アボカドパスタがくせになる!絶品和風からクリーム系パスタのレシピまとめ

アボカドはどんな料理にも合う食材です。さらに、栄養価や効果も期待出来るところも魅力になっています。今回は、数ある料理の中からアボカドパスタのレシピをご紹介します。色んなアボカドパスタのバリエーションを一緒にチェックしていきましょう。

アボカドパスタがくせになる!絶品和風からクリーム系パスタのレシピまとめ

目次

  1. 絶品!アボカドが主役のパスタ料理大集合!
  2. パスタによく合うアボカドとは?
  3. パスタ以外にも大活躍!アボカドの特徴は?
  4. アボカドの栄養素
  5. 知りたい!アボカドの健康への効果って?
  6. 知りたい!アボカドの美容への効果って?
  7. パスタにたっぷり入れたい!美味しいアボカドの選び方
  8. パスタに活用するアボカドの剥き方
  9. アボカドと絡めるパスタの茹で方
  10. 優しい味の和風アボカドパスタレシピ
  11. 濃厚な口当たり!アボカドクリームパスタレシピ
  12. アボカドの濃厚さとのバランスが抜群!冷製パスタレシピ
  13. トマトと一緒に!アボカドのトマトパスタレシピ
  14. パスタ以外にも合う!アボカド料理はある?
  15. アボカドパスタのバリエーションを色々楽しもう!

絶品!アボカドが主役のパスタ料理大集合!

絶品で人気となっているアボカドですが、さまざまな料理に生まれ変わり、食事に登場する機会も多くあります。今回は、数あるアボカド料理の中からアボカドを使ったパスタ料理をご紹介します。パスタ料理に使うアボカドについてはもちろん、色んなバリエーションのパスタ料理をお届けします。

パスタによく合うアボカドとは?

最初にご紹介するのは、今日の主役でもあるアボカドについてです。アボカドは、色々な料理に登場する食材ですが、詳しいことを知らない方もいるのではないでしょうか?今回は、アボカドパスタ料理の特集ということで、アボカドについてから見ていくことにしましょう。

アボカドとは…【栄養満点の森のバター】

アボカドは、「森のバター」と呼ばれており、野菜というよりは果実の1種と言われています。口当たりがバターのようになめらかで濃厚なことが特徴ですし、栄養かも高いことから女性の間で人気の食材となっています。

アボカドはどこで作られる?

日本に存在するアボカドは、ほとんどがメキシコやニュージーランドなどで育てられて日本へ輸入されるものが多くなっています。しかし、わずかながら国内産のアボカドも販売されています。「アボガド」と言われてることもありますが、「アボカド」が正確な呼び方のようです。

パスタ以外にも大活躍!アボカドの特徴は?

次は、アボカドの特徴です。アボカドには、色んな料理に登場するだけの特徴が隠れています。そんなアボカドの特徴をご紹介していきましょう。果たして、アボカドにはどんな特徴があるのでしょうか?

特徴①濃厚な口当たり

アボカドの1つめの特徴は、森のバターと言われるほど濃厚な口当たりにあります。口に入れると溶けるようななめらかで柔らかい特徴があります。その口当たりから色んな料理に姿を変えて私たちの食卓を彩ってくれます。

特徴②栄養価の高さ

アボカドのカロリーは、100gあたり190kcalと比較的高めになっています。大きさも手の中に収まるくらいの大きさですが、その中にさまざまな栄養価がたっぷり含まれています。アボカドの栄養素やその効果に関しては、また後ほどご紹介していきます。

特徴③レシピのバリエーションが豊富

アボカドの特徴の3つめは、レシピのバリエーションです。アボカドは、和風、洋風、調理したり、そのままで食べたり、主食になったり、スイーツになったりとさまざまな食べ方があります。そのレシピバリエーションの豊富さから人気となっています。

アボカドの栄養素

続いては、先ほども触れたアボカドの栄養素をご紹介していきます。ご紹介したい栄養素はたくさんありますが、その中でも主なものを3つチェックしていきましょう。

栄養素①ビタミン類

アボカドの代表的な栄養素の1つめは、ビタミン類です。その主な栄養素は、ビタミンA、B1、B2、B6、C、Eなどの栄養素がアボカドの中にはたっぷり含まれています。このビタミン類は、健康への効果や美容への効果へ大きな助けになります。

栄養素②ミネラル類

2つめのアボカドの栄養素は、ミネラル類です。カリウムやカルシウム、マグネシウム、鉄などがまんべんなく含まれています。ミネラル類は、骨や歯など身体自体を作るために大切な栄養素です。

栄養素③不飽和脂肪酸

そして、3つめのアボカドの栄養素は、脂肪酸です。アボカド自体のカロリーは、約190kcalと高めですが、脂肪も多く含まれています。数字を見ると「あれ?」となってしまいますが、アボカドの脂肪酸は、8割がリノール酸やオレイン酸のため、コレステロールの心配がほとんどなく、むしろ健康のために必要な脂肪です。

知りたい!アボカドの健康への効果って?

アボカドについてやアボカドの特徴、栄養をここまでお話ししてきましたが、ここからは、健康や美容の効果についてご紹介していきましょう。その効果の多さから健康と美容別々にお届けしていきます。

効果①血液をサラサラにしてくれる効果

アボカドの1つめの健康の効果は、血液をサラサラにしてくれる効果です。その鍵を持っているのは、アボカドに含まれている不飽和脂肪酸です。不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールを下げてくれるので、血液がドロドロにならず、むしろ血行を良くしてくれる効果が期待出来ます。

効果②腸内環境の改善効果

2つめの効果は、腸内環境を改善してくれる効果です。腸内環境が乱れると老廃物を外に排出するデトックス効果が失われて健康へ悪影響を及ぼしてしまいます。アボカドには、食物繊維が豊富に含まれているため、腸内環境を改善に効果的です。

知りたい!アボカドの美容への効果って?

続いては、アボカドが持っている美容への効果です。女性の中には、アボカドの健康への効果はもちろん、美容効果の高さに注目して食べるようにしている方も多くいます。お肌がキレイな女性はとても魅力的に映るので、身体のみならずお肌の健康にも活用していきましょう。

効果①美肌効果

アボカドには、先ほどもお伝えしたようにリノール酸やリノレン酸などの脂肪酸や美容におすすめのビタミン類もたっぷり含まれています。そのため、美肌効果でお肌に弾力やハリを与えてくれます。さらに、抗酸化作用もあり、アンチエイジング効果もあります。

効果②ダイエット効果

アボカドは、ダイエットをしている女性にもおすすめの食材です。カロリーが高い分、取り過ぎは禁物ですが、脂肪を落としてくれたり、血行を良くして基礎代謝を上げてくれる効果があるため、効率良く、ダイエットを行う手助けをしてくれます。

パスタにたっぷり入れたい!美味しいアボカドの選び方

次の項目は、美味しいアボカドを選ぶ時の方法をご紹介していきます。特殊な皮に覆われて中が見えないので、選び方を知っておくと数ある中から美味しいアボカドを選ぶことが出来ます。その選び方は、大きく分けて3つあります。

選び方①色が濃いものを選ぼう!

アボカドを選ぶ1つめのポイントは、皮の色が濃いものを選ぶことです。アボカドは、熟していくと皮が緑色から焦げ茶色へと変わっていきます。美味しいアボカドの皮の色は、焦げ茶色から黒のものですが、あまり黒すぎるものはNGです。熟して過ぎているという証拠なので注意しましょう。

選び方②皮に張りとツヤがあるものを選ぼう!

美味しいアボカドを選ぶポイントの2つめは、皮にハリとツヤがあるものです。食べごろのアボカドは皮に弾力性があり、ツヤを帯びて凸凹がくっきりしているアボカドです。アボカドは、熟していくごとに先ほどの色だけでなく、ツヤや固さもチェックすることをおすすめします。

選び方③へタ部分に隙間がなく、フカフカしているものを選ぼう!

3つめのアボカドを選ぶポイントは、ヘタにあります。美味しいアボカドは、ヘタの部分を押すと柔らかかったり、浮いて来て少し隙間のあるものがおすすめです。しかし、ヘタが取れていて、その部分が黒く変色しているものは実まで変色している可能性があるので注意することがおすすめです。

パスタに活用するアボカドの剥き方

次は、今回のパスタレシピにも活用出来るアボカドの簡単な剥き方をご紹介します。アボカドは、コツさえ覚えれば簡単に剥くことが出来ます。早速、トライしてみましょう。

剥き方①アボカドを半分にしていこう!

アボカドを手に持ち、種に沿って縦に一周分包丁を入れていきます。包丁を入れ終わったら、切った面を横にして両手で捻るようにして分けていきましょう。そのまま引き剝がずとパカッと割れて、半分になります。

剥き方②種と皮を剥いていこう!

包丁を種にスーッと落として種を捻るようにしながら引き剥がしていくとキレイに取れます。種が取れたら、アボカドを3等分にします。そして、3等分に切ったアボカドを持ち、開くようにしながらペリッと実だけ押し上げるようにしながら皮を剥がしていきます。この調子で全てのアボカドを剥いていけば、完了です。

アボカドと絡めるパスタの茹で方

続いては、アボカドと同じくらい重要なパスタの茹で方です。基本的なことなので、知っている方の方が多いかと思いますが、改めておさらいがてら一緒に見ていきましょう。

パスタの茹で方①たっぷりのお湯でパスタを茹でよう!

パスタ200g、塩お湯の10%の量、オリーブオイル大さじ1〜適量を用意しましょう。大きめの鍋にたっぷりの水を入れて水に対して10%分の塩とオリーブオイルを入れます。お湯が沸騰したらパスタを一気に入れて、沸騰させたままパスタをほぐすように1分ほど茹でます。

パスタの茹で方②置き茹でをしていこう!

パスタが全部お湯に浸かるようにしてフタをしてから火から下ろし、袋に掲載されている時間から2分少ない時間のタイマーを設定してそのまま放置しておきます。時間が来たら固さをチェックしてザルにあげたら完成です。

優しい味の和風アボカドパスタレシピ

ここからは、本格的にアボカドパスタのレシピのご紹介に映っていきましょう。アボカドパスタには、色々なレシピバリエーションがありますが、その中でも絶品でくせになる4つのタイプのアボカドパスタレシピをご紹介します。まず始めは、和風のアボカドパスタからお届けしていきます。

レシピ①絶品!アボカドとツナの和風マヨパスタ

材料は、4人分です。パスタ300g、アボカド1個、ツナ1缶、めんつゆ大さじ2、マヨネーズ大さじ2、牛乳100cc、刻み海苔適量、わさびお好みで用意しましょう。ボウルに、細かく切っておいたアボカド、汁を切っておいたツナ、めんつゆ、マヨネーズ、牛乳を全て入れて混ぜます。茹でたパスタをボウルに入れてあえたらお皿に盛りつけて刻み海苔をかけて完成です。

レシピ②アボカドと納豆の和風パスタ

材料は、1人分です。アボカド1/2個、納豆1パック、パスタ200g、オリーブオイル大さじ1、しょうゆ大さじ2、わさび少々、白だし大さじ1、刻み海苔少々を用意します。

まずパスタを茹でてから、アボカドはさいの目切りにしておきます。さらに、納豆をよく混ぜて、しょうゆ、わさび、白だしは別で混ぜておきましょう。器にパスタを入れて、オリーブオイルを絡めておき、上に納豆、アボカド、先ほどの調味料をかけたら刻み海苔を乗せて完成です。

濃厚な口当たり!アボカドクリームパスタレシピ

先ほどは、和風のアボカドパスタのレシピをいくつかお届けしましたが、次にご紹介するアボカドのパスタレシピは、クリーム系のレシピです。和風とはまた違って、濃厚でクリーミーな食感と口当たりのアボカドともったりとしたクリームのバランスが良くて相性抜群になっています。和風パスタも人気ですが、クリームパスタを好む方も多くいます。

レシピ①アボカドとサーモンの絶品クリームパスタ

材料は2人分になっています。パスタ200g、アボカド1個、サーモンお好み、ウィンナー4本、ニンニク1かけ、玉ねぎ1/2個、牛乳150mg、コンソメ1個、バジルソース大さじ1、サラダ油大さじ1、塩こしょう適量、ブラックペッパー適量を用意します。

作り方

ニンニクとタマネギをみじん切りにし、ウィンナーを適当な大きさに切り、アボカドはボウルに入れて潰しておきます。サラダ油にニンニクを入れて香りが出るまで加熱したらそこへ玉ねぎを入れて炒め、パスタも茹で始めましょう。

ウィンナーとアボカドを炒めたら、牛乳を入れてコンソメと塩こしょうを入れて味を調え、バジルソースもここで投入します。そこへ火を止めてから適当な大きさに切ったサーモンを入れて余熱を通します。茹で上がったパスタの水を切ってから、先ほどのソースと和えて盛りつけてからブラックペッパーをかけたら完成です。

レシピ②アボカドと生ハムの豆乳クリームパスタ

材料は2人分です。パスタ200g、アボカド1〜2玉、生ハムお好み量、豆乳400cc、おろしにんにく小さじ2、塩適量、コンソメ1個、オリーブオイ適量、黒こしょう少々を用意します。

アボカドは、皮と種を取り、荒く潰します。そこへ豆乳、おろしにんにく、塩、コンソメ、オリーブオイルを入れて混ぜます。パスタを固めに茹でたらフライパンに入れて加熱しながら絡めていきます。仕上げに生ハムと黒こしょうを乗せて、オリーブオイルを回しかけたら完成です。

アボカドの濃厚さとのバランスが抜群!冷製パスタレシピ

和風パスタ、クリームパスタと来て次は、キリッと涼やかなアボカドの冷製バスタレシピです。アボカドは、加熱しても絶品ですが、そのまま食べてもクリーミーで絶品の美味しさです。和風やクリームなどの味の違いだけでなく、是非、加熱したアボカドも冷製パスタのアボカドの食感のどちらも楽しんでみましょう。

レシピ①レモン醤油の冷製アボカドパスタ

材料は2人分です。パスタ2束、アボカド1個、レモン汁大さじ6、しょうゆ大さじ3、黒こしょう適量、しらす大さじ4、焼き海苔1枚、ミニトマト4個、しそお好み量を用意します。パスタを袋に書いてある時間内で茹でたら、水で締めておきます。

アボカドは種を取って、スプーンで実だけを取り出します。器にアボカド、レモン汁、しょうゆ、黒こしょう、しらすを混ぜてパスタと和えます。器に盛りつけて、千切りにしたしそ、切ったトマト、焼き海苔を乗せたら完成です。

レシピ②エビとアボカドの冷製マヨパスタ

材料は2人分です。パスタ(1.5ミリ)200g、アボカド1個、エビ適量、マヨネーズ大さじ1、ごま油大さじ1、塩麹小さじ1、レモン汁小さじ2、クレイジーソルト少々を用意します。鍋にたっぷりのお湯を沸かして塩を入れてパスタを茹でていきます。エビもボイルしておきます。

アボカドは、種と皮と剥いて果肉をスプーンで取り、ボウルに入れたらそこへマヨネーズ、ごま油、レモン汁、塩麹を混ぜ合わせましょう。茹で上がったパスタを水でしっかり締めたら先ほどのボウルに入れて和えます。

トマトと一緒に!アボカドのトマトパスタレシピ

ここまで和風、クリーム、冷製と3つのアボカドパスタレシピをご紹介しました。アボカドのパスタレシピの最後は、トマトを使ったレシピです。パスタに良く登場するトマトは、酸味があってさっぱりている食感が絶品です。当然のことながらアボカドとマッチしてバランスの良いパスタになります。さらにトマトは、和風やクリーム、冷製などどんな味にも良く合います。

レシピ①青じそとアボカドの絶品パスタ

材料は、2人分です。パスタ200g、青じそ1束、アボカド半分〜1個、トマト2個、ごま油大さじ2、めんみ大さじ2〜、醤油小さじ1〜、白すりごま小さじ1〜、ニンニクのすりおろし1片分、粗挽き塩こしょう少々を用意します。

作り方

パスタを少し柔らかめに茹でたら、ごま油、めんみ、しょうゆ、白すりごま、ニンニクのすりおろし、粗挽き塩こしょうを合わせてタレを作ります。アボカドは1cm角に切っておき、トマトは16等分に切っておきましょう。タレの中に、アボカドとトマトを入れて冷蔵庫で1時間ほど冷やしておきます。

青じそを千切りにしたら、茹で上がったパスタは、氷水で締めておきましょう。ボウルに水切りしたパスタを入れて、具材とタレを入れ、青じそも入れて和えます。塩こしょうで味を整えてたら絶品青じそとアボカドパスタの完成です。

レシピ②トマトとアボカドのチキンサラダ風パスタ

材料は、1人分です。パスタ1人分、鶏胸肉1枚、水菜1株、トマト1つ、アボカド半分、人参1/3本、玉ねぎ半分、バジルお好み、ブラックペッパーお好み、ノンオイルドレッシング適量を用意します。鍋にたっぷりのお湯を入れてパスタを半分に折って表示時間の1分の時間で茹でます。

作り方

パスタはザルにあげて冷水で締めます。残ったパスタの茹で汁に一口大に切った鶏肉を入れてフタをしたら、5〜10分ほど置いて余熱で火を通します。火が通ったらザルにあげて鶏肉を割きましょう。

アボカド、トマト、水菜を食べやすい大きさに切って、人参と玉ねぎは薄くスライスしておきます。冷やしたパスタの上に野菜と鶏肉を乗せてバジルとドレッシングをかけたら完成です。

パスタ以外にも合う!アボカド料理はある?

アボカドパスタは、今回ご紹介した和風、クリーム、冷製、トマト以外にも絶品のレシピがたくさん存在します。さらに、最初にも触れたいようにアボカドの絶品レシピは、パスタだけではありません。他にどんな料理があるのかご紹介していきます。

その①サラダ

アボカドと聞いて思いつくのは、サラダです。サラダも和風や洋風なども色々ありますが、アボカドは、ドレッシングの絡みも良いので、サラダに入れたくなる食材です。お肉や魚介類などと合わせてパスタと一緒に食べるのもGOODです。

その②どんぶり

2つめは、アボカドを使ったどんぶりです。どんぶりは、ご飯に乗せるだけの簡単なレシピですが、ボリュームたっぷりの主食になります。アボカドと合わせるとおすすめの食材は、魚介類や納豆などです。自分のお好みの食材と一緒に組み合わせてみましょう。

その③グラタン

アボカドは、グラタンレシピも豊富にあります。グラタン皿に乗せてアボカドグラタンを作るのもいいですが、アボカドを丸ごと使ったグラタンもおすすめです。アボカドのとろみのある果肉がチーズやソースとマッチして食べ応えのある料理になります。

アボカドパスタのバリエーションを色々楽しもう!

いかがでしたか?アボカドのパスタレシピは、彩り豊かで作ってみたくなるレシピがたくさんあります。色んな味や食材との組み合わせを試してみて、是非お気に入りのアボカドパスタを作ってみましょう。

もっとアボカドについて知りたいアナタへ!こちらも要チェック!

Thumbアボカドの保存方法は?食べごろを見極めるポイントと保存期間は?
Thumbアボカドを食べごろの見分け方・アボカド食べ頃を早める方法ご紹介

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-19 時点

新着一覧