エアコン掃除を自分でする方法は?ファン・フィルター・カビ取りのコツも紹介

あなたは家にあるエアコンを掃除をしていますか?定期的にエアコン掃除をしないとカビだらけになって衛生的にも良くありません。そこで今回は、プロに頼まずに自分でできるエアコン掃除の方法をご紹介します。ファンやカビ取りなど自分でエアコン全体を綺麗にしちゃいましょう!

エアコン掃除を自分でする方法は?ファン・フィルター・カビ取りのコツも紹介

目次

  1. エアコン掃除をしないとカビだらけに…
  2. エアコンが臭いのはカビやホコリが原因
  3. 自分でエアコン掃除をする方法が知りたい!
  4. 自分でできるエアコン掃除の範囲は?
  5. エアコンの中の状態を確認
  6. 自分でエアコン掃除をする時に使う道具は?
  7. プロのエアコン掃除はどうやるの?
  8. 自分で行うエアコン掃除の手順
  9. フィルターの掃除方法と注意点
  10. エアコンの吹き出し口とルーバーの掃除方法
  11. エアコン掃除でカビ取りの方法
  12. エアコン掃除はどれくらいの頻度で行う?
  13. エアコンのカビを防ぐ方法
  14. エアコンの室外機の掃除方法
  15. お金をかけずに綺麗にするなら自分の力でエアコン掃除を!

エアコン掃除をしないとカビだらけに…

夏の暑い時期に大活躍のエアコンですが、中身があまり見えないのでどれくらい汚れているのかなど見たことがない人も多いかもしれません。でも、実はエアコンの内部は驚く程ホコリやカビが潜んでいるのです。涼しい風を送ってくるエアコンでもありますが、それと同時にカビやホコリも風に乗ってあなたの元へやってきています。

特に小さいお子さんがいる家庭ではエアコン掃除は定期的に行いところですよね。部屋の中に入るとムズムズするという経験がある方は、もしかしたらエアコンから来るホコリやカビの胞子が原因かもしれません。小さいお子さんにとってもアレルゲンの素になってしまうので、今すぐエアコンをチェックしてみましょう!

エアコンが臭いのはカビやホコリが原因

エアコンをつけるとなんだか嫌な臭いがする…という経験がある人もいると思います。エアコンの嫌な臭いはカビやホコリが原因と言われています。特に、ほとんどエアコン掃除をしないという方は、気づいたらエアコン内部がカビやホコリが積もって臭いがするまでに至ってしまっている可能性もあります。

外部との温度差により吹き出し口に水滴がつき、そこからカビへと発展してしまうのです。お風呂も掃除を怠っているとカビが繁殖していることがあるように、エアコンも湿気が多い場所でもあるので、お風呂と同じように掃除をしなければいけないのです。

Thumbエアコンから嫌な臭いが!カビやすっぱい臭いがする原因や対策方法とは?

自分でエアコン掃除をする方法が知りたい!

お金をかけずに自分でエアコン掃除

エアコン掃除をプロにお願いしたいけど、金額も高くなかなか余裕がないという方も多いと思います。できることなら自分でエアコン掃除をやりたいものですよね。そこで今回は、カビ取りやフィルターなど自分でエアコン掃除をする方法を詳しくご紹介したいと思います。

プロにお願いするよりも格段に安く済ませることができるので、できるところまで自分でエアコン掃除をしてみましょう!自分でエアコン掃除の仕方を覚えれば、1000円程度と安くエアコンを綺麗にすることができますよ。

自分でできるエアコン掃除の範囲は?

自分でエアコン掃除ができるのは?

まず、気になるのは自分でできるエアコン掃除の範囲だと思います。プロがエアコン掃除をするとエアコンの周りに水が飛び散らないようにシートを敷いたり、エアコンを分解して隅々まで綺麗にしてくれます。ですが、自分でエアコン掃除を行うとなるとそこまではできないですよね。

エアコンを分解をしてまで掃除をしたら壊れてしまう可能性もあるので、自分でできるエアコン掃除の範囲をしっかりと最初に把握しておきましょう。自分でエアコン掃除ができる範囲は、エアコンの外側(周り)、フィルター、吹き出し口とルーバーです。

それ以上のエアコン掃除を行おうとすると、エアコン自体を分解しなければいけないので、自分でできる範囲はここまでです。できる範囲は少ないと感じると思いますが、この3箇所の掃除を行うだけでもだいぶカビやホコリを取り除くことができるので、やるとやらないでは大きい差が出ると言えるでしょう。

エアコンの中の状態を確認

自分でエアコン掃除をする時は最初に中をチェック!

自分でできるエアコン掃除の範囲がわかったら、エアコンの中を覗いてみてください。中は暗くなっていて見えにくいと言う場合は懐中電灯などで照らしてみてみると良いでしょう。すると、自分の予想を遥か上回るホコリやカビが発生しているなんてことがあるかもしれません。

そんな予想を上回る汚れを見たら、今までこのエアコンを使っていたのか…というショックと共に、自分でエアコン掃除をしようという決意が生まれるはず。

エアコンの機種によっては簡単にフィルターを取り外すことができるものもあったり、フィルターを外す前に部品を外してからフィルターを外さなければいけないものもあるので、エアコンの取扱説明書をよく読んで、フィルターの外し方をチェックしてくださいね。取扱説明書をなくしてしまった場合は、ネットでエアコンの機種を検索すると見ることができるので確認してみましょう。

自分でエアコン掃除をする時に使う道具は?

続いては、自分でエアコン掃除をする時に必要な道具をご紹介します。エアコン掃除に必要な道具は、ホームセンターやネット通販などでもエアコン専用のものがあるのでとても便利ですよ。

エアコン洗浄スプレー

エアコン掃除をする時には必需品ともなるのがエアコン洗浄スプレーです。一本約500円程で購入できるのですが、中には2,000円程する高いものも売られています。でも、エアコン掃除をする時の口コミなどを見ると、一本では足りないということがあるようなので、500円程度のものを2つ買うか、2本セットになったお得なエアコン洗浄スプレーを探してみましょう。

掃除機

自分でエアコン掃除をする時に、掃除機を使って吹き出し口を掃除したことがあるという人もいるかもしれません。ホコリを取り除くにはまず掃除機が必要になるので、ハンディタイプのものがあると便利でしょう。

使用済み歯ブラシ

エアコン掃除をする時の必需品でもあるのが使用済みの歯ブラシです。エアコン内部は細かい部分が多くあるため、こういった歯ブラシを用意しておくと便利です。エアコンだけに限らず、家庭で掃除をする上ではかなり役立つので使用済みの歯ブラシは捨てずにとっておくようにしましょう。

雑巾と水

エアコン周りを拭き取るための雑巾や水、またはぬるま湯が必要になります。何度も洗面所など行き来するのが大変なので、あればバケツを用意しておくとエアコン掃除がスムーズにできますよ。

その他必要なもの

自分でエアコン掃除をする時の主な必要なものをご紹介しましたが、その他にもあると便利なものは、歯ブラシと同様に細かい部分の汚れを落とすのに便利なスポンジやレジャーシート、マスクなどがあります。エアコン掃除をしている時にホコリや水などが床に落ちるおそれもあるので、用意しておくと余計な掃除が減らせます。

プロのエアコン掃除はどうやるの?

自分でエアコン掃除をする時とプロのエアコン掃除の違い

自分でエアコン掃除をする範囲はほとんど決まっていますが、プロのエアコン掃除はどこまで行うのかというと、こちらの動画を観ていただければわかるように、最初にエアコンやエアコン周りの壁や窓、床までもビニールなどでカバーをして初めてエアコン掃除に取り掛かります。

そしてエアコンを細かく分解しエアコン掃除をしていきます。プロにお願いすると金額が結構高めなのですが、それだけエアコン全体を綺麗にしてくれるので、金額相当な掃除をしてくれるのが特徴です。

Thumbエアコンの内部掃除をクリーニング業者に!料金や口コミ・評判や効果を比較!

自分で行うエアコン掃除の手順

エアコン掃除を自分でする前に手順を頭に入れておく

自分でエアコン掃除をする時の必要な道具が揃ったら、エアコン掃除の仕方の手順を確認しましょう。最初にエアコンのスイッチをオフにするのはもちろんのこと、必ずエアコンのコンセントも抜いてください。次に、エアコンの上部にたまったゴミやホコリを雑巾などでふき取ります。

そして、全面にあるパネルを外し、パネルとフィルターの掃除をしましょう。フィルターを外したままの状態で、吹き出し口やルーバーの汚れを優しく拭き取りましょう。最後にコンセントを入れて、送風運転をしてエアコンの効き目を確認してみてください。これが、自分でエアコン掃除を行う上での手順となるので頭にいれておきましょう。

Thumbエアコンの正しいメーカーの選び方!最適なサイズで節約!ポイントも紹介

フィルターの掃除方法と注意点

自分でエアコンのフィルター掃除をする仕方は?

ここではフィルターの掃除方法をご紹介します。フィルターの掃除と言えば、掃除機でホコリを吸い取る仕方で普段エアコン掃除をしているという方もいらっしゃると思いますが、ここではしっかりとフィルターを洗ってホコリや汚れを落としましょう。フィルターの外し方は、まず前面にあるカバーを外します。

エアコンの機種によっては横にロック解除ボタンがある場合もあるので、フィルターの外し方が書かれている取扱説明書を確認してください。エアコンの前面カバーを開けるとフィルターが二枚あります。このフィルターを下に引っ張って取り外すのですが、最初に掃除機でホコリを吸い取るのを忘れずに。

そのまま引っ張って取り外すと、ホコリが舞い散ってしまいます。掃除機で吸い取ればある程度のホコリが取れると思いがちですが、フィルターをよく見てみると、掃除機では吸い取り切れない細かい汚れがビッシリ詰まっています。

これらのホコリなどは洗浄してしっかり落とす必要があります。フィルターを取り外したらそのままお風呂場へと持って行き、優しくシャワーでぬるま湯をかけましょう。この時に、裏面からシャワーをかける仕方だとホコリなどがしっかり落とせます。

新しいエアコンや、よくフィルターの手入れをしているという場合であれば、ぬるま湯をかけるだけでも十分綺麗になるのですが、汚れがひどい場合は洗剤をつけて使用済みの歯ブラシで優しくゴシゴシしながら汚れを落としましょう。

洗い終わったら、タオルなどでよく拭いて、ベランダで乾かしてください。風が強い日だとフィルターが飛ばされてしまう可能性もあるので、そういった時は室内の窓際で乾かしましょう。フィルターが乾いたら、最後に元の通りにフィルターを付ければ完成です。

フィルター掃除をする時の注意点としては、先ほどもご紹介したようにシャワーをかける時には裏側からかけるようにしてください。逆に、ホコリを掃除機などで吸い取る時は外側にしてから吸い取ってください。それぞれ逆に行ってしまうと、ホコリが目詰まりしてしまうおそれがあり、綺麗に汚れを取り除くことができなくなってしまうのです。

エアコンの吹き出し口とルーバーの掃除方法

自分でエアコンの吹き出し口とルーバーを掃除する

続いては、取り外さずに掃除を行うエアコンの吹き出し口とルーバーの掃除方法をご紹介します。エアコンの吹き出し口を掃除する時は、ルーバーを指で動かして中が見やすい状態にしてから掃除を始めます。この時もエアコンのコンセントは必ず外しておくようにしてください。

コンセントが繋がっている状態だと、万が一スイッチが作動した時に指が巻き込まれてしまうおそれがあるので十分注意してくださいね。エアコンの中が見える状態になったら、雑巾などを指に巻いてホコリや汚れなどをふき取ってください。汚れがひどい場合にはエアコン専用の洗浄スプレーを使って汚れを落としましょう。

この時注意したいのは、エアコン内部に水分が残ってしまうとカビの原因となってしまうので、最後は乾拭きをしてしっかりと水分を拭き取ってください。

また、洗浄スプレーはエアコン内の電装部分に付着すると故障の原因となるおそれがあります。むやみにスプレーを吹きかけるのではなく、しっかり中を確認しながら電装部分がないところにスプレーし、汚れをふき取っていってください。

エアコン掃除でカビ取りの方法

自分でエアコンのカビ取りの仕方に挑戦!

エアコン内部にはホコリだけではなく、カビも付着していることが多くあります。カビは臭いの原因にもなりますし、衛生的にも良くないのでしっかりと取り除きたいところですよね。エアコン掃除でカビ取りをする方法は、下の動画を参考にしてください。こちらの動画では、自分でエアコン掃除をする時の仕方を詳しく説明しています。

エアコン掃除でカビ取りをする場合には、プロのエアコン掃除の仕方のように、エアコンや周りの壁や窓、床などをカバーする必要があります。そしてエアコンの電装部分にも水がかからないようにゴミ袋などで保護しましょう。準備が整ったら、洗浄スプレーをエアコン内部にまんべんなく吹きかけます。

使用済みの歯ブラシを使って内部をゴシゴシとこすっていきましょう。この時に、吹き出し口の奥にある黒いファンを回しながら吹きかけると全体に洗浄液が行きわたります。丁寧に歯ブラシでこすったら、空のスプレーの容器に水をいれてエアコン内部に吹きかけ、洗い流していきます。

ここでも奥のファンを回しながら吹きかけるのを忘れずに。最後に雑巾でエアコン全体をよく拭き取って完成です。水分を完全に拭き取り終わったら、コンセントを入れて送風運転をしてエアコン内部を乾かしましょう。

エアコン掃除はどれくらいの頻度で行う?

エアコン掃除を自分で行う頻度はどれくらいが良いのかというと、簡単な雑巾でのふき取りや、フィルターを掃除機で吸うなどの掃除は月に2回くらいが良いでしょう。特に小さなお子さんや赤ちゃんがいる家庭では、こまめに掃除を行うようにしてください。

エアコン内部のカビ取りはエアコンを使っている時は月に1回、エアコンを使っていない時期は3ヶ月に1回エアコン掃除を行うようにしましょう。エアコンを使わない冬の時期などは、ついついエアコンの存在を忘れがちですが、使っていない間にもエアコン内部はカビが発生するおそれがあります。

定期的に掃除を行って、いつでも快適にエアコンを使えるようにしておきましょう。

Thumbエアコンの除湿と冷房の正しい使い分けや電気代の節約について調査!

エアコンのカビを防ぐ方法

エアコンのカビを防ぐ仕方を覚えておこう

エアコンを綺麗に掃除したら、できるだけカビの発生を抑えたいものですよね。エアコンのカビを防ぐ方法ですが、カビが発生しやすくなる温度が25度以上と言われています。

エアコンをつけている時は部屋の温度を25度以下に保つことはできますが、エアコンを消した時に温度が上がって、その温度差によって結露が発生してしまいます。そうならないためにも、エアコンの冷房を消したら1~2時間くらい送風運転をしましょう。

また、エアコンを使わない時期であっても、送風運転を定期的に行うことで、エアコン内を乾燥させるとカビの発生を防ぐことができます。エアコンは他の家電と違って、使わない時期に倉庫などにしまったりすることができません。使わなくても常に露出されているので、それだけ気を遣うようにしましょう。

また、エアコンのカバーなども販売されているので、使わない時期はカバーをしてホコリなどを防ぐ仕方も良いでしょう。

Thumbエアコンにゴキブリが侵入!?駆除や通気口対策や原因を調査!

エアコンの室外機の掃除方法

エアコン本体と室外機の掃除の仕方を知っておこう

エアコンは本体(室内機)と室外機がセットになっていますよね。室外機の空気は直接部屋に入るわけではないので、そこまで掃除はしなくて良いのですが、ベランダに置いてある室外機のそばで洗濯物をよく干すという方は室外機も時々チェックしてみてください。室外機を少し動かして裏側を見てみると、アルミのフィンが見えます。

そこに洗濯物のカスがたまってエアコンの効き目を悪くしている可能性があります。詰まっているものがあれば、歯ブラシや爪楊枝などを使って優しく取り除いてください。必要であれば掃除機で吸い取る方法も良いでしょう。このフィンの部分は繊細な部分でもあるので、優しく掃除を行ってくださいね。

Thumbエアコンの電気代を節約!1ヶ月つけっぱなしとこまめの節電料金を比較!

お金をかけずに綺麗にするなら自分の力でエアコン掃除を!

最近では、エアコン掃除をしてくれる業者が増えてきています。それだけエアコンを使う人口も増えてきているからなのですが、やはり金額が高いのが気になるところですよね。できるだけ安く済ませたいのであれば、自分でエアコン掃除を行うのが良いでしょう。

今回ご紹介したエアコン掃除の仕方を参考に、エアコン掃除をし、綺麗で快適なエアコンライフを送ってくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-12-03 時点

新着一覧