カレーの隠し味チョコはいつ入れる?おすすめの分量・タイミング

カレーの隠し味としてよく使われるチョコ。どのようなタイミングでどのくらいの分量のカレーを隠し味としてカレーに入れれば良いのかポイントをまとめました。適切な分量・タイミングでチョコの隠し味を入れて、カレーをワンランク上の味わいに仕上げていきましょう!

カレーの隠し味チョコはいつ入れる?おすすめの分量・タイミング

目次

  1. チョコはカレーの隠し味に最適!
  2. カレーの隠し味に最適なチョコの種類は?
  3. カレーの隠し味にぴったりなチョコの分量
  4. カレーにチョコを入れるタイミングは?
  5. チョコ以外にカレーの隠し味におすすめの食材
  6. 本格的な味わいに仕上げるチキンカレーのレシピ
  7. 野菜がたっぷり入ったドライカレーのレシピ
  8. 旨味たっぷりなエビのカレーレシピ
  9. カレーが余ったら作りたい!カレードリアのレシピ
  10. カレーの隠し味にチョコを活用してみよう!

チョコはカレーの隠し味に最適!

カレーを深い味わいに仕上げられるチョコ

いつものカレーに深い味わいを与えてくれる隠し味。カレーに加えるのにぴったりな隠し味はいろいろありますが、おすすめなのはチョコレート。チョコをカレーに入れることによって深い味わいに仕上がり、美味しくいただくことができます。チョコレートであれば身近で手に入れられるのも嬉しいポイント。余ったチョコをカレーの隠し味に活用するのも良いですね。

チョコをカレーに入れるタイミングや分量をチェックしよう!

今回は、カレーの隠し味にチョコを入れるタイミングや分量についてご紹介していきます。入れるチョコの分量やタイミングをしっかりおさえることによって、美味しいカレーに仕上げることができるように。また、いろいろなカレーのレシピもまとめました。隠し味を活用しながら、自宅でも美味しいカレーを堪能していきましょう!

Thumbカレーの絶品レシピ・作り方!家で出来る簡単で美味しい方法とは?

カレーの隠し味に最適なチョコの種類は?

ミルクチョコをカレーの隠し味にしよう

カレーの隠し味におすすめなのがミルクチョコレート。ビターチョコレートだと不要な苦味が加わってしまう可能性がありますが、ミルクチョコレートならコクのある美味しいカレーに仕上げることができます。

カレーにマイルドさを出したいときはホワイトチョコがおすすめ

マイルドなカレーにしたいときにおすすめなのがホワイトチョコ。乳脂肪分が多めのホワイトチョコはカレーにまろやかな風味を加えたい場合にぴったりです。好みに合わせて使うチョコの種類も変えてみてくださいね。

カレーの隠し味にぴったりなチョコの分量

4人分あたりひとかけらのチョコを入れよう

カレーに隠し味としてチョコを入れるときに気をつけたいのが分量。だいたい4人分のカレーに対してチョコひとかけらを入れるとバランスがとれます。

好みに合わせてチョコの分量を調節して

チョコレートをカレーに入れすぎると、チョコの味が勝ってしまうので気をつけましょう。逆に少なすぎると隠し味の意味がなくなるので自分で分量を調節しながら好みの風味になるようにするのがおすすめ。足したり、減らしたりして自分にぴったりのカレーに仕上げてくださいね。

カレーにチョコを入れるタイミングは?

火を止めてからチョコをカレーに入れる

隠し味にチョコを入れるタイミングはすべての調味が完了して火を止めたとき。最後のタイミングでチョコレートを溶かし入れるのがポイントです。

チョコを煮込むと苦味が出ることも

チョコをカレーに入れた状態で長時間煮込むとカカオの苦味が出てしまう可能性があります。火を止めたタイミングでチョコを入れるのがおすすめ。

チョコ以外にカレーの隠し味におすすめの食材

コクがアップする赤ワイン

チョコ以外にもおすすめの隠し味があります。まずおすすめしたいのが赤ワイン。赤ワインを入れることで、長時間煮込んだような深いコクに仕上げられます。

ウスターソースで本格的な味わいに

ウスターソースを入れるのもおすすめの隠し味。ウスターソースにはさまざまな旨味が含まれているので、少量入れることで本格的な味に仕上げられます。

本格的な味わいに仕上げるチキンカレーのレシピ

チキンカレーに必要な材料

それでは、美味しいカレーのレシピもチェックしていきましょう。柔らかな鶏肉が美味しいチキンカレーは、旨味がたっぷり。鶏肉をヨーグルトにつけることによって、柔らかな食感に仕上げるのがポイントです。その他の隠し味も入れて、まるでお店で食べるような本格的な味わいに。美味しい鶏肉を堪能したいときに作ってみてはいかがですか。

チキンカレーに必要な材料は、プレーンヨーグルト200g、鳥手羽元8本、生姜とニンニクひとかけら、トマトの水煮缶1個、鷹の爪1本、玉ねぎ1個、バター20g、カレー粉大さじ2、ウスターソース小さじ1、塩小さじ1、水3カップになります。野菜はこの他にもいろいろ入れてOK。パプリカやジャガイモなど、冷蔵庫にあるものを入れてみましょう。

簡単なレシピ

ビニール袋にヨーグルトと鳥手羽元を入れたら揉み込み、半日冷蔵庫で寝かせておきます。生姜はすりおろし、ニンニクはみじん切り、玉ねぎもみじん切りにしてください。鍋にバターを入れて加熱し、鷹の爪を入れて炒めます。ニンニクと生姜、玉ねぎも加えたら炒め合わせましょう。

玉ねぎがしんなりして飴色になってきたらカレー粉をプラス。粉っぽさがなくなったらトマトの水煮を入れて水気がなくなるまで煮詰めていきます。ヨーグルトと一緒に鳥手羽元を入れ、塩と水をプラス。鳥手羽元が柔らかくなるmで30〜40分ほど煮込み、ウスターソースで味を整えたら完成です。

Thumbカレーのお肉はどれが合う?豚肉・牛肉・鶏肉で一番のおすすめは?

野菜がたっぷり入ったドライカレーのレシピ

ドライカレーに必要な材料

たっぷりの野菜を入れたドライカレーは栄養バランスを整えたいときにおすすめ。いろんな野菜を入れることによって旨味が加わり、本格的な味わいを自宅で気軽に楽しめます。ドライカレーはご飯にかけて食べる以外に、チーズをのせてグラタン風にしたり、レタス巻きにしたりとアレンジ方法がバラエティ豊か。多めに作ってストックしてはいかがですか。

ドライカレーに必要な材料は、ナス1本、かぼちゃ1/8個、人参1/2本、玉ねぎ1個、ピーマン1個、合挽き肉100g、カレー粉小さじ2、薄力粉小さじ2、コンソメキューブ1/2個、お湯1/2カップ、ソース大さじ1、ケチャップ大さじ1になります。お好みに合わせて、温泉卵や目玉焼きをトッピングするのがおすすめ。

アレンジも豊富なレシピ

かぼちゃ・人参・ナス・玉ねぎ・ピーマンはみじん切りにしておきます。フライパンに油をしいたら、野菜類を入れて炒めましょう。全体に油が回ってきたら合挽き肉を入れて、色が変わるまで炒め合わせます。

カレー粉と薄力粉、塩胡椒を加えて炒め合わせ、コンソメキューブとお湯、ケチャップ、ソースを入れて煮詰めてください。ひと煮立ちさせたら弱火に落とし、水分がなくなるまで煮ます。器によそったご飯のうえにかけたら完成。

旨味たっぷりなエビのカレーレシピ

エビのカレーに必要な材料

エビの旨味がぎゅっと詰まったエビのカレーもおすすめしたいレシピ。肉類を使うのとは違った美味しさを楽しむことができます。スパイスを入れることによって本格的な味わいに。チョコなどの隠し味を使う他に、スパイスを取り入れてカレー作りを楽しむのも良いですね。ぜひエビのカレー作りも満喫してみてください。

エビのカレーに必要な材料は、トマト2個、エビ10尾、生姜とニンニクひとかけら、玉ねぎ1/2個、カレー粉大さじ1/2、クミンシード小さじ1/2、チリパウダー大さじ1/2、酒大さじ2、水2カップ、塩胡椒になります。エビの他にイカなどのシーフードをプラスしても美味。チリパウダーが無い場合は、一味唐辛子でも代用することができます。

気軽に作れるレシピ

エビの殻と背わたをとったら、塩小さじ1/2と酒をまぶして数分おき、洗ってからキッチンペーパーで水気を拭き取ります。生姜やニンニク、玉ねぎはみじん切りにし、トマトは半分をざく切りに、半分をくし切りにしましょう。油をしいた鍋でクミンシードを炒め、香りが出てきたら玉ねぎを入れます。玉ねぎがしんなりとしてきたら生姜とニンニクも加えて炒め合わせてください。

カレー粉を加えて炒め合わせ、チリパウダーとざく切りにしたトマトを加えて水気を飛ばしながら炒めます。全体がペースト状になったら水を加えてひと煮立ちさせましょう。弱火に落とし、10分ほど煮込みます。エビとくし切りにしたトマトを加えてエビに火が通るまで熱を加え、塩胡椒で味を整えたら完成。

カレーが余ったら作りたい!カレードリアのレシピ

カレードリアに必要な材料

多めに作ったカレーが余ってしまったら、いろいろな料理にアレンジするのがおすすめです。そのまま食べるのも良いですが、ちょっとしたアレンジを加えるだけで違った味わいになるので試してみてはいかがですか。食べ応えのあるカレードリアは、余ったカレーがあれば忙しいときでもすぐに作れるのが魅力。熱々の美味しさを楽しめます。

カレードリアに必要な材料は、ご飯1人分、カレーお玉2杯、バター10g、小麦粉大さじ1、牛乳100ml、コンソメ顆粒小さじ1/2、塩胡椒、チーズになります。卵を割り入れたり、くし切りにしたトマトをトッピングして焼いたりと、バラエティ豊かなアレンジを楽しめるので好みに合わせて具材を変えてみましょう。

気軽なランチにぴったりなレシピ

フライパンにバターを入れて溶かし、ふるった小麦粉を加えてペースト状になるようにしっかりと混ぜ合わせます。常温に戻した牛乳を少しずつ加えてのばし、コンソメ顆粒と塩胡椒で味を整えてホワイトソースを作りましょう。耐熱容器にご飯を盛り付け、温めたカレーをのせたらホワイトソースをトッピング。チーズをちらしてからトースターでこんがりとするまで焼いて完成です。

Thumb残りカレーのアレンジ・リメイクレシピ!簡単絶品メインの作り方

カレーの隠し味にチョコを活用してみよう!

カレーは隠し味を入れることで、ぐっと本格的な味に。チョコを活用して本格的なカレー作りを楽しんでくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-19 時点

新着一覧