お食い初めの服装で赤ちゃんは何を着るの?親と祖父母の正式な正装とは

お食い初めは一生で一度きりの行事です。正しいマナーを守って思い出深い日を過ごしませんか?お食い初めにふさわしい赤ちゃんの服装や、両親・祖父母の服装をまとめました。実際、赤ちゃんがどんな服装でお食い初めを行っているのかまとめているので参考にしてくださいね!

お食い初めの服装で赤ちゃんは何を着るの?親と祖父母の正式な正装とは

目次

  1. お食い初めって何?
  2. お食い初め時の赤ちゃんの正式な服装は?
  3. お食い初め時の両親・祖父母の正式な服装は?
  4. お食い初めの服装はどこで入手する?
  5. 正式な服装だけどちょっと見直して!
  6. お食い初めに行われる「色直し式」とは?
  7. 男の子の服装は何が選ばれてるの?
  8. お食い初めにおすすめ!男の子の赤ちゃんの服装①
  9. お食い初めにおすすめ!男の子の赤ちゃんの服装②
  10. お食い初めにおすすめ!男の子の赤ちゃんの服装③
  11. 女の子の服装は何が選ばれてるの?
  12. お食い初めにおすすめ!女の子の赤ちゃんの服装①
  13. お食い初めにおすすめ!女の子の赤ちゃんの服装②
  14. お食い初めにおすすめ!女の子の赤ちゃんの服装③
  15. お食い初めは正式な服装でお祝いしよう

お食い初めって何?

お食い初めの始まりは平安時代から続いていると言われています。お食い初めとは赤ちゃんの生後100日〜120日の間に行われる行事で、両親・祖父母が赤ちゃんのすこやかな成長を願って行う今もなお続いている家族の絆を深める大切な行事です。

生後100日前後は、離乳食が始まる時期になっているので両親・祖父母が「赤ちゃんが一生食べ物に困りませんように」と願ってご馳走を与える真似を行います。両親・祖父母だけではなく親戚一同が集まって行う場合もあり家族の一大イベントです。

そろそろお食い初めの時期かな?と思ったときに気になるのがお食い初めのマナーですね。今回はお食い初めのときに着用する赤ちゃんの正式な服装をご紹介します。併せて両親・祖父母の正式な服装もご紹介しますのでお食い初めが目前の方は是非参考にしてくださいね!

Thumb赤ちゃん誕生100日目・百日祝いとは?お食い初めやいつやるかを調査

お食い初め時の赤ちゃんの正式な服装は?

お祝い着が赤ちゃんの正式な服装になります。お宮参りに使用した着物など、着物を着用するのが正式な服装と言われています。しかし、昨今は着物だけでなく洋服を取り入れる場合もあります。赤ちゃんが動きやすい服装を取り入れる傾向があるようです。

和装を選ぶメリット・デメリット

和装は昔ながらの正式な伝統を受け継いでいる服装なので見栄えもよく、記念写真を撮ったときもよく映えます。着物を仕立てることで七五三でも着用することができます。しかし、着付けが難しかったりお手入れなども大変なので少々扱いにくいところがあります。

洋装のメリット・デメリット

洋装はフォーマルなタイプの服装もあるので、種類の多さが特長です。安値で購入することもできるのでサイズアウトしても気軽に買い換えることができます。和装と比べるとオムツを替えたり便利ですが、和装の華やかさや見栄えでは少々劣ってしまいます。

お食い初め時の両親・祖父母の正式な服装は?

両親の正式な服装は正装

お食い初めでの両親の正式な服装は正装と言われています。ホテル・料亭などでお食い初めを行うのであれば父親はスーツ姿が良いでしょう。母親は着物・訪問着またはフォーマルなワンピースやスーツ姿が好ましい正式な服装です。

祖父母の服装も両親と合わせよう

赤ちゃんの両親が正式な服装をしているのに祖父母は普段着になってしまうと釣り合いが取れなくなってしまいます。フォーマルな場所であれば赤ちゃんの両親と合わせて、祖父母も正式な服装を心がけるようにしましょう。フォーマルな服装をおすすめします。

自宅でお食い初めを行う場合は?

自宅で行うお食い初めであれば両親・祖父母は普段着で行っても構いません。堅苦しい形式が苦手なのであればアットホームな空間で赤ちゃんの成長をお祝いしましょう。写真を撮ると一生残るので、無理のない清潔な服装を心がけると気持ちも引き締まりますね。

Thumb歯固めの石(お食い初め用)はどこで用意する?代用法・使用後は?

お食い初めの服装はどこで入手する?

一生に一度しかないお食い初めは、失敗しない服装選びが大切になります。一度きりなので手持ちの服装を着用することもできますし、一生残る記念撮影を行うのであればここ一番の一張羅を用意したいですね。納得いく服装で思い出に残しましょう。

購入する

長く着用する予定であれば、購入したほうが安値になる場合があります。フォーマルな服装は、七五三やお祝い事など子供の成長に合わせて着用する機会が増えてきます。1着購入しておくと急なお呼ばれにも慌てずに済むので安心ですよ。

レンタルする

購入せずにレンタルすることで、その場にあった最もふさわしい正式な服装を着用することができます。記念撮影を行うのであればフォーマルな服装は写真栄えがするので一生残っても恥ずかしくない1枚になるでしょう。記念撮影を行う方はレンタルもおすすめです。

正式な服装だけどちょっと見直して!

訪問着は美しいけれど?

着物を着用すると気持ちも引き締まって、厳粛した心でお食い初めを行うことができますね。しかし、訪問着は色々と面倒な場合もあります。デメリットを知っておくことで実際着用したときに気をつけるべきポイントがわかりやすくなりますよ。

まず、着付けが手間になってしまいます。着物を着慣れている方には問題ありませんが、あまり着物を着慣れていない方は着付けが難しく感じてしまいます。また、着物を着ていると授乳も難しくなります。お食い初め中で数時間置きの授乳には着物は煩わしく感じるでしょう。

赤ちゃんのベビードレスは可愛いけれど?

病院から退院したときに着用しているベビードレスは綺麗なレースで晴れの日に使ってあげたいと思いますね。しかし、ベビードレスはフォーマルな場にはふさわしくありません。お食い初めは儀式を兼ねているので意味が異なってきてしまいますので注意しましょう。

Thumbお食い初めのメニュー・やり方は?献立や食器、簡単レシピまとめ

お食い初めに行われる「色直し式」とは?

お食い初めには「色直し式」という儀式を執り行う場でもあります。この儀式の由来は、赤ちゃんは神様からの授かりものなので白い衣装(ベビードレス)を着用していますが100日のお祝いには色物の着物を着用して人間のことして認められると言われています。

お食い初めでは小袖の色物着物が正式と言われていますが、実際は色物着物であればどんな着物でも構いません。赤ちゃんの衣装は母親方の祖父母から贈られることが多く、男の子は黒色・灰色に鶴や松の文様・女の子は朱色に花文様や束ね熨斗文様が良いとされていますがお食い初めは地域のしきたりもあります。

準備は早めに!

赤ちゃんの衣装を贈ってもらったりお食い初めの日程を決めたりと直前になると決めるのも一苦労になりますね。赤ちゃんが生後60日を過ぎたあたりから祖父母とお食い初めのことを決めていきましょう。ホテルや料亭で行う場合は予約も必要です。

男の子の服装は何が選ばれてるの?

お食い初めの赤ちゃんの服装

羽織袴付きのロンパースが販売されているので、実際に着物を持っていないご家庭でも気軽に着用することができます。着付けの手間やお手入れの煩わしさがないので、簡単に取り扱うことができますね。ロンパースですが、和装なのでお食い初めでの見栄えはとても素敵です。

蝶ネクタイといったフォーマルな装いもお食い初めにはぴったりですね。着脱しやすい素材になっているので両親が着脱させやすくなり、汚してしまったときも閃た茎でガシガシと洗うことができます。蝶ネクタイは晴れの舞台にはぴったりです。

こちらの赤ちゃんも蝶ネクタイが素敵ですね。ストライプのジャケットを着ることでより、フォーマル感を感じることができます。少し大きめのサイズを購入しておけばもう少し成長したときも着用することができます。襟付きは赤ちゃんがより可愛く見えますね。

お食い初めにおすすめ!男の子の赤ちゃんの服装①

格好よさが際立つ袴ロンパース

袴ロンパースは、着脱しやすい上に見栄えがいいのでお食い初めではよく選ばれています。写真を見返したときにも正式な服装をしている方がより思い出にも残りやすくなりますね。赤ちゃんの服装に合わせて両親・祖父母もフォーマルな装いにしたいものです。

ロンパースなので赤ちゃんも嫌がることなく着用してくれることでしょう。着脱しやすいのでオムツを替えたり汚してしまったときに着替えさせることも簡単です。お食い初め用で実際の着物の袴を購入するより、より安値で購入することができるのも嬉しいですね。

袴ロンパースであればお食い初め以外でも七五三でも着用することができますね。お正月など、和装が似合うイベントがあればどんどん着用できる着回しの良さも嬉しいですね。赤ちゃんに小物を付け足すことによって華やかさを調節することができます。

お食い初めにおすすめ!男の子の赤ちゃんの服装②

より豪華に!羽織付きロンパース

お食い初めをより豪華な装いにするのであれば、羽織付き袴ロンパースも販売されています。こちらもロンパースになっているので扱いやすさは抜群です。羽織があることによって体温調節がしやすくなるので、冬の時期などは活躍してくれることでしょう。

羽織の色を変えることで雰囲気を変えることもできますね。袴の色と合わせて黒色にすると格好いい雰囲気になりますが白色にするとパッと明るく華やかさが増しますね。お食い初めで赤ちゃんが可愛く格好良く見えるのが羽織付き袴ロンパースです。

羽織に慣れていない赤ちゃんは違和感を感じてしまうかもしれませんね。赤ちゃんが違和感や不快感を感じないように、お食い初めの写真撮影のときだけ羽織を使ってみたりと工夫しながら赤ちゃんのご機嫌を取ってあげましょう。晴れの日にふさわしい1着です。

お食い初めにおすすめ!男の子の赤ちゃんの服装③

赤ちゃんもフォーマルな装い

シャツとベストが一緒になっているセットアップ風のロンパースはフォーマル感を一層高めてくれる1着です。ロンパースなので赤ちゃんも着やすく違和感や不快感を感じることがないでしょう。洋服なので洗いやすい素材になっています。

シャツ・ベスト・蝶ネクタイを組み合わせることにより洋装のフォーマルになりますね。赤ちゃんの服装に合わせて両親もフォーマルな洋服を着たいものですね。お食い初めのときに父親と赤ちゃんが同じ格好をすると、よりフォーマル感を感じ記念にもなります。

昨今はセットアップになっているロンパースがあるので1枚でフォーマルな服装に早変わりします。オムツ替えも簡単に行え、手入れも必要ないのでお食い初め以外にも誕生日やパーティなどもこちらのロンパースを着用してお出かけできますね。シンプルでおしゃれなロンパースです。

女の子の服装は何が選ばれてるの?

お食い初めの赤ちゃんの服装

女の子の赤ちゃんも男の子の赤ちゃん同様袴のロンパースが販売されています。華やかな色合いが多いので選ぶ楽しみもありますね。鮮やかな色合いにすることで、お食い初めの色直し式の儀式を執り行うことができますよ。綺麗な色合いを選んであげましょう。

花が大きく描かれている袴も販売されています。レースやリボンをあしらった袴も多いので現在の袴としておしゃれに取り扱うことができますね。こちらもロンパースになっているので扱いやすく、オムツ換えなどもかんたんに行うことができますよ。

洋装を選ばれるのであれば襟付きやワンピースにすることでフォーマルに装うことができます。赤ちゃんが着用時に着心地の悪さや不快感を感じることがないようなお食い初めの洋服選ぶを行ってあげましょう。女の子であれば小物を使っても可愛くなりますね。

お食い初めにおすすめ!女の子の赤ちゃんの服装①

雰囲気抜群!袴ロンパース

お食い初めに最もふさわしい袴は、女の子も取り扱いがあります。女の子の赤ちゃんは華やかな袴を選ぶことができるので両親・祖父母も選ぶ楽しみがありますね。シンプルで装飾の少ない袴にすると取り扱いも簡単で、赤ちゃんも着心地が良いでしょう。

華やかなデザインは、見ている方も明るく嬉しい気持ちになりますね。女の子の気に入ってくれそうな赤やピンク、赤ちゃんによく似合う黄色や紫などを取り入れた袴にすることで写真の見栄えも良くなりお食い初めの記念に残る1枚を撮影することができますよ。

お食い初め以外にもお宮参りや桃の節句でも着用することができますね。少し大きめのサイズでも着用することができるので赤ちゃんのサイズを見ながら着せてあげましょう。華やかな袴は、取っておきたくなるほど思い出深い1着になるでしょう。

お食い初めにおすすめ!女の子の赤ちゃんの服装②

華やかなロンパースは晴れの日にぴったり

淡い色の洋服は、お食い初めにぴったりの1着です。洋服なので、取り扱いやすくお出かけの日なども着用することができます。お食い初めなどのイベントごと以外にも着用することができるので使い勝手が良く、どんな場面でも着用することができますよ。

淡い黄色は、赤ちゃんを明るくより華やかに見せてくれますね。素材にこだわることで赤ちゃんの着心地も良く両親も安心して着脱させることができますね。お食い初めの洋服を選ぶときは、赤ちゃんの柔らかい肌を傷つけない素材を選んであげたいものですね。

ドレス風になっているワンピースであれば、お食い初め以外でも結婚式に出席するときやお誕生日会にも着用することができます。お食い初めには色付きの服装が正式と言われていますが、赤ちゃんの着心地の良いものであれば白色を着用しても構いませんよ。

お食い初めにおすすめ!女の子の赤ちゃんの服装③

華やかさが増すチュチュ付きロンパース

ふわふわとしたチュチュ付きロンパースはドレスよりも華やかになってくれます。フォーマルではありませんが、赤ちゃんのお祝い事としてよく選ばれている服装です。チュチュ付きロンパースにすることでお祝い事で着用することができます。

着ることで華やかになるので、お食い初め以外でもパーティやお呼ばれしたときは着用できる1着です。赤やピンクなどを選ぶことで華やかさは増すので、小物などを用いることでより可愛らしく赤ちゃんをおしゃれにしてあげることができますね。可愛さがアップします。

寒い時期はカーディガンを着ることによって落ち着いたお出かけ用のロンパースへと早変わりします。カーディガンは体温調節にも役立つので、チュチュ付きロンパース以外でも大活躍してくれますよ。お食い初め以外でも結婚式など華やかな場面でも着用できる1着です。

お食い初めは正式な服装でお祝いしよう

お食い初めは一生に一度しかない大切なイベントです。両親・祖父母が揃ってお祝いしてあげたいものですね。歴史のあるお食い初めには、マナーを守った服装が大切になります。お食い初めを行う場所、お食い初めを執り行う環境を考慮しましょう。

一番大切なことは、赤ちゃんの成長を祈る気持ちです。赤ちゃんが不快感や着心地の悪さを感じないような服装選びを優先して考えるようにしてくださいね!赤ちゃんと両親・祖父母みんなが楽しいひと時を過ごせるように服装選びはしっかり行ってくださいね!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-09 時点

新着一覧