妊娠線を消す方法を大調査!産後からのケアでも消えるというのは本当?

お腹を見たら何本も走る線のようなもの。それが妊娠線です。今回特集するのは、お腹を見るたびに気になってしまう妊娠線を消す方法を大特集していきます。妊娠線が出来る原因から消す方法、おすすめのアイテムまで妊娠線を少しでも薄く消す方法をご紹介します。

妊娠線を消す方法を大調査!産後からのケアでも消えるというのは本当?

目次

  1. お腹に出来た妊娠線を消す方法ってある!?
  2. 妊娠線とは?
  3. 妊娠線が出来る仕組みとは?
  4. 妊娠線を消す方法の前に…妊娠線が出来やすい人は?
  5. 妊娠線を消す方法に活かしたい!妊娠線が出来る原因は?
  6. 妊娠線を消すために必要なポイント
  7. 妊娠線を消す方法は産後でも大丈夫?
  8. 妊娠線を消す方法を始めるタイミングとは?
  9. 妊娠線を消す3つの方法
  10. 妊娠線を消す方法で使える保湿アイテム
  11. 妊娠線を消すためにクリーム&オイルを塗る方法
  12. 妊娠線を消すためのクリームやオイルを使ったマッサージ方法
  13. 妊娠線を消す方法で活用したい!おすすめクリーム
  14. 妊娠線を消す方法で活用したい!おすすめオイル
  15. 妊娠線を消すための食事のポイントとは?
  16. 妊娠線を消すための摂りたい栄養素って?
  17. 妊娠線を消すためのサポートレシピ
  18. 妊娠線を消す方法で役立てたいレシピ【スイーツ編】
  19. 妊娠線を消すために出来る生活習慣の見直しって?
  20. 妊娠線を消す方法を実践して産後ケアをしよう!

お腹に出来た妊娠線を消す方法ってある!?

ふと目をお腹に目をやると気になる妊娠線。どうにかしたいけど、どうして良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか?そこで、今回は、気になる妊娠線を消す方法をお届けしていきます。果たして、妊娠線は、産後でも消えるのでしょうか?それとも消えないのでしょうか?

妊娠線とは?

1つ1つの項目を紐解きながら具体的に見ていきましょう。まずは、妊娠線とはどんな線なのかというところです。妊娠線は、妊娠している最中だけでなく、産後も残ることがあります。

妊娠線とは…【断裂の跡】

妊娠線とは、お腹やバスト、太もも、お尻などに見られる断裂したような跡のことを指します。妊娠5〜7ヶ月ごろに出来る人もいれば、出来ない人もいるなどその状況はさまざまです。

妊娠線が出来る仕組みとは?

妊娠線は、断裂しような跡ということがわかりました。それでは、その妊娠線は、どうやって生まれるのでしょうか?次は、その妊娠線が出来る仕組みの部分を一緒にチェックしていくことにしましょう。

妊娠線は皮膚が断裂して生まれる

人の皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっています。その皮膚が妊娠してお腹が大きくなることで伸びます。しかし、皮下組織にある脂肪細胞が急に大きくなると真皮や皮下組織はその状態に耐えることが出来ずに断裂してしまうのです。

妊娠線を消す方法の前に…妊娠線が出来やすい人は?

ここで、少しチェックしてみましょう。それは、妊娠線が出来やすい人の特徴です。妊娠線が出来やすい人には、いくつかの特徴があります。それを最初にチェックしてみましょう。

その①小柄な人

小柄な人や痩せている人は、皮膚の面積が普通の人よりも狭いので、妊娠してお腹が大きくなった時におもいっきり引き伸ばされてしまうので、妊娠線が出来やすい傾向にあります。

その②太り気味の人

妊婦さんは、妊娠してから出産するまで体重の増減が決められています。体重が急激に増えると妊娠線が出来やすいそうです。

その③アトビー体質の人

アトピー体質の人は、アトピーを治すためにステロイド薬を出されることが多くあります。ステロイド自体は、効果がありますが、本来私たちが持っているはずの再生能力を弱めてしまうことがありますが、それと同時に皮膚の弾力を弱めてしまう可能性があります。それにより、弾力が弱くなり、皮膚の伸縮性が弱くなるのです。

妊娠線を消す方法に活かしたい!妊娠線が出来る原因は?

次に見ていくのは、妊娠線が出来る原因です。妊娠線が出来る仕組みは最初の方にお話しした通り、お墓の皮膚が伸縮に耐えることが出来ず断裂してしまうこととうお話はしました。これには、いくつかの原因があります。

原因①ホルモンバランスの乱れ

1つ目の原因は、ホルモンバランスの乱れにあります。妊娠の初期から中期、中期から後期にかけて女性ホルモンとステロイドホルモンが増えます。このホルモンが増えることで、コラーゲンが作られにくくなり、弾力の少なくなった皮膚は、伸縮に耐えることが出来なくなって、妊娠線が生まれてしまうのです。

原因②乾燥している

さらに、先ほどのホルモンバランスの乱れに伴って乾燥も妊娠線を作ってしまう原因の1つにあげられます。このホルモンバランスの乱れは、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを遅くします。そのため、乾燥したままの古い角質がそのまま残ってしまい、皮膚が伸びることに耐えられず、断裂してしまいます。

妊娠線を消すために必要なポイント

次は、妊娠線を消すために必要なポイントを抑えておくことにしましょう。後ほど、妊娠線が消える方法をお届けしますが、その前に、大まかではありますが、ポイントを抑えておきたいと思います。

ポイント①保湿

妊娠線を消すためのポイント1つめは、やはり保湿です。妊娠線は、ホルモンバランスなどが原因で肌の弾力が失われ、乾燥することのよって発生します。そのため、保湿アイテムなどを使ってしっかり保湿してあげれば、皮膚が柔らかくなり、妊娠線が消える可能性があります。この保湿は、妊娠中や産後のケアにも欠かせないポイントです。

ポイント②食生活の見直し

2つめのポイントは、食事です。ターンオーバーを促したり、コラーゲンを生成してくれる働きなどをくれる栄養素を積極的に摂ることで、外からのケアと内側からのケアが重なり、皮膚にも変化が現れてくる可能性があります。それにより、妊娠線が消えることが期待出来ます。

妊娠線を消す方法は産後でも大丈夫?

ここまで妊娠線の出来るしくみや原因をお届けしてきました。ここからは、具体的な妊娠線が消える方向へ導くための方法の部分に入っていきたいと思います。まずは、産後でも妊娠線が消えるのか消えないのかというところからです。果たして、産後の妊娠線は、消えるのでしょうか?それとも消えないのでしょうか?

妊娠線は…【基本的には消えない】

妊娠線は、基本的には消えないと言われています。それは、表皮にある線は消える方向へ向かったとしても、真皮にある断裂の線は元に戻らず、消えないためです。これにより妊娠線が消えるというよりも表面にある線を見えにくくすることは可能だそうです。

妊娠線を消す方法を始めるタイミングとは?

やはり妊娠線を消すためには、妊娠中と産後のお肌ケアが大切になってきます。妊娠線がハッキリして来てからケアをしたり、産後からケアを始めるだけでは、消えるまでは行かず、真皮に断裂線が消えないで残ってしまいます。産後、妊娠線を残さないためにも妊娠線が消える、出来にくくするケアを始めていきましょう。

妊娠線のケアは…【妊娠4ヶ月目からスタート!】

妊娠線は、早い方だと4ヶ月目で出来る方もいます。そのため、ケアを始める時期は、4ヶ月前がおすすめです。中には、つわりが治まってから始めるといいという方がいたり2ヶ月半〜3ヶ月くらいに始めるといいという方もいます。しかし、つわりがある時に始めるとクリームの香りなどで、さらに体調が悪化してしまうケースもあります。

そういう時は?

無理せず体調が良い時を見計らって行ったり、つわりが治まるまで待つことも1つの方法です。しかし、人によっては出産の時までつわりが続く方もいます。そういう方は、無香料のものを試したり、レモンやグレープフルーツなどの柑橘系のスッキリした香りを試してみるのはいかがでしょうか?

妊娠線を消す3つの方法

妊娠線が消える状況は、やはり妊娠してお腹が大きくなるまでのタイミングがベストです。しかし、諦めるのはまだ早いです。完全に消えないこともありますが、薄くすることは産後のケアからでも可能です。消えないと諦めることなく消えるためのケアを行っていきましょう。

方法①保湿ケア

産後の妊娠線を消すことをサポートする方法の1つめは、保湿ケアです。クリームやオイルを使ってお腹や太もも、お尻などマッサージしながら保湿していきます。保湿をすることで皮膚が柔らかくなり、伸縮にも柔軟に対応することが出来ます。

方法②医療機関での塗り薬でケア

2つめの産後の妊娠線を消すことをサポートする方法は、美容皮膚科などで処方される妊娠線改善を目的とした医療用の塗り薬です。市販のものよりも有効的だと言われています。その中でも代表的な薬に「シルダーム」があります。そこには、妊娠線に有効性のある成分が含まれており、妊娠線を消すための効果が期待されています。

方法③必要な栄養素を摂る

3つめの産後の妊娠線の改善する方法をサポートすることは、有効的な栄養素を摂ることです。妊娠線が出来る原因は、皮膚の代謝の不良やコラーゲン不足などがあげられます。その不足している部分を補う栄養素を摂ることで妊娠線を消える方向へと導くサポートをしてくれます。

妊娠線を消す方法で使える保湿アイテム

ここからは、先ほどご紹介した妊娠線を消す方法をさらに詳しく見ていきます。まずは、保湿ケアです。スキンケア同様、お腹の皮膚もケアしてあげる必要があります。消える消えないに関わらず、産後もきっちりと皮膚のケアをしてあげることで妊娠線を消す方向へと導いてくれます。

アイテム①オイル

妊娠線を消す方法で活用出来るアイテムの1つめは、オイルです。オイルと一言で言ってもたくさんの種類がありますが、一番のおすすめは、マタニティーケア用のボディオイルです。そして、他の植物由来のボディオイルでのおすすめは、「ホホバオイル」です。ホホバオイルは、お肌の弱い方でも安心して使えるオイルになっており、酸化にも強く、保湿力が高いことが特徴です。

アイテム②クリーム

2つめは、クリームです。特に、産後の妊娠線を消すためであれば、産後の妊娠線を消す専用のクリームを使ってあげるようにしましょう。お肌にも優しく、中には無香料のものがあったり、香りも優しく作られているので安心して活用することが出来ます。

妊娠線を消すためにクリーム&オイルを塗る方法

妊娠線を予防したり、産後ケアにおすすめのアイテムは、オイルとクリームの2つです。その塗り方をより詳しく見ていくことにしましょう。妊娠線を消すためのクリームの塗り方には、方法があるのでしょうか?クリームやオイルを塗る場所は、お腹、バスト、二の腕、太もも、お尻です。早速スタートしましょう。

方法①お腹からスタート!

手の平にクリームかオイルを取り、手の中で温めていきます。しっかりと温めたクリームかオイルを下から上へ一方方向に動かすように塗りましょう。特に、お腹の下の方は見えにくいので、手を奥まで入れて塗ります。

方法②腕やお尻太ももにも塗っていこう!

次は、腕、お尻、太ももを塗っていきます。もう一度クリームやオイルを追加して腕は、手首から肘、肘から肩の方向へ塗っていきます。お尻や太ももも、下から上へと持ち上げるようにしながら塗っていきます。

クリームやオイルを塗る時のポイント

クリームやオイルを塗る時のポイントは、たっぷり塗ることとクリームやオイルを塗る時は、一方方向に塗ることです。クリームやオイルをたっぷり使うことで、お肌に負担をかけず妊娠線をケアすることが出来ます。さらに、乾燥した皮膚を保湿してくれるのでこのポイントは、抑えておきましょう。

妊娠線を消すためのクリームやオイルを使ったマッサージ方法

先ほどは、妊娠線を消すためのクリームやオイルの塗り方をご紹介してきました。続いては、クリームやオイルを活用したマッサージ方法をお届けします。妊娠線を消す方向へ導くためには、クリームやオイルを塗るだけでもいいのですが、マッサージを加えていくとさらに効果的です。

マッサージ方法①お腹からマッサージ開始!

手の中でクリームなどを温めてから右手をペタンとおヘソの下に密着させておヘソを中心に円を描きながら外側へ広げていきます。左手のクリームやオイルも同様にマッサージするようにしながら塗っていきます。次に、おヘソの下部分に手を当てたら、脇腹まで移動させてクルクルと円を描くように回しながらおヘソの下に向かってマッサージしていきます。これを3セット行いましょう。

マッサージ方法②ハート形のお腹マッサージ!

ここでクリームやオイルを足して、脇腹からおヘソの下までクリームやオイルをつけていくのですが、息を吐きながらおヘソへ、吸いながら脇腹へマッサージします。そして、おヘソの下に両手を添えておヘソを中心に斜め上へと手を動かして上で手が重なったら、下へ降ろしていきます。ハート形を描くイメージで行いましょう。

マッサージ方法③お尻をマッサージしよう!

オイルやクリームを手に取り、手の中で温めます。脇腹に手を置き、太ももめがけて手を下ろします。この時、お尻を抱え込み、持ち上げるようにしながら上へと手を持ってきます。これを5セットほど繰り返しましょう。次は、太ももです。片足を椅子などの上に上げて、クリームやオイルを足してから太ももの付け根から膝の方向に向かってオイルを伸ばしていきます。

マッサージ方法④太ももをマッサージしよう!

しっかり伸ばしたら、両手で太ももを抱え込んで捻るようにしながらマッサージをしていきましょう。それを太ももの付け根から膝、膝から太ももの付け根へと交互に行ってあげます。太ももはセルライトの出来やすい部分になるので、ゆっくりと解すように行ってあげることがポイントです。

妊娠線を消す方法で活用したい!おすすめクリーム

ここでは、産後の妊娠ケアはもちろん、妊娠線の予防にも効果的なクリームをご紹介します。お肌に優しいものから、妊娠線を消すための成分が入っているものまで3つのおすすめクリームをお届けします。

おすすめ①【ノコア】アフターボディトリートメントクリーム

産後の消えないかもと悩んでいた妊娠線を解消の方向へと導いてくれる妊娠線や肉割れをケアしてくれるクリームです。サラッとした塗り心地が特徴で、優しく塗ることの出来るアイテムになっています。オーガニックネロリの香りが、リラックス効果をくれます。

おすすめ②【キャリネス】ボディクリーム

キャリネスのボディクリームは、マタニティ専用のクリームです。このクリームは、保湿力がとても高く、お肌へ浸透し、張りを与えてくれる成分が含まれています。さらに、無香料なので、香りの気になる方でも安心して使えるアイテムになっています。

おすすめ③【エルバオーガニックス】STMクリーム

お腹だけでなく、全身の保湿ケアに使えるクリームです。スーッと伸びるので、お肌馴染みが良く、潤うのにさっぱりとした使い心地が特徴です。オーガニックラベンダーの優しい香りが妊娠線のケアをしながらゆったりとした気持ちにしてくれます。

妊娠線を消す方法で活用したい!おすすめオイル

続いては、妊娠線を消す方法で活用出来るおすすめのオイルです。オイルは、先ほどご紹介したクリームを併用して使うことも出来ます。さらに、乾燥が気になる方は、クリームの後にオイルケアをプラスしてあげましょう。

おすすめ①【ウェルダ】マザーズボディオイル

妊娠初期から産後の妊娠線ケアに大活躍してくれるボディオイルです。アーモンドオイルやホホバオイルなどの植物オイルを配合しているのでお肌に優しく作用し、しっかりと保湿してくれます。さらに、お肌にハリなどを与えてくれる特徴もあります。

おすすめ②【エルバビーバ】STMオイル

肌を整えるための成分をたっぷり含んだエルバビーバから出ているマッサージオイルです。乾燥してしまった皮膚を柔軟に弾力をプラスしながらケアしてくれます。サラッとしてつけた後もベタつかない使い心地も人気の1つです。

妊娠線を消すための食事のポイントとは?

先ほどは、妊娠線を消す方法の外側からのアプローチ方法をご紹介してきました。次に注目していくのは、内側からのアプローチ方法です。それは、「食事」。私たちが生きていいく上で欠かすことの出来ないことです。それは、身体のためだけでなく、お肌のためにもなります。まずは、妊娠線を消える可能性を高めるためのポイントを見ていきます。

ポイント①成長ホルモンを促す

妊娠線と消す方へと導くためのポイントは、肌代謝を高めることです。その鍵を握っているのが、「成長ホルモン」です。成長ホルモンとは、お肌だけでなく、身体作りに必要な基礎代謝を促してくれるホルモンです。これを促進させることで、肌のターンオーバーが促進されて、新しい肌への生まれ変わりを助けてくれます。

ポイント②コラーゲンの生成を促す

もう1つのポイントは、コラーゲンの生成です。コラーゲンを作るためには、たんぱく質がもちろん重要ですが、それをサポートしてくれるビタミンCも欠かせません。この2つの栄養素が揃うことで、お肌の弾力性を増してくれる効果が期待出来ます。

妊娠線を消すための摂りたい栄養素って?

妊娠線を消える方向へと導くためのポイントをご紹介したところで、続いては、それをサポートしてくれる栄養素をご紹介します。

栄養素①たんぱく質

たんぱく質は、コラーゲンの材料になるので妊娠線を消していくためにも積極的に摂りたい栄養素です。良質なたんぱく質には、必須アミノ酸も多く含まれています。良質なたんぱく質は、身体の中で構成しているたんぱく質の構造と似ている特徴があります。たんぱく質を含む食材は、卵、牛乳、大豆製品、鮭、鶏胸肉などがあります。

栄養素②亜鉛

次の栄養素は、亜鉛です。亜鉛は、体内の酵素が働く時に必要な栄養素です。新陳代謝の促進の時にも必要で、妊娠線のケアのために、役立ってくれます。主な食材は、ココア、アーモンド、胡麻などがあります。

栄養素③ビタミン類

妊娠線のケアに欠かせない栄養素の3つめは、ビタミン類です。特に、ビタミンCやE、Aなどがあげられます。ビタミンCは、コラーゲンを生成する上で欠かせない栄養素で、肌の代謝も促してくれます。良質なたんぱく質やコラーゲンを摂っても、それをサポートしてくれる栄養素が必要です。ビタミンCは、緑黄色野菜、ジャガイモ、レンコン、果物などに含まれています。

妊娠線を消すためのサポートレシピ

先ほどの栄養素を活かしながら料理をしていきましょう。ここでは、妊娠線を消すために役立ってくれるレシピをいくつかご紹介します。是非、参考にしてみて下さいね。妊娠線の消える、消えないに関わらず赤ちゃんの健康のためにも毎日の食事をチェックしていきましょう。

レシピ①レンコンとひじきの胡麻マヨサラダ

材料は、レンコン300g、乾燥ひじき10〜15g、コーン40g、ポン酢(レンコン)大さじ1、ポン酢(ひじき)小さじ2、白すりごま大さじ1〜を用意します。レンコンは、皮を剥いて、2〜3mmの厚さに切ったら酢水に10分ほどつけます。沸騰したお湯にレンコンを入れてサッと茹でたら、ザルに上げます。

熱いうちにポン酢を絡めて馴染ませたら冷めるまで置いておきます。ひじきは水で戻し、レンジで1分加熱してからポン酢を絡ませて置き、レンコンのボウルにひじき、マヨネーズ、コーン、すりごまを加えて全部混ぜます。器に盛りつけて完成です。

レシピ②簡単な豆腐グラタン

材料は、豆腐1パック(150g)、玉ねぎ1/4個、ほうれん草1束、鶏胸肉1枚と1/3くらい、塩こしょう適量、マーガリン小さじ1、コンソメ小さじ1、塩こしょう適量を用意します。まず、生ほうれん草は一口大に切り、玉ねぎは薄切り、鶏胸肉は一口大に切り、グラタン用の耐熱皿に並べて塩こしょうとマーガリンを入れます。

丈夫な袋に豆腐を入れて、ペースト状になるまで揉んだら袋の角を切り、耐熱皿の上に絞り出し、チーズを乗せます。500wの電子レンジで4分温めたらトースターで焦げ目をつけましょう。

妊娠線を消す方法で役立てたいレシピ【スイーツ編】

先ほどは、妊娠を消すための栄養素を含んだスイーツのレシピをお届けします。妊娠していると主食とは別にスイーツも食べたくなりますよね?ヘルシーでなおかつ身体にも良いスイーツたちです。

レシピ①炊飯器でココアブラウニー

材料は、生おから150g、卵2つ、砂糖50g、水30cc、サラダ油30cc、ミルクココア50gを用意します。ボウル又は炊飯器に卵を解きほぐし、砂糖、水、サラダ油、ミルクココアを入れて泡立て器で混ぜ合わせます。おからを加えて、おからを加えてゴムベラで一気に混ぜ込んだら、炊飯器にセットして表面を滑らかにしてからスイッチを押します。

レシピ②簡単なキウイとバナナのヨーグルト

材料は、カスピ海ヨーグルトお好み量、キウイのスライス1個、バナナ輪切り1本分、オリゴ糖スプーン3杯〜を用意します。キウイの皮を剥いてスライスしたらそのままお皿に盛りつけ、バナナの皮を剥いてから、スプーンでお好きな厚さに切って器に入れます。最後にヨーグルトとオリゴ糖をかけたら完成です。

妊娠線を消すために出来る生活習慣の見直しって?

最後は、妊娠線を消すためにプラスしたい効果的な方法です。それは、生活習慣の見直しにあります。その中でも妊娠線を消す方法と併用したい生活習慣を見直していきます。消えないと諦めていた妊娠線が薄くなるように外からのケアや食事だけでなく、生活習慣も一緒に変えていきましょう。

消えないなんて諦めない!睡眠不足も解消しよう!

慌ただしい毎日の中で、食事やストレスの解消などと同じくらい大切なのが「睡眠」です。良質な睡眠を取ることで、肌のターンオーバーを促してくれる役割があるので、妊娠線の改善にも繋がります。さらには、身体のコンディションを整えるためにも睡眠は欠かせません。

良質な睡眠とは?

良質な睡眠を取るためには、寝る時間や寝る前の過ごし方がポイントになります。眠りに入る時間帯は、22時〜夜中の2時までがおすすめです。さらに、寝る前に適度な運動やストレッチ、音楽やアロマを楽しむなどのリラックスした環境づくりをするように心がけましょう。寝る前は、心を穏やかにしてあげることが良質な睡眠を取るためのコツです。

妊娠線を消す方法を実践して産後ケアをしよう!

いかがでしたか?何度も言いますが、妊娠線は産後に消えないというよりは、薄くすることが出来ます。妊娠中に妊娠線のケアが出来なかったと嘆くことはありません。妊娠線が消える消えないも大切ですが、毎日のケアや食事の見直しを実践していく行動が大切です。そんなケアを実践しているうちに、毎日のケアが楽しくなるかもしれませんね。

もっと妊娠線について知りたいアナタへ!こちらも要チェック!

Thumb妊娠線の予防におすすめのオイル!産後も綺麗なお腹になる人気商品は?
Thumb妊娠線はクリームで予防!市販のおすすめ商品と正しい選び方は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-07-29 時点

新着一覧