男の子の産み分けは可能?授かる成功の秘訣は排卵日と精子量!

男の子・女の子、赤ちゃんの性別を決めるのは何なのでしょうか?産み分ける方法を知っておけば役にたつのではないでしょうか。男の子を産み分ける方法・赤ちゃんを授かる成功に秘訣などを調べました。男の子が欲しいと考えている人はぜひ参考にしてみて下さい。

男の子の産み分けは可能?授かる成功の秘訣は排卵日と精子量!

目次

  1. 男の子・女の子は染色体で決まる
  2. 男の子・女の子の産み分けが成功する可能性
  3. 産み分けをしない方がいい人もいる
  4. 産み分けには排卵日の確定が重要
  5. 基礎体温の記憶を付ける方法
  6. クリニックでの産み分け方法
  7. 男の子の産み分けを成功させる秘訣
  8. 男の子の産み分けを成功させる秘訣「ママ編」
  9. 男の子の産み分けを成功させる秘訣「パパ編」
  10. 男の子の産み分けのまとめ

男の子・女の子は染色体で決まる

男の子になる染色体

産み分けで赤ちゃんの性別を男の子にするには男の子になる「Y精子」の染色体が必要です。男の子になる「Y精子」は軽くて動きが早い・酸性に弱く寿命が1日程度と短い・数が多いという特徴があります。男の子の産み分けを成功させる秘訣は男の子になる「Y精子」の特徴を知って妊活を進めることです。

女の子になる染色体

男の子になる「Y精子」の特徴とともに女の子になる「X精子」の特徴を合わせて知って妊活することで男の子の産み分けを成功させる可能が高くなります。女の子になる「X精子」は男の子なる「Y精子」とは逆で重くて動きが遅い・酸性に強くアルカリ性に弱い・寿命が2~3日程度と長い・数が少ないのが特徴です。

Thumb男の子の赤ちゃんの育て方!女の子と違う育児の仕方とお世話の方法を調査

男の子・女の子の産み分けが成功する可能性

100%成功させることはできない

男の子が欲しいとさまざまな産み分けの方法を試して妊娠したとしても理想通りに赤ちゃんの性別を男の子・女の子と産み分けれる可能性は70%~80%ぐらいと言われています。男の子がいい・女の子がいいと思うのならクリニックで産み分けのアドバイスをしてもらうほうが産み分けの成功の可能性が高くなります。

産み分けのメリット

産み分けの大きなメリットはやはり産まれてくる赤ちゃんの性別を男の子・女の子と選べることではないでしょうか。赤ちゃんの産み分けに成功すれば1人目は女の子2人目は男の子など、理想通りの家族の形も可能になっていきます。

産み分けのデメリット

産み分けによる大きなデメリットは妊娠が成功する可能性が下がってしまうことです。また、産み分けをして失敗してしまうと産み分けをすること自体がストレスになってしまうこともあるので、産み分けはメリット面よりもデメリット面を重視して慎重に進めていく必要があります。

産み分けをしない方がいい人もいる

初めての妊娠の人

初めての妊娠で産み分けをして妊娠ができなかった場合お母さんが妊娠しにくい体質なのか、お父さんの精子などに問題があったのか、妊娠できなかった理由を確定することが難しくなってしまうので、初めての妊娠では産み分けをしないほうがいいと言われています。

不妊治療をしている人

妊活をしてもなかなか子宝に恵まれずに不妊治療をしている人はもともと妊娠しにくい体質なので、妊娠する確率を下げてしまう産み分けはしないほうが妊娠が成功する可能性が増えます。

高齢の人

女性も男性も35歳以上の高齢になってからの産み分けもしないほうがいいと言われています。女性は高齢になるにつれて妊娠の成功の可能性が下がっていき、男性も精子などの機能が下がっていくことがが理由とされています。

産み分けには排卵日の確定が重要

基礎体温の記憶をつける

自分の基礎体温を記録に残しておくことで排卵日がわかるようになります。基礎体温から排卵日を確定するには小数点以下第2位まで表示される電子体温計を使って毎朝目覚めてから決まった時間に体温を測ります。

月経日から排卵日を知る

基礎体温から排卵日を知る方法以外に月経日から排卵日を計算して知る方法もあります。月経周期が安定している場合で次の月経日から14日さかのぼった日が排卵予定日となります。この方法は月経周期が安定している人におすすめの方法です。月経周期が安定している人でもちょっとしたことで周期は乱れてしまうので少し難しい方法でもあるので注意も必要です。

排卵検査薬で排卵日を知る

自分で楽に排卵日を知る方法に薬局などで買うことができる「排卵検査薬」を使う方法があります。排卵検査薬はステックに尿をかけるだけととても簡単です。尿内の黄体形成ホルモン(LH)の濃度を計測することで排卵日を知ることができます。お店で購入する前に使い方など商品の表示をよく読んで購入して下さい。

クリニックで排卵日予想をしてもらう

基礎体温がうまく計れなかったり、月経周期が安定していない場合はクリニックで排卵日を予想してもらったことをおすすめします。クリニックではさまざまな検査をしてもらえ、超音波受信機を使った検査はもっとも精度が高いとされているので排卵日を95%確定できるようです。クリニックで排卵日を知りたい人はネットで検索してみて下さい。

基礎体温の記憶を付ける方法

基礎体温の測り方

基礎体温の基本的な測り方は毎朝目覚めたらベットの上で横になったまま、体温計を舌の裏側に入れて動かないように軽く口を閉じて測ります。きちんと体温確認をして基礎体温表などに正確に記録しておきます。日ごろから自分の基礎体温を知っておくことで男の子の産み分けを成功させることにも繋がります。

基礎体温を測る秘訣

基礎体温を正しく計る秘訣は毎朝なるべく同じ時間に測る・体温を測っている間はなるべ動かない・毎回同じ位置、正しい位置に体温計を入れることです。体温計を入れる位置は舌の下の奥にある中央のすじの両側になります。舌の上で測ると0.04℃~0.10℃程度の誤差が出てしまい正しい基礎体温が分からなくなってしまうので注意して下さい。

基礎体温の記憶を続ける秘訣

毎朝、基礎体温を測るのは大変で忘れてしまう日もあるかも知れないので、忘れないために秘訣をお教えします。体温計を枕元において寝る・朝起きる時間がずれてしまった日でも測る・体温を測ったあとはすぐに記録することです。基礎体温の記憶は3ヶ月程度は続けてつけるようにし、基礎体温を記録するとともに体調も記録しておきましょう。

Thumb妊娠初期で体温が低いのはなぜ?基礎体温って何度くらいなの?

クリニックでの産み分け方法

数か月前から基礎体温記憶を準備する

産み分けに関してクリニックを受診する場合は数カ月前からの基礎体温の記憶を持っていきましょう。クリニックでは排卵日や産み分けに関して専門的なアドバイスを受けることができるので妊活をしている人は1度受診してみることいいでしょう。産み分けの受診は健康保険が適応されないなどのデメリット面もあるので受診する前の調べることをおすすめします。

パーコール法で男の子になる遺伝子を選択

クリニックで産み分けをする方法は「パーコール法」です。パーコール法は精子を遠心分離機にかけて男の子になる「Y精子」と女の子になる「X精子」に分けて、授かりたい性別の精子を選んで受精させる方法です。日本で唯一許可されている産み分け医療です。男の子になる「Y精子」女の子になる「X精子」に分けて、選んだ精子だけを子宮に入れるので妊娠する確率は下がります。

男の子の産み分けを成功させる秘訣

排卵日にセックスをする

男の子になる「Y精子」は酸性に弱くアルカリ性に強い特徴を持っているので、酸性度が最も弱まる排卵日にセックスするといいです。また男の子になる「Y精子」は寿命が1日程度と短いので排卵日に射精させるというタイミングがベストです。

女性がオーガニズムを感じる

女性の膣内は通常時には酸性の状態ですが、女性がオーガニズムを感じると子宮頸がんからアルカリ性の粘液が出るので膣内が酸性に傾くとう現象が起きます。女性がオーガニズムを感じることで男の子になる「Y精子」が元気に動きやすい状態になるので男の子を授かる確率が高まるということです。

男の子の産み分けを成功させる秘訣「ママ編」

妊娠前から葉酸を摂取

妊婦さんが摂取する必要がある「葉酸」は妊活中から摂取するようにすることが大切です。日ごろから食事で葉を摂取するように心がけ、難しい場合は薬局などで買える葉酸のサプリメントで葉酸を摂取するよにしましょう。葉酸を摂取することで神経管閉鎖障害のリスクを下げる効果があるそうです。

リン酸カルシウムを服用する

リン酸カルシウムは少量の鉄剤を含む栄養補助食品で、女性にも赤ちゃんにも影響を与えない安全なものです。リン酸カルシウムはクリニックや薬局でも購入することができるようです。2ヶ月以上飲み忘れがないように服用し続けなければ効果がないそうです。

規則正しい排卵をキープ

産み分けを成功させるには排卵日を知ることが必要です。正確な排卵日を知るには排卵のリズムを整えることが大切です。冷え・睡眠不足・ダイエット・ストレス・不規則な食生活は排卵のリズムを乱すので避けるようにしましょう。

膣内をアルカリ性に保つゼリーを使う

男の子になる「Y精子」が弱まる酸性である膣内をアルカリ性に傾ける「グリーンゼリー」を使うことで、男の子の産み分けが成功する確率を高めることができます。ゼリーはセックスの前に専用の注射器で膣内に注入します。体に害がない自然成分で作られているグリーンゼリーを選びたい場合はネットで検索してみて下さい。

男の子の産み分けを成功させる秘訣「パパ編」

元気な精子を作るために気をつける

産み分けを成功させるためには女性だけではなく男性も気をつけなければならないことがあります。お酒の飲みすぎ・喫煙・ストレス・冷え・不規則な生活・不健康な食生活は元気な精子を作れなくなる原因になるので、避けるようにしましょう。男性も妊活することで産み分けも成功する確率も高くなります。

禁欲して精子の量を増やす

パパが禁欲することで精子自体の数を増やすことができ、男の子になる「Y精子」の数も増やせます。また、1回の射精の量が増えるので早く子宮に届くようにもなるようです。禁欲するのは5日までにしましょう。5日を過ぎると精子の受精能力が下がってしまいますので、あまり長く禁欲するのもよくないようです。

男性器はなるべく奥深くに挿入する

セックスのさいに男性器をなるべく奥深くに挿入することで、酸性に弱い男の子になる「Y精子」が酸性の膣内を短い時間で通ることがで元気な精子を子宮に届けることができます。また、子宮の近くはアルカリ性の状態になっているので男の子になる「Y精子」が元気に動き回ることができます。

男の子の産み分けのまとめ

産み分けで男の子の赤ちゃんを授かりたいなら正しい方法で妊活する必要があります。正しい方法で排卵日を確定して、男の子になる「Y精子」を元気な状態で排卵日に子宮に届けることが大切です。産み分けを成功させたい・基礎体温がうまく測れない・月経周期が不安定な場合はクリニックに相談してみて下さい。妊活や産み分けは女性だけではなく男性も一緒に行っていきましょう。

Thumb男の子の赤ちゃんの育て方!女の子と違う育児の仕方とお世話の方法を調査
Thumb男の子の赤ちゃんがかわいい!育て方ってどんな感じ?女の子とは違う?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-21 時点

新着一覧