毛穴の黒ずみ解消のケア・方法は?鼻の角栓をすっきりさせるやり方

鏡を見るたびに気になる毛穴の黒ずみ。解消したいけどケアの方法やどうしたらいいのかわからないという方へ、今回特集するのは、毛穴の黒ずみとはという所から始まり、毛穴の黒ずみを解消するケア方法などをご紹介します。順にチェックしながら解消していきましょう。

毛穴の黒ずみ解消のケア・方法は?鼻の角栓をすっきりさせるやり方

目次

  1. 毛穴の黒ずみを解消!毛穴知らずのツル肌へ!
  2. 黒ずみが気になる毛穴って何?
  3. 毛穴の役割とは?
  4. 毛穴の黒ずみが気になる部位って?
  5. 毛穴の黒ずみの正体とは?
  6. 毛穴に黒ずみが出来る仕組み
  7. 毛穴の黒ずみの種類って何がある?
  8. 毛穴の黒ずみの種類別解消方法は?
  9. 毛穴の黒ずみケアのポイントとは?
  10. 毛穴の黒ずみを解消するスキンケア方法【クレンジング編】
  11. 毛穴の黒ずみケアにおすすめクリームクレンジング
  12. 毛穴の黒ずみを解消するスキンケア方法【洗顔編】
  13. 毛穴の黒ずみケアにおすすめ洗顔石鹸
  14. 毛穴の黒ずみを解消するスキンケア方法【化粧水編】
  15. 毛穴の黒ずみケアにおすすめ化粧水
  16. 毛穴の黒ずみを解消するスキンケア方法【乳液編】
  17. 毛穴の黒ずみケアにおすすめ乳液
  18. 毛穴の黒ずみを解消するスキンケア方法【保湿クリーム編】
  19. 毛穴の黒ずみをケアにおすすめ保湿クリーム
  20. 毛穴の黒ずみを習慣ケアで解消しよう!

毛穴の黒ずみを解消!毛穴知らずのツル肌へ!

毛穴の黒ずみをケアするアイテムは、ドラックストアやコンビニなどでもよく見かけます。今では、毛穴の黒ずみのケアを気軽に出来るようになっています。毛穴の黒ずみは、肌の上にあると目立って気になります。今回は、毛穴の黒ずみを解消するための方法をお届けします。早速順番に見ていきましょう。

黒ずみが気になる毛穴って何?

それでは、1つ1つ紐解いていきましょう。まずは、黒ずみが気になる毛穴とは一体何なのかという点です。「毛穴」という言葉は良く聞きますが、実際どんなものなのかがあまり知らない方もいるかと思います。早速始めていきましょう。

毛穴とは?

毛穴とは、毛が生えている穴のことを指します。0.1〜0.2mmの小さな穴で、顔だけでも約20万個あると言われています。よくキメが細かい、キメが粗いと言われますが、このキメも毛穴の大きさで変わります。毛穴が小さければ、「キメが細かい」、毛穴が大きければ「キメが粗い」ということになります。

毛穴の役割とは?

続いては、顔だけで約20万個近くもある毛穴の役割についてお話ししていきましょう。毛穴があることで私たちの皮膚にはどんなメリットがあるのでしょうか?

役割①老廃物を排出してくれる

毛穴は、先ほどご紹介したように「毛の穴」という役割以外にも、皮脂や老廃物などを排出してくれる役割があります。こうすることで、老廃物が身体に溜まるのを防いでくれるだけでなく、毛穴から排出された皮脂と汗が混ざり合うことで皮脂膜を形成し、外部刺激から肌を守ってくれる役割も担っています。

役割②体温を調節してくれる

2つめの毛穴の機能は、体温調節の役割です。この毛穴は、暑い時期ではなく、寒い時期に重要な働きをします。冬などの寒い時は、毛穴に付着している立毛筋が収縮して、毛穴を閉じて体温を外に逃がさないように守ってくれます。それと同時に、体毛を立てて寒い気温から身体を保護してくれているので、身体が温かいままでいられるのです。

役割③フェロモン機能がある

毛穴の役割の3つめは、フェロモンを放つ役割です。フェロモンとは、体内から放出されて他の個体の行動にも影響を与える物質です。その鍵を握るのが、「アポクリン汗腺」で体内の老廃物を含んだ水分を排出するところです。主に脇の下などにあり、そこから脂肪酸を含んだ汗が出ます。適度な匂いでならそれがフェロモンになり、キツイ匂いを放てばワキガの原因になります。

毛穴の黒ずみが気になる部位って?

毛穴は、私たちが生きて行く上で欠かせない役割をたくさん兼ね備えてくれています。次にご紹介するのは、そんな毛穴の黒ずみが気になる部位についてです。毛穴は、身体の全体にあるのですが、あなたは、どこの毛穴の黒ずみが一番気になりますか?

毛穴の黒ずみが気になる部位…【Tゾーン】

毛穴の黒ずみが一番気になる部分は、鼻です。それと関連して、皮脂分泌の多い部位がTゾーンである額と鼻のです。しかし、先ほどもお伝えしたように、黒ずみが目立つのは何故か鼻の部分のみです。これには、どんな理由があるのでしょうか?

何故鼻の毛穴だけが黒ずみになるの?

皮脂の分泌が多いということは、その分毛穴の開きが大きくなります。鼻は、他の部分よりも高くなっているので、毛穴の黒ずみの原因の1つでもある紫外線も一番浴びやすいところです。そこに輪をかけて、皮脂の分泌が多いので、他の部位よりも黒ずみが目立つことが多いと言われています。

毛穴の黒ずみの正体とは?

続いては、気になる毛穴の黒ずみの正体を暴いていきましょう。毛穴の黒ずみの元となるのは、「角栓」です。そんな角栓について、さらに詳しくお話ししていきます。

黒ずみの源「角栓」って何?

角栓とは、毛穴から出た皮脂や古い角質、ホコリやチリなどが混ざり合って毛穴に詰まる汚れの塊です。この角栓が毛穴に留まり続けるとそれが酸素に触れて酸化し、黒ずみに変わります。

角栓が詰まり続けることでのデメリットってある?

角栓が毛穴を塞いでいると、皮脂が外に出ることが出来ずに溢れて毛穴を大きくしてしまいます。それがさらに、角栓を大きくして酸化もします。そして、その角栓が毛穴を刺激するので、刺激から肌を守るため、メラニンが毛穴に一気に集まるので、黒ずみになる可能性があります。

毛穴に黒ずみが出来る仕組み

ここまで、毛穴に関してや毛穴の黒ずみの正体などを見てきましたが、次にお話ししていくのは、毛穴に黒ずみが出来る仕組みです。毛穴に黒ずみが出来る仕組みとしては、先ほどの角栓以外にも乾燥から繋がって黒ずみになる場合もあります。この角栓と乾燥で出来る黒ずみのメカニズムを一緒に見ていきましょう。

乾燥と角栓によって毛穴の黒ずみが出来るメカニズム

まず肌は、外気などにさらされて乾燥します。しかし、水分と油分のバランスの良い肌は、ふっくらと膨らんで毛穴は締まっています。一方乾燥している肌は、水分がなく、萎んでいる状態です。さらに、乾燥が進んだ肌はガサガサになり、角質が剥がれ落ち、それが分泌された皮脂と混ざり合い角栓になり、毛穴に詰まります。毛穴に角栓が詰まる仕組みはこうして成り立っています。

毛穴の黒ずみの種類って何がある?

それでは、毛穴の黒ずみに関してさらに詳しく掘り下げてみましょう。毛穴の黒ずみ、実は種類があります。その黒ずみの種類によって解消方法であるスキンケアなどが少し異なってくるのです。自分がどの種類に当たるのか判断する上でもポイントになってきます。

種類①毛穴が詰まっている

毛穴の黒ずみの1つめは、ホコリや皮脂などの毛穴詰まりが原因のタイプです。つまり、角栓が詰まることによる毛穴の黒ずみです。触れるとザラザラしていることがポイントです。

種類②毛穴が広がっている

2つめは、乾燥が原因になって起こる毛穴の広がりによる毛穴の黒ずみです。乾燥している肌は、それを補うため、皮脂が過剰に分泌されます。乾燥と皮脂の大量分泌が重なり、毛穴の広がりに繋がるのです。

種類③肌タイプがオイリー肌

3つめは、もともとがオイリータイプの肌の持ち主です。オイリータイプの肌は、他の肌タイプよりも皮脂が多く分泌されます。その分泌量と新陳代謝のバランスが乱れているため、毛穴が詰まり、黒ずみへと繋がります。

毛穴の黒ずみの種類別解消方法は?

次は、先ほどご紹介した種類別の毛穴の黒ずみの原因を解消する方法のポイントをご紹介します。それぞれの毛穴の黒ずみを解消するためには、ポイントを把握しておく必要があります。

毛穴の詰まりの解消ポイント

毛穴の詰まりが原因の黒ずみを解消するポイントは「クレンジング」です。外から帰って来たら、肌についたホコリやチリ、メイク汚れをきちんと落としてあげることが毛穴の黒ずみを解消するキーワードになります。

毛穴の広がりの解消ポイント

毛穴が広がるタイプの黒ずみの解消ポイントは、「保湿」です。この広がりタイプは先ほどもご紹介したように乾燥が原因なので、乾燥を防いであげることが解消のキーポイントになります。

オイリー肌の解消ポイント

オイリー肌タイプが原因の黒ずみは、正しい洗顔と洗顔後の保湿がキーポイントです。スキンケアの時、化粧水を使ったら保湿クリームを塗るところを乳液に変えてあげるだけでも自分の本来持つ皮脂分泌とのバランスを取ることができるのでおすすめです。

毛穴の黒ずみケアのポイントとは?

ここからは、毛穴の黒ずみを解消し、ケアすることに関してのことをお話ししていきます。そこには、私たちの知らなかったポイントがありました。毛穴の黒ずみを解消してケアするポイントは、次の3つです。

ポイント①毛穴の黒ずみは無理矢理取らない!

今は、毛穴パックやスクラブなどを使って毛穴の黒ずみを解消するというよりも「除去」するケアが目立っていますが、もしかしたらそれが、毛穴を傷めている原因になっている可能性があります。無理に取ろうとすれば、毛穴が傷ついて開き、さらに角栓が出来やすくなります。それが続くと毛穴が広がったままになるので、黒ずみの悪化へと繋がるため無理に行うのはNGです。

ポイント②肌のターンオーバーを促進させよう!

毛穴の黒ずみは、焦って無理矢理除去しなくても肌のターンオーバーで少しずつですが、自然に肌から無くなり、解消されます。毛穴の黒ずみの原因は、ターンオーバーを促進してあげることで広がった毛穴は、失われていきます。

ポイント③乾燥を防ぐことが必要不可欠!保湿が重要!

この毛穴の黒ずみの生成を防ぐ一番のポイントは、乾燥をさせないようにしてあげることです。乾燥を外からのスキンケアによる保湿や内からの食生活などによって防いであげることで、肌の状態が整い、毛穴の黒ずみを出来にくくしてくれるだけでなく、肌のコンディションも整えてくれるのでとても大切です。

毛穴の黒ずみを解消するスキンケア方法【クレンジング編】

ここからは、さらに具体的な毛穴の黒ずみを解消するためのスキンケア方法をお届けします。クレンジング、洗顔、化粧水、保湿と順を追ってご紹介していきます。それに伴っておすすめのアイテムも一緒にチェックしていきましょう。まずは、クレンジングからです。正しいスキンケアを実践して、自分のお肌をケアしてあげましょう。

クレンジング選びのポイント

毛穴の黒ずみケアにおすすめのクレンジングは、クリーム系のアイテムです。クリーム系のクレンジングは、肌の乾燥を防いでくれて油分が多いため、毛穴に詰まった脂汚れと結びつくことで、浮かしてくれます。

正しいクレンジング方法

クレンジングの前に、ポイントメイクをポイントリムーバーを使って除去し、顔や手に水分がない状態でさくらんぼ1個分くらいのクレンジングを手の平で温めてから額、両頬、鼻、顎に乗せたら、手の平とクリームを利用して外側に向かって回しながら伸ばしていきます。最後にぬるま湯でしっかり流していきましょう。

毛穴の黒ずみケアにおすすめクリームクレンジング

次は、先ほどご紹介したクリームクレンジングのおすすめのアイテムをご紹介します。クリームクレンジングは、プチプラのものから少しお値段のはるものまでさまざまあります。その中から、人気のアイテムを2つご紹介します。

おすすめ①【コスメデコルテ】リペアクレンジングクリーム

たっぷりのエモリエント成分と保湿成分を配合したリッチな使い心地の濃厚なクリームクレンジングです。頑固なポイントメイクまでじっくりと浮かせてスルッと落としてくれます。お値段は、少し高めですが、馴染ませていくうちに変化が生まれて、拭き取るタイプのアイテムです。

おすすめ②【ちふれ】ウォッシャブルコールドクリーム

大人気のブランド「ちふれ」から出ているクレンジングクリームです。プチプラで大容量が嬉しい思いっきり使えるアイテムです。メイク汚れも簡単に落とせますし、使い心地も抜群です。クレンジングとマッサージの両方が同時に出来る一石二鳥のアイテムで、お財布にも優しい優れものです。

毛穴の黒ずみを解消するスキンケア方法【洗顔編】

毛穴の黒ずみケアの一段階目であるクレンジングが終わったら、次は、洗顔に入っていきましょう。洗顔は、ただ専用アイテムを使って洗えば良いというわけではありません。洗顔をする時のアイテムやケア方法にポイントがあります。

洗顔選びのポイント

洗顔をする時のアイテムでおすすめなのは、洗顔フォームよりも洗顔石鹸です。洗顔石鹸と洗顔フォームの違いは、合成界面活性剤の有無です。洗顔フォームは、洗浄力が高いですが、お肌には負担になります。それに比べ、洗顔石鹸は、脂肪酸ナトリウムやカリウムなどの天然成分で作られています。そのため、お肌に優しいと言われています。

正しい洗顔方法

クレンジングが終わったら、泡立てネットをぬらして、洗顔石鹸を濡らした泡立てネットで泡立てます。たっぷりの泡が出来たら、その泡を利用して顔を洗っていきます。特に、Tゾーンや小鼻部分は念入りに洗いましょう。最後にぬるま湯で隅々までしっかりすすいだら終了です。

毛穴の黒ずみケアにおすすめ洗顔石鹸

続いては、洗顔に活用したくなる洗顔石鹸をご紹介します。今は、洗顔フォームが主流となっていますが、洗顔石鹸も私たちの肌の汚れを落として、清潔に保ってくれる味方になってくれます。

おすすめ①【ETVOS】クリアソープバー

エトヴォスのクリアソープバーは手作業で作られている枠練り石鹸です。保湿成分がギュッと濃縮されており、泡立ちはもちろん、つっぱりにくい適度な皮脂を残した洗い上がりが乾燥しにくい肌へと導いてくれます。

おすすめ②【アデルファンサ社】アレッポの石鹸

シリアにあるアレッポで作られているアレッポ石鹸は、歴史が深く、シリア産のオリーブオイルとローレルオイルを原料として作られています。無添加でお肌に優しく洗えて、必要な皮脂を残しながらしっとりと潤いのあるお肌に洗い上げてくれます。

毛穴の黒ずみを解消するスキンケア方法【化粧水編】

クレンジング、洗顔を使って肌を清潔にした後は、その肌に水分と油分を補給してあげましょう。お風呂上がりの肌は、とても乾燥しやすくなっているため、スキンケアをするタイミングは、お風呂から上がってすぐがベストです。それでは、毛穴の黒ずみをケアしてくれる化粧水からチェックしていきましょう。

化粧水選びのポイント

化粧水選びでまず注目したいのは、保湿成分です。主な保湿成分には、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸などがあります。今は、粘性のあるしっとりとした化粧水も出ています。乾燥を防ぐためにも保湿ははずすことの出来ない化粧水選びのポイントになります。

正しい化粧水のつけ方【手でつける場合】

化粧水は、手でつける方法とコットンでつける方法があります。手でつける時は、手を清潔に洗って、手の平に適量の化粧水を取り、手の中で温めてから優しく押し込むようにつけてあげます。この時、パッティングなどはせず、まるで手の平全体で顔を覆うようにしながらしっかりプレスしていくことがポイントです。

正しい化粧水のつけ方【コットンでつける場合】

コットンでつける場合は、コットンにたっぷりの化粧水を染み込ませてから、コットンで肌を抑えるようにしながら、ゆっくりと外側に向かって塗布していきます。全体的につけ終わったら、コットンパックをしてあげるのもおすすめです。最後に、ハンドプレスをしてお肌に化粧水を入れ込んであげましょう。

毛穴の黒ずみケアにおすすめ化粧水

それでは、毛穴の黒ずみケアにおすすめの保湿化粧水をお届けします。スキンケアをする時の化粧水の役割は、肌の保湿の第一歩である水分補給です。それを次にご紹介する乳液やクリームで蒸発しないようにフタをしてあげることでスキンケアの一連が完成します。

おすすめ①【ヒフミド】エッセンスローション

ヒフミドのエッセンスローションは、とろみがあり、保湿力に優れた化粧水です。3種類のヒト型セラミドを配合した化粧水で、角質層の隅々まで潤いを与えてくれます。さらに、肌の弾力を増し、ハリとモチッと感をくれる乾燥肌にピッタリのアイテムです。

おすすめ②【素肌しずく】ぷるっとしずく化粧水

素肌しずくの化粧水の中には、コラーゲン、プラセンタ、セラミドなどの保湿成分を代表する成分たちが配合されています。お肌の上にベールを作って毛穴の黒ずみの大敵である乾燥から肌を守ってくれます。化粧水と美容液の2役を担ってくれるので、1本で二度美味しいアイテムです。

毛穴の黒ずみを解消するスキンケア方法【乳液編】

メイクを落として、洗顔で顔を清潔に洗ってから保湿化粧水でしっかり保湿したら、乳液を使ってその潤いを閉じ込めてあげましょう。仕上げに使うアイテムには、乳液と保湿クリームがあります。オイリー肌の方やベタつくことが苦手な方は、乳液がおすすめです。

乳液選びのポイント

やはり乳液も化粧水同様、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が配合されたアイテムがおすすめです。乳液は、水分と油分のバランスが半々くらいでお肌の上でスーッと伸びてサラッとしたつけ心地が人気です。

正しい乳液のつけ方

乳液のつけ方は、手の平に適量の乳液を取って、手の中でしっかり温めます。指先を使って、額、両頬、顎、鼻の5点に乗せて外側に向かって伸ばしながら塗っていきます。この時、ゴシゴシと塗り込むのではなく、乳液の滑り具合を利用して伸ばしていくことが肌に負担をかけないためのポイントです。最後に、ハンドプレスしたら終了です。

毛穴の黒ずみケアにおすすめ乳液

乳液の選び方と使い方をご紹介した後は、スキンケアに大活躍してくれるおすすめの乳液をご紹介します。数ある乳液の中から、自分の肌に合った乳液をチョイスしていきましょう。

おすすめ①【ミノン】モイストチャージミルク

保湿力に長けたミノンのモイスト乳液です。コックリとした濃厚なテクスチャーで、肌の水分を守って、奥までしっかり浸透し、弾力と潤いを与えてくれます。乾燥で、ごわついた角質層も潤いが加わり、モチッとした肌にしあげてくれます。

おすすめ②【キュレル】乳液

乾燥性敏感肌の方のために作られた乳液です。潤い保持を助けてくれる成分を配合し、角層の深い部分までゆっくり浸透し、外部刺激に負けない弾力のある肌へと導いてくれます。弱酸性で、ベタつきにくい使い心地も人気の秘密です。

毛穴の黒ずみを解消するスキンケア方法【保湿クリーム編】

最後にお送りするのは、毛穴の黒ずみを解消するスキンケア方法で活用出来る保湿クリームです。保湿クリームは、乾燥の気になる方におすすめのアイテムです。しっかり保湿したい場合は、保湿クリームがおすすめです。

保湿クリーム選びのポイント

保湿クリームは、つけ心地はもちろん、化粧水や乳液と同様の保湿力を求めたくなります。保湿クリームは、化粧水を使って取り入れた水分を肌から逃がさないためにも必須のアイテムです。保湿クリームを使う時は、スパチュラを使って取ってあげると容器の保湿クリームを清潔に保つことが出来ます。

保湿クリームのつけ方

保湿クリームも乳液同様に、手の平に適量を取ったら手と手を合わせるように手の中で温めます。それを手の中で伸ばしてお顔にプレするようにまんべんなくつけていきます。乳液の時と同じように額、両頬、鼻、顎に置いてから外側に伸ばしてもGOODですが、肌をこすらずに優しく乗せることが出来るので、プレスしながら乗せる方法もおすすめです。

毛穴の黒ずみをケアにおすすめ保湿クリーム

それでは、最後に黒ずみをケアしてくれるおすすめの保湿クリームをご紹介していきましょう。保湿の役割をたっぷり果たしてくれる保湿クリームをご提案していきます。

おすすめ①【ナチュランココ】フェイスクリーム

ナチュランココのフェイスクリームは、オーガニックのココナッツオイルを使った保湿力抜群のフェイスクリームです。生クリームのようなテクスチャーで、一見濃厚すぎると感じますが、肌の上でスーッと溶けてお肌にスムーズに馴染んでくれます。

おすすめ②【資生堂】アクアレーベルスベシャルジェルクリーム

雑誌に掲載されるくらい愛用者の多いアクアレーベルのオールインワンジェルクリームです。化粧水と美容液、乳液などの機能が1つにまとまったアイテムです。角層までたっぷり潤いを与えて乾燥を防ぎ、柔らかく仕上げてくれます。

毛穴の黒ずみを習慣ケアで解消しよう!

いかがでしたか?毛穴の黒ずみを解消するには、黒ずみをただ除けばいいというわけではありません。取り除くよりも、人間が本来持っているターンオーバーという周期に任せて、それを補うようなスキンケアを取り入れてあげる方法が良い場合もあります。時間はかかりますが、自分の肌と付き合いながら自分に合ったスキンケアを実践していきましょう。

もっと毛穴の黒ずみについて知りたいアナタへ!こちらも要チェック!

Thumb洗顔しても毛穴の汚れが気になる?黒ずみや詰まりの原因・解決方法まとめ
Thumbクレンジングで毛穴の黒ずみスッキリ!正しいケア方法をチェック!
Thumb鼻の毛穴の黒ずみを除去したい!おすすめのセルフケアやコスメをご紹介!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-19 時点

新着一覧