こたつのフラットヒーターのデメリットとは?こたつの種類と選ぶポイントまとめ!

一般的なこたつのヒーター以外にも、フラットヒーターになっているこたつがあります。フラットヒーターと従来のヒーターの違いや使い勝手についてまとめました。フラットヒーターのメリット・デメリットの他にもこたつテーブルの選び方などをご紹介します。

こたつのフラットヒーターのデメリットとは?こたつの種類と選ぶポイントまとめ!

目次

  1. 冬に大活躍するこたつ
  2. こたつテーブルの種類は?
  3. こたつのサイズ・色の種類は?
  4. あったら便利なこたつの機能は?
  5. こたつヒーターの種類は?
  6. こたつのフラットヒーターはここがおすすめ!
  7. こたつのフラットヒーターのデメリットは?
  8. こたつのフラットヒーターの電気代はいくら?
  9. こたつのフラットヒーターおすすめ:正方形こたつ
  10. こたつのフラットヒーターおすすめ:円形こたつ
  11. こたつのフラットヒーターおすすめ:長方形こたつ
  12. こたつのフラットヒーターおすすめ:楕円形こたつ
  13. フラットヒーターこたつに合わせたい掛け布団の選び方
  14. フラットヒーターこたつに合う敷き布団の選び方
  15. フラットヒーターでこたつの中もすっきりさせよう!

冬に大活躍するこたつ

冬といえば、こたつが大活躍してくれます。毎年同じこたつテーブルを使用しているご家庭も多いことでしょう。こたつを出したらいよいよ冬がやってきたように感じますね。足を温めながらテレビを見たり、みかんを食べたりと楽しみがありますね。

毎年同じこたつを使っていると、こたつの使用期限が気になりませんか?今は新しいこたつがどんどん販売されており随分と進化したこたつが多くなっています。生活感が出やすくなるこたつですが、デザインも新しくシンプルなこたつ布団やおしゃれなこたつが多くなっています。

今回注目したポイントはこたつのヒーター部分です。ポッコリと出ている昔ながらこたつと違い今は平らになっているフラットヒータータイプのこたつが多くなっています。フラットヒーターこたつのメリット・デメリット、こたつの種類・選び方などをまとめてご紹介します。こたつの買い替えを検討されている方におすすめです!

こたつテーブルの種類は?

正方形こたつテーブル

一人暮らしの方に選ばれている人気のこたつテーブルです。正方形なので場所もあまりとらないので、一人暮らしの1Rなどではおすすめのこたつテーブルです。こたつを使用しない季節は、こたつ布団を外して使用することができます。

円形こたつテーブル

円形こたつテーブルはデザインにこだわりがある方に人気のこたつテーブルです。円形こたつ用のこたつ布団も販売されているので選ぶ楽しみもあります。リバーシブルのこたつ布団などもあるので、デザイン性が高いこたつです。生活感もあまり感じることがありません。

長方形こたつテーブル

最も一般的なこたつテーブルです。2人以上の家族では使いやすいテーブルになっているので人数が増えても使用することができます。サイズのバリエーションは少なくなりますが、その分家族が集いやすくコミュニケーションがとりやすい温かみのあるテーブルです。

楕円形こたつテーブル

長方形と比べて角がなくなっているのでやわらかい印象を受けやすいこたつテーブルです。小さなお子さんがいる家庭では、子供が角で頭をぶつけることもなくなり安全です。長方形よりもサイズは小さくなりますが、円形よりも大きなサイズになるので生活感があまり出すぎずにおしゃれな雰囲気になります。

ダイニングこたつテーブル

ダイニングルームに設置することができる椅子付きのこたつテーブルです。温める範囲が広くなってしまうので電気代が上がってしまいますが、ダイニングテーブルとしても使用することができます。足の不自由な家族がいるご家庭では座りやすいので重宝されているこたつテーブルです。

こたつのサイズ・色の種類は?

こたつのサイズはたくさんあるの?

家庭によって理想の高さや広さは様々です。こたつはどこのご家庭でも取り入れられるように様々なサイズ展開を行っています。一人暮らしで使用できる60センチから150センチ角までニーズに合わせて高さや幅、広さを変更することができます。

こたつテーブルの色は何種類?

使い勝手のいいこたつテーブルの色は、ダークブラウン・ミドルブラウン・ライトブラウンの3種類です。部屋の雰囲気に応じて明るさを変えることで印象を変えることができますね。木製らしさを基本にしているのでどの色にしてもこたつテーブルに温かみを感じやすいようになっています。

一人暮らしを始めた方に人気のこたつテーブル色はホワイトやブラックです。初めての一人暮らしになると部屋のテイストを決めかねてしまいます。そんなときはどんな部屋にも合わせることのできるホワイトやブラックなどのシンプルな色のこたつテーブルがおすすめです。

あったら便利なこたつの機能は?

脚の高さを調節できる機能

こたつ機能の中であると便利な機能は、脚の高さを調節できる機能です。長期間使用していると自分の足の置き位置が変わったり家族が増えて大勢で使用する機会も多くなります。そんなとき、脚の高さを変えることのできる継ぎ脚機能があるとニーズに応じて使うことができます。

使わないときはすっきり収納できる機能

こたつテーブルは冬にしか出さない家庭もあるでしょう。そんな家庭におすすめしたいこたつテーブルは、折り脚機能が付いているこたつテーブルです。こたつの脚を折ることができるので、使わない春や夏などは押しを折りたたんで押し入れや倉庫に収納しておくことができます。

コード収納スペース内蔵機能

こたつの電源を取るコードは脚を引っ掛けてしまったり絡まってしまったりと邪魔になりやすいものです。こたつテーブルの中にコードを秋のできるスペースが設けられていると、たるんでいるコードを収納することができるのでこたつ周りをすっきりさせることができます。

こたつヒーターの種類は?

石英管ヒーター

最も普及されているこたつヒーターの種類で昔ながらのこたつヒーターです。石英管ガラスにニクロム線がコイル状に入り、遠赤外線を放出することでこたつの中が暖かくなります。低価格のこたつが多く購入しやすいのですが、こたつが暖まりにくく温度の微妙な変更ができないこたつヒーターです。

フラットヒーター

フラットヒーターは、ヒーター部分が平らになっているのでこたつの中をすっきりさせることができます。音も静かで臭いも放たないのでこたつの中で嫌な臭いがすることもありません。ヒーターの種類の中でも消費電力が少ないので強力な熱を発することができないこたつヒーターです。

即暖ハロゲンヒーター

即暖ハロゲンヒーターとは、石英管ガラスにタングステン線がコイル状に入り不活性ガスを入れて温めるこたつヒーターです。ヒーターの種類の中でも寿命自体も長く、急速にこたつを温めることができます。効率のいいこたつヒーターですがその分高値になっています。

こたつのフラットヒーターはここがおすすめ!

足がぶつからない!

おすすめポイントは、何と言ってもこたつの中を広々使用することができることです。石英管ヒーターは、足を伸ばすときに当たってしまったりぶつけてしまうことも多くありました。足同士がぶつかる要因にもなっていたのでフラットヒーターのおかげでぶつかることもなくなります。

音が静かで無臭を維持!

こたつを使用すると独特の音が聞こえてくるものです。中を確認するとこたつの中からは嫌な臭いが、という経験はありませんか?フラットヒーターは音を静かに抑えてくれるので気になりません。こたつの中にも嫌な臭いがつかないので清潔に保つことができますね。

フラットヒーターで節約!

他のこたつヒーターの種類を比べると消費電力が少なく済むので使いすぎることがありません。消費電力が低いおかげで電気代を安く抑えることができます。メーカーや、こたつのサイズ、温める場所にもよりますが電気代が安くなるのは主婦には嬉しいポイントですね。

薄型で部屋をすっきりできる!

こたつテーブルといえば一目でわかってしまうくらい生活感を感じるアイテムでした。しかし、フラットヒーターは石英管がないのでこたつテーブルと気付きにくいものです。冬以外でも1年中使用することができ、すっきり広々を部屋を使うことができますね。

こたつのフラットヒーターのデメリットは?

フラットヒーターの唯一のデメリットは、暖まりが弱いという点です。消費電力が少なく電気代は安くなっていますが、その分暖まりの即効性がないというデメリットがある寒い朝一番などはなかなか暖まらずにイライラする方も多いかもしれません。

このデメリットは購入時のネックになってしまいます。朝一番即温めたいのであればフラットヒーターは不向きかもしれません。しかし、一度温まれば持続力があるのでデメリットが気にならないほどポカポカと足元や体を温めてくれることでしょう。

デメリットはその1点だけと言えるでしょう。デメリットよりもメリットの方が大きいフラットヒーターは、即効性のみ考慮しておきましょう。デメリットを補うために早めに電源を入れておいたり、こたつが暖まるまで足元が冷えないようにしましょう。

こたつのフラットヒーターの電気代はいくら?

こたつの消費電力は、石英管ヒーター300Wから510Wで弱2.2円から強4.3円・フラットヒーター300Wで弱2.2円から強3.8円・ハロゲンヒーター600Wで弱1.9円から強4.9円といわれています。最大消費電力の600W強で使用しても1時間5円未満で使用することができます。

さらに電気代を安くしたいのであれば、省エネ対策を取るようにしましょう。それは、サイズにあったテーブルを選ぶことです。大きなテーブルを一人で使用していると広範囲を温めるので電力の無駄遣いになってしまいます。人数にあったテーブルを選ぶましょう。

薄手の掛け布団を使用していると、温まった熱が抜けて行ってしまいこたつの中がなかなか暖まらなくなってしまいます。その事態を避けるためにも、厚みのある掛け布団を使用しましょう。厚手の掛け布団で熱を逃がさないように閉じ込めておけば早く温まります。暖まりにくいというデメリットもカバーできますね。

こたつのフラットヒーターおすすめ:正方形こたつ

ニトリ正方形フラットヒーターこたつ

一人暮らしの方に人気のこたつテーブルはニトリの正方形型こたつテーブルです。色もライトブラウンにすることでナチュラルな雰囲気になりますね。部屋の雰囲気やテイストを壊すことがないので、どんな部屋にも合いやすい色合いになっています。

ニトリからは様々な種類のこたつテーブルが販売されているので迷い易くなってしまいます。そんなときは、自分の部屋に合うサイズのテーブルを見つけましょう。部屋が圧迫されるようなサイズにしてしまうと、部屋自体が小さく狭く感じてしまいます。

ニトリのオンラインで購入できる正方形こたつテーブルは80センチ×80センチ×高さ40センチです。継ぎ脚ができるので高さを調整することができます。コントローラーが手元にあるので熱さが気になったときにはすぐに調節することができます。

こたつのフラットヒーターおすすめ:円形こたつ

ニトリ円形フラットヒーターこたつ

ニトリの円形こたつはデザイン性の高さから一人暮らしや家族の多いご家庭でも選ばれています。一人暮らし用の円形こたつテーブルはサイズも小さいので場所をとることなくすっきりとした印象になりますね。掛け布団をオシャレなものにすれば生活感も感じません。

ニトリの円形こたつは家族用の円形こたつテーブルも販売しています。正方形や長方形と比べるとテーブルの面積が小さくなり物が置きにくく感じる方もいらっしゃいますね。しかし、人数に合ったサイズを選ぶことで丁度良いバランスで使用することができます。

物が多いご家庭にもニトリの円形テーブルはおすすめです。部屋をすっきり見せてくれてさらにおしゃれな雰囲気にもなります。こたつと一緒に使用しないときには、テーブルとしても使用することができます。1年中出しっ放しにしても気にならないテーブルです。

こたつのフラットヒーターおすすめ:長方形こたつ

ニトリ長方形フラットヒーターこたつ

人数が多いご家庭で最も選ばれているのがニトリの長方形こたつテーブルです。使いやすさはもちろんのこと、フラットヒーターになっているので足元ものびのび使用することができます。人数が多くなったときもゆとりを持って使用できますね。

こたつ布団と一緒にニトリで購入する方も多いようです。長方形型のこたつ布団は数多く販売されていますが、同ブランドの商品であればサイズを間違うこともなく安心ですね。一緒に持ち帰ってすぐに使用することもできるのでおすすめです。

ニトリのこたつ布団には、こんなに可愛いおしゃれなこたつ布団があります。蓄熱わた・抗菌防臭になっているので毎日のお手入れも楽になりますね。こたつの中で暖まった熱を逃がすことがないので、いつ入っても暖かいこたつを満喫することができるでしょう。

こたつのフラットヒーターおすすめ:楕円形こたつ

無印楕円形フラットヒーターこたつ

楕円形のこたつテーブルは無印がおすすめです。無印のこたつテーブルは、素朴でナチュラルなデザインになっているのでどんな部屋とも相性よく使用することができます。無印で部屋をまとめている方にはもちろん、シンプルなお部屋には無印のこたつテーブルがお似合いです。

フラットヒーターになっているので、中も広々使用することができますね。無印の本体はタモ材曲木脚になっているので、こたつとして使用しないときにもおしゃれなローテーブルとして使用できます。無印の商品は様々なシーズンで使用することができるので嬉しいですね。

無印では楕円形以外にも正方形のこたつテーブルが販売されています。無印のこたつテーブルは、ヒーターの面積部分を広く取っているのでこたつの中を均一に温めてくれます。無印の楕円形のこたつテーブルは、新しいこたつテーブルとお探しの方にはおすすめしたい商品です。

フラットヒーターこたつに合わせたい掛け布団の選び方

テーブルサイズに合わせよう

掛け布団のサイズは大きすぎても小さすぎても熱を逃がしてしまいます。温まった熱を閉じ込めるためには、サイズの合った掛け布団が必要です。こたつテーブルのサイズをしっかり測って、適したサイズの掛け布団を選ぶようにすることで暖まりやすくなります。

素材にも注目

掛け布団の素材にも注目しましょう。薄手の掛け布団にしてしまうとなかなか暖まりにくくなってしまいます。暖まりやすい掛け布団は、蓄熱性能を備えた掛け布団です。また、洗濯がおろそかになってしまいがちなこたつ布団は抗菌防臭作用のあるこたつ布団を選ぶと清潔に保つことができます。

デザインも気にしたい

こたつ布団はあまり買い換えることがないものです。気分転換に模様替えをしたいときなど、リビングの真ん中に置いてあるこたつによって模様替えにならないこともありますね。そんなときは、リバーシブルタイプのこたつ布団にしておくことで気分に合わせて模様替えをすることができますよ。種類も豊富にありますよ!

フラットヒーターこたつに合う敷き布団の選び方

ホットカーペットとダブル使いをすることで急速に温めることができます。デメリットになっていた即効性のなさですが、ホットカーペットと併用することでデメリットをカバーできますね。こたつと併用できるホットカーペットを使用することですぐに暖まりますよ。

敷き布団も、掛け布団と同じくサイズの合ったものを選ぶようにしましょう。さらに、熱を逃がしにくい素材の敷き布団にすることで少ない電力でも温めることができます。温まった熱を逃さないようにしながらフラットヒーターを使用しましょう。

フラットヒーターでこたつの中もすっきりさせよう!

フラットヒーターこたつは、ニトリや無印などで購入することができます。使い勝手のいいニトリや、シンプルなおしゃれがる無印は行きやすく購入しやすいのでとてもおすすめです。お部屋にあったフラットヒーターこたつを見つけて暖かい冬を過ごしてくださいね!

合わせて読みたいこたつについての記事はこちら

Thumbこたつの時に使いたいおすすめ座椅子20選!おしゃれで座り心地がいい椅子は?
Thumbこたつ布団を洗濯する方法!自宅でできる洗濯と乾燥の仕方!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-15 時点

新着一覧