肌断食の効果がでるやり方は?角栓やニキビ・シミの改善もできる?

美容に関心の強い方は一度は耳にしたことがあるであろう「肌断食」。効能はもちろん、シミ・角栓・ニキビといった肌の悩みに対して本当に効果があるのか不安という方もいると思います。スキンケアを一切つけない美容である肌断食のやり方や効果などを調査しました。

肌断食の効果がでるやり方は?角栓やニキビ・シミの改善もできる?

目次

  1. 美肌に復活する!?肌断食の噂がきになる!
  2. 肌断食はスキンケア用品を一切つけてはいけない!
  3. なぜ肌に良いはずのスキンケアをしないで美肌になるの?
  4. コスメに含まれる成分が肌を守っている機能を壊す!?
  5. 肌を洗いすぎると保湿物質まで洗ってしまうことも
  6. 化粧品の防腐剤がニキビの原因になることも!
  7. おすすめの肌断食の期間は?
  8. 肌断食は週末にやるのがおすすめ!
  9. プチ肌断食のやり方〜前日編〜
  10. プチ肌断食のやり方〜1日目〜
  11. プチ肌断食のやり方〜2日目〜
  12. プチ肌断食のやり方〜明けの朝〜
  13. 3日間の肌断食が難しい場合は?
  14. 完全な肌断食をする人も!
  15. 肌断食の効果①シミが薄く・目立たなくなる
  16. 肌断食の効果②ニキビができにくくなる
  17. 肌断食の効能②角栓が目立たなくなる
  18. 実際に効果を感じる期間はどれくらい?
  19. 肌断食中は生活習慣にも気をつけて
  20. 肌断食を取り入れてみよう

美肌に復活する!?肌断食の噂がきになる!

美容法は常に新しいものが編み出され、それに良いとされているものややり方などは女性であれば常にチェックしておきたいものですよね。肌に直接つけるスキンケア用品に関する口コミや、美肌にいい食べ物や睡眠時間など様々な方法が巷には溢れています。

近年の肌ケアでも話題となっている方法の1つに肌断食というものがあります。断食というのはご説明せずともわかる通り食事を取らないことを指しますが、「肌断食」とは一体どんなもの?と思われる方も多いのではないでしょうか?

今回は話題の肌断食のやり方や効果効能など様々な肌断食の情報をご紹介します。今までニキビやシミ、角栓などで困っていた方も肌断食をすることによって効果が現れるかもしれません。肌のトラブルで悩んでいる方は肌断食のやり方を知って、挑戦してみてはいかがでしょうか?

肌断食はスキンケア用品を一切つけてはいけない!

肌断食の「断食」というのはスキンケア用品(洗顔フォームから化粧水・乳液など)を一切つけない美容法のことを指します。美容なのにそれらのアイテムを使っちゃダメなの?と思われる方もいると思います。

また、日焼け止めなどもNGでメイクもしてはいけません。メイクやクレンジングは肌に負担がかかることもあるのは皆様もご存知だと思いますが、肌断食でNGとするものの中には肌にいいとされるものも多数あり、今まで積極的につけていた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

なぜ肌断食は肌に良いとされるはずのスキンケアなどをしないで美肌になるのか、ほとんどの方が疑問に持たれると思います。肌断食を始める前に、多くの方が持つであろうその疑問を解明していきたいと思います。

なぜ肌に良いはずのスキンケアをしないで美肌になるの?

では、なぜ肌に良いものを配合されてできているはずの化粧水・乳液などといったスキンケアをしないで美肌になれるのでしょうか?今まで、化粧水・乳液をつけたことにより乾燥を防いだり、日焼け止めなどは紫外線をカバーしてくれるものだということで、それらのスキンケア用品などを積極的に塗っていたという方も多くいると思います。

しかしその一生懸命行なっていたスキンケアが原因で肌荒れを起こしている方もいるんだそうです!これは色々なスキンケア用品が販売され充実している現代ならではの悩みでもありますよね。スキンケア用品やコスメがもつ「可能性」と肌断食の関係性をご紹介していきます。

コスメに含まれる成分が肌を守っている機能を壊す!?

まず、ファンデーションを始め様々な化粧品に使われている「界面活性剤」というものが肌をバリアしている機能を壊すことがあります。界面活性剤が使われているのは化粧品・日焼け止め・クレンジングなどで、それらを頻繁に使用することで肌を守ってくれる機能を壊していってしまうのです。

界面活性剤が使われた化粧品を使っていくことで、刺激から守ってくれるものを破壊された肌は、外部からの刺激に弱くなってしまいます。よって、刺激を与えられたことにより、肌を守ってくれるものがないので荒れやすくなってしまうということなのです。

つまり本来持っていた肌のバリア機能が、化粧品を頻繁につけたことにより壊されていってしまうこともあり得るということです。毎日、長時間メイクをしている人ほどその可能性は高まってしまいますよね。

肌を洗いすぎると保湿物質まで洗ってしまうことも

また、洗顔の際に念入りにゴシゴシと洗うやり方はよくないということは美容が好きな人であればわかると思いますが、顔を洗った時の摩擦はもちろんのこと、それ以外だとクレンジングなどでもコットンやタオルで皮膚を擦りますよね。その摩擦は肌の保湿成分までをも落としてしまうことがあります。

肌に良いとされるセラミドや、適度な皮脂は美肌に欠かせない存在ですが、洗顔やクレンジングをするときに一緒に落としてしまっていたら意味がないですよね。セラミドや皮脂は肌の保湿に欠かせない存在ですが肌を擦ることで壊れてしまうこともあり、肌から減ってしまうと乾燥肌になったり、角栓・ニキビ・シミなどの原因に繋がります。

肌断食をすると、スキンケアをつけないぶん必然的にクレンジングもしなくなり、洗顔も水洗いのみなので擦る回数が減ります。摩擦を与える回数ががくんと減ることで、適度な皮脂やセラミドを保つことができ状態の良い肌をキープできるということになります。

化粧品の防腐剤がニキビの原因になることも!

また、化粧品をはじめメーカーで作られるものは少しでも長持ちするように防腐剤が入っています。その防腐剤は確かにコスメの品質をキープさせてくれるものではありますが、肌につけることで肌にある常在菌までをも殺してしまう可能性があるのです。

常在菌が減ってしまうとどうなるかというと、肌を守ってくれる良い菌が減ってしまうので肌にカビや悪い雑菌が増えやすくなってしまいます。それらはニキビやシミなどいった肌荒れの原因になるものです。カビや雑菌が増えやすいというのは言葉にしただけでもゾッとしますよね。

毎日つけるものが肌のもつ力を壊してしまうことがある、守ってくれる機能を低下させてしまう恐れがあることから肌に塗っているものを全てやめてしまおうというのが肌断食です。肌断食をすることによって角栓・ニキビ・シミに対して効果を感じたという人も多くいます。

おすすめの肌断食の期間は?

毎日使っているスキンケア用品・化粧品などが肌へダメージを与えたり肌の持つパワーを低下させてしまったりする可能性があるということは上記でお分り頂けたかと思います。しかし、社会人のマナーとしてお化粧は欠かせないですよね。肌断食をずっと続けるというのはなかなか難しいものです。

そこで今回ピックアップする肌断食の方法は約2日でできる「プチ肌断食」の方法です。メイクなどをしなくても良い日は実質2日間のみで、前日の夜から準備を始めます。合計すると約60時間ほどの短い時間なので、挑戦しやすいという方も多いのではないでしょうか?

ここからは一般の方でも挑戦しやすいプチ肌断食のやり方をご紹介します。この方法を定期的に行うことで、お肌を休めることができ、トラブルを改善させることもできます。乾燥・ニキビ・角栓・シミなどでお悩みの方はぜひやり方をチェックして挑戦してみてはいかがでしょうか?

肌断食は週末にやるのがおすすめ!

肌断食は約3日行うのでおすすめは金曜日の夜から月曜の朝にかけてに行うのがおすすめです!日焼け止めなどを塗ることもできないので、極力外出を避け、お家でゆっくりできる日程を選んでみてくださいね。もちろん、カレンダー通りにお休みではない人の場合2連休の前日〜明けまでの時間でやってみてください。

数日間、メイクやスキンケアをつけないだけでも肌の悩みに変化があるのであれば挑戦してみる価値はありますよね!では日程を設定できたら、当日に行うこと・具体的なやり方を確認してみましょう。

プチ肌断食のやり方〜前日編〜

その日につけていたメイクを落とす

では肌断食を始める2日間の前日の夜についてご紹介します。前日の夜から肌断食は始まります。その日にしていたメイクを、肌への負担が比較的少ないミルククレンジングやクリームタイプのクレンジングを使用して落としましょう。

洗顔は石鹸で行う

クレンジングをした後は洗顔ですが、無添加の石鹸を泡だてて顔を洗います。その後の化粧水や乳液、保湿クリームなどはせず、多少のつっぱりや乾燥などを感じたとしてもそのままで就寝してください。肌断食の開始前日のやり方はこれで終了です。

プチ肌断食のやり方〜1日目〜

肌断食1日目の朝

肌断食は既に前日のクレンジングから始まっていますが、完全にスキンケアをしない日の1日目は起きた後、水かぬるま湯のみで洗顔します。その後、普段つける化粧水や乳液といったスキンケアはなしで、もちろんメイクもせず一日過ごしてください。日焼け止めもNGです。

肌断食1日目の夜

洗顔は無添加の石鹸を泡だてて行います。洗顔後の化粧水・乳液といった保湿ケアやパックなどはしません。それ以外はいつも通りに就寝するのみでOKです。

プチ肌断食のやり方〜2日目〜

肌断食2日目の朝

肌断食2日目の朝は1日目と同様、水かぬるま湯で洗顔をします。その後は化粧水や乳液をつけず、ノーメイク・日焼け止めなしで1日を過ごします。

この2日間、日焼け止めなどは塗れませんので、日焼けをしたくないという方は部屋・室内でできることを中心に行うのが良いとされています。DVDを借りてきて見たい映画やドラマを見たり、読書をしたり、料理をしたりなど趣味の時間に使いゆっくりと過ごすのがおすすめです。

肌断食2日目の夜

この日の夜も洗顔は無添加の石鹸を泡だてて行い、化粧水や乳液を使わずにそのまま就寝をします。後ほど詳しくご紹介しますが、肌断食中は睡眠をたっぷりとるのもおすすめです。睡眠は肌にとって大切な存在です。普段忙しい方はこの期間を使い、肌だけではなく心身もゆっくり休んでみるのはいかがでしょうか?

プチ肌断食のやり方〜明けの朝〜

プチ肌断食は終了!通常通りにメイクやスキンケアを

2日のプチ肌断食を終え、明けの日は朝からいつも通りの洗顔・化粧水・乳液・日焼け止め・化粧水などを使用できます。

いつも通りにメイクをし、いつも通りお出かけ・通勤をすることができます。このスケジュールとやり方であれば、OLさんなどは週末に行い、その他の方も2日間で行うことができますよね。用意するものは2日間の時間と無添加の石鹸のみなので、美容法のやり方としてはかなりお手軽だといえます。

3日間の肌断食が難しい場合は?

2日間でできる肌断食は一般的な方であれば数ヶ月に1度などのペースであれば可能だという方もいらっしゃると思います。しかし、2日連続で休みを取れないという方や、日焼け止めを塗れないので外出を控えるのは難しいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?そういった方向けの簡単な肌断食のやり方もご紹介します。

毎日夜だけ行うプチ肌断食

毎日日中はメイクをしなくてはいけない人、いきなり肌断食をするのには抵抗がある人にもおすすめなのが、毎日夜のみの肌断食です。夜にクレンジング・洗顔をした後は化粧水や乳液などのスキンケアをつけないという方法です。

また、毎日メイクをしているのに化粧水や乳液をつけないということに抵抗があるという方もいらっしゃると思います。そういう方は、徐々にスキンケア用品を減らしていき、最終的にはクレンジングと洗顔をした後、何もつけないようにします。クリームや美容液などは最初にやめ、徐々に乳液や化粧水をやめます。またクレンジングも肌に少ないミルクタイプなどを使いましょう。

また、クレンジング自体を軽減させるため、夜の肌断食を行う場合は手持ちの化粧品やクレンジングなども見直して見てくださいね。現在はクレンジングを不要としているミネラルファンデーションも販売されています。こういったものは肌に負荷が少なく、なおかつクレンジングをたっぷりつける必要もありません。こういった少しの工夫でも肌断食をすることができます。

完全な肌断食をする人も!

上記では2日間や夜だけの短時間の肌断食をご紹介していますが、年単位でノーメイク・スキンケアを使わない肌断食を続けている方もいます。このやり方は宇津木式と言われ、シワやたるみなど肌のエキスパートである宇津木龍一氏が考案した方法です。

メイクはもちろんですが、化粧水・乳液も完全につけずに過ごす方法です。最初から抵抗がある方はもちろん、慣れない期間は肌荒れをすることもあるのでクレンジング・クリーム・乳液・美容液・化粧水の順で徐々にやめて行くのもおすすめのやり方。最後はなんと水洗顔のみになります。

また、その日の活動によって肌の汚れなどを感じる時には無添加の固形石鹸で行います。季節による乾燥がどうしてもきになる方は純度の高いワセリンを使って保湿をするそうです。また、宇津木式を行なっている方がメイクをするときは石鹸で落ちるクレンジング不要のミネラルファンデーションを使用するのだそうです。

肌断食の効果①シミが薄く・目立たなくなる

肌断食はメイクができないのでシミをカバーすることができません。よってシミで悩む方は肌断食をするのに抵抗がある方もいると思います。しかし、シミの原因が最初にご紹介した化粧品の活性剤という場合があります。化粧品をつけることでシミが増えてしまったという方も実はいるんですね。

肌断食開始直後はシミをカバーできないので気にされる方も多くいらっしゃるとは思いますが、シミの原因であるメラニンを増やしてしまう活性剤などを使った化粧品をつけないでいることで、肌に負担がかからず素肌が綺麗になっていきます。続けたことによってシミが薄くなり目立たなくなったという方もいらっしゃいます。

肌断食の効果②ニキビができにくくなる

肌断食はニキビの改善に効果を感じたという方が多数いるのが人気の理由の1つです。最初にご紹介した通り、化粧品などに含まれる化学物質がニキビの原因になっているという方も多くいらっしゃいます。そういった理由が原因の方は肌断食を開始したことでニキビを減らせた・ニキビがなくなったということもあります。

原因がわからず、長年の大人ニキビに悩まされている方は一度肌断食を試されても良いのではないでしょうか?ニキビを隠そうとして化粧品をつけていたことにより、逆にニキビを悪化させている可能性もありますよね。ニキビを治すのはなかなか難しいですが、肌断食で効果を感じられた人も多くいらっしゃいます。

肌断食の効能②角栓が目立たなくなる

鼻周りなどにポツポツとでる黒ずみや汚れは角栓が原因とされています。この角栓は実は人間誰しもが持つものであり角栓を無くすことはできません。また適度に角栓・角質があるのは健康な肌である証とも言われています。しかし、角栓を目立たなくすることは可能です!事実、角栓が目立たず綺麗な肌の人もいらっしゃいますよね。

角栓は肌のターンオーバーでできるもので、角栓が目立つ方はターンオーバーの頻度が高いからと言われています。肌断食を続けていった結果、正常なターンオーバーの頻度に戻り、角栓が目立ちにくくなったという方もいらっしゃいます。最初は肌がびっくりして角栓が増えてしまうこともあるようですが、継続すると角栓が減ったという方もいます。

実際に効果を感じる期間はどれくらい?

肌断食には個人差がある

もちろんこの肌断食は、すぐに効果が絶対現れるというものではありません。長年ダメージや負荷が与えられてきた肌が数日ですぐに元に戻るというのはほぼありえないと言われています。

スキンケアなどのケアで一時的によくなったとしてもそれは完全に元の肌に戻ったとは言えません。ある程度の期間、続けることで効果を感じたという人が多くいる美容法です。

肌断食は効果が出やすい人はすぐに出る

肌のダメージが少なかった方や、普段メイクを薄塗りにしていた方、クレンジングや洗顔で摩擦などをしていなかった人はすぐに肌断食の効果を感じたという人もいます。20代くらいの方はメイクをしてきた時間が短いぶん短期間で効果を感じやすいですが、30代の方でも2週間ほどで変化を感じたという方もいます。

肌断食の効果を感じるのに時間がかかる人も

ただし、長期間に渡って過剰なスキンケアをしてきたという方や、毎日のメイクなどで日常的に肌へ負担がかかっている方、肌断食の前から肌がかなり荒れているという方は、時間がかかるどころか、肌断食を開始したことで一時的に肌が荒れてしまったという方もいらっしゃいます。

ただし一時的にニキビや角栓が増えてしまっても、肌断食を続けたことにより徐々に機能が回復して落ち着いてきたという方もいます。すぐに効果がわからない美容法ではありますが、今まで与えていた肌へのダメージが減るので継続的に意識したことでよくなったという方もいます。また上記でもご紹介した通り、いきなり長期間始めるのではなく、徐々に減らしていくのもポイントです。

肌断食中は生活習慣にも気をつけて

肌断食中はもちろんのこと、肌のトラブルは生活習慣が原因という場合もあります。そういった場合はいくら肌断食をしたり、逆に良いスキンケア用品を使っていたとしても根本的な美肌になることはできません。忙しい現代人ですが、きちんと休み、栄養を摂ることも美肌には欠かせません。

まず食事は、ビタミン類とタンパク質の摂れるものを積極的に摂るのもポイントです。身体の内側から健康になることで、乱れた肌のターンオーバーを改善できたという方もいらっしゃいます。また、肌断食は高いスキンケアなどを買わなくなったぶん、食事にお金をかけることができるようになったという方もいらっしゃいます。

睡眠は6〜8時間、理想は夜の10時に就寝することが良いと言われています。10時から2時は美肌作りのためにも肌を休ませる時間と言われていますよね。しかし、毎日仕事をしている方はその時間帯に寝るのは難しい人も多くいると思います。平日は6時間前後、休日は8時間ほどゆっくり休むことで健康的に、なおかつ肌も改善されていきます。

肌断食を取り入れてみよう

約3日間のプチ肌断食のやり方から、夜のみの肌断食、宇津木式の完全肌断食のやり方まで様々な方法で肌断食は親しまれている美容法です。完全にスキンケアをしないのは現代人でもなかなか難しい方も多いと思いますが、1〜2ヶ月に1度週末のみにメイクをおやすみするだけと考えればとってもお手軽でお金もかかりません。

乾燥やニキビ、シミ、角栓の黒ずみなど肌のトラブルは女性にとって常につきものです。こういったトラブルも軽減され、なおかつお肌を休ませることができる肌断食。今まで色々な美容法を試してもお悩みを改善できなかった方はぜひ試す価値があるのではないでしょうか?以上「肌断食の効果がでるやり方は?角栓やニキビ・シミの改善もできる?」をご紹介しました。

スキンケアに関する記事はこちらも

Thumb椿オイルは頭皮や身体にも良い!スキンケアの仕方や使い方・効果は?
Thumb肌の水分量を上げる方法やコツは?おすすめのスキンケアをご紹介
Thumb肌が汚い原因や治し方まとめ!スキンケアのポイントやコツはなに?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-09-18 時点

新着一覧