電池長持ちアプリの人気について!電池長持ち効果は?実は危険なの?

外出先でスマホを利用していると気になってくるのが電池の消耗ですよね。そんな中人気が高まっているのが「電池長持ちアプリ」です。電池長持ちアプリは本当に効果があるのか、また危険と言われている真相など電池長持ちアプリについて今回は詳しくご紹介したいと思います。

電池長持ちアプリの人気について!電池長持ち効果は?実は危険なの?

目次

  1. 電池長持ちアプリとは?
  2. 電池長持ちアプリの種類
  3. 人気のおすすめ電池長持ちアプリをご紹介!
  4. android用「DU Battery Saver&Widgets」
  5. android用「Power Battery」
  6. android用「Clean Master」
  7. android用「高級タスクマネージャ」
  8. android用「節電♪長持ちバッテリー」
  9. iPhone用「節電バッテリーマニア」
  10. iPhone用「電池予報 RealTime 2」
  11. iPhone用「バッテリーHD2」
  12. 電池長持ちアプリの効果が出ない場合
  13. ユーザーの情報を狙う危険なアプリ?
  14. 被害に遭わないためのポイント
  15. 安全に使える電池長持ちアプリで快適なスマホライフを

電池長持ちアプリとは?

電池長持ちアプリと言うものは、節電アプリとも言われており、スマホの電力を抑え、効率よく電池を長持ちしてくれるという画期的なアプリなのです。自宅でスマホを利用する分には良いですが、外出先でスマホを使っていると電池の残量が気になってしまいますよね。

スマホアプリではゲームもたくさんあるので、暇な時間や通勤・通学時間などにアプリゲームをしていたらあっという間に電池が減ってしまったという方も多いですよね。そんな電池の残量を少しでも軽減してくれる電池長持ちアプリはリリース依頼人気を誇っています。

電池長持ちアプリをインストールすると、自動で節電してくれる機能もあるので、便利なアプリとしても活用している人も多くいるようです。スマホを充電できるモバイルバッテリーを持ち歩くのが大変だという方は、ぜひ電池長持ちアプリを一度試してみてください。

ただ、最近では様々な電池長持ちアプリがリリースされており、中には危険が潜んでいるアプリもあるので、すぐにインストールせずに、優良なアプリなのかを確認する必要があります。危険と言われる電池長持ちアプリについては後ほどご紹介したいと思います。

電池長持ちアプリの種類

電池長持ちアプリはそれぞれ目的別に3種類あります。ただ単に電池長持ちアプリというだけではなく、性能などの種類が違ってくるので、どんな種類の電池長持ちアプリがあるのかを確認しておきましょう。

性能・機能制限をする電池長持ちアプリ

まずは、性能や機能を制限することを目的とした電池長持ちアプリです。電池容量が減ってくるとスマホの画面を自動で暗くしたりwi-fiのサーチ機能をオフにしてくれたりと電池を長持ちさせてくれる効果がある機能の電池長持ちアプリです。電池長持ちアプリとしても最もポピュラーなタイプで人気があります。

ただ、このタイプの電池長持ちアプリは数多く出回っているので、しっかりと優良なアプリを選ぶ必要があります。アプリランキングなどで上位にあったとしても、それが必ずしも優良なアプリではないということもあるので十分注意しましょう。

タスクキラーの電池長持ちアプリ

続いては、タスクキラー系の電池長持ちアプリなのですが、これは普段利用していないにも関わらず裏で機能している無駄なタスクを強制停止してくれるといったタイプの電池長持ちアプリです。パソコンなどでもそうですが、毎日使用しているとどんどんパソコンが重くなっていくことがありますよね。それは、裏で様々なプログラムが動いているからなのです。

それらを強制停止することによってパソコンが軽くなる効果があると言ったように、スマホでも同じように重くなる原因を探り、強制停止してくれる電池長持ちアプリがあるのです。スマホの画面照明は電力消費が多いですが、それに続いて多いのがこのプログラムが動作しているというものなのです。

ただ、注意したいのは自分が利用しているタスクを強制停止してしまうこともあるので、エラーが起きたり機能が使えないと言ったことになることがあるようです。自分が利用しているものや使っていないものなど把握した上でタスクキラー系の電池長持ちアプリを使用しましょう。

通信キラーの電池長持ちアプリ

3つ目のアプリは、通信キラー系の電池長持ちアプリです。スマホを利用していない時にwi-fiなどのデータ通信などを遮断して電力の消費を抑えてくれると言った効果があります。データ通信というものは、意外にも電力消費が高いとされているので、それらを遮断することによって大幅に電池を長持ちさせてくれるのは嬉しいですよね。

ただ、頻繁にスマホを利用するという方だと、この通信キラー系の電池長持ちアプリはほとんど起動されることはないので、あまり効果が見込めないという点もあります。

Thumb節電アプリのおすすめは?バッテリーの長持ち効果がある人気アプリを紹介!

人気のおすすめ電池長持ちアプリをご紹介!

電池長持ちアプリの3つの種類についてご紹介しましたが、電池長持ちアプリには、android専用とiPhone専用のアプリがあります。それぞれの人気おすすめ電池長持ちアプリをご紹介したいと思います。

android用「DU Battery Saver&Widgets」

android用の人気電池長持ちアプリ①

まず最初にご紹介する電池長持ちアプリはandroid用の「DU Battery Saver&Widgets」です。これは、性能・機能制限をする電池長持ちアプリです。このアプリを開くと、一目でバッテリーの使用状況などがわかるようになっており、これらをどのように電池の消耗を減らしてくれるかといった効果のサポートをしてくれるのがポイントです。

他のアプリなどをわざわざ開かなくても、この電池長持ちアプリから他のアプリの設定変更などができるのでとっても便利なんです。他のアプリを立ち上げるだけでも電力を消耗してしまうので、これはユーザーにとって大きな効果のあるポイントと言っても良いでしょう。

DU Battery Saver&Widgetsは、主に4つのメニューがあります。特に嬉しい機能は、現在のバッテリー使用状況や時間ごとの増減などを示してくれる電池情報。自分がいつ一番電力を消費させていたのかがわかるので、その時に使用していたアプリなどをワンタップで終了させることができます。

android用「Power Battery」

android用の人気電池長持ちアプリ②

続いてご紹介するandoroid用の電池長持ちアプリは「Power Battery」というもので、こちらも性能・機能制限をする電池長持ちアプリで、残りの電池使用時間を計測し、アプリの使用などの電力消耗を見積もってくれます。

また、現在利用していないアプリでも裏で電力を消耗しているものがあるのですが、それらのアプリをユーザーに知らせ、電力の消耗を抑えてくれる効果があります。さらに、どれぐらい利用時間が延長できるかも教えてくれるので、効率よく節電できる電池長持ちアプリとしても人気があります。

android用「Clean Master」

android用の人気電池長持ちアプリ③

続いてご紹介するのは、タスクキラーの電池長持ちアプリでもある「Clean Master」です。スマホが重いとそれだけ電力の消耗も促すことになってしまいます。電力消耗を抑えるために、いらないキャッシュやタスクなどを削除し軽くすることを目的としています。

また、バックグラウンドで実行中のアプリの動作を止めて、空きメモリを増やす効果によって快適にスマホを利用することができる電池長持ちアプリとなっています。スマホの調子が悪いと思っていても、実は不要なタスクなどがたまっていたり、見えないところでアプリが動いているということがあるのです。

スマホを買い替える前に、一度Clean Masterでスマホをお掃除してみるのも良いかもしれません。いらないものを削除してスマホをスッキリさせましょう。

android用「高級タスクマネージャ」

android用の人気電池長持ちアプリ④

続いてご紹介するのは、こちらもタスクキラーの電池長持ちアプリ「高級タスクマネージャ」です。最初は英語の表記だけだったのですが、常にアプリは更新されており、日本語にも対応したことによって利用者も増えてきているようです。この電池長持ちアプリの使い方はとってもシンプルで、アプリを起動すると現在稼働しているアプリが一覧表示されます。

使用しないアプリなどはそのままワンタップで利用を停止することができるのであっという間に電力の消耗を抑えてくれる効果があります。間違えてアプリを停止させないために、一覧からアプリを除外させるものを選べるのも便利です。このため、自動で起動してしまうアプリを強制停止すると言った動作にかかる電力も抑えてくれるのが高級タスクマネージャーの特徴でもあります。

android用「節電♪長持ちバッテリー」

android用の人気電池長持ちアプリ⑤

続いてご紹介するandroid用の電池長持ちアプリは、通信キラー系を謳っている「節電♪長持ちバッテリー」です。このアプリの機能の特徴は、超スリープモードを使用することによって、スマホのバッテリーを2倍長持ちさせてくれるという嬉しいモードが搭載されているのです。

スマホを使用していないスリープモード中に通信を完全切断することによって電力の消耗を極力抑えてくれるので、一日外出していてもスマホの電池がほとんど減らなかった!などの口コミも多く目にします。

また、この節電♪長持ちバッテリーのキャラクターでもある「だーぱん」が常にいろんな表情を見せてくれるので、ついつい可愛くてこのアプリを利用してしまうという人も多いようです。だーぱん目当てにアプリをたくさん起動してしまうと、その動作で電力を消耗してしまうこともあるので注意してくださいね。このだーぱんによって女性の利用者も多くいるのが特徴でもあります。

Thumbアンドロイドのバッテリーはアプリor交換どちらが長持ちする!?

iPhone用「節電バッテリーマニア」

iPhone用の人気電池長持ちアプリ①

続いてご紹介するのは、iPhone用の電池長持ちアプリである「節電バッテリーマニア」です。このアプリの特徴は、不要なキャッシュやタスクを削除してメモリの容量を増やしてくれるタスクキラーの電池長持ちアプリでもあります。タスクキラー系の電池長持ちアプリは、検索をかけると「危険」という言葉が多く出てきます。

理由としては、不要なキャッシュやタスクを削除する際に、他のアプリの情報まで削除してしまのではないかということから、危険なアプリとしてたくさんの人が検索しているようです。しかし、iPhoneでは他のアプリに対しての干渉がないため、その危険はほとんどないと言われています。

ですので、他のアプリの情報を削除すると言った危険はありません。ただ、手動で不要なものを削除している時に、削除してはいけないものまで削除しないように注意が必要です。

iPhone用「電池予報 RealTime 2」

iPhone用の人気電池長持ちアプリ②

続いてご紹介するiPhone用の電池長持ちアプリは、電池が切れる時間を予測して知らせてくれる「電池予報 RealTime 2」です。スマホを起動させると電池の残量をチェックすることはできますが、いつまでこの電池がもつか…というところまでは見ただけではなかなか難しいですよね。

そんな時に便利なのが電池予報 RealTime 2なのです。ユーザーのスマホ使用状況を分析することによってバッテリーの残量を示してくれるので、より正確にわかるのが嬉しいポイントです。

また、スマホを充電している時にこの電池予報 RealTime 2を起動させておくと、充電が完了するとアラームで知らせてくれるといった機能も搭載されているので、過充電を防ぎ、バッテリーの消耗を抑えてくれます。

iPhone用「バッテリーHD2」

iPhone用の人気電池長持ちアプリ③

続いてご紹介するiPhone用の電池長持ちアプリは、不要なキャッシュやタスクを削除することによってメモリーを最適化する効果があり、さらに電池管理ができる「バッテリーHD2」です。iPhoneを利用していると、だんだんと動作が重くなってくることがあります。そんな時はこのバッテリーHD2で不要なものを削除しメモリの容量を増やすことで解決できます。

また、電池の管理機能によって、動画や音楽の可能再生時間であったり、アプリゲーム利用時間、web閲覧時間などを表示してくれます。スマホをよく利用する人にとってはこの電池管理機能は非常に便利ですよね。「充電が切れずにあとどれくらいゲームができるだろうか」など悩んだ時に非常に使えるのでぜひ上手に活用してみてくださいね。

さらに、wi-fiや画面明るさ設定など細かな節電設定もできるのでスマホの電力消耗を全体的に行いたいという方におすすめです。

ThumbiPhoneの節電と設定まとめ!バッテリーが長持ちする方法や設定とは

電池長持ちアプリの効果が出ない場合

電池長持ちアプリを使っていても、電池の消耗があまり抑えられていないと感じている人も多いようです。そのような場合は、バッテリーの寿命が主に考えられるでしょう。スマホのバッテリーの寿命は1年~2年と言われています。その期間よりも長くスマホを使っている場合は、電池長持ちアプリを使用してもあまり効果が得られない可能性があります。

2年契約をしてスマホを利用している方も多いようで、2年を過ぎるとスマホを買い替えるという方もたくさんいらっしゃると思います。バッテリーの寿命は2年であっても、スマホ本体の寿命は4年程と言われているので、スマホ自体を買い替えるのではなく、バッテリーを交換するだけの方が安く済むこともあるので、ぜひ検討してみてください。

バッテリーを少しでも長持ちさせるために、早い段階で電池長持ちアプリを上手に活用してバッテリー自体の寿命を延ばすようにしましょう。

Thumbスマホの充電がすぐなくなるのは何故?充電時間が長いのがトラブルの原因!

ユーザーの情報を狙う危険なアプリ?

電池長持ちアプリの情報を調べると、必ずと言っていいほど出てくるのは「危険」という言葉です。先ほどご紹介したように、タスクキラー系の電池長持ちアプリは、他のアプリの情報を削除してしまう危険があるということで検索されているようですが、電池長持ちアプリの中には、ユーザーの情報や端末のデータを狙う偽物の電池長持ちアプリがあるようです。

このように、ユーザーの情報などを狙うアプリは、人気のあるアプリを真似て作られています。電池長持ちアプリならなんでもいいやと気軽な気持ちでダウンロードしてしまうと、その時点であなたの情報が抜き取られる可能性があります。アプリをダウンロードする前にそのアプリは本当に優良なアプリなのか、偽物ではないかといった確認をとる必要があります。

被害に遭わないためのポイント

そういった偽物のアプリの被害に遭わないためにも、まずは偽物が存在するということを認知しておくようにしましょう。電池長持ちアプリだけでなく、面白そうなアプリをダウンロードする時には何も考えずに行うのではなく、しっかりとどんなアプリなのかを確認してからダウンロードをするという癖をつけましょう。

アプリ内にあるレビューをよく読んでみることが大切ですが、中には業者側が自ら良い口コミを書いているというものもあるようです。危険から逃れるためには、アプリ内のレビューだけでなく、ネットなどで情報を仕入れてからアプリをダウンロードするようにしましょう。

安全に使える電池長持ちアプリで快適なスマホライフを

人気のある電池長持ちアプリの中には、危険な偽物のアプリも存在することもあるようですが、しっかりと見極めて利用すれば安全に電池長持ちアプリを活用することができます。快適なスマホライフを送るために、正しい知識と情報を得て、自分に合った電池長持ちアプリを見つけてみてくださいね。

Thumb急速充電アプリの効果やおすすめ充電アプリをランキングで紹介!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-07-20 時点

新着一覧