土鍋の焦げの落とし方!厄介な黒ずみも重曹を使えば簡単に落ちます!

土鍋で炊いたご飯はふっくらして美味しいですね、また土鍋は鍋料理にも欠かせません。そんな土鍋を焦げ付かせてしまい、落とし方がわからずがっかりした事ありませんか、そこで、出来るだけ簡単に焦げ付きを取る方法や黒ずみの落とし方などをまとめてみました。

土鍋の焦げの落とし方!厄介な黒ずみも重曹を使えば簡単に落ちます!

目次

  1. 土鍋の焦げの落とし方ってどうするの?
  2. 土鍋の焦げの落とし方は重曹で簡単に出来る!
  3. 重曹以外での焦げ付きの落とし方
  4. 土鍋の焦げの種類で決める落とし方
  5. 重曹の得意な事は?
  6. 酢の得意な事は?
  7. 土鍋の焦げを防止するには?
  8. 土鍋の目止め
  9. 土鍋の注意したいその他の事
  10. 土鍋の焦げの落とし方のまとめ

土鍋の焦げの落とし方ってどうするの?

土鍋の焦げの落とし方には一苦労してしまいますね、真っ黒焦げ状態になってしまうと、手の施しようがありません。そんな時、お酢や重曹を使っての焦げ付きの落とし方があるってご存じでしたか?どんな方法かぜひ知りたいですよね、それでは土鍋の焦げ付きの取り方をこれから見て行きましょう。

土鍋の焦げを金属でこするのはNG!

土鍋が焦げ付いたときに、ついやってしまいがちなのが金たわしなどの金属で擦ってしまう事、でもそれでは土鍋の焦げや黒ずみは落とす事は出来ません。かえって土鍋を傷めてしまう結果になってしまいます。そんな時はぬるま湯に土鍋を浸して下さい。そしてそのまま、一晩おいておき、雑巾かキッチンペーパーで丁寧にこするという落とし方をして下さい。

この方法が金たわしで擦るよりも遥かに土鍋を痛めません。土が素材の土鍋を金たわしで擦る落とし方では土鍋に傷がつき、ひび割れの原因になってしまいます。クレンザーで擦る事もクレンザーが土鍋に沁みこんでしまいますので気を付けましょう。

ですから慌てずにぬるま湯につけて一晩そのままにして、焦げ付きや黒ずみをこすり落とすのは翌日にしましょう。しかし、これは軽い焦げ付きの場合であり、強い焦げ付きの場合はそう簡単にはいかないかもしれません。その時は重曹か、お酢での落とし方があります。

土鍋の焦げの落とし方は重曹で簡単に出来る!

土鍋の焦げ、重曹を使う落とし方

1.土鍋に水を入れます。気持ちとしてはお湯の方が良さそうに思うのですが、お湯ではなく必ず水から行ってください。重曹は水からはじめて煮立たせることで重曹の効果が発揮されやすいからです。2.土鍋の中に重曹を大さじ4杯くらい入れます。

3.火にかけて沸騰させます。4.完全に煮立ったら火を止めて翌日まで放置して置きます。5.スポンジなどでそっと焦げを擦り落とします。もしこの落とし方で落ちきらない頑固な焦げや黒ずみは2回、3回と繰り返すうちに落ちてきますのであきらめずに挑戦してみて下さい。

Thumb重曹水の作り方は?油汚れ・消臭効果もある掃除アイテムの使い方

重曹以外での焦げ付きの落とし方

お酢を使っての落とし方

重曹以外での落とし方としてお酢を使う方法があります。1.土鍋をたわしでごしごし洗います。この時力を入れすぎて土鍋を傷つけないよう注意して下さい。2.土鍋に水を入れます。3.お酢を大さじ3~5杯くらい入れて煮たたせます。4.完全に沸騰したら、火を止めて数時間程度放置します。

5.その後、お酢入りの水を捨て、焦げをスポンジや指などで擦って落とします。お酢での落とし方も重曹の場合と同じくお湯ではなく水から行います。またお酢を使っての落とし方のポイントは事前にたわしなどで洗っておく事です。

土鍋の焦げの種類で決める落とし方

重曹と酢を使い分ける落とし方

土鍋の焦げの落とし方として、重曹を使った焦げや黒ずみの落とし方と、お酢を使った焦げや黒ずみの落とし方を見てきました。ではどちらの方がより効果的に焦げや黒ずみを取る事が出来るのでしょうか。その答えは、焦げ付きの種類によって違います。

重曹はアルカリ性ですので、酸性の汚れを取るには重曹が役に立ちます。粒子が細かく水に溶けにくいためクレンザーとしても使えます。一方、お酢は酸性なのでアルカリ性の汚れを取るにはお酢がよく効くのです。水垢汚れやヤカンのカルキ落としなどもお酢の方が良く落ちます。

重曹の得意な事は?

料理や掃除何でもこなす優れもの!

食べ物の汚れという物は一般的に酸性です。なので、ご飯、お肉、お魚などを焦がした場合は重曹を使った落とし方になります。その他の特性として重曹は、炭酸水素ナトリウムの白い粉で「ふくらし粉」として使われています。また、掃除にも重曹を使用している方も多いでしょう。

なぜ、重曹がいろんな用途に使えるかと言いますと「炭酸水素ナトリウム」には次ぎのような特性があるからです。1.加熱すると二酸化炭素を出す。これは加熱すると、炭酸水素ナトリウムは水と二酸化炭素に分解され、主に「ふくらし粉」として料理などに利用されています。

2.弱アルカリ性なので肌に優しく、酸を中和しますので、掃除や脱臭の為に使用します。3.重曹の粒子は適度な固さなので物を傷つける事が無く、研磨剤として適しています。4.油を分解する性質があります。このように重曹には色んな長所がある優れものなのです。

Thumb重曹の掃除での使い方!家中が綺麗になる活用法や効果をまとめ!

酢の得意な事は?

水回りのお掃除はお任せ!

お酢は酸性ですからアルカリ性の汚れを中和する働きがあります。水あかや石けんカスなどはアルカリ性の汚れですので、お酢はキッチンの水周りやお風呂場、トイレなどのお掃除に役立ちます。また、雑菌の繁殖を防いだり、生臭い臭いを消す効果があります。

洗濯機ですすぎの際にお酢を入れるとアルカリ性の石けんカスを中和させてくれます。リンス効果が得られ、石けんカスの残留を防ぎ、洗濯物を柔らかく仕上げ、黄ばみを防いでくれます。洗濯漕の黒かび防止にもなります。また 石けんシャンプーの後にビネガーリンスとして使用するとヘアケアになります。野菜や、果物、キノコ類などの焦げはアルカリ性ですからお酢を使った落し方が適しています。

Thumb洗濯物が臭いのは何故?カビが原因?酢や重曹の活用で対策できる?

土鍋の焦げを防止するには?

焦げを作らない工夫も大事

土鍋でご飯が焦げる理由は火力が強すぎるか時間が長すぎるかのどちらかです。土鍋に焦げがつかなければ、焦げの落とし方で悩む事はありませんよね、でもそんなことが簡単に出来るのでしょうか。一番出来そうな事は土鍋の焦げ付きを防止するために食材を定期的にかき混ぜて、土鍋に触れている時間を短くする事でしょうか。土鍋に食材が触れている時間が長ければどうしても焦げてしまいます。

また、水分が少なすぎるのも焦げ付きの原因になります。そんな土鍋の焦げ付きを防止する方法ですが、もしかしたら土鍋じたい焦げ付きクセがついてしまっているかもしれません。土鍋を買い替えるのは簡単ですが、その前に焦げ付きやすい土鍋の状態を変える方法があるかもしれません。そこで次はその焦げ付き防止方法について見ていきましょう。

Thumb水垢はクエン酸で落ちる?お風呂掃除には重曹と合わせたお掃除術!

土鍋の目止め

目止めは新品の土鍋に必須!

焦げクセがついてしまっている土鍋は、うまく調整をしても焦げてしまうことがあります。その場合は米のとぎ汁などを使って「目止め」をすることをおすすめします。新品の土鍋をおろしたときにも必ず目止めを行いますが、それは購入したばかりの土鍋ですぐに調理すると土鍋の特性として吸水性があるので、この吸水性がニオイや汚れ、いやなカビの原因になるからです。

目止めを行う事によって汚れ・匂い・カビを防ぎ長く土鍋を使えるようになります。普段使っている土鍋も再度目止めをすることによって、焦げクセがリセットされます。

目止めのやりかた

土鍋は目に見えない溝がいくつもある状態で、その溝に食べ物が入り込んでしまうと黒ずみや、焦げ付きやすい原因となってしまいます。それを簡単に防ぐための役割が目止めという方法です。目止めのやり方は米のとぎ汁や小麦粉や、おかゆを炊いてやる方法など色々あり、いずれも簡単に出来ますが、今回は片栗粉でやる方法をご紹介します。

1.土鍋に水を8分目まで入れます。2.その入れた水に対して片栗粉10%ほどを入れて溶きます。3.土鍋を弱火にかけ、かき混ぜながら沸騰させます。4.沸騰したら火を止めて土鍋を完全に冷まします。5.手で触れるくらいになったら 水を捨てて洗い流します。6.土鍋をきちんと拭いて水分をなくし、よく乾燥させて終了です。沸騰させるとき長くやりすぎると焦げ付く危険がありますので注意して下さい。

土鍋の注意したいその他の事

カビや臭いの防止

土鍋の中に具材、だし、水分を長時間放置するとカビ、ニオイ移りの原因となりますので注意しましょう。酸味、油分、酒類など強い食品を鍋に入れ使用するとうわぐすりの部分に出来る細かいひび模様(貫入)に浸透し黒ずみや異臭、さらにはべとつきの原因にもなりますので使い終わったらよく洗いしっかり乾燥させて下さい。

土鍋の底は素焼きのままなので出来るだけ洗わない方が良いです。また漬け置き洗いをしておくと土鍋は吸水性があるので汚れた水を吸ってしまいますので早めに洗って乾かして下さい。表面が乾いても水分を含んでいますので底も乾くように裏返しで乾かしましょう。土鍋を長期保管する場合はカビを防止するため蓋をしないで保管して下さい。

土鍋の焦げの落とし方のまとめ

万人に愛され、百均でも買える土鍋、そんな土鍋の焦げの簡単な落とし方、重曹やお酢を使った方法や防止方法など、焦げ対策をまとめてみましたがいかがでしたか。土鍋の焦げって気を付けても難しい時ってありますよね。またひび割れや使い終わった後の乾かし方など、ぜひ今回紹介した方法を試してみて下さい。そして土鍋をもっともっと活用して豊かな食生活を送って頂ければと思います。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-12-01 時点

新着一覧