洗濯機は一人暮らしの場合どれがいいの?サイズは?安いものでも大丈夫?

就職が決まったり、仕事で転勤になったりと一人暮らしになる機会がありますよね。そんな一人暮らしで欠かせない家電製品が洗濯機です。洗濯は生活では欠かせない家事です。今回は一人暮らしをする方におすすめの洗濯機のサイズや価格などについて紹介したいと思います。

洗濯機は一人暮らしの場合どれがいいの?サイズは?安いものでも大丈夫?

目次

  1. 一人暮らしでは欠かせない家電製品「洗濯機」
  2. 一人暮らし用の洗濯機を選ぶポイント
  3. 一人暮らし用の縦型洗濯機のメリット
  4. 一人暮らし用のドラム式洗濯機のメリット
  5. 一人暮らしでは静音性のある洗濯機が人気
  6. 購入する洗濯機が搬入できるかチェックしましょう
  7. 一人暮らし用の洗濯機の購入は寸法をきちんと計ってから!
  8. 一人暮らし用の洗濯機は洗濯する頻度でサイズや容量を決める
  9. 一人暮らしに安くておすすめの洗濯機ハイアール(Haier)
  10. 一人暮らしに人気の洗濯機パナソニック(Panasonic)
  11. 一人暮らしに人気の洗濯機TOSHIBA(東芝)
  12. カビ対策のある洗濯機を選ぼう
  13. 安い中古品の洗濯機を購入する時は保障期間を確認する
  14. 一人暮らしでまとめて洗濯をする方は大きめの洗濯機がおすすめ
  15. 素敵な洗濯機で一人暮らしを充実させましょう

一人暮らしでは欠かせない家電製品「洗濯機」

就職席が決まったり、転職や仕事の転勤、進学などで、親元を離れて一人暮らしをする機会がある日突然にやってくるかもしれません。

一人暮らしと聞くと、今まで家族と一緒に住んでいたなら両親や兄弟と離れて暮らすことに寂しさを感じたり、一人暮らしに憧れていたなら、さらに自分の自由な時間が増えてワクワクすることもあると思います。

いざ一人暮らしをすることになって、一番気になるのはお金の問題です。そして生活する上で欠かせないのが家電製品を一式揃えることでもあります。一人暮らしにはお金がたくさんかかるので、できるだけ安い金額で抑えたいとこですよね。

一人暮らしをする以上、家電は欠かせない生活の一部です。中でも洗濯機は毎日着ている服を綺麗にしてくれる家電で、洗濯機が家にないととても不便に感じます。今回は一人暮らしで必要な洗濯機について、どんなものが自分の生活に合っているのか、おすすめな洗濯機についてまとめてあります。

一人暮らし用の洗濯機を選ぶポイント

まず一人暮らしで洗濯機を購入する際に、自分の生活スタイルや希望の値段など洗濯機の選ぶ基準を決めておくと、購入しやすいです。一人暮らし用の洗濯機を購入する時にはいくつかポイントがあります。

洗濯機の容量は5キログラム以内

実家にある洗濯機のサイズが基本のサイズと思っていませんか?実は洗濯機のサイズや容量にもいろんな種類があります。特に一人暮らしであれば実家にあるような10キログラムなどの容量の洗濯機より5キログラムの容量でも十分に洗濯するのに問題はありません。

一週間にまとめて洗濯するのではなく、週に2〜3日で洗濯をするのであれば洗濯機の容量が5キログラム以内で十分に洗うことができます。洗濯機の容量が上がるにつれて値段も安くはないので、普段の自分の洗濯量についても考えてみましょう。

洗濯機の値段は3万円以内

大体の場合、一人暮らしの洗濯機の値段は3万円以内で購入が安くておすすめです。もちろん洗濯機のメーカーやブランド、デザインによっても値段に誤差が出てきますが、安いものであれば洗濯機が2万円前後で購入することも可能なんです。

実用性があるものにする

一人暮らしの部屋の間取り図をしっかりとメモや覚えておくことも大切です。洗濯機のサイズはもちろんの事、実用性についてもチェックしておくと自分の生活スタイルに合う洗濯機が見つかります。

スペースが狭いのにドラム式の洗濯機の場合、洗濯機の扉が思うように開けられなかったりするのも購入した後では困ってしまいますよね。さらに一人暮らし用の洗濯機でも、内臓されている実用性の高い洗濯のメニューやコースなどもあるので、洗濯機の購入の際はパンフレットなどで内臓されている機能も調べておきましょう。

一人暮らし用の縦型洗濯機のメリット

家電の中で洗濯機にも、メーカーやブランドによってデザインや形が違います。一般的に使われているのが縦型式の洗濯機です。この形はどこの家庭にもあり金額も安いのでたくさんの方が使用されています。洗濯機といえば縦型式をイメージする方がほとんどです。

洗浄力が高めの縦型洗濯機

縦型の洗濯機は、洗濯物をしっかりと綺麗に洗ってくれます。ドラム式の洗濯機よりの洗濯に使用する水の量が多いので、服の汚れをしっかりと洗浄してくれると言われています。

ドラム式の家電よりの価格が安い

ドラム式の洗濯機は、縦型の洗濯機と比べて、洗濯をするのにさほど、能力が変わらないのに対して、洗濯機の値段が高いです。ドラム式の洗濯機が出始めた頃は今よりも値段が高かったでしょう。

それに比べて従来からの縦型式の洗濯機は通常の洗濯ができ、さらに値段が安いので、ドラム式こだわっていないのであれば、価格の安い縦型式の洗濯機を購入する人がほとんどなんです。

一人暮らし用のドラム式洗濯機のメリット

以前よりも気軽に買えるようになったドラム式の洗濯機、まだまだ需要は縦型の洗濯機に比べて、値段の違いから多くはありませんが、縦長式の洗濯機にはない機能も持ちあわせているので、ドラム式洗濯機の内臓された機能に魅了されてしまいます。

洗浄だけではなく乾燥機能も付いている

ドラム式洗濯機は、縦型洗濯機にはない洗濯したものをそのまま、乾燥させる機能が付いています。一台だけで洗濯と乾燥ができてしまうのは、ドラム式洗濯機を持っていていいところではないでしょうか?

梅雨のある地域では洗濯物が数日も乾かなくて不便だったり、冬の時期に雪が降るところでは、室内での部屋干しになったりと部屋干しした後の洗濯物の匂いが好きではないと思っている方も多いのではないでしょうか?

ですが家の洗濯機が洗濯の機能だけではなく、乾燥も一緒にできてしまうのであれば、季節や天候を機にすることなく洗濯物ができてしまうのがドラム式洗濯機が人気になるメリットですね。

水道代の節約にもなる

ドラム式の洗濯機は従来の縦型洗濯機よりも洗濯をする時に使用する水道水の量が少ないままで洗濯ができるので、月々の水道代を節約するのにもおすすめです。水道代が普段よりも安くなれば、その分他のことにお金を回すことができるので家計をよくしてくれますね。

一人暮らしでは静音性のある洗濯機が人気

また一人暮らしで気をつけることもあります。それは近隣トラブルです。マンションやアパートなどであれば、左右の隣にも他の方が住んでいます。

住んでいる建物が古ければ音も響きやすく、洗濯機をする時間によっては騒音トラブルになってしまうこともあります。なので仕事が遅く終わって、夜に洗濯をする方が多いのであれば、音が気にならない静かな洗濯機をおすすめですよ。

騒音性対策のある洗濯機もサイズもいろいろあります。騒音性に対応している洗濯機であれば、寝ている間に洗濯をしておき、朝起きたて出勤や登校する時に洗濯を干していけたりと、時間に余裕のない生活の方に人気があります。

また騒音性が付いていなくても、騒音対策グッツなども市販で売っているので、自分の持っている洗濯機のサイズを測って、後付けすることで洗濯機の音を抑えることもできます。

購入する洗濯機が搬入できるかチェックしましょう

洗濯機の購入の際に、気をつけるのが洗濯機のサイズです。せっかく洗濯機を購入したのにも関わらずに、引っ越しで洗濯機を搬入する時に、玄関やベランダから入れることができなければ、部屋に運ぶこともできません。

洗濯機のサイズだけではなく、一人暮らしをする家の入り口の幅などもチェックしておきましょう。せっかく購入した洗濯機が搬入のせいで無駄になってしまっては勿体無いですよ。

一人暮らし用の洗濯機の購入は寸法をきちんと計ってから!

搬入する家の入り口の幅をチェックするのと同様に、洗濯機の寸法も測っておいてから洗濯機を購入しましょう。高さ、横幅、奥行きなど、一人暮らしの部屋によっては洗濯機を収めるスペースが初めから決まっているところもあります。

一人暮らし用の洗濯機は洗濯する頻度でサイズや容量を決める

そして普段の洗濯をする頻度からも洗濯機の容量やサイズを決めるポイントにもなります。毎日の着る服の量でも洗濯物の量は変わってきますが、週に一度まとめて洗濯をするのであれば、一人暮らしで一般的な容量の5キログラムよりも多めの容量の洗濯機の方がおすすめです。

一人暮らしに安くておすすめの洗濯機ハイアール(Haier)

一人暮らし用の洗濯機でよく選ばれているのは、ハイアールの洗濯機です。洗濯機の値段がそれほど高くなく、お手頃な安い価格でちゃんとした洗濯機を購入するので、これから初めて一人暮らしをする方には人気があります。

ハイアール4.2kg全自動洗濯機JW-K42K

洗濯機の容量が5キログラム以下なのに、細かく洗濯方法が選べることができるのと水量設定もできるので節水にもなって値段も安いので人気があります。

ハイアール3.3kg全自動洗濯機JW-K33F-W

節水力が高いのと、あっという間の10分で洗濯ができるコースもあります。洗濯機が容量が少なくてもこまめに洗濯する方にはおすすめのコスパのいい洗濯機です。

一人暮らしに人気の洗濯機パナソニック(Panasonic)

家電の中でも大手に入るパナソニック、そのパナソニックから出てきる洗濯機も一人暮らしをする方に人気があります。全自動洗濯機なので、コースとメニューさえ決めてボタンを押すだけであっという間に簡単に洗濯が終わります。

パナソニック5kg全自動洗濯機NA-F50B10

とてもお手入れしやすい洗濯機で抗菌加工もされています。ひどい汚れで気になる衣類もつけおきコースで楽々に綺麗になります。洗濯機の金額も購入しやすい安さで容量が丁度いいと人気があります。

パナソニック5kg全自動洗濯機NA-F50B9

槽カビ予防機能と槽洗浄機能がついていて、洗濯機についているボタンもわかりやすくなっているので初めての一人暮らしで洗濯機を使うのか苦手でも簡単に手順がわかります。

一人暮らしに人気の洗濯機TOSHIBA(東芝)

家電で人気の東芝からもいくつかコンパクトで一人暮らしでも快適に使える一人暮らし用の洗濯機があります。全自動洗浄の洗濯機なので、洗濯が簡単にできます。

東芝AW-5G5

少ない水量で濃高度な洗剤を作り、衣類の繊維までに浸透させてから、パワフルな水流で衣類の汚れを綺麗に落としていきます。

また室温から水温を予測して洗濯時間をコントロールすることでどんな時期でも綺麗に衣類の汚れを落としていくので、衣服が汚れやすい仕事をされている方におすすめの洗濯機です。

東芝AW-45M5

洗濯機の中がステンレス製でできているので、カビ予防にもなっており、洗濯機が綺麗にいつまでも使うことができます。洗濯機の内側には3つのシャワー状に水が出るようになっているので、衣類に均等に洗剤が浸透するので汚れをムラなく落とすことができます。

カビ対策のある洗濯機を選ぼう

洗濯機は常に水を使用して使うので、カビが発生しやすい家電でもあります。一人暮らしの部屋の室温にもよりますが、時期によっては室内も湿気があったり、じめじめするのであれば洗濯機の周りはさらにじめじめしている場合があります。

家電の洗濯機にカビが発生すると、綺麗にしようと洗濯した衣類まで、見た目は綺麗なのに目には見えないカビがたくさん付いていたりと衛生的に良くありません。

今の洗濯機にはほとんどはカビ対策として、ステンレス製の洗濯機がたくさんあります。また週に一度や月に一度、洗濯機に内蔵されているカビ洗浄コースやモードがあるのであれば、しておいた方が良いでしょう。

洗濯機に初めからカビ対応の機能が付いていない場合は、自分で掃除することになりますが、忙しい毎日の傍自分で洗濯機を掃除することは難しく大変です。ですので洗濯機を購入する先は、カビ対策や洗濯機の洗浄機能がついているものを選らんた方がおすすめです。

安い中古品の洗濯機を購入する時は保障期間を確認する

一人暮らしを始める時に、家電の洗濯機が新品じゃなくてもいいというのであれば、中古品で洗濯機を購入する方法もあります。中古品なだけに少し汚れや傷があるかもしれませんが、洗濯機の家電としてきちんと作動するのであれば、問題はありません。

ですが、中古品の洗濯機を購入する際に気をつけるポイントなのが、その洗濯機の保証期間です。その洗濯機が新品ではないので、もしかすると購入した後に使えないこともあるかもしれません。

しかしその中古品の洗濯機の保証期間が過ぎていれば、洗濯機の修理費は自分の負担になるだけです。中古品を買うからこそ、保障期間をしっかりと見て、保障期間に余裕のある洗濯機を購入することが安く、いい洗濯機を手に入れるコツです。

一人暮らしでまとめて洗濯をする方は大きめの洗濯機がおすすめ

自分のしている仕事にもよりますが、普段から衣類の洗濯ものが多い時や、休日が少なく、時間にも余裕のない一人暮らしの生活であれば、コンパクトで洗濯機の容量が5キログラム以内のものでは容量が足りません。

容量が5キログラムの洗濯機でも数回に分けて洗濯をすれば大丈夫なのですが、その洗濯の量でも3回から4回続けてすると、やはり洗濯に時間もかかります。忙しい毎日であれば洗濯機に時間をかけるのは避けたいところでしょう。

そんな時は一人暮らしだからと思って小さめの洗濯機や容量が少な目ではなく、自分の普段の洗濯物の量を計算して7キログラムやそれ以上の容量のある洗濯機を購入した方が、何度も小分けにして洗濯をするよりも水道代が安くて済みますよ。

素敵な洗濯機で一人暮らしを充実させましょう

洗濯機は生活していく上で欠かせない家電製品の一つです。洗濯機がないと洗濯ができないですし、家に洗濯機がないからといって毎回コインランドリーで洗濯をしても、お金がどんどんかかるばかりです。

洗濯機がなくいつもコインランドリーで洗濯をしていれば、いずれば洗濯機が購入できる金額までお金を使っていることだってありますよね。洗濯機はデザインやメーカーにこだわらなければ、意外と思っている以上に安く購入ができる家電です。

そして自分のライフスタイルにあった洗濯機を手に入れれば、自分のお気に入りの服や大切な洋服も綺麗にいつまでも着ることができます。一人暮らしをさらに楽しく充実した生活にするために、素敵な洗濯機を見つけて、毎日綺麗な服を着て出かけましょう。

一人暮らしに関係する記事について興味のある方はこちらへ

Thumbローソファーのおすすめは?一人暮らしにも最適な人気ソファーの選び方は?
Thumb掃除機を一人暮らしの方が選ぶのはこれ!2017年版のおすすめを紹介!
Thumb冷蔵庫で悩む一人暮らし用のおすすめの小型冷蔵庫や選び方を紹介!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-09 時点

新着一覧