就活で短所を聞かれたときの例!面接で好印象を与える回答とは?

人生の大きな分岐点と言っても過言ではない就活ですが、気になるのは面接の質問です。特に自分の短所を聞かれると、マイナスなイメージを持たれてしまうかもしれないので誰もが不安になります。そこで紹介するのは、就活で短所を聞かれた時の上手い回答例です。ご参考にどうぞ。

就活で短所を聞かれたときの例!面接で好印象を与える回答とは?

目次

  1. 就活の面接の心理は恋愛の心理と似ている
  2. 就活では嘘をつくよりも素直に短所を話すべき!でも話すのは不安
  3. 就活の面接で短所を聞く目的は何?
  4. 短所を話すだけではダメ!大切なのは日々の暮らしでの短所の解決策
  5. 就活で短所を聞かれた時の回答例
  6. 短所の回答例も大事だが…他にも重要なポイント
  7. 就活の基本は身だしなみから
  8. 就活で服装以外で重要なのが匂い
  9. 就活で面接官と話すときは目を向いて話す
  10. 就活の面接は“慣れ”が重要!本命の前にたくさんの企業と面接
  11. 就活の面接前に重要なのは面接のシミュレーション
  12. 就活で最低限押さえておくべき企業分析の項目
  13. 面接会場には1時間前には到着しているのが定石
  14. 自分のやりたいことは明確に
  15. 就活で短所を回答する時のまとめ

就活の面接の心理は恋愛の心理と似ている

就活の面接は、誰もが採用してもらいたいと思い、自分を少しでも好印象に見せようと心理が働きます。これって、好きな人と話すときと似ていませんか?好きな人には、嫌なところや醜いところなどの自分の短所は知られたり見られたくないものです。そんな心理が面接でも働いて自分の短所を話すとなると、誰もが不安になります。

面接官に自分の短所は“ありません”と言い切るのは?

では、面接で“私には短所はありません”と答えて見るのはどう思いますか?これも恋愛に例えてみましょう。“私は料理もできるし、優しいし、奇麗で完璧だから付き合ってください”って男性に向かって言っているようなものです。日本人は日頃の暮らしの中では周りの人を立てる文化があるので、鼻につくというのもありますが、そもそも“本当か?”という心理が生まれます。あまり嘘をついても疑われるだけで、好印象どころか男性から逆に警戒されてしまいます。

これは、就活の面接でも同様で、自分を好印象に見せようと“短所はありません”と言った嘘をつくと上手くいかないことが多いです。高望みせず、ありのままの自分を知ってもらうためにも勇気を出して自分の短所を話す必要なのかもしれません。

意外と面接では短所を見せた方が上手く行きやすい

好きな人に少しでも良く見せようと小さな嘘をついたり短所を隠していると、後々自分の首を絞めてしまうことになります。大抵、そのような恋愛は上手くいきません。日頃の暮らしでも同様だと思います。嘘や自分の短所を隠していると、段々と辻褄が合わなくなってしまうため、バレたときのリスクは大きいです。

就活の面接でも全く同じで、短所を隠し嘘の回答をして面接に“この人は嘘をついている”と思われたらまず採用はされません。リスク回避のためにも、やはり素直に自分の短所をさらけ出した回答の方が無難だと思います。

就活では嘘をつくよりも素直に短所を話すべき!でも話すのは不安

面接で嘘が後でバレるよりも、素直に回答した方がリスクが低いことは誰でもわかっています。でも、いざ短所を話すとなるとなると不安になるものです。本当に正直に短所を回答していいのでしょうか?そして、もし短所を話すのであれば、どのように短所を伝えれば面接官への印象を損なわないのでしょうか?

就活の面接で短所を聞く目的は何?

そもそも、面接官はなぜ自分の短所を回答させようとするのでしょうか?皆さんは考えたことはありますか?短所がない人や短所が少ない人に越したことはありませんが、多くの会社で短所の無い完璧な人間を求めている訳ではありません。きちんとした目的があるからこそ聞いてくるのです。日頃の暮らしを振り返って、自己を見つめ直すのも良いかもしれません。

短所の内容でランク付けはしていない

“忘れ物が多い人は-1点、時間にルーズな人は-5点、うっかりミスが多い人-3点などと、短所の項目で点数やランク付けして採用の参考にしているのでは?”っと思っている方も多いはずです。面接官は短所の内容によって、このような減点方式での採点は、絶対にしません。むしろ、人権的なモラルに反するような行為ですので、短所によって採点するようなことは絶対行ってはいけないのです。

そもそも短所の無い人なんていませんし、たとえ短所だと自分が自覚していなくても普段の暮らしで一緒にいる家族や友達に短所と思われていることだってたくさんあります。皆さんも周りから自分の短所を指摘されて驚いたことはありませんか?ですので、自分で短所と思っている内容自体、面接官はそもそも信用していません。

面接官は信用していない短所の回答をなぜ聞くのか?

先ほども説明した通り、自分で短所と思っていても暮らしの中では様々な角度で自分を見ている方がいて、様々な長所や短所を感じています。どれも正しい感じ方ですし、時には当てはまらないこともあります。面接官は“自分の短所は何かをしっかり考えられるか?自己分析できる人なのか?”を知りたいのです。

この自己分析は、どんなビジネスでも重要な要素で、“自分のやっている事は正しいか?”“何が間違っているのか?”“どうすれば改善されるか?”をしっかり考えられる能力をどれだけ持っているかを聞き出そうとしているのです。暮らしの中のエピソードを交えながら自分の短所を話してみましょう。しっかり自己分析できる回答ができれば、好印象を与えることもできます。

短所を話すだけではダメ!大切なのは日々の暮らしでの短所の解決策

“短所を話せる≒自己分析ができる”ことではありますが、それだけではなく自分の短所などの嫌なこともしっかり人に伝えることができるかも同時に試されています。短所を話せるだけであれば、誰でも話せますしあまり好印象を与えることはできません。短所聞かれた時にどのように答えれば面接官に好印象を与えることができるのでしょうか?

面接官に好印象を与えるには、“日頃の暮らしの中で自分の短所をどのような対策でカバーしているか?”を話してみましょう。マイナスイメージの短所を話したはずが、逆にアピールする場へと変わります。このような回答ができると、課題や問題点(短所)に対してしっかり考えて対応できる印象を与え、非常に好印象をもたれることとなります。

就活で短所を聞かれた時の回答例

ここでは、就活で面接官に短所を聞かれた時の回答例を紹介します。短所を聞かれた際に、どの回答例を話しても面接では使えますが、実際に自分の短所が当てはまり、実際に対策が事項できるもの参考にすることを推奨します。また、Pinky内でも他の短所を聞かれた時の回答例をまとめていますので、最後に紹介する回答例の下にあるリンクからご覧ください。

短所を聞かれた時の回答例①忘れ物が多い人

私の短所は、よく携帯電話や財布などをよく忘れてしまいます。ですので、家では財布や携帯などの貴重品は、決められた場所に必ず置くように心がけ、仕事などの用意は必ず前日に用意するように心がけています。また、外出の際は貴重品はストラップでなくさないように対策して短所を補っています。

短所を聞かれた時の回答例②時間にルーズな人

私の短所は、会議や約束を忘れてしまい時間に遅れることが多いです。ですので、手帳に必ずスケジュールを記入し、朝、昼、晩の食事の前には必ずスケジュールを確認するようにしています。また、スマホのアラーム機能やスケジュール機能を活用して、時間の1時間前と15分前にはアラームを鳴らしてスケジュール管理を行い、遅刻しないよう心がけ短所を少しでもなくすように努めています。

短所を聞かれた時の回答例③うっかりミスが多い人

私の短所は、誤字や計算ミスなどのちょっとしたミスが多いです。ですので、私はメールで文章を打ったり、計算した後は必ず確認をするようにしています。そして、確認をするとその分時間も掛かってしまうため、予定よりも少し前に作業が終わるように心がけ、確認できる時間を確保できるようにしています。短所を補おうとした結果、最近は物事がスムーズに終わることが多く余裕ができた分、さらなる挑戦ができるようになりました。

短所を聞かれた時の回答例④すぐに諦めてしまう人

私の短所は、物事が辛くなったり苦しくなるとすぐに諦めてしまうところです。ですので、辛いと感じたり苦しいと少しでも感じたら、すぐに友達など周りの人に相談するようにしています。解決策が見つからなくても、相談するだけで気分が軽くなることも多いので、また頑張ろうと言う気持ちに切り替えることができます。また、そんな短所から気づいた掛け替えのない友達を大切にしていこうとも思っています。

短所を聞かれた時の回答例⑤他人の話を最後まで聞けない人

私の短所は、他人の話を最後まで聞かず間違えたり、勘違いすることが多いことです。ですので、他人の話の最後には必ず1つは質問をするように心がけています。質問をするタイミングは、大抵話の最後になるので、自ずと他人の話を最後まで聞くことができるようになります。また、質問をしようとすることで、話の内容をよく聞こうと自然となるので、話を理解しやすく逆に短所が長所に変わってきた実感が出てきました。

Thumb短所の心配性や面接で神経質や考えすぎる人の履歴書や回答例文を紹介!

短所の回答例も大事だが…他にも重要なポイント

『短所=マイナスイメージ』と思う方も多いはずです。どうせ採用するなら、良いイメージを持った人を採用するのが普通です。でも、よく考えてみてください。自分の短所を聞かれることだけがマイナスイメージを与えてしまうのでしょうか?短所を聞かれた時の対処法も重要ですが、第一印象を良くすることも重要です。

就活の基本は身だしなみから

どんなに受け答えが良くても、身だしなみが良くなければまず採用されません。身だしなみが悪い人は、大抵何事にもルーズであることが多いです。たとえ、“身だしなみはイマイチでも、スキルは高いです”と主張したとしましょう。実際の仕事とは、自分の得意な分野や苦手な分野,好きな仕事や嫌いな仕事など様々です。身だしなみを整えない人は、興味のないことはやりませんと主張しているようなものです。

どんな仕事でも最低限のことをこなす人を企業は求めます。身だしなみを整えるといいことは、そう言う意味なのです。まずは、自分の姿を鏡で覗いてみましょう。少し、見っともないと感じたら、それが短所かもしれません。日頃の暮らしの中でも、少し身だしなみに意識しておくと良いです。

就活ではどんな服装が良い身だしなみか?

まずは、服装です。フケや汚れの付いた服装やシワだらけ,ボロボロになった服装などは論外です。きちんとスーツをクリーニングに出したり、ハンガーに掛けるなどしてシワが付かないようにしておきましょう。ちょっとした心遣いで、徐々に身だしなみの短所は簡単に減っていきます。

また、丈の長さも重要です。スカートは膝が隠れるくらいの長さがベターです。袖もスーツであれば、腕を下に伸ばした状態で手首が少し見える程度、ブラウスなら手首が隠れる程度の長さがベターです。一昔前は、パンツのスーツは生意気にみられる場合あると言われていましたが、最近は特にそのような感覚はないようなので心配ありません。

学生ならばお金がないので多少のボロい服装も許される?

“若い学生は、お金がないので多少ボロいスーツを着ていても許されるのでは?”などと甘い考えを持っていませんか?そんなことは就活では通用しません。それは、お金のない人は金銭的なトラブルを引き起こすことが考えられるからです。面接官へ好印象を与えるためにも、安価のスーツでも良いので新品を用意しておくことをおすすめします。もし、コーデで困ったら下記のリンクをご参考にしてください。

Thumbビジネスカジュアルな服装で就活?参考になるコーデまとめました!

就活で服装以外で重要なのが匂い

普段の暮らしでも同じですが、汗臭かったりタバコ臭かったりと異臭がある場合も、人に悪い印象を与えます。また、香水で臭いを誤魔化そうとすることもNGです。強い香水の香りは、“夜の女性”を連想させてしまうため、“社内の風紀を乱す原因になるのでは?”っと思われることがあり、あまりいい印象を与えません。そもそも香水の香りが好きではない方も意外と多いので、付けたとしても適度に香る程度が良いです。

就活で面接官と話すときは目を向いて話す

面接官は、何百人もの人と面接を行ってきていますので、限られた時間でその人がどんな人なのかを探ってきます。それは質問の回答だけではなく、表情や姿勢、しぐさなど様々な情報から考察してきます。まずは、面接官の目を見て話しましょう。面接官の視線が気になり自ずと姿勢も良くなります。

姿勢も良くなれば、面接官からも好印象を与えることができます。また、面接官は一人とは限りませんので、質問をした面接官を中心に、全員に順に視線を送ると全員に自分の考えを伝えようとする姿勢となり、さらに好印象を与えることができるはずです。その他、就活で重要なマナーをまとめた記事がありますので、こちらもご参考にしてください。

Thumb面接のマナーまとめ!入室や退室での就活時の挨拶で恥をかかない方法を紹介!

就活の面接は“慣れ”が重要!本命の前にたくさんの企業と面接

志望動機やどのような仕事がしたいのか、短所の回答などをしっかり答えられることが大切ですが、いざ本番となると何を伝えればいいのか頭が真っ白になってしまうことが多いです。そこでおすすめなのが、たくさんの企業の面接を受けて慣れることです。まずは、志望している業界の企業を中心に受けると良いです。

企業によっては、グループ面接やディスカッションなどの変わった課題を与えられる場合もあります。その場合は、業界を問わずたくさんの企業を受けておくことをおすすめします。慣れることも重要ですが、他の受験者からも重要な意見を参考にできる機会でもあります。もしかすると、自分の短所もこのような機会で見えてくるかもしれません。中には、自分の気づかなかった短所を指摘してくれるような人もいます。ありがたくご指導いただきましょう。

就活の面接前に重要なのは面接のシミュレーション

いくつかの企業の面接を受けてくると、面接官がどのような質問をしてくるのかが徐々にわかってきます。そこで面接を3,4社ほど受けて来たら、今度は面接のシミュレーションをするとよりスムーズに話ができるようになります。入浴中や電車の中の移動中などの空き時間でシミュレーションすると効率よく時間が使えます。

シミュレーションして回答に詰まったり、無駄に説明が長い時は、自分の意見がしっかりまとまっていない証拠です。意見がまとまっていないことは、実際にノートにキーワードを書いてみると少しずつ意見がまとまってきます。短所に関する回答も、ノートにメモしていきながら話す内容をまとめておくと良いです。

就活で最低限押さえておくべき企業分析の項目

どんな企業を受ける時も、必ず受ける企業について分析する必要があります。どのような業種なのか、勤務先はどこなのかなどの情報を収集し、自分なりに分析したり意見を持つことが重要です。そこで、最低限押さえておきたい企業分析の項目を紹介していきます。

就活で押さえておくべき企業分析①社長メッセージ

まず、企業分析で押さえておきたい項目の一つは、社長メッセージです。企業パンフレットやホームページの冒頭部に大抵は掲載されています。ここでは、その企業の直近の状況や今後の目標などが掛かれている場合が多いです。まずは、社長メッセージをよく理解し、それを受けて自分ならどうしたいか、どうするべきかを考えると良いです。その答えが、様々な質問の回答となる場合が多いです。

就活で押さえておくべき企業分析②事業内容

自分が受ける企業がどんな事業を行っているか知らないまま面接を受ける人はいないと思いますが、意外と勘違いをしている人や志望している部署の採用を募集していないケースが多く見られます。しっかりとどの部署の採用予定なのか、その部署ではどのような事業を行っているのかをしっかり把握しておきましょう。

就活で押さえておくべき企業分析③企業の直近の動き

例えば、最近新たな技術や製品などの開発や新サービスの展開など、その企業が直近にどのような動きをしたかは把握しておきましょう。面接中に、それらの情報に触れた回答をすれば、面接官は自社に興味を持ってると思い好印象を与えることができます。日々の暮らしの中でネットやニュースの情報に耳を方向け情報収集しておくと良いです。

面接会場には1時間前には到着しているのが定石

面接のときは、平常心が重要です。ギリギリの到着で焦った状態で受けるのは良くないです。まして、遅刻は厳禁です。また、余裕をもって到着し、面接会場を確認したら、近くのファミレスやカフェで面接での回答内容の再確認をするゆとりが重要です。しっかりと準備して面接に挑めば、リスクを最小限に抑えることも可能です。もちろん、短所に関する回答もまとめておきましょう。

自分のやりたいことは明確に

企業は、あなたにたくさんの期待をしています。どのような面白い発想を持って、どのようなビジネスに興味を持っているかを知りたがっています。そのアピールポイントの一つが、あなたが企業で何をやりたいかです。もし、“そのようなビジネス展開はおこなっていない”っと言われても、今後立ち上げればいいビジネスですので、あまり気にする必要はありません。

どのような発想をしているのかが最も重要ですので、怖がらずに話せるよう自分の考えをまとめておくと良いです。その考えが“面白い”と思わせれば、好印象を与えられるはずです。もし、自己分析に自信がない方は、下記のリンクをご参考にしてください。

Thumb就活で自己分析する方法・やり方まとめ!おすすめの自己分析本は?

就活で短所を回答する時のまとめ

いかがだったでしょうか?短所も答え方次第では、自分のアピールポイントを話すチャンスにもなります。悪いことは“嫌だ”と考えるのではなく、“どうなれば良くなるのか?”を考え行動することが重要なのです。そして、一番大切なのは、自分の短所や自分のやりたいことなどを日頃の暮らしの中で意識して生活することです。

人は急に“やれ”と言われてすぐにできるほど器用ではありません。普段の暮らしから考えることを意識してみるとなんでも上手く行くかもしれません。就活の有無を問わず、あなたも自分の短所を見つけ、少し意識して考えてみませんか?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-22 時点

新着一覧