最適な枕の高さの選び方は?枕選びのポイントと調整方法を紹介

毎日使う枕。あなたは快適に睡眠が取れていますか?あなたが毎日使っている枕は、あなたに合った高さの枕ですか?快適な睡眠は、健康への第一歩です。あなたにとって快適な枕の高さの選び方や、枕の調節方法、あなたに合った枕の選び方をご紹介します!

最適な枕の高さの選び方は?枕選びのポイントと調整方法を紹介

目次

  1. あなたの枕の高さ合ってる?枕の選び方が知りたい!
  2. 正しい枕の選び方!枕の高さの選び方を間違うとどうなる!?
  3. 枕の高さ、固さ間違った枕の選び方していませんか?
  4. 枕選びのポイントは高さ?固さ?
  5. 枕の選び方のポイントは「高さ、固さ」そして?
  6. 枕の高さの選び方は?
  7. 枕の固さの選び方は?枕の高さとの関係もある!
  8. 枕の選び方!高さ以外のポイント!
  9. 最適な枕の選び方!枕の高さは調節できる?
  10. 最適な枕の選び方!枕の高さや肩さの他に形にはどんな物がある?
  11. 最適な枕の選び方!高さが絶妙!羽毛枕
  12. 枕の選び方!高さも固さも最適そば殻枕!
  13. 枕の選び方!高さ、固さそして洗濯できる最強枕!
  14. オーダー枕ってどうなの?
  15. 最適枕の選び方!「高さ、固さ、素材」まとめ

あなたの枕の高さ合ってる?枕の選び方が知りたい!

あなたは枕選びをどのように行いますか?私たちの人生の1/4は睡眠に費やしているという話を聞いた事があると思います。実際、私たちは暮らしの中でどのくらいの時間を睡眠に費やしているのでしょうか。仮に暮らしの中で自身の睡眠時間を6時間とした時、1年間で6時間×365イコール2,190時間の睡眠時間を睡眠時間として使用していることになります。1年間が8,760時間なので確かに1/4は睡眠しているという事になります。そんな暮らしの中で多くの時間を費やしている睡眠は私たちの暮らしでの健康を保つために重要な時間でもあります。

暮らしの中で質の良い睡眠時間を確保する事が出来れば、身体の疲れを取る事ができます。逆に枕が合っていないと身体に不調をきたしてしまう可能性もあります。今回はあなたの使っている枕が本当に自分に合っているのか?あなたに合った枕の高さの選び方や今使っている枕の高さの調節の仕方などをご紹介します。暮らしの中で多くの時間を費やす睡眠、質の良い睡眠をとるためにあなたに合った枕選びの方法をご紹介します。

正しい枕の選び方!枕の高さの選び方を間違うとどうなる!?

毎日使う枕がもしあなたに合ったものではなかったらどんな不調が起こるのでしょうか。まずもっとも起きやすいのが「肩こり」です。枕の高さが合っていないと気づかないうちに身体に不調をきたしてしまうのです。高さの合わない枕を使用していると首に違和感を感じる人も多いようです。最近のようなパソコンなどの仕事が多い人にも多いのですが、無意識に首を不自然な姿勢で作業をしていると首の筋を痛めてしまう事もあります。そんな状態の首を高さの合っていない枕でさらに痛めてしまっているかもしれません。

日本人の8割の人は肩こりを悩みに持ってるのだそうです。その原因の一つはもしかしたら枕が原因かもしれません。何か大きな身体の不調が出る前にまずは自分の枕の高さを見直してみましょう。正しい枕の選び方や枕選びのポイントとなる枕の高さや固さなども紹介していきます。あなたにとって最適な枕選びを学んで快適な睡眠、健康な身体を保ちましょう。

枕の高さ、固さ間違った枕の選び方していませんか?

枕ヶ自分に合っていない場合に起こりやすい身体の不調には次のようなものがあります。枕が自分に合っていないものを使用していると、肩こりのほかに、腰痛や頭痛、いびきなども起こりやすくなるそうです。まず腰痛は、首から背中、腰にかけてある背骨が関係しています。高さの合っていない枕を使用することで、背骨がよがんだりしてしまい腰痛の原因になる可能性があります。

また、自分に合っていない枕を使用していると、いびきがひどくなる人もいるようです。いびきのメカニズムは睡眠中に緩んだのどの周りの筋肉が気道を狭め、底を空気が通過する際に起こるといわれています。自然な状態でも睡眠時は気道が狭くなっている状態なので、さらに自分に合わない高さの枕を使用することで気道が狭くなりいびきがひどくなる可能性があるといわれています。

枕の高さによって引き起こされる身体の不調のほかに、枕の固さが原因で起こりやすいのが頭痛です。固すぎる枕をしようすると、頸部が圧迫され脳への血流を悪くしてしまう事で頭痛が起こりやすくなるそうです。枕を固いものに変えたら頭痛がするようになったという人は多いようです。暮らしのなかで、短時間でもみんなが取る睡眠、それに欠かせない枕、自分に合った正しい枕選びをする事でよりよい睡眠や健康を手に入れる事が出来るかもしれません。

枕選びのポイントは高さ?固さ?

枕選びをする際、まず確認する事は何でしょうか。多くの人が枕選びの際最初に確認するのは「固さ」といわれています。もちろん最適な枕を手に入れるためには枕の固さも重要な枕選びのポイントになります。店頭での枕の選び方はまず触って固さを確認する人は多いですね。枕の固さには好みがあるので、固い枕選びをするひとと、やわらかい枕選びをする人もいます。固さによって寝つきが悪くなる人も多いですね。

頭痛の原因として、間違った枕の選び方をしてしまい固すぎる枕を選んでしまい頭痛の原因になる事を先ほどお伝えしました。枕の選び方は固さ、高さがとても重要であるということです。暮らしのなかで重要な休息時間である睡眠をよりよい充実した時間にするためにも枕の選び方がどんなにあなたの暮らしに重要なポイントなのかという事がわかってきました。続いて枕選びの3つのポイントをご紹介します。

枕の選び方のポイントは「高さ、固さ」そして?

前項で枕の選び方のポイントを2つご紹介しました。枕選びのポイントは「枕の高さ、枕の固さ」でした。そしてもう一つが「枕の素材」です。素材によって固さや高さももちろん違ってきますが、枕の素材といわれるとどんな物が頭に浮かびますか?私は「そば」や「羽毛」「ビーズ」などが浮かんできます。最近では低反発や高反発素材などもありますね。では素材によってどのような特徴があるのでしょうか。

まずは羽毛ですが、ご存知の通り柔らかく通気性の良いのが羽毛です。そして、そば殻も通気性の良い素材です。羽毛に比べて固めの素材になります。そばアレルギーなどの心配がある人は注意しましょう。もっとも安価な枕の素材がポリエステル素材です。使用し始めは高さややわらかさに違和感がありませんが、劣化とともに固くなり、癖がつきやすい、またへたれやすいのがデメリットです。

最近よく見かける低反発や高反発素材の枕は自身の体に沿うようなフィット感が人気ですが、気温によって固さが変化し、また通気性はあまりよくありません。蒸れが気になる人にはオススメできない素材です。この他にもパイプと呼ばれるプラスチック製の枕素材やひのきを使用したものなどもありますね。固さや使い心地を考慮すると、人気なのはそば殻や羽毛がおすすめです。

枕の高さの選び方は?

枕にはいろいろな素材があることがわかりました。いろいろな素材の中でも人気があるのは羽毛やそば殻といった耐久性、通気性に富んだ素材の枕なんだそうです。では枕の高さはどのように選んだらよいのでしょうか。自分に合った枕の高さをしって快適な睡眠を手に入れたいものです。

枕の高さの選び方のポイントは枕を使用した際のあごの高さが関係しています。最適な枕の高さは枕を使用した際にあごが持ち上がりすぎず、また首のほうにあごが下がりすぎるのもよくありません。最適な枕の高さは枕に横になった際、あごの高さが立っているときと同じように自然に水平な位置をキープできる枕が最適な高さです。枕が高すぎるとあごが上がってしまい、枕が低すぎるとあごが下がってしまい、体の不調につながります。枕を購入する際は最適な高さの枕を選ぶのがとても大切です。

枕の固さの選び方は?枕の高さとの関係もある!

様々な枕の素材のなかで羽毛やそば殻が通気性もおすすめでした。では枕の固さは、枕選びを行う際どのような基準で決めれば良いのでしょうか。枕の固さは人それぞれ好みがあります。固い枕が好きな人もいればやわらかくてうずもれるように寝る事ができる枕が好きな人もいます。まず、枕の固さの選び方のポイントは「寝心地」です。寝心地は人それぞれ感じ方ヶ違うのでやはりここは好みで固さを決めてしまって良いということなのでしょうか。枕の固さ選びのポイントは寝心地のよさなのですが、それだけではありません。

人は寝ている間同じ姿勢をとり続ける事はできません。寝ている間に筋肉が固まってしまったり、血行をよくするために、そして布団の温度を快適に保つため、人間は無意識で寝返りを打つように出来ているのだそうです。その寝返りが打ちやすいものが最適な枕なんだそうです。寝返りがしやすい枕とは固すぎず適度な沈み込みがある枕です。やわらかすぎると首に負担がかかってしまう可能性があります。最適な枕は適度な固さのあるフラットなものを選ぶとよいそうです。高すぎる枕も寝返りがしにくくなるので枕の固さと高さは深く関係しているのですね!

枕の選び方!高さ以外のポイント!

私たちの暮らしに欠かせない枕。ここまでは枕の固さや高さなどによる枕の選び方についてお話してきました。枕選びには高さと固さ、素材のほかに、もう一つ気をつけたいポイントがあります。それは衛生面です。枕はどのように衛生を保っていますか?暮らしの中で枕は、干すという選択肢が1番多いのではないでしょうか。先ほどご紹介した羽毛やそば殻の枕は通性が良いので洗うという選択肢ではなく干すという方法で衛生を保つ事をオススメします。

しかし、人間は大量の汗をかくといわれています。もちろん頭や首にも汗をかいています。そのため枕の通気性が重要になってくるのです。通気性の悪い枕を使用していると、汗やフケを好むダニの繁殖を助長してしまったり、カビが発生してしまう事もあります。枕の素材も大切ですが、頭や首に汗をかきやすい人は、洗濯できる枕や枕カバーを使用して常に清潔に保った枕を使用することをおすすめします。最適な枕選びは自分に合った「高さ」「固さ」「素材」「洗濯できるもの」です!

最適な枕の選び方!枕の高さは調節できる?

では、新たに枕を購入するのではなく、実際自分が暮らしの中で愛用している枕は自分に合っているのでしょうか。自分の枕が自分の体に合っているのかどうかをチェックしましょう。まず枕に「あおむけ」に寝ます。その時あなたの肩はどのような状態ですか?肩が布団についていればよい状態です。肩が布団についてあごがまっすぐな状態、そして横向きになった時にも肩がつぶれすぎていなければ固さもOKということになります。この状態ではない枕を使
している場合、枕の高さや固さを調整する事をおすすめします。

枕の調整とはどんな風にすれば良いのでしょうか。高すぎる枕を使用している場合は調整するのは難しいです。お裁縫が得意な人は、縫い目を解いて中身を減らして調整知る方法もあります。しかし羽毛の枕の場合は羽根が飛んで大惨事になりかねませんので調整はオススメできません。枕を調整するのは諦めて新しい枕を探しに出かけましょう。逆に低すぎる枕の場合は高さを調整する事ができます。用意するものはバスタオル。高さが足りない枕はバスタオルで高さを調整して自分にあった枕の高さに調整しましょう。

最適な枕の選び方!枕の高さや肩さの他に形にはどんな物がある?

枕の高さや肩さの他に最近では枕と一言でいっても様々な形の枕が販売されていますね。昔からあるような素材を袋に詰めたようなシンプルな枕のほかに、ドーナツ型の枕、手前が固くなったデザインの枕。丸みをおびたハート型などの枕・・・。素材や高さ、固さも様々ですが、枕の形も様々なのです。そんな枕の形も最適な睡眠をもたらすための大切なポイントの一つです。

中央が区分だデザインのドーナツ型の枕、素材によって分割された枕、そして波状の形をした首をサポートするようなデザインの枕などです。形は様々ですが、枕選びの際のポイントは実際に仰向けに寝て使ってみて、首が浮かず、肩がきちんと布団に付いた状態で寝返りもしやすいものであれば問題ありません。様々な素材、様々な形の枕が販売されていて悩みますが、自分にあった枕の形を見つけてくださいね!

最適な枕の選び方!高さが絶妙!羽毛枕

羽毛枕のメリットは、自分に合った適度な固さに自然に調節される点と、適度な高さに自然に調節してくれる柔らかさ、そして適度な温度に調節してくれる通気性の良さでした。しかしこの羽毛枕という物は羽毛布団同様、値段によって質がぜんぜん違ってきます。ものによっては羽根がすぐにへたってきたり、枕から羽根が飛び出してきてしまったり、安い羽毛枕にいたっては臭いが気になるなんて事もあるようです。そんな中で人気なのが、ホテル仕様の羽毛枕です。値段もピンきりですが、無印の羽毛枕が安価で優秀だと評判です。

無印良品の羽根枕は50センチ×70サイズで1,500円というから驚きです!軽くてやわらかい水鳥の羽毛を使用した羽根枕はふんわりと包まれるような絶妙な柔らかさで快適な形に自然に調節してくれるところが特徴です。無印良品ならではの枕カバーもシンプルで可愛い物でそろえることができるのも嬉しいですね!

枕の選び方!高さも固さも最適そば殻枕!

そば殻枕と聞くと、どうしても古き時代を思い浮かべてしまいますが、とってもかわいいそば殻枕も販売されていす!ナチュラルな色合いのかわいらしい雰囲気が、まさかそば殻枕だなんて誰が気づくでしょうか!おしゃれなカバーつきのこんな可愛い枕で、しかもそば殻という通気性抜群の素材です!おしゃれなベッドルームにも違和感無く置けますね!

そば殻枕は通気性が良いので夏の寝具として重宝されます。頭が群れやすい人にはそば殻枕がオススメです。最近ではおしゃれなそば殻枕を販売しているショップが増えています。自分に合ったおしゃれで快適なそば殻枕を手に入れ得たいですね!そば殻枕は購入しやすい値段設定も魅力の一つです。ぜひ自分に合った枕探しの候補に入れてみてくださいね!

枕の選び方!高さ、固さそして洗濯できる最強枕!

中綿の洗える枕も話題です。高さが選べる洗える中綿まくらや、中身を出し入れして高さが調節できるような枕も登場しています。様々なメーカーから素材などにも工夫が施された優秀な枕がたくさん販売されているので、まずは店頭でしっかりと高さや固さを確認して自分に合ったものかをチェックしましょう!

洗える上に高さの調節が利く枕も販売されているようです。最近ではネットで何でも購入する事が出来るようになっり、いざ枕を購入してみたら固さが合わない、高さが合わない、調節もできない、という事が無いように枕は実際に使ってみて購入することをおすすめします。高さヶ低い場合は調整できますが、高い場合は難しいですし、やはり実店舗で使用してみてネットで値段比較して購入するというのが一番の得策かもしれませんね。洗える枕は衛生的に安心です。ぜひ枕選びの候補に入れてください!

オーダー枕ってどうなの?

ここまで枕選びについて様々な条件をご紹介してきました。人間の体は1人ひとり違いがあるように、枕も市販の物ではどうしても合わないという人も多くいます。ここ数年でオーダー枕を購入している人も多いのが現実です。そのメリットはやはり、自分の体にフィットする最適な枕を調整して、自分だけの枕を手に入れられるという事です。出初めは数万円もするような高価なイメージのあったオーダー枕ですが、最近では安価なものも増えているようです。

自分使用に調整したフィットする枕の値段は店舗によって様々です。やはり足を運んで実際に触れてみる、使用してみることがおすすめです。実際に使用し続けてみないとわからない枕。使用してみて調整が必要な場合は、アフターサービスなどで調整などに融通の利く店舗も多くありますのでじっくり検討してみると良いですね!

最適枕の選び方!「高さ、固さ、素材」まとめ

枕選びについてまとめてきました。あなたの使用している枕は自分に合ったものだったでしょうか。最適な枕の条件は「高さ、固さ、素材」が重要な枕選びのポイントでした。枕の高さの選び方は、仰向けに寝てみてあごが上がりすぎずフラットな状態になる高さの物で、肩が浮かずに布団に着いている状態になるもの、そして固さは寝返りをする際自然な首を上げたり、腰を動かすことなく寝返りが打てる固さがおすすめでした。

自分の使用している枕はどうですか?もし低い場合はバスタオルなどで高さを調節してみましょう。また、高さが高い枕は調節するのは難しいので新しい枕を探してみましょう。最適な枕を使用することで質の良い睡眠をとることが出来ます。質の良い睡眠は身体の疲れを取り、健康な暮らしをサポートしくれます。固さ、高さ、そして衛生的な自分に合った枕で快適な暮らしを手に入れましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-04-07 時点

新着一覧