サンダルの靴擦れはどうやって防止するの?対策と予防方法をご紹介!

サンダルの靴擦れは靴とは違った部分が痛みだすかもしれません。それはサンダルの構造が素肌の部分が多く、ストラップや細いホールドが素足を摩擦や圧迫してしまうのが原因かもしれません。見た目が悪くならないような靴擦れの対策や予防の方法をご紹介します。

サンダルの靴擦れはどうやって防止するの?対策と予防方法をご紹介!

目次

  1. 手軽におしゃれなサンダル
  2. サンダルの素材と靴擦れ
  3. サンダルに靴下で擦れ防止
  4. サンダルの悩み靴擦れを防止
  5. 靴擦れの予防【必要性】
  6. 手軽に靴擦れ防止[グッズ]
  7. 靴擦れの予防方法
  8. サンダルの予防方法
  9. 手軽な靴擦れ防止方法
  10. まとめ:サンダルで靴擦れしないために

手軽におしゃれなサンダル

暑くなってくると足元も涼しげに装いたいものですね。靴より肌の部分が見えるサンダルでは、日焼けや靴擦れの跡などが目立ってしまうかもしれません。サンダルの形によって靴擦れしやすい箇所も違うでしょう。靴と違って対処の仕方によっては、目立っておしゃれを損なってしまうことになります。

見た目も涼しく履きこなすには、事前の予防が必要かもしれません。新しい靴が靴擦れしやすいように、サンダルでも靴擦れと同じような擦れが起ことがあります。

靴擦れと同じアイテムを使うこともできますが、サンダルでは見えないように透明な靴擦れ防止方法が売られています。サンダルの形や特徴から靴擦れする場所を予想して予防ができれば、靴擦れによる痛みや見た目の良いサンダルが手軽に履けそうです。

靴よりもサイズが細くないサンダルも多くあり、手軽に買える価格で使用場所によっておしゃれに履き替えることができるでしょう。水辺や歩く距離などで履き替えることも足への負担や靴擦れが減るかもしれませんね。いろいろな素材やサンダルの種類を知り、靴擦れの対処方法を見ていきましょう。

サンダルの素材と靴擦れ

カジュアルなサンダル

サンダルというとどういった形が思い浮かぶでしょうか。ビーチサンダルやヒールのあるもの、スポーツサンダルもよく見かけるサンダルですね。プールや海、雨に降られた時にさっと足を拭くことができて靴より履く機会が多くなるかもしれません。ベルトの部分で靴擦れが起きやすそうです。

シンプルなサンダルにはペティキュアやフットアクセサリーなど繊細なアクセサリーを付けるなどおしゃれが楽しめそうですね。活動しやすいサンダルが多いので歩く距離も長くなり靴擦れになるかもしれません。もしなってしまったら靴擦れの傷にしみたりしなよう水に濡れても大丈夫なケアが大切ですね。

手軽なビーチサンダル風

ビーチサンダルを普段に履く場合も見られるようになってきました。指の部分やソールの硬さも様々あり手軽にはけるサンダルです。細かなサイズが合わずに履いた場合、靴擦れになって歩き方に影響がでるかもしれませんね。

ビニール素材や革のような素材で夏の定番として見かけますが、ファー素材が使われているなどトレンドに変化がみられます。軽い素材や足を見せることができるサンダルですが、靴下を履くというトレンドには賛否がありそうです。

サンダルに靴下は靴擦れの防止に便利なアイテムですが、コーディネイトをするのに抵抗があったり、ウケが良くない場合もあります。透明の靴擦れ防止グッズなど検討しても良いかもしれません。

ヒールの予防と靴擦れ防止方法

ヒールのあるサンダルは、靴擦れと同じようなつま先やかかとに擦れができやすいでしょう。また、金具部分やヒールの高さ、ソールの硬さから歩行に影響が出て痛みにつながることがあります。痛みや傷が癖になる前に予防や防止をすると良いでしょう。

素材や形、履きこなし方によって選べる対策が変わってきそうです。まずは靴下を使った擦れの防止から靴擦れとどんな点が違うか見てみましょう。共通する部分もありますが、見た目やおしゃれに履きこなすにはどうすれば良いでしょうか。

サンダルに靴下で擦れ防止

生地の厚い靴下

靴の時と同じく生地の厚い靴下は、靴擦れを緩和して素足を保護する役割を担ってくれます。以前はサンダルと靴下との組み合わせがダサいと言われていましたが、今ではかっこいという声を聞かれるようになりました。靴擦れの対策としては一般的な方法だと思います。

靴擦れを防止するために生地の厚い靴下を履いて対処する方法があります。その時に、絆創膏を貼り靴擦れを防止したり、擦れて痛いところを保護する方法が多いでしょう。簡単にでき、気になった時に貼ることもできそうです。

サンダルでも生地の厚い靴下をおしゃれとして合わせることができます。スポーティなサンダルに合わせることが多い印象ですね。しかし、サンダルに靴下を履くことに抵抗がある人もいるようです。

薄い生地の靴下

靴下を薄い透けるものを選ぶとおしゃれです。涼しげに見え、種類も多くありそうです。けれど、クッションの役割はえられないと思われます。特に網タイツのようなものなどにその効果はないでしょう。

靴擦れ対策ではなく、オシャレを優先して薄いタイツ生地や網タイツの靴下を履くことも合うと思います。そんな時は見えても大丈夫なアイテムを使えるとおしゃれを損なわらず靴擦れ対策もできそうです。靴とサンダルの靴擦れは共通した悩みのようです。次で見てみましょう。

サンダルの悩み靴擦れを防止

つま先やかかとなど靴擦れができることがあります。主に、サイズが合わないことが原因のようです。それはサンダルにも当てはまります。しかし、靴とは違って素足が見える部分が多いため対策方法によっては見た目が悪く見えてしまいます。

靴擦れを防止するための絆創膏が見えるとおしゃれな雰囲気が減ってしまうかもしれません。ヒールが高いサンダルなら尚更、擦れが痛んで歩くのも大変です。次にサンダル特有の擦れを見てみましょう。

靴擦れの予防【必要性】

下駄の靴擦れ予防と防止

夏祭りに浴衣を着ると下駄を履くことになりますが、鼻緒の部分で足が痛くなることもあります。硬い素材や履きなれないことも原因で足が痛くなりますが、サンダルにも共通する悩みかもしれません。

下駄の鼻緒や硬い木の素材で歩くため特に足が痛くなりやすくなりますね。鼻緒だけで支えて歩くためかかとが見ます。下駄は足の指に負担がかかります。そこをやわらげることが予防につながりそうです。また、足先にすべり止めをすることで防止するアイテムも売られていますよ。

手軽な防止方法【タイツやソックス】

靴擦れができると痛くて歩けない、血が出る、染みるなどの弊害が出てきます。レジャーで履いていくこともあれば、水辺で染みたり防止のアイテムがとれてしまうこともあるかもしれません。事前の予防ができると良いですね。

手軽に靴擦れ防止[グッズ]

手軽に靴擦れの防止

靴擦れやサンダルのデザインによって防止する方法を変えればおしゃれに予防ができそうです。サンダルの素材による摩擦やベルト部分の圧迫、くいこみが起こり歩き方にまで影響してしまえば痛みを伴い、見た目もわるくなります。

怪我や擦れる接点に巻いたり、クッションを作って靴擦れを和らげるられるアイテムが売られています。透明な靴擦れアイテムを選べば見た目も良いでしょう。靴擦れのようにサンダルに滑り止めを貼ったり、肌を柔らかくする方法も有効です。

ワセリンやベビーパウダーで肌に潤いち柔らかさを保つことで靴擦れを防止できるかもしれません。家に常備しておけば気軽に使えそうです。

手軽に靴擦れの予防

絆創膏は持ち運びも便利で、靴擦れでまめや血が出たときにも使える手軽な方法です。靴擦れの際にも使うことができ、たこやうおのめ、水ぶくれなどになった時にも応用が利くアイテムですね。靴擦れ予防の際にも便利ですが見た目が悪くなってしまうかもしれません。

ヒールが高い、靴底のソールがかたいことで痛みを伴うこともありますね。金具が付いた部分で擦れることで傷がついてしまい靴擦れと言われる原因と考えられます。靴擦れがよくできてしまうところを保護したり、あまりにも足が痛くなってしまう場合には、履物を新しくすることも靴擦れ対策として考えたほうが良いでしょう。

靴擦れの予防方法

サンダルの特徴的な部分ですね。浴衣を着る時に履く鼻緒にも擦れで痛くなるということもありそうですね。指の部分を保護をするためにクッションとなるようなものがあるサンダルなどもありますね。ビーチサンダルなど指だけで支えるため負担がかかります。

革靴やかかとの靴擦れや足の指が当たりサイズが合わないことが原因であることが多いです。サンダルの場合、足を覆わない肌を見せる構造が足を痛めたり擦れを起こしてしまうようです。ヒールのある靴やサンダルの場合でも靴下をもっていったり、替えのフラットな靴を用意して足の負担を減らすことができそうです。

靴擦れが更に悪化すると、治癒に時間が必要になります。また歩き方に影響がでたり、歩き方が原因で靴擦れになりやすくなるため見直す必要が出てくるかもしれませんね。次で詳しく見ていきましょう。

サンダルの予防方法

おしゃれなデザインの多いサンダルは、擦れができやすい部分が多いかもしれません。おしゃれに靴擦れができるようにレースの素材でも下のような商品が出ています。

レース素材の薄い生地でもすべり止めやクッションの効果が期待できるかもしれません。足のケアをして労ってあげたいですね。

手軽な靴擦れ防止方法

素足に触れる場所にワセリンやベビーパウダーを使い、滑りを良くしたり保護をする効果が得られる方法があります。この場合、事前の準備や備えが必要ですね。

家にあるアイテムで手軽に防止できるのが望ましいです。しかし、サンダルの場合素足で履くことが多く肌が多く見えることでダメージにもつながります。昨今のサンダルの靴下は擦れの対策という点でとても手軽です。

まとめ:サンダルで靴擦れしないために

自分の生活や使用シーン似合う方法を試して、ずれの痛みから解放されましょう。おしゃれに夏を満喫できそうですね。

長期休みがあっても足が痛くて楽しめないなんてもったいないです。予防や準備をしてサンダルでおしゃれで楽しみましょう。

もっとサンダルについて知りたいあなたへ

Thumbサンダルの種類はどれくらいあるの?名前やデザインをご紹介!
Thumb靴擦れ防止対策は大丈夫?予防をしっかりして新しい靴を楽しむ方法とは?
Thumb靴擦れの原因は靴よりも歩き方?新しい靴でも靴擦れしない方法とは?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-20 時点

新着一覧