パーマの後のトリートメントで長持ち?やり方やおすすめのグッズは?

おしゃれな髪型の為にはパーマをかけることだってありますよね!パーマをかけると朝のスタイリングも楽になります。でもパーマをかけると髪が傷んでしまいますがトリートメントは使った方がよいのでしょうか?トリートメントの必要性やパーマを長持ちさせるポイントを紹介します。

パーマの後のトリートメントで長持ち?やり方やおすすめのグッズは?

目次

  1. パーマをかけたらトリートメントは必要?
  2. トリートメントでパーマがとれる?
  3. トリートメントは髪に浸透するからパーマがとれる
  4. トリートメントで髪が重くなってパーマがとれる
  5. パーマで髪の傷みが気になるからトリートメントしたい!
  6. パーマ後におすすめなトリートメントは?
  7. 洗い流さないトリートメントならパーマ後にも使える
  8. パーマを長持ちさせるためのポイント
  9. おすすめのグッズはパーマヘア用スタイリング剤!
  10. パーマ直後のトリートメントは避けよう!

パーマをかけたらトリートメントは必要?

美しいカールや自然なウェーブがあるふんわりとした髪型は女子の憧れヘアですよね!でも毎日ヘアアイロンで巻いたり、カーラーでくせをつけたりするのは大変なことです。簡単にふんわりとした髪型にするにはパーマをかけるのが一番ラクでいいですよね!

美容院でおすすめのパーマをかけても、ウェーブやカールが伸びてきて2.3日したらあんなにきれいだったパーマがすぐにとれちゃったという経験をした方は多いのではないでしょうか。パーマをかけたら髪が傷むからトリートメントを入念にして髪のお手入れをしなくちゃ!と思ってトリートメントを頻繁にしてませんか?

実はそのすぐにパーマがとれてしまう原因のひとつは、もしかしたらトリートメントにあるのかもしれません。パーマをかけたら髪が傷むからトリートメントで髪の補修をしたほうがよいのでしょうか?さっそく詳しくパーマやトリートメントについてみていきましょう!

Thumbトリートメントの市販おすすめまとめ!人気商品をランキングでご紹介

トリートメントでパーマがとれる?

ふんわりとしたパーマをかけるととてもかわいらしい雰囲気になりますよね!パーマをかけると簡単にふんわりヘアを作ることができ朝のスタイリングもずいぶんとラクになるものです。でもパーマをかけると髪が傷むことはみなさんご存知ですよね。

最近は髪にやさしいパーマもでてきていてとてもおすすめなのですが、それでもパーマで髪が傷むことは避けられません。髪が傷むとダメージを補修してくれるトリートメントをした方がいいと思ってパーマをかけてすぐにトリートメントをしていませんか?

トリートメントは傷んだ髪にとてもおすすめなのですが、パーマをかけている髪には適さないということをご存知でしょうか。実はパーマヘアとトリートメントは相性がよくないのです。トリートメントをすることによってパーマをとれやすくしてしまっている可能性がとても高いのです。

Thumbトリートメントの正しい使い方!自宅で効果的に髪をケアするポイントとは?

トリートメントは髪に浸透するからパーマがとれる

トリートメントの役割についてまず説明しておきましょう。トリートメントは髪の内部に浸透してダメージを補修して健康な髪へと導いてくれるので傷んだ髪にはとてもおすすめなんです。やり方を正しくトリートメントを使用すると手触りや髪のまとまりのよさでトリートメントの効果をかなり実感できるはずです。

しかしこのトリートメントの髪の内部に浸透するという作用がパーマヘアには問題になってくるのです。パーマはパーマ液を髪の内部に浸透させて髪にカールやウェーブのクセをつけているのです。ですからトリートメントの成分が髪の内部に浸透することにより、髪の内部にあるパーマ液の効果がなくなってしまうのです。

せっかく髪の内部に入れたパーマ液が、トリートメントを使用したことによって髪の外側へ流れ出てしまうのですね。パーマ液がしっかりと髪に浸透するのには48時間くらいかかるそうです。ですからパーマをかけた日に自宅でトリートメントをしてしまうと、せっかくのパーマ液がすぐに流れ出てしまって結果パーマがとれることへとつながってしまうのですね。これではパーマを長持ちさせることはできないです。

Thumbトリートメントは美容院が効果あり!おすすめの種類と頻度を調査

トリートメントで髪が重くなってパーマがとれる

トリートメントには髪のダメージを補修・修復するためにたっぷりと栄養成分が含まれています。それらの成分を髪の内部へ浸透させるわけですが、栄養や水分で髪を満たして潤いを与えるのです。ストレートヘアの場合は栄養や水分がたっぷりと髪の内部に入ることにより髪に重さがでて、ストンと下へ落ちるような感じになるために髪全体のまとまりがとてもよくなるのです。

しかしパーマヘアは軽やかな髪が適しています。軽い髪じゃないとふんわりとしたパーマ感は出せないのです。トリートメントで髪が補修されて水分と栄養分で重くなってしまうと、せっかくのパーマのカールやウェーブが重さで伸びてしまうのです。そのためにパーマがとれてしまうのですね。やはりパーマを長持ちさせたいのであればトリートメントはすぐに使用するのはやめた方がよさそうです。

Thumbくせ毛シャンプー・トリートメント市販おすすめランキング!口コミも紹介

パーマで髪の傷みが気になるからトリートメントしたい!

しかしパーマをかけて髪の傷みがどんどん進行していってしまい気になってしょうがないという方もいらっしゃいますよね。そうするとトリートメントをしたくなりますよね。

しかしパーマ液がしっかりと髪に浸透するのには48時間かかるといわれておりますから、余裕をみてもトリートメントをするのはパーマをかけてから1週間後くらいにしたほうがよいでしょう。その際トリートメントは必ず正しいやり方で行うようにしましょうね。

Thumbトリートメントとコンディショナーの違いとは?正しい順番と使い方を解説

パーマ後におすすめなトリートメントは?

パーマをかけて1週間経過したら、自宅でもトリートメントをしてもよいでしょう。しかしその時に使用するトリートメントの種類には注意が必要です。

トリートメントは通常髪に栄養や水分を与えて髪をしっとりとさせたり、ダメージ補修効果が高いものが多いです。ストレートヘアであればおすすめなのですが、パーマヘアの場合はそういった種類のトリートメントは避けた方がよいでしょう。

パーマヘアにおすすめなトリートメントは「サラサラ」になるタイプや「軽やかな髪」になるタイプを選びましょう。つまりパーマヘアは髪を軽くした方が断然おすすめなので、しっとりまとまるなどの重いタイプでなく軽く仕上がるタイプのトリートメントを選びましょう!サラサラタイプの軽い髪になるトリートメントでもやり方を正しく使用すれば十分にトリートメント効果は実感できるはずです。

Thumb洗い流さないトリートメント!人気の市販で買えるおすすめ12選!

洗い流さないトリートメントならパーマ後にも使える

洗い流すタイプのトリートメントはパーマヘアにはすぐに使用しない方がよいのですが、洗い流さないトリートメント、アフターバストリートメントであれば使用してもかまいません。洗い流さないトリートメントは髪に潤いを与えてパーマヘアをより美しく見せてくれます。

しかし洗い流さないトリートメントもつけすぎには注意してくださいね。洗い流さないトリートメントはオイルタイプが多いのでたくさんつけてしまうと髪が重くなってしまって、その重みでせっかくのパーマがとれてしまいます。洗い流さないトリートメントを髪につけるやり方は、少量をパーマヘアにもみこむようにくしゃくしゃっと握るようにつけるとよいでしょう。

Thumb洗い流さないトリートメントおすすめ人気ランキング!口コミも調査!

パーマを長持ちさせるためのポイント

シャンプーは2.3日控えよう

パーマ液が髪に浸透するのには48時間はかかります。ですからパーマを長持ちさせるためにはその間はシャンプーをしない方が望ましいといえます。シャンプーをするとどうしても髪の内部のパーマ液が流れ出てしまってパーマがとれてしまい長持ちしないんですね。

夏場は2.3日シャンプーしないのはちょっと厳しいかと思いますが、せめてパーマをかけた当日はシャンプーしないようにしましょう。パーマをかけた後はなるべく汗をかかないように注意したほうがよいですね。せっかく髪を傷めてまでかけたパーマですから長持ちさせるためには、シャンプーはがまんしましょう!

髪をやさしく洗おう

パーマヘアにはシャンプーのやり方にも注意が必要です。パーマをかけた髪をシャンプーするときには、ゴシゴシと激しくシャンプーするのではなく、やさしくもみこむようにシャンプーするようにしましょう。激しく洗うと摩擦によってパーマのカールやウェーブが伸びてしまいます。またシャンプーもパーマヘア用のシャンプーを使用するとさらにパーマが長持ちするのでおすすめです。

根本はしっかりと乾かそう

パーマヘアにはドライヤーのやり方にも気をつけましょう。パーマヘアは髪が濡れているとウェーブがでてきれいな感じになるイメージですが、濡れたままの髪を放置しておくのは頭皮や地肌によくないのです。濡れたままの状態ですと雑菌が繁殖してニオイや頭皮トラブルの原因になります。パーマヘアは根本はしっかりと乾かして、毛先はやや湿っているくらいに乾かすとよいですよ。

Thumb洗い流さないトリートメントの正しい使い方は?効果を最大限に!

おすすめのグッズはパーマヘア用スタイリング剤!

パーマヘアはスタイリングがラクになりますが、ただ髪を乾かせばきれいなウェーブやカールがでるというわけではありません。おすすめはやはりパーマヘア用のヘアスタイリング剤を使用することです。

パーマヘア用のヘアスタイリング剤でおすすめなのはワックスやムースです。ワックスはきれいなウェーブやカールが簡単によみがえります。ムースは髪に均等につきますので、不器用な方でもきれいにウエーブが出せますよ。

スタイリングのやり方は簡単!手にワックスやムースをとり、手のひらをこすりあわせて馴染ませたら髪の下の方から握るようにもみ込むようにするだけです。このやり方で簡単にゆるふわなカールができますよ。

Thumbヘアワックスの使い方・基本の付け方を紹介!女性の前髪の作り方も解説

パーマ直後のトリートメントは避けよう!

パーマヘアとトリートメントについて詳しく説明しましたが、パーマヘアにはトリートメントはあまり適さないということがおわかり頂けたのではないでしょうか。髪の傷みが気になる場合もパーマ後1週間経過してからトリートメントをするようにしましょう!

パーマを長持ちさせたいのなら、シャンプーも2.3日は控えたほうがよいですね。そしてパーマ用ヘアケアグッズを使用して美しいカールのパーマヘアを長持ちさせましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-07-17 時点

新着一覧