イヤホンのエージングの正しいやり方は?音量や時間と効果を解説

最近よく耳にするイヤホンのエージングがどんなものなのか、また、その効果について調査しました。これを見ればイヤホンエージングの方法や細かい注意点などを踏まえて効率よくイヤホンをエージングし、イヤホンの音を改善することができます。

イヤホンのエージングの正しいやり方は?音量や時間と効果を解説

目次

  1. 最近よく耳にするイヤホンのエージングとは何なのか
  2. イヤホンエージングは民間療法やおまじないと同じ?
  3. イヤホンのエージングには肯定派と否定派がいるのは何故
  4. 実際イヤホンエージングは効果がないの?
  5. イヤホンエージングに適した機器とは
  6. イヤホンエージングにかかる時間はどのくらい?
  7. イヤホンをエージングする曲はどんな曲
  8. エージング効果を高めるやり方は?
  9. 音量注意!イヤホンエージングやり方
  10. 実際みんなはイヤホンエージングしているのか
  11. イヤホンエージングとは?エージング音量ややり方まとめ

最近よく耳にするイヤホンのエージングとは何なのか

最近ネットでも見かけることが多くなったイヤホンエージングですが、そもそもイヤホンのエージングとは一体どういったものか、それをすることでどんな効果がイヤホンにあるのかやエージングのやり方等ご紹介します。

Thumbイヤホンジャックの正しい掃除方法!ボンドや爪楊枝でホコリが取れる?

イヤホンエージングは民間療法やおまじないと同じ?

イヤホンエージングを今回調査したところ科学的なデータイヤホンエージング効果の資料等を見かけることがなかったのです。よくよく調査したところ電機メーカー等ではそういったエージング実験等でイヤホンが劇的に変化したなどの記述はなく、どうやら口移しにイヤホンエージングの情報が流れており、それはさながら民間療法やおまじないのようで確証のないものです。

では、実際個人的な意見や感覚で音が変わったと思われているのかというと、音楽関係者の間でもこの方法でイヤホンの音が変化したと述べている方が多いのです。

イヤホンのエージングには肯定派と否定派がいるのは何故

先ほどご紹介した通りそんなにいい方法なら電機メーカーから出荷される際に設定されるのが常識である、エージングとはイヤホンの老化であると考えるのがイヤホンエージングの肯定派です。対して、実際試してみて音が違う変化する、自分用にカスタマイズされるのは老化ではないこれはエージングなのだと考えているのがイヤホンエージング肯定派のようです。

実際イヤホンエージングは効果がないの?

肯定派、否定派の意見は一旦置いておいて、実際にイヤホンのエージングには効果がないのでしょうか?ひとつ言えることはイヤホンエージングをするとイヤホンの音質が変わります。メタルだけを聞かせたイヤホンとクラシックだけを聞かせたイヤホンにそれぞれエージングを行ったところ苦手だった音域が出るようになったのです。

つまり、イヤホンエージングをすると出荷時の高音や低音どちらにも偏っていないイヤホンの状態に少しだけ戻すことができるようなのです。そして、イヤホンが得意になっている音の他の音も出せることにより、音域が広がったと感じた人がイヤホンのエージングに効果があったと実感し、エージング効果を肯定しているです。

これは確かに機器的にはたくさんの時間機器を使用している訳ですから劣化や老化に入る事象なのですが、イヤホンを慣らし、音がなめらかになるといった事に当てはまる現象だとエージングを試した一部の音楽関係者は考えているようです。

イヤホンエージングに適した機器とは

イヤホンのエージングには実はイヤホンの種類によって変わるようです。イヤホンのインピーダンス(交流抵抗)が高いものや、応用性の低い(音の幅が狭い)ものはエージングには適していない、変化がないイヤホンといえます。

エージングに向かないイヤホン!①インピーダンス(交流抵抗)が高いものとは

インピーダンス(交流抵抗)が高いものは、簡単に説明すると勢いよく音が出てくるということで、勢いよく音が出てくるということはそれだけ音の量も多いということです。たくさんの量を出すということは水でもそうですがそれだけ多くのゴミも流れます。つまり、音楽のゴミ=ノイズが多いということになります。

そう考えると、インピーダンス(交流抵抗)が低いものは出てくる音があまり勢いがないのでノイズが少ないといえます。

エージングに向かないイヤホン!②応用性の低い(音域の幅が狭い)ものとは

応用性の低い(音の幅が狭い)ものとは、細かい音の部分が聞こえないものです。イヤホンの応用性が低いとクラシックの細やかな音の移り変わりや、ギターなどの弦の音や歌手の息遣いなどが聞こえず、人によってはただ音を聞いているという感じがするものを指します。

Thumbイヤホンの種類まとめ!タイプごとの特徴や選び方とおすすめ品を紹介

イヤホンエージングにかかる時間はどのくらい?

一般的なイヤホンエージング時間

一般的にエージングにかける時間(平均的エージング時間)は約9~10時間ぐらいかける方が多いようです。イヤホンのエージングCDというものもちょっとお高いのですが市販されており、CDを9~10時間イヤホンから流すのが一般的的なエージングスタイルのようです。(※イヤホンにサービスでついてくることもあります。)

マニアがおすすめイヤホンエージング時間

エージングを推奨するマニアがおすすめするエージング時間は一般的な時間より長く50~100時間が一般的なようです。100時間エージングはノンストップで約4日間ちょっとかかってしまうので、おすすめは、1週間程度でエイジングさせるのが人間にも機器にも優しいエージングのやり方なんだそうです。

イヤホンをエージングする曲はどんな曲

イヤホンのエージングをするには違った分野の曲だけを流すやり方もあるのですが、ノイズと曲をエージング時に別々のタイミングで流すやり方もあります。ここではその2つの方法に用いるノイズと曲についてご紹介します。

エージングに用いるノイズ

エージングに用いるノイズは2種類有り、ピンクノイズとインパルスノイズです。ピンクノイズは、20Hz~20KHzまでの周波数が入っているため早くエージングが進むと言われています。最近ではイヤホンを買うとサービスでエージングノイズとエージング曲が入ったCDをつけてくれるお店もあるようです。

イヤホンエージング曲について

エージングCDも市販されています。動画でもそういったエージング曲として配信されていることもあるのですが、もしかすると悪意ある人が配信していた場合イヤホンを傷めることになる可能性があります。

エージング効果を高めるやり方は?

先にも記載しましたがエージング効果を高めたいのであれば、エージングCDとして商品化されたものがおすすめです。特に動画サイト等で配布されているホワイトノイズなどはイヤホン自体を傷める恐れがあります。

また、エージングはいわばイヤホンを音に慣らすという作業なので、エージングが進むからといってイヤホンにエージング曲やノイズを流しっぱなしにするのは機器的におすすめできかねます。

効果的にイヤホンを傷めないようにエージングするならば30分エージング用のノイズや音楽を流し、イヤホンを2時間ほど休ませる(他の曲は流さない)という一連の作業を繰り返してエージングに必要なトータル時間イヤホンにノイズやエージング曲を流すほうが効果のいいやり方のようです。

音量注意!イヤホンエージングやり方

イヤホンエージングをする際に一番注意しなければならないのは"音量"と"時間"です。どちらも適切な"音量"と"時間"でイヤホンをエージングしなければイヤホンの機器自体が悪い方向に劣化し、エージングとは言い難い、工場出荷段階より悪いものになってしまうので注意が必要です。

音量注意!エージングCDがある場合のエージング方法

まず、イヤホンの音量を普段より小さく(普段音漏れするぐらいの方はその1/3ぐらいでOKです。)調整します。次にノイズCDを流します。(この時30分流して2時間の休みを設けてから再度流します。)

CDをかける時間は上記「イヤホンエージングにかかる時間はどのくらい?」を参照し、ご自分の好みに合わせてエージング曲を流します。これで、最後に2時間イヤホンを休憩させたら完成です。

音量注意!エージングCDがない場合のエージング方法(曲でエージング)

まず、ロックやクラッシックなど曲の音域が違う別分野の曲を調達します。次にイヤホンの音量を普段より小さく(普段音漏れするぐらいの方はその1/3ぐらいでOKです。)調整します。準備が出来たら、最初に調達したうちのどちらかの曲を流します。(この時30分流して2時間の休みを設けてから再度流します。)

ある程度したら、もう一方の曲を流します。この時上記「イヤホンエージングにかかる時間はどのくらい?」を参照し、ご自分の好みに合わせてトータル時間分曲を流します。これで、最後に2時間イヤホンを休憩させたら完成です。(※両方の曲を同じ時間流す必要があります。)

音量注意!エージングCDがない場合のエージング方法(ノイズでエージング)

手軽にイヤホンエージングしたいのであれば動画等のピンクノイズがおすすめです。まず、イヤホンの音量を普段より小さくし、ピンクノイズを流します。(この時30分流して2時間の休みを設けてから再度流します。)

この時上記「イヤホンエージングにかかる時間はどのくらい?」を参照し、ご自分の好みに合わせてトータル時間分曲を流します。これで、最後に2時間イヤホンを休憩させたら完成です。

Thumbイヤホンのノイズは解消したり軽減できる?原因と対策を紹介

実際みんなはイヤホンエージングしているのか

ネットの反応を見ているとどうやらみんながエージングするタイミングはイヤホン購入時のようです。賛否両論りますがとりあえずイヤホンを購入したらエイジングする人も多いようです。

こちらの方もイヤホンを購入して、エージングするようです。50時間続けてエージングするのは手軽なのですが、できればイヤホンを休ませつつエージングすると機器の持ちが長くなります。

こちらの方はイヤホンのエージング後に違いがあったとおっしゃっています。これは上記「イヤホンエージングに適した機器とは」を参照していただけるとご理解いただけるのですが、インピーダンス(交流抵抗)が高い、応用性が低いなどの違いで起こります。

またエージング時に用いるのが曲の場合流す曲によって、イヤホンの得意な音域が違ってきます。ロックばかりだとロック寄りに、クラッシックばかりだとクラッシックよりにイヤホンがエージングされます。

イヤホンエージングとは?エージング音量ややり方まとめ

ここまでイヤホンのエージングについてご紹介してきました。イヤホンのエージングは、効果が無いと言われていますがネットではみんなが結構行っているようでした。また、このイヤホンエージングをすることで音に幅が出たと実感する人も多く、イヤホンエージングとはイヤホンの慣らし運転と捉える方が良さそうです。

そう考えれば長時間大音量でエージングしすぎると良くないと言われるのも納得がいきますね。イヤホンを買ったときに音の聞こえ方が気になる、自分の好きな音楽の音が聞きづらいという方は、イヤホンのエージングを取り入れてみてはいかがでしょうか?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-16 時点

新着一覧