ドライフルーツのカロリーと栄養を調査!太る原因や美肌効果・効能とは?

ドライフルーツは、おやつの代わりに食べたり、朝食に摂り入れたりと万能です。その栄養価の高さが注目されている一方で、ドライフルーツ自体のカロリーが高くて太ってしまうという声も聞きます。今回は、そんなドライフルーツのカロリーと栄養素をまとめてご紹介していきます。

ドライフルーツのカロリーと栄養を調査!太る原因や美肌効果・効能とは?

目次

  1. ドライフルーツのカロリーと栄養が気になる!活かし方とは?
  2. 栄養に注目!ドライフルーツの基礎知識
  3. ドライフルーツは本当に太る!?カロリーと摂取の目安
  4. ドライフルーツの栄養とカロリー【マンゴー編】
  5. ドライフルーツの栄養とカロリー【レーズン編】
  6. ドライフルーツの栄養とカロリー【プルーン編】
  7. ドライフルーツの栄養とカロリー【クランベリー編】
  8. ドライフルーツの栄養とカロリー【キウイ編】
  9. ドライフルーツの栄養とカロリー【イチジク編】
  10. カロリーを制限&栄養たっぷり!ドライフルーツを正しく摂ろう!

ドライフルーツのカロリーと栄養が気になる!活かし方とは?

最近、色んなデザート、場面で登場するドライフルーツは、栄養価や効果、効能の高さが注目され、人気となっています。今回は、ドライフルーツにスポットを当てて栄養価はもちろん、気になるカロリーなどをお届けします。

栄養に注目!ドライフルーツの基礎知識

最初にご紹介するのは、ドライフルーツがどんなものかということです。ドライフルーツを口にされて知っている方も多いと思いますが、改めてドライフルーツの基本的なことからおさらいしていきましょう。

ドライフルーツとは?

ドライフルーツは、その名の通り乾燥させた果物です。昔から存在しているドライフルーツは、収穫した果実を乾燥させて食べてみたら甘い食べ物になったことが始まりです。糖分が高くなると細菌やカビなどが繁殖しにくく、保存性が高くなる特徴があります。

ドライフルーツの魅力って?

ドライフルーツには、ドライフルーツならではのメリットがあります。ドライフルーツには、身体を温めてくれる効果があり、その一方で、栄養価を生フルーツと比べてみるとビタミンCは残っていない場合があるものの健康や美容成分が凝縮されていたり、皮まで食べれたりと果実の恵みを余す事なく摂り入れられます。

Thumbフルーツは朝に食べるとダイエットにも効果的?おすすめの果物・量は?

ドライフルーツは本当に太る!?カロリーと摂取の目安

先ほども触れましたがドライフルーツは、乾燥する事で糖分が高くなっている事も大きな特徴です。そこで女性が最も気になるのが「太るのではないか」というところです。栄養価が高くて効果と効能があるからといって太るのでは逆効果になってしまいます。そこで、ここではドライフルーツのカロリーや摂取の目安をご紹介します。

太るのはイヤ!ドライフルーツのカロリーは?

やはり一番気になるのは、水分がないことで糖分が上がる事です。ドライフルーツ1個では、生のフルーツのカロリーと変わりありませんが、100gのまとまった量で見てみるとカロリーが高くなるのでたくさん食べると太る原因になります。さらに、ドライフルーツの種類の中には、砂糖を使っている物もあるので選ぶ時はカロリーに注意しましょう。

太るのを防止!適度な摂取量とは?

ドライフルーツは、食べ過ぎると太る恐れがあるので、適度な摂取量がポイントになります。その摂取量の目安は、1日80kcalが目安です。美容や美肌に効果や効能があるからといって食べ過ぎには気をつけましょう。

ドライフルーツの栄養とカロリー【マンゴー編】

ここからは、たくさんあるドライフルーツの種類を見ていきながら1つ1つの栄養やカロリー、効果、効能まで見ていく事にしましょう。ドライフルーツは、摂り方によっては、健康はもちろん、女性に嬉しい美容や美肌のために効果&効能を現してくれます。まずは、ドライフルーツと言えばといって思いつく「マンゴー」をご紹介します。

マンゴーの栄養とカロリー

ドライフルーツの中でもスタンダードなマンゴー。そのマンゴーのカロリーは、100gあたり約360kcalとやや高めです。そんなドライマンゴーの栄養素は、ビタミンAやβカロチン、クエン酸、ビタミンC、E、葉酸などがあげられます。

マンゴーの効果と効能

ドライマンゴーには、アンチエイジング効果が期待出来ます。抗酸化作用があるので、体内に生まれた活性酸素を除去してくれる効果があります。さらに、美肌のための栄養素と言われるビタミンCも含まれているため、肌のハリなどを作るコラーゲンの生成を促してくれます。血液もサラサラにしてくれるので、新陳代謝が上がります。

ドライフルーツの栄養とカロリー【レーズン編】

次は、ドライレーズンです。レーズンは、パンやスイーツなどに活用出来る食べ物です。ブドウを干して乾燥させることで出来上がります。

レーズンの栄養とカロリー

レーズンのカロリーは、100gあたり約300kcalです。健康と美容の両面に効果的な食べ物です。その小さな粒の中には、ポリフェノールやカリウム、ブドウ糖、鉄分、食物繊維などが多く含まれています。

レースンの効果と効能

レーズンの効果や効能は、腸内環境を改善に導いてくれる食物繊維が含まれているので便秘解消に効果を発揮してくれます。腸内環境が整うと、健康のためだけでなく、美容にも効果が現れると言われています。さらに、プルーンの2倍の鉄分が含まれていることから貧血や鉄欠乏症などにも効果的で、女性が積極的に摂取して欲しいドライフルーツです。

ドライフルーツの栄養とカロリー【プルーン編】

3つめのドライフルーツは、プルーンです。プルーンとは、もともとスモモの一種でそれを乾燥させることで作られるのですが、種付きで乾燥させても発酵しない果実だけがプルーンになれるのです。そんなプルーンには、どんなカロリーや栄養素が含まれているのでしょうか?

プルーンの栄養とカロリー

プルーンのカロリーは、100gあたり約240kcalと高めになっています。プルーンの栄養素は、鉄分や食物繊維、ビタミン類、ポリフェノール類なども含まれています。栄養だけで見てみると美容への効果はもちろん、健康への効果や効能が目立つように思います。

プルーンの効果と効能

プルーンと聞いてイメージ出来るのは、鉄分による貧血防止効果です。他にも鉄分を多く含む食材はありますが、ドライフルーツのプルーンやレーズンなら持ち運びが便利なので、いつでも栄養補給が可能です。さらに、プルーンには、水溶性と不溶性の食物繊維の2つがバランス良く含まれているので、腸内環境を整えてくれるサポート役をしてくれます。

ドライフルーツの栄養とカロリー【クランベリー編】

続いては、ドライクランベリーの栄養とカロリーです。赤い実と甘酸っぱい味わいが特徴のクランベリーですが、そのままのイメージよりもブルーベリーや他の食材などと一緒に混ざっているアイテムを良く見かけます。パンに練り込んだり、サラダに散らしたりと万能なドライフルーツです。

クランベリーの栄養とカロリー

ドライクランベリーのカロリーは、100gあたり約300kcalとなっています。その赤い実の中には、美容や美肌に効果的なビタミンCや食物繊維、フラボノイド、プロアントシアニジンなどが含まれています。

クランベリーの効果と効能

ドライクランベリーの効果と効能には、抗酸化作用による血行不良やむくみを改善してくれる効果があります。この鍵を握っているのが、プロアントシアニジンで、ビタミンCの約20倍の効果を発揮してくれます。さらに、肌トラブルに効果的なビタミンA、C、Eなども豊富に含まれているため、美容のためにも積極的に摂りたい食べ物の1つです。

ドライフルーツの栄養とカロリー【キウイ編】

次は、ドライフルーツのキウイをご紹介します。生で食べてもほどよい酸味と甘さがバランスの良い果物ですが、ドライフルーツにすることで、栄養が増していきます。

キウイの栄養とカロリー

ドライキウイのカロリーは、100gあたり約330kcalとなっています。栄養素としては、美容の栄養とも言われているビタミンCが豊富です。さらに、カルシウムも豊富に含まれていて、生のキウイフルーツの約2.7倍はあると言われています。ビタミンCが多く含まれているという事は、その分美肌に欠かせないドライフルーツと言えます。

キウイの効果と効能

ドライキウイには、シミやくすみなどの肌荒れ防止やお肌を整えてくれる美肌効果が期待出来ます。さらに、アンチエイジングには必須の抗酸化作用がありますし、疲労回復や腸内環境を改善してくれる効果をも持っています。美肌を作る上で腸内環境改善は、とても大切なポイントです。

ドライフルーツの栄養とカロリー【イチジク編】

最後のドライフルーツは、イチジクです。イチジクは、実の中に小さな花をつけるめずらしい果実です。口入れて噛むと独特の食感があり、また1個また1個と知らない間に食べ進めてしまうほどです。そんなイチジクもドライフルーツとして手軽に味味わう事が出来ます。

イチジクの栄養とカロリー

イチジクのカロリーは、100gあたり約290kcalになっていて栄養素としては、食物繊維やカリウム、鉄分、ポリフェノールなどが含まれています。栄養素だけ見てみるとアンチエイジング効果に優れたドライフルーツと言えます。

イチジクの効果と効能

イチジクの効果と効能で最初にあげられるのは、便秘解消効果です。腸内環境と便通を促してくれる2つの食物繊維がバランス良く配合されているので、適度な量を摂取すれば、便秘の解消効果が期待出来ます。便秘を解消する事で、新陳代謝が上がり、老廃物も排出されるので、デトックス効果にも繋がります。さらに、女性ホルモンを整えてくれる効果があるところも魅力です。

カロリーを制限&栄養たっぷり!ドライフルーツを正しく摂ろう!

いかがでしたか?ドライフルーツは、概要だけ見てみるとカロリーが高くて太るのではないかと思いがちですが、食べる量を調節したり、他の食材を合わせて摂れば、私たちの身体や皮膚に効果を発揮してくれます。毎日一定量をおやつとして摂るのもいいですね。さらに、色んな種類があるので味見をしながら好みを見つけていきましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-09-21 時点

新着一覧