ワッフルのカロリーは高い?ダイエットや糖質制限への影響は?

ダイエット中に気になるワッフルのカロリーや糖質量の計算についてまとめました。糖質やカロリーが高いことで知られるワッフルですが、使用する原料を工夫すれば栄養を整えられます。ワッフルのカロリーや糖質を計算して、健康的にワッフルをいただきましょう!

ワッフルのカロリーは高い?ダイエットや糖質制限への影響は?

目次

  1. ワッフルのカロリーや糖質を計算!
  2. ワッフルのカロリーはどのくらいか計算してみよう
  3. カロリー以外にも知りたい!ワッフルの糖質は?
  4. ワッフルのカロリーや糖質をおさえるには?
  5. ワッフルを食べる時のポイント
  6. 低糖質&低カロリーで栄養もばっちり!オートブランのワッフルレシピ
  7. 食感も美味しいおからを使った低カロリーワッフルレシピ
  8. こうばしい風味を楽しめる全粒粉のワッフルレシピ
  9. 大豆粉を活用した栄養価の高いワッフルレシピ
  10. カロリーや糖質をおさえたワッフルを楽しもう!

ワッフルのカロリーや糖質を計算!

ダイエット中は気になるワッフルのカロリー&糖質

カリッとした食感とふわふわとした食感の両方が楽しめるワッフル。自分で作ったり、お店で食べたりと、いろいろなシーンでワッフルを楽しめますよね。ただし、ダイエット中にワッフルを食べるときはカロリーや糖質の計算が必要不可欠。ワッフルを食べ過ぎると高いカロリーや糖質を摂取してしまうことになるので気をつけましょう。

ワッフルのカロリーと糖質を計算しておこう

「ワッフルのカロリーや糖質は高いの?」「糖質やカロリーを計算しながらヘルシーにワッフルを食べたい!」というときにおすすめのワッフル情報をまとめました。栄養満点で糖質もおさえられた低カロリーワッフルレシピもご紹介。ダイエット中も安心してワッフルを食べるためにはカロリー計算が欠かせません。カロリーを把握してワッフルを楽しみましょう!

Thumbワッフルの作り方、人気レシピ集!簡単にサクサクふわふわを!

ワッフルのカロリーはどのくらいか計算してみよう

ワッフルは100gあたり350カロリーほど

それでは、ワッフルのカロリーがどのくらいなのかをチェックしていきましょう。ワッフル100gのカロリーは350カロリーほど。ご飯の100gあたりのカロリーが160カロリーということを考えると、ワッフルのカロリーは高めになります。ワッフルを作るのには卵や薄力粉などを使うので、全体的にカロリーが高くなってしまうのが特徴。

トッピングを加えるとカロリーが多くなる

ワッフルをそのまま食べるのではなく、チョコレートソースや生クリームなどをトッピングすることでカロリーはさらに高くなります。トッピングをしすぎると1食分のカロリーになってしまう場合も。おやつとしてワッフルを食べる場合はトッピングを控えてなるべく低カロリーに仕上げることが重要になります。

カロリー以外にも知りたい!ワッフルの糖質は?

カロリーだけでなく糖質も重要なポイント

効率的なダイエットをする場合、カロリーだけでなく糖質量も重要なポイントになります。糖質は脂肪に変わりやすいので、ダイエット中は控えるのがおすすめ。糖質をなるべくおさえることがヘルシーな食事への第一歩になります。

ワッフルの糖質は100gあたり35gほど

ワッフルに含まれている糖質は25gほどになります。糖質の摂りすぎは脂肪をため込む原因になるので、気をつけたいですね。他の食事で摂取する糖質量のことも考えながらワッフルを食べていきましょう。

Thumbワッフルメーカーの人気おすすめ機種!使い方次第で万能調理器にも?

ワッフルのカロリーや糖質をおさえるには?

低カロリーなおからや大豆粉を活用する

ワッフルのカロリーや糖質を抑えたい時におすすめなのが、原料を変えること。通常のワッフルは薄力粉を使いますが、それだとカロリーも糖質も高くなってしまいます。ヘルシーなおからや大豆粉を使うことでカロリーや糖質をおさえることが可能に。原料に工夫を加えて手作りワッフルを楽しんでみてはいかがですか。

カロリー控えめな市販の糖質制限ワッフルを食べる

市販のワッフルでも糖質制限タイプのものが販売されているので、それを活用するのもおすすめ。本格的な味わいのワッフルを気軽に楽しめます。

ワッフルを食べる時のポイント

脂肪燃焼効果のあるお茶と一緒に食べる

ワッフルを食べる時は、脂肪燃焼効果を期待できるウーロン茶や緑茶といったお茶と一緒に食べるのがおすすめ。これらと一緒に食べることによって糖質や脂肪の吸収をなるべくおさえることができます。

ゆっくり食べてカロリーをおさえる

ゆっくりよく噛むことも大切。早食いをすると物足りなさを感じ、「あともう1つ食べたい!」という気持ちになってしまいます。なるべく満足感を得られるようにゆっくり食べるようにしましょう。ゆっくり食べればお腹も満たされるので、余計な間食を防ぐことにもつながります。

Thumbワッフルメーカーのおすすめ人気機種!直火と電気の違いを比較!

低糖質&低カロリーで栄養もばっちり!オートブランのワッフルレシピ

オートブランのワッフルに必要な材料

それでは、ダイエット中でもカロリーや糖質をおさえて楽しめるワッフルのレシピをチェックしていきましょう。まずご紹介するのが食物繊維をはじめとした栄養価が高いことで知られているオートブランを使ったワッフルのレシピです。体に良い影響を与えてくれるミネラルなどの栄養も含んでいることから、健康的にワッフルを楽しみたい時におすすめ。

オートブランのワッフルに必要な材料は、卵1個、牛乳200ml、オートブラン100g、ヨーグルト60g、ダイエット甘味料20g、ココナッツオイル30gになります。ダイエット甘味料を使うことによってカロリーをおさえるのがレシピのポイント。ココナッツオイルは脂肪の燃焼を促進する栄養が含まれていることからダイエット中に使うオイルにぴったりです。

栄養もとれるレシピ

卵と牛乳を混ぜ合わせたら、ダイエット甘味料・ヨーグルト・ココナッツオイルも加えてしっかりと混ぜ合わせます。オートブランを加えたらヘラでさっくりと混ぜ合わせましょう。ワッフルメーカーに生地を流し入れたら、5分ほど焼いて完成。メープルシロップやはちみつなど、お好みのトッピングをしていただいてくださいね。

食感も美味しいおからを使った低カロリーワッフルレシピ

おからワッフルに必要な材料

生おからを使ったワッフルもおすすめのレシピ。おからは、食物繊維やイソフラボンなど高い栄養素を期待できるヘルシーな食材です。おからの効果により、外側はカリカリ、中はもっちりとしたワッフルに仕上げられるのも魅力。健康的なだけでなく、美味しいワッフルを簡単に作ることができます。美味しいワッフル作りに役立ててみてはいかがですか。

おからワッフルに必要な材料は、生おから100g、ホットケーキミックス100g、グラニュー糖10g、卵1個、牛乳50mlになります。カロリーが気になる場合は、グラニュー糖は省きましょう。メープルシロップやはちみつなど、カロリー控えめで栄養も豊富な甘味料を使ったり、ダイエット甘味料を使うなどの工夫をプラスしてくださいね。

おからの高い栄養を摂取できるレシピ

生おから・ホットケーキミックス・卵・グラニュー糖・卵・牛乳をボウルに入れたら、なめらかな状態になるまで混ぜ合わせます。ワッフルメーカーは温めておきましょう。温めたワッフルメーカーに生地を流し入れ、こんがりとするまで焼いたら完成です。

こうばしい風味を楽しめる全粒粉のワッフルレシピ

全粒粉のワッフルに必要な材料

全粒粉をワッフルに入れるのもおすすめのアイデア。全粒粉は香ばしい風味を楽しめるのと同時に、ビタミンやミネラルといった栄養も含まれているのでヘルシーにワッフルをいただくことができます。全粒粉独特のプチプチとした食感も魅力。アメリカのワッフルでは全粒粉を入れるのが定番なので、本場の味を楽しんでみてはいかがですか。

全粒粉のワッフルに必要な材料は、全粒粉70g、薄力粉180g、牛乳200ml、ベーキングパウダー小さじ2、はちみつ40g、オリーブオイル20ml、卵2個になります。オリーブオイルの代わりにココナッツオイルを使ってもOK。甘さ控えめのワッフルなので、ベビーリーフやチーズを組み合わせたサラダと一緒に食べても美味しくいただけます。

栄養も豊富なレシピ

ボウルに全粒粉・薄力粉・牛乳・ベーキングパウダー・はちみつ・オリーブオイル・卵を入れて、粉っぽさがなくなるまでしっかり混ぜ合わせましょう。温めたワッフルメーカーに生地を入れ、焼き色がつくまで焼いたら完成です。お好みのトッピングをしていただきましょう。

大豆粉を活用した栄養価の高いワッフルレシピ

大豆粉のワッフルに必要な材料

低カロリーなワッフルを楽しみたい!という時に役立つのが大豆粉。大豆を粉砕した粉を使えば、糖質をぐっと抑えることができます。大豆の香ばしい風味を感じられるのも嬉しいポイント。アーモンドパウダーを入れることで、豊かな香りを引き出しています。もっちり&カリカリな食感のワッフルを気軽に楽しんでみてはいかがですか。

大豆粉のワッフルに必要な材料は、アーモンドパウダー20g、大豆粉60g、ベーキングパウダー小さじ1、ダイエット甘味料大さじ1、オリーブオイル大さじ1、卵1個、豆乳120mlになります。風味豊かにしたい時は、バニラエッセンスを少々入れましょう。ダイエット甘味料の量は好みに合わせて調節してくださいね。

簡単なレシピ

アーモンドパウダーと大豆粉、ベーキングパウダーをよく混ぜ合わせておきます。別のボウルに卵・豆乳・オリーブオイル・ダイエット甘味料を入れてよく混ぜ合わせましょう。粉類を入れたボウルに卵の液を流し入れ、ヘラを使ってさっくりと混ぜ合わせます。しっかりと混ぜ合わさったらワッフルメーカーでこんがりとするまで焼いて完成。

カロリーや糖質をおさえたワッフルを楽しもう!

ワッフルを食べたい時は、カロリーや糖質に気をつけることが重要なポイント。おからや大豆粉などヘルシーな原料も活用しながら美味しいワッフル作りを楽しんでみてはいかがですか?甘みをつけるのにはダイエット甘味料を使うなどの工夫をプラスするのもおすすめ。ダイエット中でも安心して食べられるワッフル作りを満喫してくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-09-21 時点

新着一覧