エアコンの除湿と冷房の正しい使い分けや電気代の節約について調査!

暑い夏がやってきました!こんな季節に大活躍なのがエアコン!エアコンの使用方法は冷房ですか?除湿ですか?エアコンの正しい使い方を学んで電気代を節約しましょう!冷房と除湿どっちが節約?電気代の節約は冷房?除湿?気になるエアコンの電気代節約術をまとめます!

エアコンの除湿と冷房の正しい使い分けや電気代の節約について調査!

目次

  1. エアコンの除湿正しい使い方知ってますか?
  2. 夏のエアコンは除湿?冷房?
  3. エアコンの冷房と除湿の違い
  4. 最新エアコンの除湿機能とは?
  5. エアコンの除湿機能には2種類ある!
  6. エアコンの除湿機能の違いを知って節電!
  7. エアコンの最熱除湿で電気代が高くなる!
  8. エアコンの除湿機能と冷房機能を上手に活用しよう
  9. エアコンの電気代を安くするのは冷房?除湿?
  10. エアコンは除湿と冷房どっちが電気代節約?まとめ

エアコンの除湿正しい使い方知ってますか?

暑い夏がやってきました。住まいの中でエアコンは必需品ですね。あなたの住まいでは、エアコンの除湿機能と冷房機能はどのように使い分けていますか?よく、冷房と除湿機能では除湿機能のほうが電気代が高くなる。という事を耳にします。実際のエアコンの電気代は冷房と除湿ではどのような違いがあるのでしょうか。

エアコンの冷房と除湿を使い分けてこの夏は節電に挑戦してみませんか。ここではエアコンの冷房と除湿の違いやエアコンの冷房と除湿の使い分けでどのように電気代を節約できるのかなどをまとめていきます!エアコンの冷房や除湿を上手に使い分けて節約し、快適な住まいを手に入れましょう!

夏のエアコンは除湿?冷房?

エアコンの冷房と除湿では除湿のほうが電気代が高いらしいという噂を耳にしたことがありませんか?実際、エアコンの冷房と除湿のどちらが電気代を節約できるのでしょうか。その答えを知るには、エアコンの冷房と除湿の違いを知ることが大切です。まずはエアコンの冷房と除湿の違いは何なのでしょうか。

まず、冷房は住まいの「室温」を低くするための機能です。除湿は住まいの中の「湿度」を下げるための機能になります。どちらも部屋の温度を下げる働きをしてくれるエアコンの機能なのですが、冷房と除湿の使い方によって、電気代を節約できるのでしょうか。快適な住まいを手に入れるために、ぜひ除湿と冷房を上手に使い分けたいものです。

エアコンの冷房と除湿の違い

除湿と冷房の違いは少し解ってきたと思います。冷房は住まいの「室温」を下げる機能。除湿は住まいの「温度」を下げることを最優先にした機能です。詳しくいうと、冷房はエアコンが室内の暖かい空気を吸い込み、熱を室外に出します。冷房を付けると部屋の中の暖かい空気がなくなるので涼しくなるのですね。では除湿機能はどのような仕組みで住まいの温度を下げているのでしょうか。

エアコンの除湿機能は、住まい空気中にある「湿気」を取り除きます。部屋の湿度を下げることにより、室内の温度を下げています。部屋の中の湿気を取り除くためにエアコンが室内の空気を取り込み、空気中の水分を外に出し、取り込んだ空気を冷やして部屋の中にもどします。これがエアコンの除湿機能です。どちらのエアコン機能も室温を下げるという事は同じなのですが、部屋の環境によっては電気代にも差が出てきます。

最新エアコンの除湿機能とは?

最近のエアコンには除湿機能に種類があるのをご存知ですか?あなたの住まいのエアコンの除湿機能はどちらを活用したものでしょうか。まず、エアコンの除湿機能の違いを知っておくことが大切です。除湿の機能の違いによっては電気代にもずいぶんと差が出てしまうのだそうです。

エアコンの種類によっては取り入れられている除湿機能の違いは、「弱冷房除湿」と「最熱除湿」というものがあります。この機能には基本的な違いがあります。まず、電気代を節電するためには、あなたの住まいのエアコンがどのタイプの除湿機能なのかを把握しておく事がもっとも大切になってきます。では弱冷房除湿と際熱除湿の違いについてまとめていきます。

エアコンの除湿機能には2種類ある!

最近のエアコンの除湿機能「弱冷房除湿」と「再熱除湿」とはどんな違いがあるのでしょうか。まず。「弱冷房除湿」は部屋の中の空気を取り込んで除湿し、取り込んだ空気を冷却して部屋に戻すという機能になります。そのため乾燥したり、身体が冷えすぎてしまう可能性があります。では際熱除湿とはどのような機能なのでしょうか。

エアコンの除湿機能の中でも、最熱除湿は最近のエアコンにも取り入れられている除湿の機能なのですが、弱冷房除湿との違いは「取り込んで除湿した空気」を冷やして部屋に戻すのではなく、除湿のみを行って部屋に戻すという違いがあります。除湿だけに特化した機能なので室温が下がりすぎる心配がありません。この除湿の種類によって電気代に差が出てしまうようです。

エアコンの除湿機能の違いを知って節電!

エアコンの除湿機能一つでもそのエアコンの除湿機能の違いによって「除湿」の方法がまったく違ってくる事がわかりました。弱冷房除湿の場合は取り込ん部屋の空気から湿気を取り除いて空気を冷却して部屋に戻す。最熱除湿の場合はエアコンに取り込んだ空気から湿気だけを取り除いて空気を室内に戻す。という違いあがる事が解りました。ではこの除湿の方法の違いでなぜ電気代に違いヶ出てしまうのでしょうか。

一般的な弱冷房除湿の機能の場合と違い、再熱除湿は室内の温度を下げ、そのうえエアコンで取り込んだた空気を適温に戻してから部屋に戻すという機能になります。空気を適温に戻すために空気を暖めて部屋に戻すため、空気を暖める時に電気代を消耗する事になります。除湿は「最熱除湿」よりも「弱冷房除湿」の方が電気代の節約になるというわけです。しかし、最熱除湿は弱冷房除湿と違って部屋の空気を冷やしすぎず、肌寒く感じないような快適性が得られます。弱冷房除湿では体が冷えてしまう可能性がありますが、再熱除湿は肌寒くない、快適な除湿方法になります。

エアコンの最熱除湿で電気代が高くなる!

先に述べましたとおり、再熱除湿はエアコンに取り込んだ空気を暖めなおして部屋に戻す機能なので、弱冷房除湿のエアコンよりも電気代が高くなる可能性があることがわかりました。まずはあなたの住まいのエアコンがどのような除湿機能なのかを把握する事が電気代節約の第一歩なのです。再熱除湿を行うエアコンの場合電気代節約は無理なのでしょうか。エアコンの除湿機能は再熱除湿の機能でも使い方によって節電をすることができます。

では、あなたの住まいのエアコンの除湿機能はどちらのタイプなのでしょうか。エアコンを購入する際に電気店の店員に確認するのが一番簡単ですが、エアコンが古いタイプだと説明書に記載されていない場合もあります。また、最新のエアコンの場合、どちらの除湿機能もついている場合もあります。解らない場合はメーカーに問い合わせしてみましょう。最熱除湿は弱冷房除湿よりも電気代が高くなりますが、室温を下げずに涼みたい場合は快適に過ごすことが出来るので弱冷房除湿で体を冷やして風邪をひくなんて心配はありません。電気代ではありませんが、その方向での節約にはなるという考えもありますね。

エアコンの除湿機能と冷房機能を上手に活用しよう

活用方法によっては節電になる除湿方法として、梅雨時などの涼しい朝夕には再熱除湿を使う事で身体が冷えすぎず快適な室温を保つ事ができます。最熱除湿は室温は変化しませんが、湿度が15%減ると、体感温度が1度下がるといわれています。快適で健康なエアコン生活を送りたい場合は弱冷房除湿よりも電気代は高いですが健康的な除湿といえます。

真夏の室温も外気温度も高い場合は、除湿を行うよりもまずは冷房で室温を下げてから「自動運転」で室温を維持することをおすすめします。では、除湿の機能の違いについて学習したところで冷房と除湿の電気代の違いについてまとめていきます。除湿と冷房を上手に使い分けて電気代を節約しましょう!

エアコンの電気代を安くするのは冷房?除湿?

冷房と除湿の違いもわかりましたね。まず、節電の第一歩はあなたの住まいのエアコンの除湿機能が「弱冷房除湿」なのか「最熱除湿」なのかを知ることが大切です。エアコンの冷房機能は設定した温度を保つように運転します。除湿の機能はあたりまえですが、その時の部屋の湿度によって運転が変わってくることになります。冷房と除湿の電気代の違いは室温によって変わってきてしますのですね。

このように使用しているエアコンの除湿機能の違いによって電気料金にも差が出てきてしまう事がわかりました。使用しているエアコンの除湿機能が「弱冷房除湿」の場合は、「冷房」機能よりも電気代を抑える事ができます。しかし、湿度が高い場合は除湿に時間がかかるのでエアコンがずっと回転している状態が続く事になりますね。快適さを追求するのであれば、真夏の暑い時期は冷房でさっと室温を低くしてしまうほうが快適です。

エアコンは除湿と冷房どっちが電気代節約?まとめ

エアコンの冷房と除湿の電気代の違いについてまとめてきました。電気代の節約の鍵はエアコン機能の使い分けにあることがわかりました。まずは、あなたの住まいのエアコンの除湿機能が「弱冷房除湿」なのか「最熱除湿」なのかを調べてみましょう。除湿の機能の違いによって電気代に違いが出ます。弱冷房除湿の場合は部屋の中の湿気を取り除いて冷たい空気を室内に戻しますが、最熱除湿の場合空気中の湿気を取り除いて空気を温めて室内にもどすためで空気を暖める分多く電気を使用するため、電気代が高くなります。しかし、最熱除湿の場合は室温が下がらないので身体にとって健康な除湿機能といえます。

電気代の差でいうと、弱冷房除湿よりも冷房、冷房よりも再熱除湿が電気代が高くなります。除湿機能の違いによっては除湿より冷房の方が電気代がかからない場合があるということです。エアコンによる消費電力でいえば弱冷房除湿が省エネですが、湿度が高い時は除湿を使用し、室温や外気温が高い夏には冷房を使って室温を下げるほうが電気代を下げる事が出来ます。古いタイプのエアコンはほとんどが「弱冷房除湿」ですが、最新のエアコンの場合は弱冷房除湿と再熱除湿の両方を兼ね備えている場合もあります。どちらのタイプの除湿機能なのか確認してみましょう!室温や湿度によって除湿と冷房を使い分けて快適な夏を過ごしましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-03-19 時点

新着一覧