授乳中はアルコール・カフェインNG?ノンアルコールならOK?

授乳中はお酒は飲まずにコーヒーもあまり飲まないように注意されるのは、アルコールやカフェインの成分が赤ちゃんの成長に悪い影響を与えるためです。授乳中にアルコールやカフェインの成分が母体や赤ちゃんへの与える影響を調べたので参考にしてみて下さい。

目次

  1. 授乳中にNGなこと
  2. アルコールが与える授乳中の母体の影響
  3. アルコールが与える授乳中の赤ちゃんへの影響
  4. 授乳中にノンアルコールはいいのか
  5. 授乳中のアルコールを摂取してしまった場合は
  6. 授乳中のアルコールを取りたくなった場合は
  7. カフェインが与える授乳中の母体への影響
  8. カフェインが与える授乳中の赤ちゃんへの影響
  9. 授乳中にカフェインを取りたい場合は
  10. 授乳中はアルコール・カフェインNGのまとめ

授乳中にNGなこと

授乳中にはさまざまなことがNGに

hyunjin9095さんの投稿
20482602 175389383003820 7668252442982612992 n

授乳中は母乳のたくさん出すためにさまざまなことがNGになります。ケーキやチョコなどの甘い食べ物や脂っこい食べ物は乳腺を詰まらせてしまう食べ物なので控えるように産院で注意されます。赤ちゃんが新生児の時期、お母さんはときに睡眠不足になってしまいますが、睡眠不足も母乳の出を少なくさせてしまうのでよくないようです。また、ストレスもよくないそうです。

アルコールやカフェインの摂取はNG

naomi.45さんの投稿
20482387 169331406944531 4585925895507673088 n

授乳中のアルコールやカフェインの摂取は病院でNGを出されることが多くあります。授乳中のアルコールの摂取は母乳を通して赤ちゃんにも影響があるのでNGが出されます。コーヒーなどに含まれてカフェインは適量を守れば摂取することもできますが、こちらも赤ちゃんに影響する場合があるので注意が必要です。

医師に相談しないで薬を飲むのはNG

hio_rinさんの投稿
20582865 409478032780825 7010113395668025344 n

授乳中にお腹が痛くなったり頭が痛くなたりしても気軽に市販の薬を自分で勝手に飲むことはNGです。薬の成分が授乳を通して赤ちゃんに影響してしまう場合があるので、体調が悪くて授乳中にどうしても薬を飲まなくてはつらいという場合はまず、医師に診察してもらい授乳中でも飲める薬を出してもらいましょう。薬局の薬剤師さんに相談して薬を選んでもらう手段もあります。

授乳中にNGなことを産院に聞いおく

umeda.hospitalさんの投稿
20394005 342969052783004 3413220740743299072 n

赤ちゃんが産まれて産院を退院する前に授乳中にNGなことに関した医師や看護婦さんに聞いておきことをおすすめします。ネットや本でも授乳中にNGなことに関しての情報を知ることができますが、直接医師や看護婦さんに聞くことで自分に合った方法を見つけることができ、自分の中にある不安も減らすことができるのでおすすめです。

アルコールが与える授乳中の母体の影響

アルコールによって母乳の量が減る

che.siub.kzさんの投稿
20583074 1458199660892295 5316624116025917440 n

赤ちゃんを母乳だけで育てたいと思っているお母さんが多いですが、授乳中にお母さんがアルコールを摂取してしまうと母乳が出にくくなってしまうようです。アルコールの成分が母乳を作る成分の「プロラクチン」という乳汁分泌刺激ホルモンの分泌を減少させるため、母乳が出にくくなってしまいます。

母乳の射乳反射に影響が

p0kumさんの投稿
20347406 331055663991489 8664352188962701312 n

母乳の射乳反射とは「赤ちゃんが乳首を吸うと反射的に母乳が出ること」です。授乳中にアルコールを摂取すると「オキシトシン」という母乳を押し出す働きをするホルモンを減少させてしまうので、母乳の母乳の射乳反射に影響を与えてしまうそうです。

アルコールが与える授乳中の赤ちゃんへの影響

機嫌が悪くなったり、寝れない

hidemiizumiさんの投稿
20478544 893352004164779 3933556694373629952 n

授乳中にお母さんがアルコールを摂取してしまい母乳を通して赤ちゃんにアルコールの成分が入ってしまうと赤ちゃんは機嫌が悪くなったり、寝れなくなってしまう場合があります。小さな赤ちゃんはさまざまな器官が未発達なので少量のアルコールでも大きな影響を受けてしまうので注意して下さい。

赤ちゃんの知能や発達に障害が起こることも

cottoncandy515さんの投稿
20479157 244872726024457 3142689718659973120 n

授乳中にお母さんがたくさんのアルコールを摂取してしまうと赤ちゃんがアルコール中毒になってしまう場合があります。赤ちゃんが慢性的なアルコール中毒や重度のアルコール中毒になってしまうと赤ちゃんの知能の発達や身体の発達に影響を与え、成長を妨げてしまうこともあるようです。

授乳中にノンアルコールはいいのか

1%未満のアルコールが含まれているものは注意

cafepalukeさんの投稿
20393769 409603026101514 4461156571572862976 n

ノンアルコールの飲料はアルコール度数が0.00%のものや1%程度含まれてるものなどさまざまあります。ノンアルコールでもたくさん飲んでしまうと知らないうちに酔っぱらっていたというともあるようなのでたくさん飲むのはNGです。ノンアルコールと表示してあってもアルコール度数も見て購入するようにしましょう。

またに飲む程度ならOK

okinawa_likesさんの投稿
20582875 790333231126177 7457581969241538560 n

ノンアルコールはアルコール度数が少ないので授乳中でもたまに飲む程度ならいいようです。ノンアルコールでも赤ちゃんに影響がないか心配な場合はノンアルコールを摂取したあと1日は授乳をしないなど配慮することで赤ちゃんへの影響を押さえることができます。

授乳中のアルコールを摂取してしまった場合は

体内のアルコールが抜けるまで授乳しない

shihotthyさんの投稿
20582470 486729768360514 4714349484992102400 n

授乳中にアルコールを摂取してしまった場合は体内のアルコールの成分が抜けるまで赤ちゃんに授乳するのは避けましょう。アルコールの成分が体内から完全に抜けるまでにかかる時間は個人差があり、アルコールの成分が完全に抜けたかどうかはわからないので、どれほど時間をおけばいいのか、確実な答えはありませんので、授乳中はアルコールを摂取しないことをおすすめします。

アルコール摂取後の母乳は搾乳して捨てる

c5.kumq.c5さんの投稿
17438099 704409053080352 1087642511423307776 n

アルコールを摂取してしまいそのあとに赤ちゃんに授乳する場合、アルコール摂取後の母乳は赤ちゃんに与えずに搾搾乳して捨てましょう。こうすることによってアルコールの成分が入っているかも知れない母乳を赤ちゃんに与える機会を減らすことができます。

授乳中のアルコールを取りたくなった場合は

医師に相談してアドバイスをもらう

fwa.3518さんの投稿
20478610 337055946739419 8368362550663839744 n

日ごろからアルコールを摂取していた人でアルコールを摂取しないで我慢してストレスを感じてしまう場合は医師に相談してみて下さい。授乳中のアルコールの摂取は基本的にはNGとされていますが、摂取した後は時間をあけて授乳するなどルールを守れば摂取できにいこともそうです。どうしてもアルコールを摂取したい場合はノンアルコールを飲むのが1番早いです。

酔った状態で赤ちゃんのお世話をしない

motheringpressさんの投稿
18380561 246730965802780 3355801013725429760 n

アルコールを摂取して酔ってしまった状態で赤ちゃんを世話をすると赤ちゃんが思わぬケガなどをしてしまう場合があるので、酔った状態での赤ちゃんの世話は避けましょう。自分は酔っていないと自覚していてもアルコールを摂取してしまった場合は赤ちゃんのお世話をしないほうがいいです。

カフェインが与える授乳中の母体への影響

不眠に繋がる

epifleurさんの投稿
20482698 1589876754417950 6160952366444052480 n

コーヒーなどに含まれているカフェインは少量摂取するぐらいならば気持ちを落ち着かせてリラックスできます。しかし、カフェインも1日の摂取量を超えてしまうと落ち着きがなくったり夜眠れなくなってしまう場合がありますので、取り過ぎはNGです。

頭痛や吐き気の症状が出る人も

medicalsupportdesiringstyleさんの投稿
20481915 1935523853370850 6580004001868152832 n

カフェインをたくさん摂取してしまうと落ち着きがなくなったり夜眠れなくなってしまう以外に頭痛や吐き気を引き起こす場合もありますので1日1杯~2杯を目安に摂取するように心がけるようにして下さい。コーヒーを飲むときに牛乳などで薄めることでコーヒーに含まれるカフェインの成分を少しでも抑えることができます。

母乳にカフェインが移行する時間は

midori_h.photographyさんの投稿
13643462 292174684478826 1134978295 n

お母さんがカフェインを摂取すると約1~2時間後で母乳にカフェインの成分が含まれていきます。お母さんの体内のカフェインが半分に減るには約5時間かかると言わています。先程も紹介しましたが、カフェインが体内に排出される時間居は個人差がありますので注意して下さい。

カフェインが与える授乳中の赤ちゃんへの影響

妊娠中と同じような配慮が必要

snow_nayukiさんの投稿
20582871 525819037768126 4650740907669192704 n

カフェインの摂取は妊娠中から取り過ぎないように注意されます。授乳中にも妊娠中と同じように注意が必要です。授乳中のカフェインの成分が母乳を通して赤ちゃんに与える影響は妊娠中にカフェインを摂取した場合にお母さんのお腹の中の胎児に与える影響よりは少ないですが、赤ちゃんに影響を与えることは同じです。

機嫌が悪くなったり、寝れなくなる

taiganderzさんの投稿
20481881 836797239829509 5988884178291130368 n

アルコールの成分が赤ちゃんに与える影響と同じようにカフェインの影響を赤ちゃんが受けると機嫌がわるくなったり、寝る時間が短くなったり寝れなくなったりします。カフェインを摂取して赤ちゃんに授乳してしまった場合は赤ちゃんの機嫌が悪くないか寝る時間なども気にするようにしましょう。

緑茶に含まれるカフェインの量と効能を調査!妊娠中に飲んでも大丈夫? | Pinky[ピンキ-]

授乳中にカフェインを取りたい場合は

カフェインレスコーヒーを飲む

shoko_728さんの投稿
20398219 139831326605368 7319522466009710592 n

授乳中にどうしてもコーヒーなどカフェインが含まれているものを取りたくなったら、カフェインレスのものにしましょう。カフェインレスのコーヒーは種類も豊富で妊娠中から授乳中にも飲めるタイプのものもあります。妊娠中や授乳中に飲めるカフェインレスコーヒーでおすすめなのは「たんぼぼコーヒー」です。「たんぼぼコーヒー」は薬局などで買えます。

授乳後にカフェインを取る

lapis_latteさんの投稿
20479159 1238444092951255 4270999407098331136 n

カフェインを摂取してから赤ちゃんに授乳してしまうと赤ちゃんカフェインの成分が移行してしまいますが、赤ちゃんに授乳した後にカフェインを摂取する方法に変えるだけで赤ちゃんにカフェインの影響を与えるのを少しは減らせるそうです。カフェインレスでは物足りなく普通のコーヒーを飲みたい人は授乳後に摂取したい人は摂取した次の授乳は1回程度与えないようにしましょう。

カフェインの取り過ぎは注意!正しい摂取量の目安ってどのくらい? | Pinky[ピンキ-]

授乳中はアルコール・カフェインNGのまとめ

mitsu_423さんの投稿
20482034 1369986136430426 6929655704592580608 n

授乳中には妊娠中と同じようにアルコールやカフェインの摂取にはNGなことが多くあります。お母さんが摂取した成分は授乳を通して赤ちゃんに影響を与えるのでアルコールやカフェインの摂取には注意が必要です。アルコールをどうしても摂取したい場合はノンアルコールにすしたり医師に相談し、カフェインをどうしても摂取したい場合はカフェインレスにすることをおすすめします。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ