二重になれるファイバーって知ってる?おすすめや付け方のコツご紹介!

二重を作ることができる形成アイテムは、一重や奥二重で悩んでいる人には必須アイテム。二重形成アイテムは様々な種類が存在しますが、その中でもファイバータイプはどんなまぶたとも相性が良く綺麗な二重ができます。そんな二重ファイバーの付け方やおすすめをご紹介します!

二重になれるファイバーって知ってる?おすすめや付け方のコツご紹介!

目次

  1. 綺麗なパッチリ二重は理想的な瞳
  2. 二重が作れる?二重ファイバーとは
  3. 使い続けると二重になれる?
  4. 正しいファイバーの付け方で綺麗な二重を作ろう!
  5. 二重形成アイテムの種類は豊富!
  6. ふたえテープとファイバーを比較
  7. リキッドタイプとファイバーを比較
  8. 二重整形とファイバーを比較
  9. ファイバーで二重が綺麗にできない時のコツ
  10. ファイバーは自分のまぶたに合ったものを選ぼう!
  11. 厚ぼったいまぶたも二重に「No1ウルトラファイバースーパーハード」
  12. くっきり二重が作れる「パワーストリング60」
  13. 自然な二重が作れる「メジカルファイバー2」
  14. 伸縮性抜!水にも強い「free fiver」
  15. 二重ファイバーの注意点
  16. 二重ファイバーを使用して理想的な瞳を手に入れよう!

綺麗なパッチリ二重は理想的な瞳

パッチリとした綺麗な二重は、瞳が大きく見えて可愛い印象になります。一重や奥二重もそれぞれの良さが有りますが、パッチリ二重に憧れる女性は多く、様々な二重形成アイテムが販売されています。その中でもファイバータイプは綺麗な二重ができると人気があります。

ファイバータイプは自然で綺麗な二重を作ることができ、化粧ノリも良く人気があります。そんなファイバータイプの付け方やコツ、人気のファイバーをご紹介していきます。一重や奥二重で悩んでいる人、二重が綺麗に作れない人は必見の内容なので是非最後まで御覧下さい!

二重が作れる?二重ファイバーとは

二重を作ることができるファイバーは、化学繊維の糸でできていて、粘着力があり伸縮性があるのが特徴です。ファイバーをまぶたに食い込ませることで、理想的な二重を作ることができます。メザイクとも呼ばれていて、二重にしたい女性には人気で必須の定番メイクアイテムです。

またファイバータイプは細い糸状になっているため、まぶたを閉じてもあまり目立つことがなく、綺麗な二重にすることができます。他の二重形成アイテムに比べまぶたとの接着面積が少ないため、アイメイクの邪魔をすることなく自然なメイクの仕上がりにすることができます。

また二重ファイバーは見た目を劇的に変えてくれるアイテムでもあります。一重の人でもファイバーを使用して二重にすることで、パッチリとした瞳になり印象が変わります。さらに化粧を行うことで理想的な瞳を作ることができるため、一重や奥二重で悩んでいる人におすすめです。

使い続けると二重になれる?

二重ファイバーはまぶたに細い糸が食い込むことで二重の跡がまぶたに付きやすくなります。そのため二重ファイバーを長期間使い続けることによって、二重跡がまぶたに定着していき自然と二重になった人もいます。二重ラインを変えずにファイバーで二重を作ると跡がつきやすくなります。

二重ファイバーはあくまでも二重を一時的に形成してくれるアイテムですが、ファイバータイプを継続的に使用していると二重になれる可能性もあります。しかし確実に二重になれるわけではなく、付け方、まぶたの厚さや跡の付きやすさによる個人差があるため注意しましょう。

夜の癖付けに効果的?

ファイバータイプはメイクをする時以外にも夜寝る時に使用し、まぶたに二重の跡が付きやすくする方法で効果があったとの口コミも多数あります。長時間ファイバーを付けていることでまぶたが二重跡を形状記憶し二重になりやすくなります。長時間使用する場合には清潔を心がけましょう。

正しいファイバーの付け方で綺麗な二重を作ろう!

ファイバータイプは付け方を簡単に説明すると伸ばしてまぶたに食い込ませるだけですが、綺麗で長持ちする二重を作るためには正しい付け方の手順を行う必要があります。そこで二重ファイバーの正しい付け方と手順、コツなどを詳しくご紹介していきます。

下準備

まず、ファイバーを付ける前にまぶたの下準備を行います。まぶたが汚れているとファイバーが綺麗に付かないため、必ずファイバーを使用する前にはまぶたを綺麗にして乾いた状態で行いましょう。アイメイクはファイバー前ではなくファイバー後に行うと自然に仕上がるためおすすめです。

手順

下準備が終わったら、まず理想的な二重ラインを決めます。二重ラインを決めずにファイバーを付けると左右対称にならなかったり、理想的な形にならない場合があります。そのため、プッシャーなどで二重ラインを押さえて跡を事前に付けておくと、ファイバーを付けやすくなります。

決めた二重ラインにそってファイバーを伸ばします。ファイバーを好きな長さまで伸ばし、まぶたに食い込ませるように密着させ貼り付けます。この時点で理想的な二重になっていない場合には、伸ばしが足りないかまぶたに皮脂が残っていて付きにくくなっている可能性があります。

ファイバーが綺麗に食い込んで二重ができたら、最後に余ったファイバーの両端を切ります。ファイバーを着る時には眉毛カット用などの小さいハサミでカットすると切りやすく綺麗に仕上がります。最後に軽くプッシャーで二重ラインを押さえれば綺麗な二重の完成です!

動画でもっと分かりやすくご紹介!

上記の二重ファイバーの手順方法で上手く二重が出来ない場合には、動画を参考にしながら行ってみて下さい。二重ファイバーの付け方が丁寧に紹介されています。実際に使用している場面が見れるため、初めて二重ファイバーを使う人でも分かりやすく、綺麗に二重にすることができます。

二重形成アイテムの種類は豊富!

二重形成アイテムはファイバータイプのみだけではなく、様々なタイプのものが販売されています。貼るだけで簡単なテープタイプや、塗ってくっつけるリキッドタイプなどがあります。販売されているメーカーによっても人気の種類や形、特化した性質などが異なるため迷ってしまいます。

そこでファイバータイプとその他の二重形成アイテムを比較してみた、メリットやデメリットを詳しくご紹介していきます。是非自分にあったタイプの二重形成アイテムを探してみて下さい。また、二重にする手段の一つである二重整形との比較もご紹介していきます。

ふたえテープとファイバーを比較

二重テープは一番安価で人気のある二重形成アイテムです。付け方もコツいらずで簡単で、100均でも販売されているため若い世代の愛用者も多いです。自然な二重になるようにカーブを描いたシールをまぶたに貼り付け、カーブにまぶたが食い込むことで二重にすることができます。

ファイバータイプと二重テープを比較してみると、ファイバータイプよりも安価で購入でき、簡単に二重を作ることができる点が人気です。デメリットとしては接着力が比較的に弱いため剥がれやすく、まぶたを覆う面積が広いためメイク浮きしやすい点があります。

リキッドタイプとファイバーを比較

リキッドタイプは最も愛用者が多く人気の二重形成アイテムです。アイプチとも呼ばれていて、まぶたに使用しても問題ない液状の接着剤でできています。液を二重ラインに塗り、乾いてから専用のプッシャーでまぶたを食い込ませることによって、接着剤同士がくっつき二重が作れます。

ファイバータイプとリキッドタイプを比べてみると、接着力が高いため取れにくく綺麗な二重を長時間キープすることができるのが人気です。デメリットとしては、一度接着してしまうと、クレンジングで落とさなかればいけないためやり直しに手間がかかってしまう点です。

二重整形とファイバーを比較

二重を作る方法として、二重整形も人気で手段の一つです。整形は費用がかかりますが、一度行うと半永久的に二重を維持することができます。糸を二重ラインで留める埋没法と、二重ラインにそってまぶたに切込みを入れて二重を形成する切開法などがあります。

ファイバータイプと二重整形を比較してみると、半永久的な二重を手に入れる事ができるためメイクの手間も省けるのが魅力的です。デメリットとしては、ダウンタイムがあり費用が高くついてしまう点や、万が一理想的な二重ができなかった場合には修正が難しい点です。

ファイバーで二重が綺麗にできない時のコツ

二重ファイバーを使用してみて綺麗に二重ができない場合には、まぶたに油分が残っている可能性があります。皮脂だけではなく、スキンケアアイテムにも油分が含まれている場合が多いため、ファイバーを使用する前には水を含ませたコットンなどで軽く油分を拭き取りましょう。

二重ファイバーを使用する前のコツは、まぶたを軽くマッサージして血行を良くし、むくみを取っておくとファイバーが綺麗に食い込み二重になりやすくなります。マッサージの際はオイルなどは使うとファイバーがつかなくなるため、優しく指圧してマッサージするようにしましょう。

二重ラインを綺麗に作るためのコツは、ファイバーをピンっと張るくらい伸ばし、まぶたに押し付けるような付け方をしましょう。伸ばしすぎるとファイバーが千切れそうで怖いと感じてしまうかもしれませんが、二重ファイバーは伸ばすことで強度や粘着力が上がるため問題ありません。

また、ファイバーが取れやすいと感じる人におすすめのコツが、アイプチと併用する付け方です。ファイバーが取れやすい両端や中心に塗ると取れにくくなるコツです。アイプチを全体に塗ってしまうとまぶたが荒れたり、皮膚ダメージが高いため部分的に使用するようにしましょう。

ファイバーは自分のまぶたに合ったものを選ぼう!

ファイバータイプは販売されているメーカーによって、伸縮性、ファイバーの細さ、粘着力、耐久性などが異なってきます。そのためファイバーの種類によっては自分のまぶたと相性が悪く理想的な二重に出来ない場合や、綺麗に二重ができて長持ちするなどの違いが出てきます。

ファイバーで失敗せず理想的な二重を作るためにも、自分のまぶたに合ったファイバーを選ぶようにしましょう。厚ぼったいまぶた、一重、奥二重には細く粘着力が強力なタイプがおすすめです。幅を広げたい、二重をくっきりさせたい場合には細さよりファイバーの強度を重視しましょう。

使用してみたファイバーで上手く二重が作れなかったり、取れやすかったりなど、まぶたとの相性が悪い場合もあります。相性がいいファイバーを沢山の種類から一々探すのは大変で時間もかかってしまいます。そこでおすすめで口コミでも人気のファイバーをピックアップしてご紹介します!

厚ぼったいまぶたも二重に「No1ウルトラファイバースーパーハード」

ディファイから発売されているNo1ウルトラファイバースーパーハードは粘着力が強く、高強度なため取れにくくちぎれにくいファイバーです。伸ばすと0.45mmまでファイバーが細くなるため、くっきりとした二重を作ることができ、厚ぼったいまぶたにもしっかり食い込んでくれます。

定番のクリアと肌色で馴染みやすいヌーディーの二種類が販売されていて、目立ちにくく自然な仕上がりになります。極細ファイバーと高粘着力の組み合わせで一日中二重をキープすることができ、厚ぼったいまぶたや一重、二重幅を広げたい人におすすめの二重ファイバーです。

くっきり二重が作れる「パワーストリング60」

メザイクから発売されているパワーストリング60は、細さ、粘着力、持ちがバランス良く作られている二重ファイバーです。色んなまぶたとの相性がよく、くっきりとした二重を作ることができます。医療用に開発された粘着剤を使用しているため、敏感肌の人も安心して使用できます。

パワーストリング60は、ファイバーを長く伸ばすほど綺麗に二重を作ることができ、強力で取れにくいファイバーになります。また、ウォータープルーフのため汗や水に強く、海やプールなどで二重を維持したい時にもおすすめのファイバーです。

自然な二重が作れる「メジカルファイバー2」

様々な二重形成アイテムを発売しているオートマティックビューティーのメジカルファイバー2は、まばたきをしても自然な二重の仕上がりになるファイバーです。ファイバーの上からメイクをしても問題ないため、メイク浮きの心配がないため人気のファイバーです。

メジカルファイバー2は伸ばさずそのまま使用することもでき、自分好みの長さで使用することができます。一重や奥二重の人は長めに使用したり、二重をくっきり見せたい、幅を広くしたい場合には短く部分的に使用することができるためおすすめのファイバーです。

伸縮性抜!水にも強い「free fiver」

メザイクから発売されているfree fiverは、ファイバーの強度が高いため伸ばしてもちぎれにくくできています。抜群の伸縮性は綺麗な二重を形成してくれるためおすすめです。また、ウォータープルーフタイプのため水や汗にも強く、長時間使用しても綺麗な二重をキープしてくれます。

free fiverの極細ファイバーは肌なじみがよく、目立ちにくいため自然な仕上がりになります。また、まぶたにしっかりと食い込むため、特に奥二重で二重幅を広げにくいまぶたと相性抜群です。自然だけどくっきりとした二重を作りたい人におすすめの二重ファイバーです。

二重ファイバーの注意点

二重ファイバーを使用する前には、必ず目元を清潔にしてから使用するようにしましょう。目元に水分や、皮脂、汚れが付着しているとファイバーが取れやすく、綺麗な二重が作れなくなってしまいます。また清潔にしていない場合には肌トラブルの原因にもなってしまうため注意しましょう。

ファイバーをクレンジングを使用せずにそのまま剥がしてしまうと、皮膚も同時に引っ張られ肌荒れを引き起こしてしまうため注意しましょう。また、皮膚が引っ張られることで伸びてしまいまぶたのたるみのが原因となってしまうため必ずクレンジングを使用して優しく落としましょう。

二重ファイバーを使用して理想的な瞳を手に入れよう!

いかがだったでしょうか?二重ファイバーは少しコツが必要ですが、コツさえつかめば他の二重形成アイテムよりも綺麗で自然な二重を作ることができます。一重や奥二重で悩んでいる人は是非参考にしてみて、二重ファイバーで理想的な瞳を手に入れましょう!

二重ファイバーについてもっと知りたいアナタへ!

Thumb二重まぶたにする方法!化粧品・アイプチ・自力で簡単に出来る方法まとめ!
Thumbアイプチ・アイテープのコツや使い方!自然な二重美人になるメイク術まとめ
Thumbアイテープの使い方・やり方まとめ!一重を簡単に奥二重に!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-23 時点

新着一覧