白菜を栽培しよう!栽培方法・育て方のコツは追肥と害虫対策?

何の料理にも合って、そつなく使えてしまう白菜は冷蔵庫の定番野菜ですよね!冬になると安く並びますが、今年は栽培してみませんか?白菜は、家庭菜園に慣れてきたら栽培してみたい野菜。ちょっとした自慢にもなりますよ!ここでは白菜の失敗しない栽培方法をご紹介していきます!

白菜を栽培しよう!栽培方法・育て方のコツは追肥と害虫対策?

目次

  1. 白菜を栽培してみませんか?
  2. 白菜の基礎知識
  3. 白菜の栽培歴
  4. 白菜の栽培準備
  5. 白菜の栽培方法
  6. 白菜の栽培中に気を付けたい害虫
  7. 白菜の栽培で大事な手入れ
  8. 白菜の栽培完了!収穫の仕方と残し方
  9. 白菜の栽培が初めての方におすすめの品種
  10. 家庭菜園がどんどん楽しく!

白菜を栽培してみませんか?

きっとこの記事を見ている方は、家庭菜園がお好きな方!白菜の栽培をまだした事が無い方は、これを機にぜひ栽培してみませんか?白菜の栽培は家庭菜園経験者のランクで言うと中級クラスです。ちょっと手間がかかりますが、覚えてしまえば意外と簡単、手がかかったぶん美味しく出来上がりますよ!

最近では、プランターなどで育てれる品種も出てきているので始めやすくなっているんです!小さな白菜であれば小スペースでも栽培可能なので、品種を選べば今までスペースや畑が無くて諦めていた方も栽培出来ちゃいます!ぜひ、これを機に栽培してみて下さい!

白菜の基礎知識

白菜は冷蔵庫の定番で、どんな料理にも合う万能な野菜ですよね!癖が無くて食べやすく鍋の食材としてはもちろん、サラダや漬物など生でも食べれてまさに野菜の王様のような野菜です。ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富でカロリーも低いので、健康のためにもぜひ食べておきたいです。

白菜は、家庭菜園として栽培するのには育て方がちょっと難しく中級クラス。結球という作業があり、慣れないうちは上手く行かないかも知れません。また、追肥をすることで美味しく結球もしやすくなるので追肥をこまめに行う必要があります。害虫対策をしっかりしないと、害虫被害にもあってしまうので少し手間がかかると感じる方もいるかもしれません。

また、白菜は中国が原産国で涼しい気候を好む事から、秋~冬にかけての栽培になります。少し寒くなってきたときに作業しなくてはならないのも大変かもしれません。苗ではなく、種から育てるとなると長期戦になるので初めての方にはちょっと手のかかる栽培方法です。

でも、そんな白菜だからこそ上手く栽培出来た時の感動は大きいです!何より、自分で栽培した野菜は美味しいんですよ。白菜を自分で栽培出来るとなると次のステップにもなります。白菜は栽培して土につけたまま多少置いておけるので、急いで収穫しなくてもいい利点もあります!さあ、さっそく栽培してみましょう!

白菜の栽培歴

白菜の栽培は8月頃から始まります。種まきは8月の暑さがひと段落した頃に行い、まず苗を作ります。その後、育った苗を9月頃には植え付けをして、害虫対策や追肥をしっかりと行っていれば11月頃から収穫が出来るようになります。

白菜は収穫時期が長く、1月頃まで収穫が可能なんです!スペースがある方は、たくさん栽培してもいいかもしれませんね!害虫被害が出やすい野菜なので、収穫までこまめに害虫対策をしていかなければなりませんが、それを頑張れば長く楽しめて多少の保存もきいて便利な野菜なんです!

白菜の栽培準備

白菜の栽培に必要な物は、プランター栽培の場合と地植えで違います。プランター栽培は、大きいサイズのプランターと培養土を準備しましょう。プランターであれば、種からではなく小さい品種の苗を購入した方が簡単です。追肥用の肥料と寒冷紗などがあると害虫対策に便利なので準備しておきましょう。

プランターで育てる場合には、苗をしっかりと選びましょう。あまり本葉が多いと根付きが良くないので、本葉が4~5枚のものを選びましょう。また害虫が付きやすい白菜なので、苗にも害虫となる虫の卵が付いている場合も。目で確認出来るので、卵や虫が付いていないか確認してから買いましょう。

地植えの場合には植え付けの10日以上前に1㎡あたりに石灰を150g、堆肥を2㎏、化学肥料を100g土に混ぜて耕しておきましょう。こちらも培養土が簡単ですが、自分でブレンドする際には排水性の良い配合で作りましょう。畝幅70㎝、高さ10㎝ほどの平畝を作れば準備は終了です。

白菜の栽培方法

白菜の栽培方法ですが、まずは種から育てる場合には苗を作りましょう。直播きもできますが、苗になりたての時に害虫被害が多く出て上手く育てれないことも!なので、少し手間になりますが地植えの場合には特に種から育てる育て方をおすすめします!

種をポットで育てるには、9㎝のポット1つに3~4粒ほど蒔きます。あまり土を深く被せてしまうと、芽が出にくくなってしまうので浅めに土を被せましょう。直播きの場合には、1ヶ所あたり4~5粒ずつ点蒔きしましょう。どちらも、本葉が4~5枚ほどになったら1本に間引きして育てていきます。

植え付けできるくらい育ったらプランターや地植えをしていきます。白菜は苗と苗の間隔をしっかりと空けてあげないとしっかりと成長してくれません。なので、苗と苗の間には30㎝以上間隔を空けるようにしましょう。苗は土ごと植え、培養土をかけたらしっかりと馴染ませてたっぷりとお水をあげましょう。

結球が始まるまでは、害虫対策として寒冷紗や防虫ネットなどをかけてあげるといいです。毎日虫が付いていないか細かくチェックしてあげるのもとても大事!気を付けていないと、一晩で全滅なんてこともあるそうです。特に害虫は幼苗の時期の白菜を好んで付くので、結球までは気にしていましょう!

白菜の栽培中に気を付けたい害虫

白菜には色々な種類の害虫が付きます。青虫やアブラムシ、ナメクジなどのメジャーなものから初めて見るような虫までいます。キスジノミハムシという虫は根を食べてしまうので要注意!コナガやダイコンハムシ、テントウムシダマシは葉を食べてしまいます。

その他にも、ハモグリバエやヨトウムシなども葉を食べてしまいます。実に色々な種類が付いてしまいますよね!これらは白菜の幼苗を好んで簡単に付いてしまうので、ぜひ幼苗の時期を大事にチェックして守ってあげましょう。

白菜の育て方で害虫対策は一番大事です。見たことがない虫が付いていたとしても、駆除しておくのに越したことはありません。また、見えにくい葉の裏側などもこまめにチェックしましょう。毎日虫のチェックをしていれば、もしも病気になっていてもすぐ気付いて対策もできます。

白菜の栽培で大事な手入れ

白菜の育て方で害虫対策以外に大事なのが追肥です。白菜は追肥でしっかりと葉を大きくしてあげないと上手く結球してくれません。大まかな追肥は、苗の定着後3回に分けて行いますが、液肥を薄めたものをこまめに水やりを兼ねて行ってもいいでしょう。

1回目の追肥は、苗が定着してから2週間ほど空けて行います。この時、白菜の根を傷つけないように少し耕してあげると除草もされておすすめです!2回目はそれから3週間ほど空けて、3回目はさらに3週間ほど空けて行いましょう。これを終える頃には結球し始めますので、そこからはこまめな水やりを心掛けてくださいね。

白菜の栽培完了!収穫の仕方と残し方

白菜は、結球した白菜の頭を触って硬く締まっているのを確認したら収穫出来ます!外葉を開き、白菜を倒して根本を包丁などで切り取りましょう。あまり寒くなってきてしまうと、霜などで白菜がすぐダメになってしまいます。なので、霜が降りる前に収穫しましょう。

冬越しをする場合には、外葉で白菜を包み紐で縛ります。これで外葉が霜から白菜を守ってくれます。だいたい2月頃まで持ちます。冬の寒さで白菜が甘くなるので、少し残しておいて、冬越しをさせるのもいいかも知れません。作り過ぎたとしても、畑に残して置けるので便利ですよね!

白菜の栽培が初めての方におすすめの品種

白菜の栽培方法はちょっと面倒で初心者さんには難しい所も。そんな方におすすめの品種が「お黄にいり」という白菜!育つのも早く、白菜と白菜の間隔が少し近くても丈夫に育ってくれます。育て方も、育ちやすいお黄にいりなら他の品種に比べて簡単かも知れませんよ?

他にも、「黄味小町」や「娃々菜」といった品種も人気!最初のうちは、上手く結球しなかったり虫が付いてしまってダメになってしまう事が多いので簡単な品種から初めて、コツを掴んでみましょう!きっと慣れてくると面白く感じると思いますよ?

家庭菜園がどんどん楽しく!

白菜の育て方のコツは、植え付け後の害虫対策と植え付けの時期をしっかりと守ること!これだけしっかりとしていれば、後は水やりと霜を気にする程度。中級クラスでも簡単な方かも知れません。始めやすい品種からスタートすれば、すぐに慣れちゃいますよ!

いかがでしたか?白菜の栽培方法は慣れてしまえば、細かな気配りだけで簡単になって来ます。白菜の栽培方法に慣れてしまえば、家庭菜園の幅もぐんと広がるはずですよ!育て方のコツをしっかりと守って、自家製の美味しい白菜をたくさん栽培してみて下さい!

一緒に読みたいおすすめの記事

Thumb生姜を栽培する方法は?プランターでも出来る簡単な育て方!
Thumbスイカの育て方!栽培のコツを初心者でも簡単に出来るように解説!
Thumb野菜栽培を簡単にする方法!初心者も簡単プランター栽培を紹介

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-11-26 時点

新着一覧