枕の洗い方!素材ごとの正しい洗濯方法のコツと乾かし方まとめ

毎日使っている枕は日々の汚れが付着して見た目にはわからない汚れがたくさんついています。枕の種類によって洗い方や洗濯方法が異なりますので、今回は枕の正しい洗い方や洗濯方法をご紹介します。清潔な枕で快適に過ごしてくださいね。

枕の洗い方!素材ごとの正しい洗濯方法のコツと乾かし方まとめ

目次

  1. 意外と知らない枕の洗い方
  2. 洗濯しない枕は不衛生!
  3. 枕の洗濯方法:ポリエステルわた枕の洗い方
  4. 枕の洗濯方法:パイプ・ビーズ素材枕の洗い方
  5. 枕の洗濯方法:羽毛・フェザー素材枕の洗い方
  6. 枕の洗濯方法:ウレタン素材枕の洗い方
  7. 枕の洗濯方法:ウレタン低反発素材枕の洗い方
  8. 枕の洗濯方法:穀物素材枕の洗い方
  9. 枕の洗濯方法:スポンジ素材枕の洗い方
  10. 枕の洗い方①洗濯機を使う
  11. 枕の洗い方②手洗いで洗濯
  12. 枕の洗い方③洗濯はクリーニングにおまかせ
  13. 枕の洗濯方法:乾かし方は2種類ある
  14. 枕の洗濯方法:枕カバーの洗い方・乾かし方
  15. 正しい洗い方で清潔な枕を保ちましょう

意外と知らない枕の洗い方

毎日使っているその枕は、最近いつ洗濯しましたか?天気の良い日に外に干したり、風通しの良い場所に置くことで少しは良くなるかも、と思ってしまいますが実は枕も洗濯しておかないとダニやカビが発生しやすくなってしまいます。

ヘトヘトで帰宅したときなど、お風呂にも入らずに布団やベッドにバタンと横になったりお化粧を落とさずに枕に顔を埋めてしまうとたくさんの汚れが枕に付着してしまいます。お風呂上がりの清潔な髪をその枕につけるのは少し抵抗がありますね。

お使いの枕が洗濯できるものかどうか、まずは洗濯表示タグなどを見て調べてみましょう。枕の種類によって洗い方や乾かし方が異なりますので、正しい洗い方や乾かし方を知って清潔な枕を保つようにしましょう。枕を清潔な状態に保つことで快適な眠りや目覚め、枕の寿命を伸ばすことができますよ。

洗濯しない枕は不衛生!

枕を洗うことなく放置しておくと、ダニやカビが発生してしまいます。発生したダニやカビは人体にどのような影響を及ぼすのでしょうか。ダニによって体や頭皮にかゆみが出たり、汚れが頭皮に移ってしまったりと良くない影響が非常に多いので気をつけましょう。

チリダニが付着!

屋内にいるダニの種類の中で最も多いと言われているのがチリダニです。チリダニが屋内に生息しやすい理由は、人間の汗や皮脂が好物なので枕はチリダニが最も生息しやすい場所と言えます。チリダニだけでなく、チリダニから排出されるフンもアレルギーを起こしてしまいます。

カビが発生!

枕を洗わずに放置しておくと、フケの原因と言われるマラセチア属真菌が発生してしまいます。皮膚炎や抜け毛の原因にもなってしまいますので頭皮が気になる方は枕のお手入れが必須です。頭皮そのものを清潔にしても、枕が汚れてしまっていては効果が薄れてしまいます。

枕の洗濯方法:ポリエステルわた枕の洗い方

ポリエステルわたは水洗いができる枕と水洗いができない枕の2種類あります。水洗いできないものを誤って洗濯してしまわないように、あらかじめ洗濯表示タグや商品を確認して洗濯ができるかどうかの確認を行っておきましょう。

洗濯可能なポリエステルわた枕

水洗い可能なポリエステルわた枕なのであれば、洗濯機で洗うこともできますが枕の奥の汚れまでは取れないこともあります。そういったことがないように、使い終わったお風呂のお湯などを使って洗うと奥まで洗剤が行き届きます。乾かし方は天日干しをするようにしましょう。

洗濯できないポリエステルわた枕

基本的には水洗いができるポリエステルわた枕ですが、商品によっては水洗いが出来ない場合があります。その場合、手洗いや洗濯機を使って洗うことはやめましょう。天日干しをして雑菌や日光消毒することで清潔に保つことが可能です。

枕の洗濯方法:パイプ・ビーズ素材枕の洗い方

化学繊維系素材の枕は水洗いが可能です。ビーズ素材は、商品によって洗濯できない枕もあるので洗濯表示タグや商品を確認して洗濯できるかどうか確認しておきましょう。洗濯する際は、中身が飛び出さないようにファスナーがしまっていることを確認してください。

洗濯ネットに入れ洗濯機で洗濯していきましょう。洗剤は、中性洗剤を使用して「ドライコース」を選んで洗うことで枕の中身を傷めずに洗うことができます。洗い終わったら、中身が偏ってしまっているので全体を平らにならしてあげましょう。

全体が均一になったら天日干しで乾かしましょう。完全に乾くまでに数日必要になることがあります。天候の良い週間を選んで中までしっかり乾かしてください。乾ききっていないと、枕の中でカビが発生してしまい不衛生な状態になります。

枕の洗濯方法:羽毛・フェザー素材枕の洗い方

羽毛枕やフェザー枕は水洗いできない素材になっています。基本的には、週に一度風通しの良い場所に置いて陰干しをすることをおすすめします。陰干しした後は、中身が痛んでしまわないように優しく揉んでほぐしてあげると良いでしょう。

羽毛・フェザー素材枕の水洗い方法

汚れが気になって水洗いをしたい!そんなときは、中性洗剤を使用してもみ洗いを行いましょう。洗濯機に入れてしまうと羽毛が痛んでしまう危険性があります。お風呂場やシンクなど広いスペースで押し洗いをしてしっかり泡をすすぎましょう。

すすいだあとは、洗濯機の脱水を行って乾かしていきましょう。天日干しをすることで枕の嫌な臭いを取ることができます。完全に乾くまで数日かかりますので両面を乾かすようにしてください。羽毛は洗いすぎてしまうとふわっと感が無くなりますので気をつけましょう。

枕の洗濯方法:ウレタン素材枕の洗い方

ウレタン素材枕は水洗いできない枕です。ウレタン素材枕は風通しの良い場所に置いて定期的に陰干しをすることで枕を長持ちさせることができ清潔に保つことができます。ウレタン素材の空気孔に風を通してあげることで通気性が良くなります。

間違って水洗いをしてしまったときには、完全に乾かし切りましょう。1週間程度陰干しをすることで枕の奥まで乾かすことができます。汚れが付着したときは、濡れガーゼなどで汚れを落として陰干しをしましょう。強くこすると破けることがあります。

天日干しは禁止!

ウレタン素材枕は天日干しをしてしまうと、品質が劣化して硬くなってしまいます。ずっと日陰に置いていたら日光消毒したくなってしまいますが、枕を長持ちさせて気持ち良く使用するためにも天日干しは行わないようにしましょう。

枕の洗濯方法:ウレタン低反発素材枕の洗い方

低反発枕の洗い方は、お風呂場や洗面所など広いスペースで行いましょう。バケツやオケに水を張って枕をつけ置き洗いをしましょう。洗剤は少量入れるだけで構いません。洗剤がなくなるまでゆっくり優しく揉みながら洗っていきましょう。

洗い終わったら泡を流していきましょう。力一杯絞ってしまうとウレタンが破けれてしまい枕が使えなくなってしまうので、上から押し潰すように水を流していきましょう。流し終わったらバスタオルなどで枕を包んで水分を取ります。

乾かし方は天日干しをするようにしましょう。水分が溜まりやすいので乾かすのに時間を要してしまいます。向きを変えながら全方向がしっかり乾くようにしましょう。乾燥機などを使用すると枕が痛んでしまうので、自然に乾かしてくださいね。

枕の洗濯方法:穀物素材枕の洗い方

独特の感触に虜になる方が多い穀物素材枕はそばがら・もみがら・あずきと種類もたくさんあります。穀物素材枕は水洗いができない素材になっています。穀物の特徴上、一度濡らしてしまうと完全に乾かすことが非常に難しいと言われています。

穀物素材枕を使用するときには枕カバーを装着させることで、カバーを洗うだけで中身を洗わずに済むようになっています。枕自体は天日干しをすれば日光消毒ができて枕を痛めることなく清潔に保つことができるようになっています。

中のそばがらなどを手入れしたいとお考えであれば、中身だけ別売りで販売されています。通販などを利用すれば滅菌している新品の枕の中身のそばがらを取り替えることができるので、長く使うことができますね。枕カバーは定期的に洗うようにしましょう。

枕の洗濯方法:スポンジ素材枕の洗い方

スポンジ枕は水洗いができなくなっています。洗濯表示タグや商品を確認するようにしましょう。汗や汚れが染み込みやすいスポンジ素材は、乾燥しただけでは汚れが気になってしまう方も多いのではないでしょうか。スポンジ素材は水を吸収しやすいので丸洗いをしてしまうと乾かすときに時間を要してしまいます。

さらに、スポンジの特性上奥まで水を吸収して使うたびに中から水が出てきてしまうこともあり得ます。スポンジ素材枕の洗い方などもありますが、心配なのであれば洗濯はせずに風通しの良い場所に長時間置いて定期的に湿気を取り除いてあげましょう。

枕の洗い方①洗濯機を使う

まず、枕についている枕カバーを外してください。別々に洗うことで汚れもしっかり落とすことができます。自分でつけるタイプのカバーであれば簡単に外すことができますが元々付いているカバーであれば外すことを忘れてしまいますのでよく確認してくださいね。

洗濯機を使った洗い方

洗濯ネットに枕を入れて、洗濯機の中へ入れます。枕が大きくて洗濯機が回らないようであれば洗濯機に入れることはやめておきましょう。本体を傷つけ、洗濯機自体の故障につながることもありますので手洗いまたはクリーニングを使用しましょう。

洗濯モードを「手洗い」または「ドライ」のコースを選んで洗濯を始めましょう。洗剤は中性洗剤を使用するようにしてください。洗濯機の脱水が終わったら取り出して、全体を平たくして天日干しにしましょう。中身が完全に乾ききるまで数日干してください。

枕の洗い方②手洗いで洗濯

まず、枕についている枕カバーを外して手洗いができる枕かどうかの確認を行いましょう。枕についている洗濯タグに手洗いの表示が載っています。手洗いをするときは広いスペースが必要なので、お風呂場や洗面所などで行うようにしてください。

手洗いでの洗い方

シンクやバケツ、オケなどに水を張って中性洗剤を入れます。枕全体の汚れを落とすように端から真ん中へ向かって洗っていきましょう。揉みながら洗うことで奥まで洗剤が届き、汚れを奥から取り除くことができます。時間がかかりますが大切な作業です。

全体をもみ洗いしたら、水でよくすすぎましょう。洗剤の泡は奥の方まで染み込んでいるので、時間をかけてゆっくり押しながら泡を流してくださいね。洗い終わったら絞らずに、押しながら水を切っていきましょう。風通しの良い場所で数日かけて乾かしてください。

枕の洗い方③洗濯はクリーニングにおまかせ

枕についている枕カバーを外すようにしましょう。もし、枕カバーも汚れが大きいのであれば一緒にクリーニングに出しても構いません。枕のサイズが大きくて洗濯機を使いたくない、洗えない素材だけど綺麗にしたい、などであればクリーニングもおすすめです。

自力で洗うことのできない羽毛の枕などは、クリーニング店によっては取り扱ってくれる場合もあります。買い替えせずに清潔な状態を保つのであれば、クリーニングを利用した方が簡単にスピーディに出来上がりますね。プロの腕なので安心です。

自宅で枕を洗濯すると乾かし方法によっては何日もかかってしまうものです。早めに仕上げたい、プロの力で一度キレイにしてほしいなど条件があるのであればクリーニング店を利用した方が賢い方法です。定期的にクリーニング店を利用することで枕も長持ちします。

枕の洗濯方法:乾かし方は2種類ある

乾かし方には天日干しと陰干しという乾かし方があります。天日干しとは、太陽の光を直接当てることで日光消毒や殺菌作用を働いてくれる乾かし方です。陰干しは、直射日光を避けて風通しの良い日陰で干す乾かし方のことを指します。室内であっても風通しの良い場所であれば陰干しは可能です。

乾かし方①天日干し

パイプ・ポリエステルわた・大きめビーズは天日干しが可能です。枕は中身が詰まっているので乾くのに時間を要してしまうものなので、晴れの日が続くときを狙って天日干しをするようにしましょう。そばがら枕は洗濯はできませんので、天日干しでしっかり干してあげましょう。

乾かし方②陰干し

風通しの良い場所を選んで枕を乾かしてあげましょう。陰干しをすることで湿気を取り除くことができ、さらにカビ対策にも効果的です。洗えない枕は汚れが溜まりやすので、陰干しをすることで枕の中にこもった汚れなどを取り除くことができます。

枕の洗濯方法:枕カバーの洗い方・乾かし方

枕カバーの洗い方

枕を清潔にするのであれば、枕カバーも一緒に清潔にしておきたいですね。綿素材であれば、水を気にせずに力一杯こすって洗うことができます。タオル素材・パイル素材・ガーゼ素材・メッシュ素材・ポリエステル素材は洗濯ネットに入れましょう。ベロア素材は手洗いがおすすめです。

枕カバーの乾かし方

綿素材・タオル素材・パイル素材・ガーゼ素材・メッシュ素材であれば天日干しで乾かしましょう。直接太陽に当てることで、日光消毒ができて清潔な状態を保つことができます。風通しの良い場所でしっかり日光に当てておきましょう。

ポリエステル素材・ベロア素材は陰干しがおすすめです。天日干しにして太陽の光を直接当ててしまうと生地を傷めてしまい色が変わってしまうことがありますので注意しましょう。洗濯タグを見て、確認してから干すようにしてくださいね。

正しい洗い方で清潔な枕を保ちましょう

枕はお使いの種類によって洗い方や乾かし方が異なります。長年使っている枕や買ったばかりの新品の枕など、持っている枕は清潔で痛んでいない状態で長く使っていきたいものですね。枕の種類や性質を知って、洗い方を変えてくださいね。

清潔な枕を使うことで、眠りも良くなり目覚めも爽快になります。気持ち良い眠りや朝を迎えるためにも定期的に枕を洗濯してダニやカビを取り除きましょう!枕の洗濯を習慣づけて洗濯方法や乾かし方を知ることで、枕の寿命も長くさせることができますね。

合わせて読みたい枕についての記事はこちら

Thumb枕のおすすめランキング!安眠出来る枕は?ニトリ・無印も紹介!
Thumb妊婦のおすすめ抱き枕はコレ!人気ランキングと選び方を紹介!
Thumb赤ちゃんの枕はいつから必要?おすすめ商品や選び方について調査

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-01-20 時点

新着一覧