エイジングケアとは?何歳から始める?おすすめの化粧水ランキングも紹介

エイジングケアは、ネットやTV、美容雑誌なおでよく見る言葉です。しかし、エイジングケアに関して詳しいことがあまりわからない方もいるのではないでしょうか。エイジングケアは、一体どんなケアなのか、その方法や特徴、おすすめ化粧水など大特集します。

エイジングケアとは?何歳から始める?おすすめの化粧水ランキングも紹介

目次

  1. エイジングケアとは…?スキンケアから化粧水まで徹底まとめ!
  2. エイジングケアとはどんなケア?
  3. エイジングケアとアイチエイジングケアは違う?
  4. エイジングケアをするタイミングとは?
  5. エイジングケアが必要な30代のお肌とは?
  6. エイジングケアをする目的とは?
  7. エイジングケアで解決したい肌トラブルとは?
  8. エイジングケアで必要なスキンケアアイテムとは?
  9. エイジングケアのための正しいスキンケアとは?
  10. エイジングケアのスキンケアのコツとは?
  11. エイジングケア化粧水の正しい選び方とは?
  12. エイジングケアに活用するおすすめの化粧水ランキング【10〜9位】
  13. エイジングケアに活用するおすすめの化粧水ランキング【8〜7位】
  14. エイジングケアに活用するおすすめの化粧水ランキング【6〜5位】
  15. エイジングケアに活用するおすすめの化粧水ランキング【4〜3位】
  16. エイジングケアに活用するおすすめの化粧水ランキング【2〜1位】
  17. スキンケアだけじゃない!取り入れられるエイジングケアとは?
  18. エイジングケアのために見直す生活習慣とは?
  19. エイジングケアを体内からも行おう!効果的な食材とは?
  20. 健やかなお肌を保つためにエイジングケアを取り入れよう!

エイジングケアとは…?スキンケアから化粧水まで徹底まとめ!

私たちのお肌は、時間が経つごとに変化します。そのお肌を守るためにもエイジングケアが大切になってきます。しかし、エイジングケアって何歳から始めたらいいの?と疑問に思う方もいるのではないでしょうか?そんなエイジングケアについてやスキンケアの方法、始めるタイミング、おすすめの化粧水ランキングなどたっぷりお届けします。

Thumbアンチエイジングに良い化粧品おすすめ人気ランキング!口コミも!

エイジングケアとはどんなケア?

最初は、エイジングケアの基礎知識をお届けします。エイジングケアのスキンケアのやり方やおすすめの化粧水をご紹介してもそのもの自体を理解している方がより一層ケアに対しての興味も沸きます。是非、スキンケアの方法や化粧水ランキングと一緒に知っておきましょう。

エイジングケアとは…【未来に向けてのお肌のお手入れ】

エイジングケアとは、その言葉通り加齢に向けてのお肌のケアの事です。先ほども少し触れたようにお肌の状態はやはり年齢と共に変わります。エイジングケアを怠ると大きな違いが現れることもあります。

エイジングケアとアイチエイジングケアは違う?

次は、エイジングケアと同じくらいに良く聞く「アンチエイジングケア」。この2つの違いについてお届けします。果たして、エイジングケアとアンチエイジングケアの違いとはどこにあるのでしょうか?

アンチエイジングケアとは?

アンチエイジングケアとは、エイジングケアと同じような意味に捉えられがちですが、少し違いがあります。アンチエイジングケアという言葉は、エイジングケアという「年齢を重ねたお肌のお手入れ」の言葉の前に反発を現す「アンチ」という言葉がついています。ここからわかるようにアンチエイジングは、老化を防ぐという意味合いが強くあります。

化粧品にアンチエイジングという言葉は禁止!?

化粧水や乳液、美容液などの化粧品は、薬事法で効果を断言したり、謳うことが禁止されています。そのため、「老化を防ぐ」という意味合いが込められている「アンチエイジング」という言葉を使えるのは、作用が穏やかに効いていて、効果や効能が期待出来る成分が含まれている医薬部外品のみとされています。

エイジングケアをするタイミングとは?

エイジングケアとは、何歳から始めるものなのでしょうか?早く始めた方がいいのでしょうか?次は、エイジングケアを始めるタイミングをご紹介します。何歳からエイジングケアを始めたらいいのかを知って、しっかりスキンケアに役立てていきましょう。

エイジングケアは何歳から?

エイジングケアを始めるのは何歳から、それはお肌の曲がり角とも言われている25〜30歳前までがベストです。お肌の状態は、お肌の水分量や皮脂量、ヒアルロンの量、コラーゲンの量などで判断されます。20代のうちは多かったお肌に必要な成分の量も、25歳を過ぎたら少しずつ減り始め、30歳になるとさらに減ってしまいます。

エイジングケアが必要な30代のお肌とは?

エイジングケアのスタートは何歳からがいいかというと25〜30歳がおすすめというお話を先ほどしました。そんなエイジングケアがおすすめされている30代のお肌はどんな状態になっているのでしょうか?30代のお肌の状態を皮膚のしくみをご紹介しながらお話ししていきたいと思います。

30代のお肌とはどんな状態?

人の皮膚は、3層構造で作られています。外側から表皮、真皮、皮下組織です。そのそれぞれの部分に、水分や皮脂、セラミド、エラスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸などの成分が含まれています。20代は、バランスが整っていた成分も30代に入るとバランスが崩れていき、量が減っていきます。

Thumb三浦理恵子の美容方法まとめ!アンチエイジングの秘訣に迫る!

エイジングケアをする目的とは?

エイジングケアについてや何歳から始めれば良いのかなどエイジングケア自体に着目してここまでご紹介してきましたが、続いては、エイジングケアをする「目的」をご紹介します。エイジングケアとは、何のためにするのでしょうか?

目的①お肌の力を取り戻すため

私たちのお肌には、色んな力があります。その皮膚の力をサポートしたり、促したりするのがエイジングケアの大きな目的です。年齢と共に低下してしまうお肌の力を取り戻す役割をエイジングケアは担っているのです。

目的②ターンオーバーの力を促すため

2つめの目的は、お肌のターンオーバーを促進して、お肌の生まれ変わりをサポートすることです。ターンオーバーとは、ハdなお新陳代謝のことで、28日〜56日周期で行われる古い細胞が表面に押し出されて剥がれ落ち、下から新しい細胞が出て来る動きのことを指します。このおかげで、肌表面に出来た肌トラブルも少しずつ解消されていくしくみが成り立つのです。

目的③潤う力を出すため

私たちのお肌は年齢と共に保湿機能が低下して乾燥しやすくなっていきます。お肌が乾燥すると、外的刺激を受けやすくなり、それが肌トラブルの原因に繋がる事もあります。エイジングケアは、そんな潤い機能の低下したお肌に潤う力を届けるためのスキンケアです。そのため、エイジングケアにおいての保湿はとても大切なキーポイントになります。

エイジングケアで解決したい肌トラブルとは?

それでは、エイジングケアで対策をしたい肌トラブルとはどんなものがあると思いますか?年齢と共に気になる肌トラブルの主なものを3つご紹介します。

その①お肌の乾燥

1つめは、お肌の乾燥です。先ほども触れましたが、お肌は皮膚が元々持っている保湿機能の低下により、乾燥しやすくなっていきます。お肌の水分を守ったりする機能が衰えたり、角質細胞感脂質も減少してしまうのです。それと同時にお肌のバリア機能も衰えていくので、お肌はデリケートになっていくのです。

その②お肌のくすみ

お肌がくすんでいる状態とは、お肌自体の潤いや透明感が失われて暗く見えてしまう状態です。お肌がくすんでしまうと印象も悪くなりますし、化粧のりも変わってきます。お肌のくすみの原因には、乾燥によるものや血行不良によるものなどがあります。

その③お肌のしわやたるみ

お肌のしわやたるみも女性にとってとても気になる肌トラブルの1つです。しわは、乾燥が原因によって起こる肌トラブルで、年齢を重ねて行くごとにどんどん増えていく傾向にあります。さらに、たるみの原因には筋肉の衰えがあります。顔を支えている筋肉が衰えてしまう事でたるみます。

エイジングケアで必要なスキンケアアイテムとは?

続いては、エイジングケアをするにあたって必要なスキンケアのアイテムをお届けします。エイジングケアは、毎日のスキンケアも重要になってきます。そのスキンケアに使うアイテムを早速ご紹介しましょう。

スキンケアアイテム①化粧水

化粧水は、クレンジングして洗顔した後のスキンケアの第一ステップになります。化粧水で足りない水分をたっぷり補ってあげることで、モチモチとした弾力のあるお肌へと導いてくれます。化粧水は、目的によって色んな種類があります。

スキンケアアイテム②美容液

2つめは、美容液です。美容液とは、お肌の悩みを改善するための集中ケアアイテムです。ピンポイントで気になる部分に塗布した後、仕上げのクリームや乳液を塗って行く流れになります。

スキンケアアイテム③乳液や保湿クリーム

最後は、乳液か保湿クリームを塗って仕上げます。化粧水、美容液としっかり塗り込んでもそのままの状態では、せっかく入れ込んだ水分や栄養分が蒸発して逃げてしまう可能性があります。そんなお肌の水分を守るフタの役割を担ってくれるのが油分の多い乳液やクリームです。乳液を使うかクリームを使うかは、自分の肌質によって選ぶようにしましょう。

エイジングケアのための正しいスキンケアとは?

先ほどご紹介したスキンケアアイテムを使いながらエイジングケアのためのスキンケアを実践していきましょう。もし美容液をプラスしたいという方は、乳液か保湿クリームの前、化粧水の後にプラスすることがおすすめです。

Step①洗顔をしよう!

洗顔は、お肌を清潔に保つために必要な行程です。手か泡立てネットを使って洗顔料に少しずつ水分を加えて、ふわふわの泡を立てていきます。最初は、皮脂の気になるTゾーンから洗い始めて、小鼻、額、両頬、顎と泡で洗顔するような形で優しく洗ったらぬるま湯でしっかりすすいでいきましょう。

Step②化粧水で水分補給をしよう!

お肌の潤いを保つ上で、化粧水の行程は最も大切な部分です。ケチらずたっぷり使うようにしましょう。手の平かコットンに化粧水を出して、お肌に馴染ませていきます。手を使って化粧水をつける時は、手の中で少し温めてから押し込むような形でゆっくりつけてあげましょう。ポイントは、とにかく皮膚から溢れるくらいの量を何回かに分けて入れてあげる事です。

Step③乳液か保湿クリームで保湿をしよう!

スキンケアの最後は、この乳液か保湿クリームが必須になります。アイテムをつける時は、手の平に適量を取り、温めてから丁寧に顔全体に伸ばしていきます。乳液や保湿クリームも化粧水同様、押し込むようにプレスしながら塗っていきましょう。これでスキンケアは完了です。

エイジングケアのスキンケアのコツとは?

ここまでエイジングケアのスキンケアの一連の流れをご紹介してきました。次は、そんなスキンケアをする時に覚えておきたいポイントをお届けします。エイジングケアをするにあたって覚えておきたいコツがあります。

コツ①化粧水はたっぷり使おう!

水分は、私たちのお肌にとって欠かせないものです。身体もほとんどが水で出来ています。その水分が不足することで、健康的に害を及ぼします。これは、お肌も同じです。外的刺激に対して敏感になったり、肌トラブルを引き起こしたりします。お肌のバリア機能のためにも化粧水を使って水分を十分に入れてあげましょう。

コツ②肌に負担をかけないようにしよう!

お肌はとてもデリケートです。少しの摩擦でお肌に負担がかかってしまう可能性があります。そのため、洗顔や化粧水、乳液などスキンケアをする際は、ゴシゴシこすったりしないようにしましょう。

エイジングケア化粧水の正しい選び方とは?

次に見ていくのは、エイジングケアで必要な化粧水についてです。化粧水と一言で言っても色んな種類のものがたくさん出ています。その中から合ったものを選ぶための化粧水の選び方をいくつかご提案していきます。

選び方①目的別で選ぶ

1つめの化粧水の選び方は、目的別に選ぶということです。お肌の悩みは、人によって異なります。そのため、エイジングケアにおすすめの化粧水といってもお肌の悩みによってさらに厳選する事が出来ます。美白したい、乾燥を防ぎたい、シワが気になるなど自分がどこにアプローチしたいかで選びましょう。

選び方②使い心地で選ぶ

2つめは、使い心地です。化粧水は、直接お肌につけるものなので、お肌へのつけ心地が良いものを選びたいですよね。保湿力の高い少しテクスチャーが重めの化粧水が良いのか、反対にサラッとしたつけ心地の化粧水がいいのかなどどんな使い心地のものを使いたいのかで化粧水を選ぶ方法もあります。

選び方③肌質で選ぶ

肌質は、人によってさまざまです。主に脂性肌、乾燥肌、混合肌、敏感肌の4タイプに分けられます。脂性肌の方は、水分量が多くてお肌がさっぱりするような化粧水を選んだり、敏感肌の方は、お肌に負担の無い優しい化粧水を選んだり、乾燥肌の方は、保湿成分を多く配合した化粧水を選んだりと自分の肌質で化粧水を選ぶ事もおすすめです。

エイジングケアに活用するおすすめの化粧水ランキング【10〜9位】

ここからは、エイジングケアに活用したいおすすめの化粧水をランキング形式でご紹介していきましょう。エイジングケアは何歳からが「おすすめ」という定義はありますが、実際はいつから初めてもOKです。そんな時には、いつものスキンケアアイテムを少し変えてみる所から始めてみましょう。それでは、10位と9位をお届けします。

第10位【ヒフミド】エッセンスローション

ヒフミドのエッセンスローションは、とろみがあるテクスチャーにも関わらず、ベタつかずにスッキリ仕上げてくれるところがポイントです。さらに配合されているヒト型セラミドという保湿成分により、お肌に潤いと弾力を与え、気になる乾燥をケアに力を貸してくれます。

第9位【ソフィーナボーテ】高保湿美白化粧水

潤いに満ちたお肌を叶えるための高保湿タイプの美白化粧水です。独自のエッセンスを配合しており、それがお肌に保湿力をたっぷり与えて角質から柔らかくモチモチっとしたお肌に仕上げてくれます。ソフィーナボーテというブランドは、30代〜40代の方のためのスキンケアラインナップです。

エイジングケアに活用するおすすめの化粧水ランキング【8〜7位】

次は、8位と7位のエイジングケアに活用するおすすめの化粧水ランキングです。果たしてどんな化粧水がランキングに入っているのでしょうか。

第8位【エリクシール】エンリッチドローションCB

エリクシールのエンリッチドシリーズは、エイジングケアを目的として生まれたラインです。潤いとツヤのある上質なお肌に仕上げてくれます。嬉しい詰め替え用のあるので、ずっと使い続けたくなる化粧水になっています。

第7位【オルビスユー】モイストアップローション

オルビスユーのモイストアップローションには、HSPと言って人それぞれ違う肌の弱点に合わせて集中アプローチしてくれています。さらに、潤いや透明感をプラスしてくれ、乾燥やくすみ、肌のハリ不足などを補ってくれる働きがあります。

エイジングケアに活用するおすすめの化粧水ランキング【6〜5位】

次は、エイジングケアにおすすめの化粧水ランキング第6位と5位の発表です。エイジングケアは、何歳からでも始めれるお肌ケアです。ランキングを参考にしながら毎日使う化粧水を厳選していきましょう。

第6位【アスタリフト】ブライトローション

アスタリフトのブライトローションは、美白化粧水になっています。美白有効成分であるアルブチンを配合していて、シミやくすみを抑えて美白へと導いてくれる効果が期待出来ます。もう1つ潤いとハリをポイントにしたラインナップもあるので、悩み別に選ぶのもおすすめです。

第5位【ディセンシア】アヤナスローションコンセイントレート

とろみのあるテクスチャーが魅力の高保湿タイプの化粧水です。お肌に乗った途端にスーッと吸い込まれるような浸透力が特徴で、敏感肌の方にも安心して使えるシリーズになっています。

エイジングケアに活用するおすすめの化粧水ランキング【4〜3位】

ここまで6つのエイジングケアにおすすめの化粧水ランキングをご紹介してきました。気になる化粧水はありましたか?それでは引き続き、エイジングケアに活用したいおすすめ化粧水ランキング第4位と3位をお届けしていきましょう。

第4位【SK-Ⅱ】フェイシャルトリートメントエッセンス

今でも変わらず愛され続けるフェイシャルトリートメントエッセンスは、ビタミン類、アミノ酸類、ミネラル類など計50種類もの有用成分を配合した贅沢な化粧水です。肌への保湿と共に、健康的なお肌へと導いてくれます。何歳からでも使いたいアイテムです。

第3位【ちふれ】濃厚化粧水

とろみのあるテクスチャーが肌にしっかりフィットして守られているような柔らかいお肌になるのをサポートしてくれます。保湿成分であるヒアルロン酸も配合しているので、乾燥が気になる方におすすめしたいアイテムです。さらに、税抜き800円という価格も嬉しいです。

エイジングケアに活用するおすすめの化粧水ランキング【2〜1位】

いよいよエイジングケアに活用したいおすすめ化粧水ランキング第2位と1位をご紹介します。

第2位【クラランス】ファーミングEXトリートメントローション

肌年齢に合わせて選べる嬉しいローションです。右が35歳用、左が45歳用の化粧水になります。植物由来の保湿成分を配合して、肌表面のバリアを一時的に緩める事で、化粧水をお肌がさらに受け入れやすくなるように作られています。ふっくらとしたハリのある弾力肌を目指しましょう。

第1位【無印良品】エイジングケア化粧水

無印のエイジングケア化粧水の高保湿タイプは、そのお手頃さから惜しみなくたっぷり使えますし、10種類の天然美肌成分やヒアルロン酸、コラーゲンなどの5種類の機能成分も配合している優れものです。エイジングケアと乾燥が気になるお肌の方におすすめの化粧水になっています。

スキンケアだけじゃない!取り入れられるエイジングケアとは?

エイジングケアには、何歳からという定義もありませんし、スキンケアだけが全てではありません。スキンケアは方法の1つです。エイジングケアのために出来る方法は、他に2つあります。何歳からではなく、気づいた時にいつでも始められる方法です。

方法①生活習慣の見直し

朝起きて夜ベッドに入るまで、私たちは仕事に言ったり、友達と会ったり、食事をしたりします。その中で、ストレスを感じる事もあれば、お酒を飲む方もいると思います。さらに、夜は、睡眠がなかなか取れないという方もいると思ういますが、その1つ1つの生活習慣を見直すことでエイジングケアに繋がる可能性があるのです。

方法②紫外線対策をする

外に出ると、乾燥なども気になりますが、何より気になるのが紫外線です。紫外線がシミの原因になったり、乾燥を引き起こしたりすることがあります。お肌に使うものをUVカットの出来るものに変えたり、日焼け止めをつけて紫外線対策する事もエイジングケアをするにあたって大切なことになります。

エイジングケアのために見直す生活習慣とは?

次は、エイジングケアに欠かせない生活習慣の見直し、具体的にはどう対策すれば良いのでしょうか?生活習慣の見直しは、何歳からでもエイジングケアが目的でなくても、行っておきたい事柄です。

その①睡眠をたっぷり摂ろう!

睡眠は、私たちが健康に過ごしていくにあたってとても重要な役割を担っています。私たちが睡眠を取っている間にも身体は動き続け、1日疲れている状態をリセットしてくれます。もちろん、お肌の回復も促してくれるので、睡眠は、お肌にとっても必要不可欠です。ベストな睡眠時間は、7時間で夜の10時から2時までの間に眠りにつくようにしましょう。

その②ストレスを貯めないようにしよう!

生活を送る中で、逃れられないのがストレスです。仕事や人間関係などストレスが生まれるシチュエーションはさまざまです。そのため「完全に失くすこと」は難しいかもしれませんが、出来るだけ減らす事は出来ます。仕事が終わったら、お家に帰って来てゆったりお風呂に入ったり、週末は自分の好きなことだけをしたりとストレスを解消出来る方法を探してみましょう。

その③食生活を見直そう!

3つめは、食生活です。毎日の食事は、肉体的にも精神的にも大切になってきます。最近は、外食が増えたり、栄養が偏ってしまうことが増えてきています。そのため、バランスの良い食事を摂ったり、食事のリズムを見直す事でエイジングケアに中から効果を発揮してくれる可能性があります。

エイジングケアを体内からも行おう!効果的な食材とは?

最後にお届けするのは、エイジングケアの食生活に活かしたい効果的な食材です。この食材を摂り入れる事で外側からのスキンケアに加えて、エイジングケアを内側からサポートしてくれる可能性があります。

その①バナナ

バナナは、エイジングケアにおすすめの天然のサプリメントと言われるくらい高い抗酸化作用を持っています。βカロチンやビタミンA、ビタミンE、リコピンなどエイジングケアにぴったりの栄養素が豊富に含まれています。さらに、ポリフェノールがたっぷり配合されていますし、腹持ちも良いので手軽に取り入れながら必要な栄養素を摂取する事が出来ます。

その②緑黄色野菜

緑黄色野菜は、何歳からというわけではなく、どんな年齢の方でも積極的に摂取したい食材です。緑黄色野菜の濃い色は、βカロチンが豊富な証拠です。βカロチンは、体内に入るとビタミンAに変化します。このビタミンAが活性酸素を減少させて肌荒れに効果を発揮してくれたり、生活習慣病の予防にも効果を発揮してくれます。

その③キャベツ

キャベツには、美容の栄養素とも言われているビタミンCが豊富に含まれています。そのためエイジングケアにおすすめの食材の1つです。しかし、ビタミンCは熱っすると失われてしまうので、サラダや和え物などにしてそのまま食べるようにしましょう。シャキシャキとした甘いキャベツを副菜にしてもGOODです。

健やかなお肌を保つためにエイジングケアを取り入れよう!

いかがでしたか?エイジングケアは、毎日のスキンケアや生活習慣を見直していくだけで、少しずつではありますが、効果を発揮してくれます。潤いのあるモチッとした透明肌は、やはり女性の憧れです。年齢を感じさせないお肌作りを目指して何歳からと言わず、今からでもエイジングケアを始めていきましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-07-03 時点

新着一覧