Bluetoothを使って車で音楽を楽しもう!接続する方法を紹介

スマホには、Bluetoothがデフォルトでついています。それを使うと、車で、Bluetooth対応のカーナビを使って音楽を聴くことができます。あなたも、スマホを使って車で、Bluetoothを使って音楽を楽しみましょう。

Bluetoothを使って車で音楽を楽しもう!接続する方法を紹介

目次

  1. スマホで、Bluetoothを使って、車で音楽を楽しもう!
  2. カーナビのBluetooth機能を使って車でスマホの音楽を楽しむ
  3. スマホのBluetoothの設定
  4. トランスミッターを車のシガーソケットに差し込む方法
  5. 車で音楽を聴くオススメの活用方法
  6. スマホにダウンロードして聴く
  7. 車でYouTubeの音楽を聴く
  8. Wi-FiとBluetoothについて
  9. スマホのバッテリーは切れていないか?充電を忘れずに
  10. 車で音楽を快適に

スマホで、Bluetoothを使って、車で音楽を楽しもう!

車で、スマホの音楽を、Bluetoothを使う方法

スマホの音楽を車のスピーカーで聞いてみたいと思うことはあるはずです。スマホでは色々な音楽をダウンロードできますし、Webからも聞けます。スマホの音楽は、Bluetoothを使って車でスマホの音楽を楽しむことができます。

bluetoothを使って車でスマホの音楽を楽しむ方法は2つあります。1つはカーナビのBluetoothの機能を使う方法です。もう1つは、カーナビがBluthoothに対応していない場合、トランスミッターをシガーソケットに差し込む方法です。

カーナビのBluetooth機能を使って車でスマホの音楽を楽しむ

車のカーナビが、Bluetooth 対応であることが前提条件です。まず、カーナビからBluetoothで、電波を飛ばします。カーナビによっても違いますが、まず、Bluetooth設定を選択します。機器名称、Bluetoothアドレス、PINCodeなどを入力または選択して、登録します。カーナビによって、項目名は違いますが、機器名称、機器アドレス、パスキーとなっているものもあります。

スマホのBluetoothの設定

スマホのBluetoothをONにする

次にスマホの設定を行います。iPhoneの場合は、「設定」「Bluetooth」をオンにします。Arrows Vの場合は、メニューから「本体設定」「Bluetooth」をオンにします。iPhoneでは、下記の画面のWi-Fiのマークの隣のマークで、Bluetoothのオン/オフが設定できます。

スマホのBluetoothベアリング

車のカーナビが、Bluetoothを検出すると、「Bluetoothベアリング要求」というポップアップ画面を出しますので、「ベアリング」をタップします。Androidでも、設定アプリや通知バーでBluetoothが設定できます。通知バーは、ホーム画面で画面上の縁から下へ向けてスワイプすると出る画面で、諸設定のON/OFFが出来ます。

BluetoothのPINコード

「PINコード」等のなどと呼ばれる数桁のナンバーが、Bluetoothを設定する際に接続側に、求められます。ナンバーは、初期設定されているケースが殆どで、入力作業をせずとも接続出来る場合が殆どですが、PINコードの入力が必要かどうかの最も確実な方法は製品マニュアルを見ることです。

PINとは、個人認証のためなどに用いられる番号のことです。あらかじめ設定した文字の並びと一致した場合にのみ操作や通信制御可能になります。

携帯電話のSIMカードに設定される暗証番号などが、特に「PIN」と呼ばれていますが、iPhoneはパスコードと呼ばれていて、接続側との名称が違っていてもあわてないようにしましょう。カーナビのBluetoothの設定はメーカーに拠りますので、メーカーに問い合わせることをお勧めします。

トランスミッターを車のシガーソケットに差し込む方法

車のカーナビにBluthoothが無いからと言って、諦めることはありません。カーナビがBluetooth非対応の場合は、トランスミッターを使うという方法があります。

FMトランスミッター Bluetooth ワイヤレス式

”BESTEK FMトランスミッター bluetooth ワイヤレス式 シガーソケット usb 2ポート 充電可能 12V 車用 FM transmitter BTBC06、¥ 1,280より”があります。

“Sepoveda【スーパー進化】 FMトランスミッター bluetooth 3.0 ワイヤレス式 シガーソケット usb 2ポート 充電可能 両面差し 電圧電流測定機能搭載 12V車用 FM transmitter BC06S 日本語説明書と1年の安心保証付け! [並行輸入品]、¥ 1192”などがAmazonなどで買えます。

FMトランスミッター Bluetooth  で聴くことの利点

これらの車のトランスミッターがあればシガーソケットに差し込むだけで、Bluetooth接続が可能になります。iPhoneを初めとするスマホから出すことができる音は、全て車のスピーカーを通して流れます。iPhoneを初めとするスマホの充電器としても、USBポートも付いていますので、使うことが可能です。

車で音楽を聴くオススメの活用方法

スマホとカーナビをBluetoothで接続して聴く方法には、あらかじめダウンロードして、スマホに格納して聴くか、クラウドなどを使って、ポケットルータなどで通信して聴く方法があります。

スマホにダウンロードして聴く

車で、ダウンロードした音楽を楽しもう!

車で音楽を聴く場合には、スマホに予め音楽をダウンロードして置くか、キャリアの通信かWi-Fiで通信する必要があります。どちらが良いかと言うと、メモリの容量は使いますが予めダウンロードして置く方が確実です。

通信接続で音楽を聴くとなると電波が悪い所では、音楽が途切れ途切れになってしまう事があります。確実な方法として、モバイルルータを使う方法があります。モバイルルータとは、どこにでもポケットなどに入れて持ち運びができる小型の通信端末のことで、他にはスマホに入れる格安SIMタイプのものがあります。

格安SIMとは、ドコモ(またはau)の回線を使い、さまざまな会社(MVNO)が提供している通信プランのサービスです。モバイルルータが無いならば、音楽をダウンロードすることをお勧めします。

車で、Amazonプライムミュージックの音楽を聴く

Amazonプライム会員になると、月会費400円/年間3900円で、お急ぎ便、お届け日時指定便が使い放題、映画もTV番組も見放題、100万曲以上が聴き放題、写真を保存し放題、タイムセールに30分早くアクセスなどの特典があります。この、100万曲以上が聴き放題を利用するのです。

100万曲以上の楽曲や数百のプレイリスト、そしてプライムラジオが聴き放題になります。プレイリスト、プライムアルバム、プライム楽曲から、ダウンロードし放題です。Amazonプライム会員は1ヶ月無料なので、確認してから入ることができます。

車でYouTubeの音楽を聴く

いつも、同じ曲ばかりでは飽きてしまいます。その場合は、YouTubeの音楽を聴くことで楽しめます。YouTubeにはたくさんの音楽があり聞き放題ですが、好きなジャンルもそうでないジャンルもあります。ここでは、いくつかYouTubeの音楽を自分に合ったYouTubeの音楽を聴く方法を挙げます。

Musictonic

アーティスト名を入力するとそのアーティストの音楽が次々に流れます。特に好きなアーティストが決まっている場合に便利です。友人たちと共通する好きなアーティストの曲を聴いて盛り上がること請け合いです。

YesYesY'all

こちらのサイトを開くと、すぐに「今流行のおすすめMusicVideo」をピックアップして、流してくれます。センスもよくかっこいい曲が多いと人気です。逆に、ここで流れている曲で、初めて知ったり好きになったりするアーティストも結構多いかも知れません。

NonstopTUBE

このサイトは、YouTubeで自分のお気に入りの曲を再生するサイトです。この機能を利用するためにはYouTubeのIDが必要となります。自分が登録した好きな曲をカスタマイズして聴くことができます。

車で、クラウドの音楽を使って聴く

スマホにデータがいっぱいで入らないという人のためには。iPhoneでは、CloudBeatsというアプリがあります。

自分の音楽をGoogleドライブ/DropBox/Box/Windows OneDrive/Amazon Cloud Drive/Mediafire/ownCloud、または個人NASからダイレクトにアクセスして、音楽を聴くことができます。価格は¥600です。また、Wi-Fiに接続できる環境が必要になってきます。

Wi-FiとBluetoothについて

Wi-Fiとは?

ここで、Wi-FiとBluetoothはどう違うの?と思われる方もいらっしゃると思うので、簡単に説明しておきます。Wi-Fiは無線LANの一種で、2.4GHz帯と5GHz帯の2つの通信帯を持ち、高速通信かつ約100mという広い通信距離を持つ安定した無線通信回線で、大体2階位をカバーできるので、PCの接続に向いています。

Bluetoothとは?

Bluetoothは電波帯は2.4GHz帯で、接続は容易なため、多くの家電製品で使用され、省電力ということもありスマートフォンやミュージックプレイヤーなど小型の機器に向いています。つまり、スマホは外部とのインターネットなどの外部との接続は、Wi-Fiで行い、身近にあるカーナビはBluetoothで通信を行うという事です。

寧ろカーナビの方がBluetoothで接続可能なため、スマホの方でそれを使っていると言った方が分かりやすいと言えます。

スマホのバッテリーは切れていないか?充電を忘れずに

スマホのバッテリーが少ない場合、Bluetoothが使えなくなる場合があります。それは、省電力モードに切り替わるからです。スマホは、バッテリーが十分あるか常に確認しておきましょう。但し、トランスミッターを使う場合は、USBから電源が取れるのでこの限りではありません。

車で音楽を快適に

スマホをBluthoothに接続して音楽を聴くと、大量の音楽がスマホ1つで簡単に持ち運べ、音楽がとても快適に聴くことができます。特に、今まで有線で聞いていた人にとっては目から、鱗のような快適さを手に入れることができます。スマホを持っている人は、カーナビがあれば、直ぐに車の空間を音楽で満たすことができるでしょう。

Bluetooth Wi-Fi について、もっと知りたい人は

ThumbBluetoothイヤホンの使い方!ペアリングの設定方法を解説!
ThumbBluetooth機器の充電はどうするの?充電方法や充電時間まとめ
ThumbコンビニWi-Fiの使い方!気になる速度・セキュリティ・接続について

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-23 時点

新着一覧