靴下のたたみ方まとめ!こんまり流・おにぎり型ってどんなたたみ方?

靴下のたたみ方はどのように行っていますか?多くの人がゴムの部分をクルっと丸めてたたんでいるかもしれません。でもそのたたみ方ではゴム口が伸びてしまいます。そこで今回は、ゴム口を伸ばさないように綺麗にたためる靴下のたたみ方と収納方法をご紹介します。

靴下のたたみ方まとめ!こんまり流・おにぎり型ってどんなたたみ方?

目次

  1. 靴下のたたみ方は長さや種類によって変えるのがコツ
  2. 靴下のたたみ方をご紹介!
  3. おにぎり型で見た目も可愛く
  4. 片づけコンサルト・こんまり流靴下のたたみ方
  5. くるぶしタイプや短い靴下のたたみ方
  6. 女性必見!パンプス用靴下(フットカバー)のたたみ方
  7. これで収納上手!長い靴下のたたみ方
  8. 冬用などの厚い靴下のたたみ方
  9. ストッキングのたたみ方
  10. 収納ケースはどんなものを選ぶと良い?
  11. 仕切りを使って収納
  12. 収納ボックスを使う
  13. ウォールポケットで見やすく
  14. 靴下を収納ケースにキレイにしまうコツ
  15. 靴下を上手にキレイにたたんで収納上手!

靴下のたたみ方は長さや種類によって変えるのがコツ

靴下のたたみ方で代表的なものと言ったら、靴下のゴム口からクルっと丸めて二つをひとまとめにするという方法でもありますよね。簡単にたためるので活用している人も多いと思います。でも、ゴム口から丸めると時間が経つにつれてどんどんゴムが伸びてしまいます。

靴下を履いた時にゴムがダラーっと伸びていると見た目も履き心地も良くありません。また、靴下は長さや厚さなど種類が様々です。同じたたみ方では収納しづらいですし、ごちゃごちゃにかさばってしまう可能性もあります。靴下のたたみ方は、それぞれ種類別にたたみ方を変えるのがキレイに収納するためのコツなのです。

Thumb足裏に汗をかく原因と抑える対策は?靴下が濡れないグッズ・方法など

靴下のたたみ方をご紹介!

そこで今回は、靴下の上手なたたみ方を種類別や片づけコンサルトとして活躍しているこんまり流などの方法で一つ一つご紹介したいと思います。たたみ方によっては動画でわかりやすく紹介しているものもあるので、そちらも一緒にご紹介します。

靴下のたたみ方はそれぞれ種類によって様々なたたみ方があるので、種類別にたたみ方を覚えてすっきりキレイに収納できるようにマスターしましょう!

おにぎり型で見た目も可愛く

靴下のたたみ方①

まず最初にご紹介するのは、形がとっても可愛いおにぎり型の靴下のたたみ方です。お子さんの靴下をたたむ時にこのおにぎり型だととっても喜ばれそうですよね。「おにぎり型のたたみ方を教えて!」と言われて自分でしっかり靴下をたたんで収納できるようになるかもしれません。ぜひおにぎり型のたたみ方を覚えて実践してみてください。

おにぎり型靴下のたたみ方ですが、あまり長めの靴下や厚めの靴下だと上手にたためないので、短めの靴下の時にこのおにぎり型のたたみ方をしてくださいね。まず初めに、靴下を重ねて右側につま先が来るように置きます。そして、ゴム口側を上から下へと三角形になるように折りたたみます。

さらに、上の画像の③のように、ゴム口をもう一度三角形に折りたたみます。上手におにぎり型の三角形になるように折りたたんでいくとコンパクトな三角形の形になっていくので、最後は折りたたんだ断面に残りのつま先部分を収納すればおにぎり型靴下の完成です!

このおにぎり型の靴下のたたみ方は、厚さによっては上手にたためずに、収納する際にも幅をとりすぎてキレイに収納することができません。画像のような通常の厚みの靴下で行うとキレイなおにぎり型にたためます。上手に立てて収納することもできるので、スッキリとキレイに並べることができますよ。

片づけコンサルト・こんまり流靴下のたたみ方

靴下のたたみ方②

続いてご紹介するのは、片づけコンサルトとして活躍しているこんまりこと近藤麻理恵さんが紹介している靴下のたたみ方です。こんまりさんと言えば「人生がときめく片づけの魔法」という本も出版しており、そちらも大好評なので知っている方も多いかもしれません。

靴下だけでなく、シャツやタオルなどのたたみ方も紹介していたり、収納方法なども詳しく紹介されているので、こんまりさんは主婦の味方なのです。

そんなこんまりさん流の靴下のたたみ方は、簡単で尚且つ収納のしやすさ抜群の特徴があります。こんまり流では靴下が自立するので収納をかなりコンパクトにすることができます。ではさっそくこんまり流靴下のたたみ方を動画を見ながら実践してみましょう。

まず、靴下を重ねて縦に置きます。そして動画にもある黄色い線(くるぶしの辺り)の部分を下から上へと折りたたみます。そしてさらに動画の黄色い線(つま先部分)を下から折りたためばこんまり流靴下のたたみ方の完成です。こんまり流のたたみ方は超簡単なのに、ゴム口が伸びずに収納力抜群なのが嬉しいところですよね。

こんなにキレイに収納できるし、何よりも探している靴下が簡単にすぐに見つかるというのも特徴です。ぜひこんまり流の靴下のたたみ方で、靴下を自立させ、たっぷりと収納してくださいね。

くるぶしタイプや短い靴下のたたみ方

靴下のたたみ方③

続いてご紹介するのは、くるぶしタイプのスニーカーソックスのたたみ方をご紹介します。こちらも動画で詳しくたたみ方を紹介しているので一緒に観ながらたたみ方を覚えていきましょう。

まず最初に、靴下の裏面が平面になるように折ります。そして表面に戻し、靴下を重ねます。上の靴下のかかとを下の靴下のゴム口の中へと押し込みます。次に、つま先部分を足首のゴム口の中にしまい込めば完成です。

くるぶしタイプの靴下というのは、そのままクルクルして収納するだけではすぐにバラバラになってしまったり、隣りにある靴下を取り出した時に一緒に崩れてしまうこともありますよね。この靴下のたたみ方だと、ゴム口の中にしっかりとキレイに靴下全体が収まっているので、イライラすることもなく、収納も取り出しも簡単にできますよ。

女性必見!パンプス用靴下(フットカバー)のたたみ方

靴下のたたみ方④

続いてご紹介するたたみ方は、女性が多く使用しているパンプス用の靴下(フットカバー)のたたみ方です。これこそ、たたみ方がわからずにそのままポイっと収納ボックスに放り込んでしまっているという人もいるのではないでしょうか。

そのまま収納ボックスにいれてしまうと、どれとどれがセットになっているのかわからずに靴下を探すだけで散らかってしまうなんてこともあるかもしれません。パンプス用の靴下のたたみ方は難しいようにも思えますが、実は先ほどご紹介したくるぶしタイプの靴下のたたみ方とほぼ同じたたみ方なのです。

たたみ方は、靴下の裏面が平面になるように折り、二枚重ねて靴下を置きます。そして上の靴下のかかと部分を下の靴下のゴム口に押し込みます。最後につま先部分を二枚ともゴム口へ入れれば完成です。くるぶしタイプやフットカバーの短めの靴下をたたむ時にはこのたたみ方をぜひ覚えておきましょう!

これで収納上手!長い靴下のたたみ方

靴下のたたみ方⑤

続いてご紹介するのは、長い靴下のたたみ方です。長い靴下を上記でご紹介した靴下のたたみ方と同じようにたたむと上手にできません。長い靴下は、長い靴下のたたみ方をマスターしていきましょう!

まずはじめに、靴下の裏面が平面になるように折ります。そして、下の動画のように下の靴下を横向き、上の靴下を縦向きにし靴下を十字に並べます。次に、下の靴下の右側を折りたたんで、余った部分を上の靴下の下に入れます。そして左側をたたみ、この時余った部分はそのままにしておきます。

さらに、上、下と順番にたたんでいくと動画のように少しだけ靴下が余ります。最後に余った靴下を断面の中にしまい込めば完成です!他の靴下のたたみ方とはまったく違うたたみ方ですが、同じようにコンパクトにキレイにたためる方法なのでぜひ試してみてくださいね。これで長い靴下もすっきりキレイに収納できますよ。

冬用などの厚い靴下のたたみ方

靴下のたたみ方⑥

続いては、冬用などのモコモコとした分厚い靴下のたたみ方のご紹介です。モコモコした厚い靴下は存在感も大きく、収納スペースを多くとってしまいますよね。上記でご紹介したような靴下のたたみ方ではキレイにたたむことができません。厚い靴下をたたむ時には、靴下の裏側全体を平面にし、そのままクルクルと渦巻き状に丸めてしまいましょう。

上の画像のように、くるくる丸めて表面を上にして収納するのも良いですし、靴下の断面図を上に向けて収納するのも見た目も可愛くなりますよ。ニーハイソックスのように長くてモコモコしている靴下の場合は、同じようにくるくる丸めたたたみ方だと収納スペースを独占してしまいます。

そんな時は、たたまずにそのままハンガーに吊るしてクローゼットに入れるなどをすると幅をとらないので収納しやすくなります。その他にも、丸めるのではなく、長方形に折りたたんで細く収納することによって収納スペースを確保できます。その時は、一つ一つ仕切りを作って収納すると良いでしょう。

ストッキングのたたみ方

靴下のたたみ方⑦

種類別に靴下のたたみ方をご紹介してきましたが、最後はストッキングのたたみ方をご紹介します。動画では、靴下タイプではなく、腰まで履くタイプのストッキングのたたみ方を紹介していますが、靴下タイプのストッキングでも同じようにできるので、動画を観ながら一緒に折りたたんでみましょう。

まず、ストッキングを置き両足を重ねて二つに折りたたみます。そして収納をしたいサイズまで二つ折りを繰り返していきます。最後に、ウエストのゴムの部分を裏返してストッキング全体を中に入れ包み込めば完成です。これで長いストッキングも上手にすっきりコンパクトサイズにすることができますよ。一度覚えてしまえばとっても簡単なのでぜひ試してみてくださいね。

収納ケースはどんなものを選ぶと良い?

靴下のキレイなたたみ方をマスターしたら、次は収納方法もバッチリキレイにしたいですよね。収納ケースを選ぶ時のコツとしては、靴下の高さに合わせたサイズのものを選ぶことです。深めの収納ケースに靴下を入れてしまうと、上がガラ空きで収納部分が余ってしまいます。

それではキレイに収納できたとしてもなんだかもったいないですよね。靴下を収納する時は、浅めの靴下の高さに合ったサイズを選ぶようにすると見た目もキレイに上手に収納することができますよ。

仕切りを使って収納

靴下を収納するケースの中には100円ショップなどに売られている小物入れなどを使うこともできます。元々仕切りがついているのものあり便利ですが、仕切りがなければ自分でダンボールや使い終わったティッシュの箱などを切って仕切りを手作りするのも良いでしょう。

まったくお金をかけたくないという場合は、牛乳パックを切ってそのまま靴下の収納ケースとして活用できます。可愛く色を塗ったり絵を描いてDIYするのも楽しいですよ。仕切りを作ることで、キレイに収納できる上に、見た目も美しいので靴下をたたむのがもっと楽しくなるはず。

収納ボックスを使う

収納ボックスの種類の中には、細かく仕切られている収納ボックスも市販されています。仕切りを作るのが面倒だという方は、最初から細かく仕切られている収納ボックスを購入しておくと良いでしょう。

靴下だけでなく、下着なども一つ一つ収納することができるので、一つあるだけでとっても便利な収納ボックスですよ。

ウォールポケットで見やすく

靴下を収納する時には、100円ショップでも売られているウォールポケットを使うのも良いですよ。ウォールポケットは透明なので、どんな靴下を自分が持っているのかが一目でわかります。ファッションのコーディネートを考える時などに役立ちますよね。

また、引いて開けるタイプのタンスなどの内側にウォールポケットをつけて収納すると、靴下の分だけ収納スペースが開きます。靴下だけでなく、アクセサリーやハンドタオルなど、その日に使いたいものがすぐに取り出せるのもウォールポケットの良いところでもあります。お金をかけずにおしゃれに靴下の収納を楽しんでみてくださいね。

Thumb靴下の収納方法まとめ!100均ケースでスッキリさせるには?

靴下を収納ケースにキレイにしまうコツ

最後にご紹介するのは、靴下を収納ケースにキレイにしまうコツをご紹介します。靴下をただ収納ケースに入れるだけでは見た目がキレイに見えません。靴下の長さや厚さなどの種類によってたたみ方を変えたように、収納する時にも種類別にわけて収納しましょう。

本を収納する時に同じ高さのものを並べているととても綺麗に見えますよね。それと同じように靴下も同じ種類の長さや厚さのものを順番に並べればキレイにスッキリとして見せられますよ。

しかし、靴下をキレイに収納するだけで満足してはいけません。靴下は普段日常生活で一日に一回は使うものなので、取り出しやすさも考えながら収納するのがコツです。ぎゅうぎゅうに靴下を詰め込んだり、靴下を上へ上へと重ねていては、下にある靴下を取り出した時に全部バラバラになってしまいます。

靴下を収納する時は、立てて収納することを意識して、取り出しやすさも考えてから収納しましょう。そして、靴下を収納している時に、履かなくなった靴下もきっと出てくると思います。まったく履かない靴下は捨ててしまいましょう。また、夏用と冬用の靴下がある場合は別々に収納したり、しっかり衣替えをすることも大切です。

こちらの動画では、100円ショップで購入した靴下の収納グッズでの収納の方法、そして靴下のたたみ方をわかりやすく紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね!

靴下を上手にキレイにたたんで収納上手!

靴下のたたみ方をご紹介しましたが、種類によってたくさんのたたみ方があるというのを知っていただけたと思います。靴下は靴下で全部同じたたみ方をしていたという方は、ぜひ種類別の靴下のたたみ方を覚えてすっきりと上手にキレイに収納してみてください。

一度たたみ方を覚えると、ついつい楽しくて全部の靴下をキレイにたたんで収納したくなりますよ。今回ご紹介した靴下のたたみ方以外に、自分でオリジナルのたたみ方を生み出すことがあるかもしれません。

洗濯物をたたんだり、収納するのは面倒ですが、簡単にたたむ方法を覚えれば、家事も苦になりません。楽しみながら家事をすることもとっても大切なことなんです。

靴下以外のたたみ方を知りたい方はこちらの記事がおすすめ!

ThumbTシャツの綺麗なたたみ方は?簡単なのにショップ風にする方法を紹介
Thumb洋服のたたみ方をおさらい!綺麗なたたみ方を覚えて収納上手に!
Thumb簡単に出来る浴衣のたたみ方!誰でも出来るたたみ方を動画つきで解説!
Thumb洗濯物のたたみ方一つで収納もきれいに!コツさえ掴めば貴方でも簡単にできる!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-27 時点

新着一覧