母乳はいつまで必要なの?夜間授乳や3時間おき授乳の期間は?

初めての育児何もかもが不安ですね。こと母乳育児に関しては母と子どものマンツーマン作業です!謎だらけの育児のなかでも母乳育児の悩みについてまとめていきます。母乳はいつまで?みんなは母乳をいつまであげましたか?先輩ママの経験談を踏まえてご紹介します!

母乳はいつまで必要なの?夜間授乳や3時間おき授乳の期間は?

目次

  1. 母乳はいつまで?みんなどうしてるの?
  2. 母乳はいつまで?3時間授乳時期はある意味試練!
  3. 3時間おきの授乳はいつまで?
  4. 母乳はいつまで?断乳への思い
  5. 母乳はいつまで?みんなの意見
  6. 母乳はいつまで?断乳のきっかけは?
  7. 母乳はいつまで?母乳のメリット!
  8. 母乳はいつまで?母乳の栄養はどうなっていくの?
  9. 母乳はいつまで?理想的な断乳とは?
  10. ママと子どもにとって良い母乳はいつまで?まとめ

母乳はいつまで?みんなどうしてるの?

初めての育児は不安だらけ。育児本を読み漁ったり、ネットで情報収集したり、頭でっかちになってしまう事もありますね。育児の中でも、完全母乳の育児を選択すると、他のお世話と違って母乳を与えられるのは母親だけの特権であり、育児のなかでも体力を奪われる大変な作業になります。

しかし、自分にしかできない、誰にも変われないこの尊い授乳という行為は神秘的でなにものにも変えられない優越感を感じる行いでもあります。赤ちゃんと向き合って過ごす時間はこの上ない幸せな時間ですよね。しかし、そんな時間も巷では何歳までに断乳しましょう。などといわれる時期がやってきます。3時間おきで始まる授乳は、一体いつまですればいいのでしょうか?

母乳はいつまで?3時間授乳時期はある意味試練!

母乳をあげられる時期にはリミットがある。それが解っていても、授乳期間はいろいろな意味でしんどいものです。あ~幸せ!と感じる反面、いつまでこんな状態が続くの?と悲しくなる事もあります。先輩ママたちも同じ事を経験して、悩んで、それを乗り越えて育児をしているんだな。と思えば少しは気が楽になりませんか?

毎日が同じリズムでいかなくて当たり前。解ってはいるけれどママの体も疲れますよね。赤ちゃんにとっても、3時間授乳の時期は自分でもリズムがつかめずにいる時期なんでしょうね。母になるという事は赤ちゃんを1番に考えて行動するということなんだ。この子には私しかいないんだ。と感じられる幸せな瞬間を与えてくれますが、第一は自分の体が一番です!無理せず休めるときにしっかり休みましょう!

3時間おきの授乳はいつまで?

では、出産後3時間おきに行うようにと言われている授乳は一体何歳まで続けることが理想なのでしょうか。一般的には、生後1ヶ月頃までの乳児は睡眠時間が2~3時間なので、大体授乳も3時間おきになります。成長と共に睡眠時間も長く摂るようになってくるので、一般的には日中も夜間も3時間おきに授乳するのは生後1~2ヶ月の頃まで出良いようです。

しいし、成長や母乳を欲しがる頻度はその子どもそれぞれの個性もありますので一般的な時期にとらわれずに、ママがあげられようならあげ続けてもよいと思います。子どもの体重が増えなかったり、母乳を飲まないと寝つきが悪い等という時は、3時間おきの授乳を続けることでママも子どももリラックスできる時間を作ることが出来るかもしれません。

母乳はいつまで?断乳への思い

育児をする中で、誰でも1回は経験するであろう「周りの意見」を受けるしんどさ。自分なりに考えて一生懸命育児をしているのに、回りがあれこれアドバイスしてくれると、考えがまとまらなくなることもありますよね。いろいろな育児の場面で遭遇するそんな周りからのアドバイスは、断乳の時期にもママたちを苦しめます。参考所どおりにいかないのが育児とわかっているけれど育児書をみてしまう。見て、比べてしんどくなるときは、目を瞑って深呼吸しましょう。

育児は「こうしなければならない」という本当の正解は人それぞれではないでしょうか。どんなに育児書通りに育児をしても、もって生まれた感性や性格は変わらないのです。気持ちを楽にして、一番大切なのはママが笑顔で育児をやっていくことではないでしょうか。ですから、育児書やネットの情報は参考までに!ここからは一般的に母乳をいつまでどんな期間必要なのかをまとめていきます。

母乳はいつまで?みんなの意見

では一般的な例としてみんなはいつまで母乳をあげていたのでしょうか?いつまで?の質問に先輩ママの回答として最も多かったのが1歳から1歳5ヶ月まででした。昔から母乳は1歳くらいまでといわれていた影響もあるのでしょうか。その後6ヶ月から11ヶ月の間まで母乳をあげていたという人が多いようです。これは生後6ヶ月以降に始まる離乳食がスムーズにすすむと赤ちゃん自身が母乳よりも食べることで栄養を摂取したがったり、ママ自身が食べさせることに移行していくためだと思われます。

また「いつまで」の回答として多かった、1歳に断乳をする人が多いという意見の中に、周囲が1歳を節目に母乳をやめた。と耳にすることが多いので、周りに影響されて母乳を止めた。という人も多いようです。1歳頃になると離乳食や運動機能の発達によって夜3時間おきに起きなくなる子も少なくありません。ママにとっては赤ちゃんが3時間おきに起きなくなる時期に母乳をやめるというきっかけになりやすいようです。

母乳はいつまで?断乳のきっかけは?

先輩ママたちの経験談を参考にしてみると、断乳のきっかけは人それぞれですが意見として多いのがいつまでというよりも、「離乳食をはじめたら母乳をあまり欲しがらなくなった」や「保育園に入所したのがきっかけで母乳はなれした」などという意見が多いようです。

保育園に入所して余計に母乳への執着が増す子どもも多いので、なんとも言えませんが、日中に子どもと離れている時間が長くなると母乳の出も以前ほど出なくなるというのも断乳のきっかけの一つのようです。しかし、世間の多くの先輩ママがそうだったとしても、断乳の時期はママが決めることです!周りの意見や時期にはとらわれず、ゆったりとした気持ちで時期を見極めたいですね。

母乳はいつまで?母乳のメリット!

母乳を飲ませる期間を決める基準としてよく耳にするのが「母乳の栄養」に関することです。母乳には乳児に必要な栄養がたくさん含まれています。いろいろな意見がありますが、母乳に含まれる栄養は子どもが1歳を過ぎる頃にはほとんど栄養が無くなっているという噂です。実際はどうなのでしょうか?ある研究では、赤ちゃんが誕生した頃にママから出る母乳の栄養素と、子どもが1歳になる頃の栄養素ではほぼ変化が無いといわれています。

このように、母乳に含まれる乳児に必要な栄養は、1歳になる頃にはほぼ変化が無いので授乳の期間が長くなっても母乳の意味がない。というのは間違いなのです。母乳に含まれるカルシウムやマグネシウムに変化は無いものの、乳糖は増加しているという研究結果も発表されています。この乳糖とは乳酸菌の栄養となり、腸の健康を保ってくれる効果があるそうです。栄養がなくなるからと、授乳の期間を決める必要は無いようです。

母乳はいつまで?母乳の栄養はどうなっていくの?

母乳に含まれる栄養素は、新生児に与える時に比べると1年経つ頃には減ってしまうものもありますが、マグネシウムやカルシウムは変化が無く、乳糖に関しては増えることがわかりました。乳児の時のように必要な栄養を授乳のみで摂取するのは難しいですが、授乳の期間を伸ばすことで母乳から摂取できる栄養は十分あるということなのです。

母乳には赤ちゃんに必要な栄養が含まれているので期間を決めて止めるのではなく、ママと子どもの状態を見て断乳の時期を見極められると良いですね。日本では1歳前後が断乳の時期として多いですが、母乳を与えることで必要な栄養を母乳から摂取できるだけではなく、ママとのスキンシップになるので赤ちゃんにとってもママにとっても愛情を感じあえる大切な時間になります。幼い頃からスキンシップを受けている子どもは大きくなっても情緒が安定しているという報告もあるほどです。期間を気にせずゆっくりと見極めましょう。

母乳はいつまで?理想的な断乳とは?

では、一番良い断乳の時期はいつなのでしょうか。期間にとらわれることはありませんが、一番よいタイミングは「ママも子どもも納得して授乳を終わらせることが出来る時期」に卒乳することです。卒乳には2パターンあって、一つは「自分から母乳から離れる時期」と「ママが促して母乳から離れさせる」この2パターンです。どちらのパターンにおいても、お互いが納得することが一番大切です。

赤ちゃん自身が自然に卒乳出来るというのは、理想的ですが子ども自身が自ら母乳から離れる時期には個人差があります。子どもにとっては最も負担の無い卒乳ですが、ママの体調などと照らし合わせて進められない場合はママ側が働きかけて卒乳に導く必要があります。欲しがる子どもに言い聞かせて止めさせられる年齢ならば良いのですが、1歳やそこらではそれは難しいですね。急に断乳するのではなく、じっくり進めていきましょう。

ママと子どもにとって良い母乳はいつまで?まとめ

初めての育児には悩みがつきものです。1人産んでも2人目はまったく1人目と違って思い通りにならない!なんてこともあります。育児に正解は無いけれど、参考までに育児書やネットでの情報収集も時にはママたちの心を楽にしてくれます。情報とは上手に付き合っていきましょう。そんな育児、母と子の初めての共同作業といえば授乳です。先輩ママたちも幸せな時間を過ごす反面、授乳には悩まされてきた人が多いようです。

日本での授乳期間で1番多いのは1歳~1歳半の期間でした。断乳のきっかけとして、離乳食が始まり食べるほうが中心になったことや、子どもの睡眠時間が延長されたことなどがあげられます。生まれた頃にまじめにやってきた3時間おきの授乳も、5~6ヶ月を境に時間の間隔があいてくるという人が多いようです。しかしながら、育児はその子自身とママや環境によって様々な方法があります。理想としてはお互いが穏やかな気持ちで徐々にすすめていきたいですね。

その他の育児に関する記事はこちら

Thumbワンオペ育児の意味とは?ひとり育児の悩みが離婚の原因に!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-18 時点

新着一覧