くせ毛女性のワックスの選び方を紹介!おすすめの商品や使い方まとめ

汗をたくさんかいたり、雨の日になると気になるくせ毛。くせ毛で良いこともあれば、スタイリングに困ってどんなワックスを選べば良いのか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか?今回は、くせ毛におすすめのワックスを特集していきます。

くせ毛女性のワックスの選び方を紹介!おすすめの商品や使い方まとめ

目次

  1. くせ毛のワックスはこう選ぶ!くせ毛を活かしたヘアスタイイルって?
  2. ワックスをフル活用!くせ毛って何?
  3. くせ毛のメリットって何?
  4. ワックスを使い分ける!くせ毛の種類とは?
  5. ワックスをチョイス!くせ毛の髪質で使い分ける!
  6. ワックス選びに知っておきたい!ワックスの種類
  7. くせ毛のおすすめのワックスの選び方
  8. くせ毛の形状別!ワックスの使い方とは?【波状毛編】
  9. くせ毛の形状別!ワックスの使い方とは?【縮毛編】
  10. くせ毛の髪質別!ワックスの使い方とは?【剛毛編】
  11. くせ毛の髪質別!ワックスの使い方とは?【軟毛編】
  12. くせ毛の方へ!ワックスの使い方のポイントとは?
  13. くせ毛に活用!女性のおすすめワックス紹介
  14. くせ毛におすすめなワックスを活用したヘアスタイルとは?
  15. くせ毛のワックス選びも大切だけどヘアケアもお忘れなく!

くせ毛のワックスはこう選ぶ!くせ毛を活かしたヘアスタイイルって?

朝は忙しくて、不思議と時間がなくなるものです。そんな時に、焦ってしまうのがヘアスタイルです。特にくせ毛の場合だとヘアスタイルをどうしたりいのか分からず、苦戦することもあるかと思います。今回は、そんなくせ毛のスタイリングやワックス選び、使い方でお困りのためにワックスの選び方や使い方を中心にご紹介していきます。

ワックスをフル活用!くせ毛って何?

突然、くせ毛におすすめのワックスに行く前に、今回のテーマである「くせ毛」についてのお話を先にしてくことにしましょう。さらに、直毛とくせ毛の違いについても少し触れていきます。

くせ毛とは…【髪に独特のくせのある髪の毛】

くせ毛とは、髪にうねりや縮れなどの独特の形状を持つ髪質のことを指します。湿気の多い雨の日や汗をかいた時などに湿気を含んでクセが出やすくなってしまいます。さらに、くせ毛と一言で言ってもさまざまな種類を持っています。

くせ毛と直毛って具体的にどう違う?

遺伝などによって毛根自体が歪んでいるためになるくせ毛に対して、直毛は毛根に対して真っ直ぐに生えている髪の毛を直毛と言います。直毛の特徴は、太くて真っ直ぐな硬い髪だということです。そのため、ヘアスタイルを作る際、うまくしならず頭の丸みに沿いにくいというところがあります。

くせ毛のメリットって何?

そんな特徴的なくせ毛には、メリットがたくさんあります。女性は、メイクと同じようにヘアスタイルも自分を飾る重要な部分の1つです。くせ毛のヘアスタイルには、どんなメリットがあるのでしょうか?

メリット①自然にスタイリング出来る

くせ毛の1つめのメリットは、自分が持っているくせ毛を活かしたスタイリングが簡単に自然に出来るという点です。パーマなどをかけなくてもワックスをつけるだけで、いつでもヘアスタイルで遊べます。

メリット②柔らかい印象になる

そして、2つめのメリットは、くせ毛であることにより動きのある柔らかい印象になるということです。直毛の場合は、直線で鋭いイメージがありますが、くせ毛の場合は、曲線があり、丸みを帯びたふんわりと優しい雰囲気が得られます。

メリット③ボリュームが出る

3つめのくせ毛のメリットは、何と言ってもボリューム感です。根元から動きのあるくせ毛がパーマがなくても自然なボリューム感を出して、ヘアスタイルをふんわりと仕上げてくれます。くせ毛を活かしたボリューム感は、自然でこまめにパーマをかけなくてもボリューム感のあるヘアスタイルを楽しめます。

ワックスを使い分ける!くせ毛の種類とは?

次は、自分の髪に合ったワックスを選ぶためにくせ毛の種類をご紹介していきましょう。自分がどの種類のくせ毛かを知っておくことも、女性の雰囲気を作るヘアスタイルを決める時やスタイリングをする時にも大切になります。

くせ毛の種類①波状毛タイプのくせ毛

くせ毛の種類の1つめは、日本路の中で最も多いと言われている波状毛です。波のようにうねり動きを帯びた髪の毛でそのうねり形も大きさがさまざまあります。くせ自体はそれほど強くないため、スタイリングやストレートパーマをかけると抑えることの出来る楽タイプです。

くせ毛の種類②縮毛タイプのくせ毛

2つめのくせ毛の種類は、縮れ感のある縮毛タイプです。海外の方に多い髪質で一番くせが強いとも言われています。くせ毛は、基本的に乾燥しやすい髪質で保湿ケアも重要になってきます。

ワックスをチョイス!くせ毛の髪質で使い分ける!

続いては、ワックスをチョイスする上で覚えておきたいくせ毛の種類以外の観点がもう1つあります。それは、髪質です。人には、大きく分けて2種類の髪質があります。それが今からご紹介する「剛毛」と「軟毛」です。

髪質①剛毛

剛毛とは、1本1本が硬くてしっかりしている髪質のことです。さらに、毛量が多くて太い方もいますが、特徴として毛髪内のたんぱく質がしっかりしていて、キューティクルに隙間がないため、ヘアカラーが入りにくくパーマもかかりにくいことがあります。

髪質②軟毛

一方軟毛は、剛毛と反対に柔らかい髪質を持っています。キューティクルが少なく、メラニン色素も比較的少ないため、パーマがかかりにくいくせ毛もありますし、逆にパーマがかかりやすくカラーが入りやすい髪質もあります。しかし、髪の毛が細い分髪にダメージを受けやすく、デリケートな髪質です。

ワックス選びに知っておきたい!ワックスの種類

続いてお話ししていくのは、くせ毛のワックスを選ぶ時に覚えておきたいワックスの種類です。ワックスと聞くと、男性というイメージでしたが、今は、女性が使いやすいワックスも販売されています。ワックスの種類は大きく分けて3種類あります。それぞれに特徴があり、その特徴を知っておくことで、スタリングなどにも活かしやすくなります。

種類①ジェリータイプのワックス

ジェリータイプのワックスは、別名ジェルともいい、男性と女性の両方が活用出来るハードタイプやスタイリング力がなく、髪にツヤを与えるだけのグロスタイプがあります。水分が多いので、ツヤっぽく見せてくれます。

種類②ハードタイプのワックス

ハードタイプのその名の通り、髪をキープすることの出来るワックスです。ショートヘアはもちろん、テクスチャーによっては、長さのある髪の女性も使いやすいアイテムがあります。グロスタイプほどツヤ感をありませんが、スタイルを定着させたい女性におすすめです。

種類③ドライタイプのワックス

3つめの種類は、ドライタイプのワックスです。ツヤのないタイプで、スタイリング力が強く、ふんわりと仕上げることが出来ます。しかし、つけ過ぎると固まりすげてしまうので、女性が使う時は気をつけましょう。

くせ毛のおすすめのワックスの選び方

ワックスの種類がわかったところで、次にご紹介していくのは、くせ毛の方のおすすめのワックスの選び方をお届けします。ワックスの選び方を知っておくとワックス選びも楽チンになります。ワックスの選び方のポイントはどこにあるのでしょうか?

選び方①髪質によって選ぶ

ワックス選ぶの1つ目の方法は、髪質によってワックスを選ぶ方法があります。先ほどご紹介した髪質の中に、剛毛と軟毛がありました。そして、どんなくせ毛なのかということも大切です。そして、剛毛の方におすすめのワックスの種類は、「ジェリータイプ」や「ツヤ感のあるハードタイプ」です。一方軟毛のタイプは、艶のないドライタイプやハードタイプがおすすめです。

選び方②毛量によって選ぶ

ワックスを選ぶ2つめの選び方は、毛量によってえ選ぶ方法です。髪の毛の多い方は、ドライワックスなどではなく、ツヤのあるハードワックスやジェリータイプのワックスがおすすめです。重めのワックスを使うとボリューム感やまとまてくれます。

髪質③仕上がりの質感で選ぶ

続いては、ワックスを仕上がりで選ぶ方法です。先ほども少し触れたようにワックスには、ツヤのあるタイプとドライタイプがあります。あまりぺたんとする重めのタイプが苦手な方は、ドライタイプがおすすめですし、髪が乾燥して見えがちな方は、ツヤのあるタイプを選んであげるようにしましょう。

くせ毛の形状別!ワックスの使い方とは?【波状毛編】

先ほどは、ワックスの選び方をご紹介していきました。ここからは、くせ毛髪質別のワックスの使い方をお届けします。まず最初にお届けするのは、波状毛タイプのくせ毛です。波状毛タイプのくせ毛のワックスの使い方はこうなっています。

おすすめのワックスタイプ

波状毛タイプのくせ毛におすすめのワックスタイプは、ショートやボブスタイルならクリームタイプのツヤのあるハード系、ミディアムやロングなら、グロスタイプなどがおすすめです。ワックス選びのポイントは、ツヤです。乾燥しがちなくせ毛の髪には、ツヤをプラスしてあげることがポイントになります。

ワックスの使い方

ワックスを適量手の平に出して、手の平全体に薄く伸ばしていきます。根元につけないようにしながらまずは、ワックスを髪に馴染ませるようにつけていきましょう。この時、スタイリングしようとは思わずにただワックスをつけるだけにします。さらに、少しワックスを足してスタイリングしていきます。最後に、前髪に軽くつけたら完成です。

くせ毛の形状別!ワックスの使い方とは?【縮毛編】

次は、縮毛タイプのくせ毛のワックスのおすすめの種類とその使い方です。縮毛タイプのくせ毛も、気になるのは乾燥です。ワックスをつける前に、軽くブローしてあげることでワックスをつける前のベース作りにもなるのでおすすめです。

おすすめのワックスタイプ

縮毛タイプのくせ毛さんにおすすめのワックスタイプは、クリームタイプやジェリータイプのツヤのあるワックスです。ドライワックスは、スタイリング力が強すぎますし、ツヤがないタイプなので、水分の多いジェリータイプやクリームタイプでツヤを出してあげる必要があります。

ワックスの使い方

髪を濡らして、1度ブローをしてくせを整えてあげます。手の平にワックスを薄く伸ばして全体的にワックスを馴染ませた後、もう1度手の平にワックスを取り、乾燥しやすい毛先につけるような感じでスタイリングしながらつけていきましょう。最後に前髪を整えたら完成です。

くせ毛の髪質別!ワックスの使い方とは?【剛毛編】

続いては、剛毛と軟毛の2つの髪質によっておすすめのワックスをご紹介します。今やワックスの種類は数多くあり、女性のワックスだけでも選びきれないくらいです。最初は、剛毛のくせ毛タイプの方におすすめのワックスの種類と使い方からです。

おすすめのワックスタイプ

剛毛のくせ毛におすすめのワックスタイプは、クリームやジェリータイプなどのツヤやまとまりをくれるタイプです。油分や水分が多いタイプになるので、髪にツヤを与えてくれるだけでなく、毛先のパサつきを補ってくれます。

ワックスの使い方

手の平にワックスを適量取り、手の平全体に加えて指の間などにもワックスにも広げていきます。さらに、ワックスを少し取り、また薄く伸ばした後、毛先を中心に揉み込むようにしながら馴染ませていきます。剛毛の方は、ボリュームを出し過ぎると頭が大きく見えてしまうので、えり足やもみあげ部分などは抑え、メリハリをつけてスタイリングすることがポイントです。

くせ毛の髪質別!ワックスの使い方とは?【軟毛編】

最後にお届けするくせ毛の髪質タイプは、軟毛タイプの方です。剛毛タイプのくせ毛とは違い、ボリューム感がなく、全体的にペタンと見えてしまうことがネックになっています。さらに、乾燥するとよりパサついて見えてしまう髪質の軟毛の方もいます。

おすすめのワックスタイプ

軟毛タイプのくせ毛の方におすすめのワックスは、ドライタイプのワックスです。スタリング力に飛んでおり、水分や油分量が少ないため、ボリュームをキープしながら使うことが出来ます。もし、ツヤ感が足りないと感じた場合は、そこへ少量の洗い流さないトリートメントなどをプラスしてあげるとツヤが加わります。

ワックスの使い方

手の平にワックスの適量を取り、手の平全体に伸ばしたら、根元につかないように全体的にワックスを馴染ませていきます。1度の量で十分だと感じたら、その後にスタイリングをしていきましょう。もし、ツヤ感をさらにプラスした場合は、ワックスではなく、洗い流さないトリートメントを少量つけてあげることもおすすめです。

くせ毛の方へ!ワックスの使い方のポイントとは?

次にご紹介するのは、くせ毛の方がワックスを使う時に覚えておきたい使い方のポイントです。選び方や使い方も大切ですが、使い方のポイントも一緒に考慮しながら使ってみましょう。

ポイント①一気につけようとしない!

ヘアスタイルを一気に作ろうとして、ワックスを多めにつけてしまいがちですが、1度でスタイリングしようとするとベタつき過ぎてしまい、ワックスの量のコントロールがうまく出来なくなってしまいます。そのため、ワックスをつける時は、2〜3回くらいに分けてつけることがくせ毛のスタイリングをうまく行うポイントです。

ポイント②ワックスにオイルを混ぜてつけることもおすすめ!

ワックスでヘアスタイルを作る時、ワックスのみをつけてスタイリングすることもおすすめですが、ワックスに少量のオイルを混ぜてつけてあげることもおすすめです。女性の髪は、つやが命です。そんな女性の命でもあるつやのあるスタイルを維持するためにもポイントとなります。

くせ毛に活用!女性のおすすめワックス紹介

さらにくせ毛の方におすすめのワックスを具体的にご紹介していきます。ジェリー、クリーム、ハードワックスの順にお届けしていきます。ワックスの選び方の部分で是非、参考にして見てください。

おすすめ①【ウェーボ】デザインキューブグロスワックス

グロス効果とツヤが魅力的なワックスです。そのままでも使えますし、他のワックスと混ぜて使うことも出来る万能アイテムです。パール入りのテクスチャーで髪につやを与えてくれます。

おすすめ②【ミニーレ】ウイウイデザインクリーム5

片手で簡単に出せて手が汚れないチューブタイプのクリームワックスです。色別に硬さが違って男性はもちろん、女性も使いやすいタイプのワックスです。

おすすめ③【ロレッタ】メイクアップワックス6.5

パッケージデザインが魅力的なロレッタのハードクリームワックスです。強いキープ力だけでなく、適度なツヤ感と束感を表現することの出来るワックスです。色んなスタイルが思いのままに実現出来ます。

くせ毛におすすめなワックスを活用したヘアスタイルとは?

最後にお届けするのは、くせ毛の方におすすめのワックスを活用したヘアスタイルです。くせ毛の魅力は、最初の方にもお伝えしたようにボリューム感や動きが自然に出ているのでそのまま活かすことが出来ます。主なヘアスタイルを2つご提案していきます。

その①濡れ髪ヘアスタイル

濡れ髪ヘアスタイルとは、髪の毛が水で濡れたような雰囲気を出すスタイリング方法です。くせ毛のウェーブなどをそのまま出して活かしたスタイリングです。髪の毛を霧吹きで軽く濡らした後、手の平にジェルや洗い流さないオイルを取り、毛先を中心に馴染ませていくと出来上がります。

その②ヘアアレンジを楽しもう!

もう1つのくせ毛を楽しむ方法は、ヘアアレンジです。ハーフアップやポニーテール、お団子、編み込みなどさまざまなアレンジの仕方がありますが、くせ毛の方は、コテで巻かなくても自然なウェーブを出すことが出来るので、簡単に無造作なヘアアレンジを楽しむことが出来ます。

くせ毛のワックス選びも大切だけどヘアケアもお忘れなく!

いかがでしたか?くせ毛でいることは、デメリットもあると思いますが、メリットの方が多いヘアスタイルになります。しかし、ワックス選びだけでなく、毎日のヘアケアも大切になってきます。頭を洗ったら、ヘアトリートメントを使ったり、洗い流さないトリートメントをつけて乾かしたりとくせ毛をプラスに活かし行くためにも行っていきましょう。

もっとくせ毛について知りたいアナタへ!こちらも要チェック!

Thumbくせ毛を生かした女性の髪型は?ロング・ミディアムやショートまとめ
Thumbくせ毛シャンプー・トリートメント市販おすすめランキング!口コミも紹介
Thumbくせ毛を直す方法を徹底調査!原因や種類・改善の仕方についてまとめ

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-08 時点

新着一覧