさつまいもの豆乳味噌汁を作ってみましょう。

さつまいもを食べやすい大きさに切って、水にさらしておきます。玉ねぎと油抜きした油揚げも食べやすく切っておきます。鍋に具材とだし汁を加えて、さつまいもが柔らかくなるまで火にかけ、柔らかくなってきたら味噌を溶き入れて、すりおろした生姜と豆乳を加えます。ひと煮立ちしたら、さつまいもの豆乳味噌汁の完成です。

まるでスープのような、でも味噌の優しい味わいのする豆乳味噌汁が完成します。こちらももちろん冷蔵庫の中身をみて野菜を増減させるのもおすすめです。さつまいもの美味しい時期にぜひ試してみてくださいね。

栄養たっぷりで美味しい豆乳のお味噌汁を楽しもう

美味しい豆乳の味噌汁の作り方やアレンジ、そして豆乳のメリットなどをご紹介しました。飲料としては好き嫌いの出やすい豆乳ですが、味噌汁やスープなどにするととても飲みやすく、毎日の食事から気軽に豊富な栄養を摂取することもできます。

女性はぜひ摂取したい豆乳を、毎日の味噌汁に加えてヘルシーな食卓を作ってみませんか?ご紹介したアレンジなどを活用すれば、バリエーションも広がり、飽きも来にくく美味しいのでおすすめです!

料理に関する記事はこちらも

Thumbうどんのアレンジレシピ!ちょい足しで人気の料理に簡単リメイク!
Thumb冷製パスタの人気レシピ20選!トマトやツナを使った簡単料理を紹介
Thumbグリルパンのレシピ!魚焼きグリルで鶏肉や野菜の人気料理が簡単に!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-09-26 時点

新着一覧