アボカドは冷凍保存できる!冷凍するメリットやおすすめの調理方法は?

アボカドを冷凍保存をした時のメリットや解凍方法、栄養の変化についてまとめました。アボカドは冷凍することができるので、すぐにアボカドを食べない時は冷凍保存をする方法がおすすめ。アボカドの冷凍保存方法や解凍方法、メリットをチェックしましょう!

アボカドは冷凍保存できる!冷凍するメリットやおすすめの調理方法は?

目次

  1. アボカドは冷凍保存が便利?
  2. 冷凍アボカドのメリット1:食べ頃をキープできる
  3. 冷凍アボカドのメリット2:セール時にまとめ買いすれば経済的
  4. アボカドの冷凍方法1:カットしてから冷凍保存
  5. アボカドの冷凍方法2:ペーストにしてから冷凍
  6. アボカドを冷凍する時は密閉が大切
  7. アボカドは必ず熟したものを冷凍保存しよう
  8. 冷凍アボカドの解凍方法や保存期間
  9. 冷凍したアボカドの栄養はどうなる?
  10. 冷凍アボカドで作りたい!アボカドのポタージュ
  11. クリーミーで美味しい!アボカドパスタのレシピ
  12. 朝食にぴったり!アボカドトーストのレシピ
  13. ヘルシーで美味しいアボカド生春巻きのレシピ
  14. ボリュームばっちり!アボカドコロッケのレシピ
  15. 冷凍アボカドのメリットを活用してみよう!

アボカドは冷凍保存が便利?

いろいろな用途で使えて便利なアボカド

栄養が豊富なのに加えていろいろな料理で使うことができるアボカド。そんなアボカドを最大限に利用するためにおすすめなのが冷凍保存です。アボカドを冷凍保存するというのはあまり聞いたことがないかもしれませんが、実はメリットがたくさん。冷凍保存をすることによって、さらに気軽にアボカドを楽しむことができるようになります。

アボカドの冷凍保存や解凍方法などをチェックしよう

今回は、アボカドの冷凍保存方法や解凍方法、冷凍保存をすることによるメリットについてご紹介します。アボカドを冷凍保存する時に気になる栄養についてもまとめました。冷凍アボカドを活用したおすすめレシピも集めたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。冷凍アボカドのメリットを余すことなく活用していきましょう!

Thumbアボカドのカロリーやコレステロールはどのくらい?糖質や脂質も徹底調査!

冷凍アボカドのメリット1:食べ頃をキープできる

追熟がどんどん進むアボカド

それでは、アボカドを冷凍するメリットとはどんなものでしょうか?アボカドを冷凍するメリットとしてまずあげられるのが、美味しい状態をキープできるということ。アボカドは常温に置いておくと、どんどん追熟していきます。食べ頃をすぎたアボカドは熟しすぎて美味しくなくなってしまうので、食べ頃を逃さずに食べるのが重要なポイント。

冷凍保存は美味しいアボカドをキープできるのがメリット

せっかくアボカドが食べ頃になったとしても、その日の料理で使うことができないと意味がないですよね。そんな時は冷凍しておくのがおすすめ。冷凍することで追熟が止まり、美味しい状態をキープできます。アボカドが食べ頃になったけどすぐに食べられない、というときにぜひ冷凍保存を活用してみましょう。

冷凍アボカドのメリット2:セール時にまとめ買いすれば経済的

高価なことが多いアボカド

アボカドは品質や時期によって効果になる場合があります。いろいろな料理に使えるアボカドですが、効果な場合はなかなかたくさん使えないですよね。そんな時にもアボカドの冷凍保存が大活躍。

安いタイミングを狙って冷凍保存してみよう

セールなどでアボカドが安くなっているタイミングを狙ってまとめ買いをし、食べ頃がきたら冷凍してストックしておけば経済的。冷凍しておくことによって食べ頃をキープできるので、まとめ買いをしたとしても最後まで美味しいアボカドをいただくことができるようになります。

アボカドの冷凍方法1:カットしてから冷凍保存

アボカドをカットする

それでは、アボカドの具体的な冷凍保存方法を見ていきましょう。アボカドの冷凍保存はとても簡単です。まずはアボカドを縦半分に切り、種を取り除きましょう。皮をむいたアボカドを角切りにしていきます。この時、食べやすい大きさに角切りすればOK。薄切りや輪切りにしても大丈夫です。

レモンをまぶしてから冷凍保存

カットしたアボカドにレモン果汁をまぶしましょう。アボカドは空気に触れると酸化して色が悪くなってしまいます。アボカドの変色を防ぐためにはレモン果汁が効果的。レモン果汁をまぶしたら、ジッパー付きの保存袋に入れて密閉します。そのまま冷凍庫へ入れたら完了。

Thumbアボカドの切り方!安全な切り方や料理によって使い分けたい切り方まとめ

アボカドの冷凍方法2:ペーストにしてから冷凍

ペースト状にして冷凍庫へ

アボカドは、ペースト状にした場合でも冷凍保存することができます。用途に合わせて、カットアボカドかペーストアボカドかを選んでくださいね。アボカドの皮と種を取り除いたら、フォークなどで潰してペースト状にしましょう。レモン果汁を混ぜ合わせたら保存袋に密閉して冷凍庫へ。そのまま冷凍したら完成です。

味付けをすれば使いたい時にすぐ使えて便利

アボカドペーストは味付けをしなくても良いですが、あらかじめ味付けをしておけば解凍した後にすぐ使えるのでおすすめ。塩胡椒でシンプルに味付けをするほか、ワサビ醤油で和風にするなど味付けのバリエーションはいろいろ。さまざまな味のアボカドペーストを冷凍保存しておけば、解凍してからアボカドディップとして使えるので毎日の食卓に役立ちます。

アボカドを冷凍する時は密閉が大切

空気に触れると劣化が早まる

アボカドはデリケートで傷みやすい食材です。アボカドをカットすると果肉が空気に触れ、酸化がはじまるので気をつけましょう。酸化が進むとアボカドが劣化し、栄養価も落ちてしまうことがあるので注意。アボカドは酸化をさせず、フレッシュな状態で冷凍保存をするのが栄養価を落とさず美味しい冷凍アボカドを作るポイントになります。

空気をしっかり抜こう

空気によるアボカドの酸化を防ぐためには、しっかりと密閉することが大切になります。密閉することによって空気に触れる確率が下がり、アボカドの酸化の予防が可能に。密閉をするには、ストローを差し込んで空気を吸いましょう。こうすることで簡単に密閉状態を作ることができます。密閉機があるときは、それを活用すると簡単なのでおすすめ。

アボカドは必ず熟したものを冷凍保存しよう

冷凍するとアボカドの追熟が止まる

アボカドは冷凍することによって追熟が止まります。なので、冷凍保存をする時は十分に追熟されて食べ頃になったアボカドを使うことが大切。熟していないアボカドを冷凍保存すると、それ以上追熟せず美味しい状態を楽しめなくなってしまいます。アボカドが熟しているかどうかをしっかり確認してから冷凍アボカドを作ってくださいね。

熟したアボカドの見分け方は?

アボカドが熟しているかどうか見分けるためには見た目が重要になります。熟したアボカドは黒っぽい色になっているので、まずはそこをチェックしましょう。熟していないアボカドは緑色なので気をつけておきたいですね。次に弾力を確かめます。アボカドの表面に弾力があれば熟したサイン。ヘタの部分がフカフカとして取れそうなときも熟している証拠です。

Thumbアボカドの保存方法は?食べごろを見極めるポイントと保存期間は?

冷凍アボカドの解凍方法や保存期間

自然解凍がおすすめ

冷凍アボカドを使う時は、自然解凍するのがおすすめ。冷凍庫から冷蔵庫へ移し、自然解凍させましょう。時間がない時は電子レンジで解凍してもOKです。電子レンジの解凍機能を使えば、加熱しすぎることもないので美味しく冷凍アボカドをいただけます。

保存期間は1ヶ月ほど

冷凍アボカドの保存期間は1ヶ月ほど。保存する時に袋に日付を書いておくと安心です。美味しい状態で冷凍アボカドをいただいてくださいね。

冷凍したアボカドの栄養はどうなる?

栄養は落ちない

アボカドは冷凍しても栄養は落ちないとされています。ただし、何度も冷凍と解凍を繰り返したり、冷凍庫から頻繁に出していると栄養が落ちることがあるので注意。

劣化を防ぐために小分けにして保存しよう

アボカドの劣化を防いで栄養をキープするためには小分けにするのがおすすめ。使いやすい分量を小分けにして、冷凍保存しましょう!

冷凍アボカドで作りたい!アボカドのポタージュ

アボカドのポタージュに必要な材料

冷凍アボカドのメリットや冷凍&解凍方法をチェックできたら、冷凍アボカドを活用した料理レシピを見ていきましょう。まずおすすめなのがアボカドを使ったポタージュ。アボカドの濃厚な味わいをしっかり堪能することができます。冷凍アボカドを用意しておけば、気軽に作ることができるのが嬉しいポイント。栄養たっぷりなアボカドポタージュをいただいてみましょう!

アボカドポタージュに必要な材料は、玉ねぎ1/2個、アボカド1個、水200ml、バター10g、塩小さじ1/4、コンソメ顆粒小さじ2、豆乳200ml、塩胡椒、生クリームになります。アボカドのポタージュに合わせるバゲットを用意しておくのもおすすめ。小さなカップにアボカドポタージュを入れてワンプレートにまとめるとおしゃれになります。

美味しいレシピ

冷凍アボカドは解凍しておきます。玉ねぎは薄切りにしましょう。鍋にバターを入れて加熱し、玉ねぎを炒めます。玉ねぎがしんなりとしたら解凍した冷凍アボカドを加え、軽く炒め合わせてください。水・コンソメ顆粒を入れて煮立たせ、10分ほど煮込みます。

ミキサーにスープを入れて撹拌しましょう。なめらかな状態になったらミキサーから取り出し、豆乳を注いで温めます。沸騰させると分離するので気をつけてくださいね。塩胡椒で味を整え、カップの入れてから生クリームを少量回しかけたら完成です。

Thumb【アボカドレシピ】今すぐ作りたくなる簡単料理やおつまみまとめ!

クリーミーで美味しい!アボカドパスタのレシピ

アボカドパスタに必要な材料

アボカドのクリーミーな風味を生かしたアボカドパスタもぜひ作っておきたいレシピ。アボカドを使うことによって、濃厚な味わいを簡単に楽しめるようになります。簡単に作ることができるので、ランチタイムに簡単にパスタを作りたい時にもぴったり。冷凍アボカドをストックして、気軽に美味しいアボカドパスタを作ってみましょう!

アボカドパスタに必要な材料は、アボカド1個、玉ねぎ1/2個、ニンニクひとかけら、ツナ缶1個、牛乳150ml、塩、黒胡椒になります。お好みで貝割れ菜をトッピングしてアクセントにするのもおすすめ。ツナ缶ではなくエビを使ったり、ミニトマトを加えるなどお好みに合わせてアレンジをしながらアボカドパスタを作っていきましょう!

簡単なレシピ

パスタは塩を入れたお湯で表示時間通りに茹でましょう。冷凍アボカドを解凍します。玉ねぎとニンニクは薄切りにしてください。フライパンにオリーブオイルをしいたら、玉ねぎとニンニクを炒めます。ニンニクの香りが出て玉ねぎがしんなりとしたらアボカドとツナをプラス。

アボカドを炒め合わせたら牛乳を加えてかるく煮込みます。茹でたパスタを加えてからめたら、塩胡椒で味を整えて完成。

朝食にぴったり!アボカドトーストのレシピ

アボカドトーストに必要な材料

朝食にぴったりなアボカドレシピを楽しみたい時は、アボカドトーストにするのがおすすめ。簡単に作れるので、時間のない朝の時間帯でも気軽にアボカドトーストを楽しむことができます。冷凍アボカドがあればさらに簡単。アボカドの濃厚な味わいとトーストは相性ぴったりなので、朝から栄養をチャージできるような食事に仕上げられます。

アボカドトーストに必要な材料は、アボカド1個、マヨネーズ小さじ1、レモン果汁小さじ1、ニンニクのすりおろし小さじ1/8、ココナッツオイル小さじ2、食パン2枚になります。アボカドトーストには卵をトッピングするのがおすすめ。ポーチドエッグや目玉焼きなど、好みの卵を上にのせてみましょう。スクランブルエッグをのせても美味しくいただけます。

冷凍アボカドで気軽に作れるレシピ

冷凍アボカドな解凍して潰しておきましょう。食パンにココナッツオイルを塗って焼き目がつくまでトーストします。ボウルにマヨネーズ・レモン果汁・ニンニク・アボカドを入れたら混ぜ合わせてください。トーストした食パンにアボカドペーストを塗って黒胡椒をふりかけたら完成です。

もっと手間を省きたい時は、時間がある時に味付きのアボカドペーストを作っておきましょう。自然解凍をするか電子レンジの解凍機能を使って解凍してからトーストに塗ればそれでアボカドトーストが完成します。ぜひ朝の食事に役立ててみてくださいね。

ヘルシーで美味しいアボカド生春巻きのレシピ

アボカド生春巻きに必要な材料

ヘルシーなアボカド料理を食べたい時にぴったりなのがアボカドの生春巻き。さっぱりといただける生春巻きですが、アボカドを入れることによって濃厚な味わいになるので食べ応えがあるのが嬉しいポイントです。普段の食事にはもちろんのこと、おもてなし料理としても活用可能。お酒との相性も良いので、ぜひ冷凍アボカドで作ってみてはいかがですか。

アボカド生春巻きに必要な材料は、カニカマ4本、サラダ菜4枚、ライスペーパー4枚、アボカド1個、レモン果汁小さじ1/2、マヨネーズ大さじ2になります。生春巻きにつけるタレとして、醤油大さじ2、ごま油小さじ1、ワサビを用意しておきましょう。もちろん、チリソースなどをつけても美味しいので好みに合わせてタレを変えてみてくださいね。

冷凍アボカドを活用したレシピ

冷凍アボカドは解凍して潰し、マヨネーズとレモン果汁を混ぜ合わせておきます。ライスペーパーを水に浸けて柔らかくしましょう。軽く水気をとったら、サラダ菜とアボカドペースト、カニカマをのせます。ライスペーパーで具材を包んだら食べやすい大きさにカット。醤油・ごま油・ワサビを混ぜ合わせたタレをそえて完成です。

ボリュームばっちり!アボカドコロッケのレシピ

アボカドコロッケに必要な材料

ボリュームのあるアボカド料理が良い時はアボカドコロッケを作ってみましょう。アボカドを入れることによって、普通のコロッケよりも濃厚な味わいを楽しめるようになるのが魅力。チーズを入れて風味づけするのもポイントです。大人から子供まで好きな味に仕上がるので、パーティー料理に活用するのもおすすめ。冷凍アボカドがあれば簡単です。

アボカドコロッケに必要な材料は、角切りにした冷凍アボカド30g、ジャガイモ50g、エビ35g、とろけるチーズ30g、白ワイン5g、バター5g、塩胡椒、薄力粉、パン粉、卵になります。アボカドコロッケは味がしっかりついているので、ソースがなくても美味しくいただけるのが特徴。揚げたてはもちろんのこと、冷めてもアボカドの濃厚な味わいを堪能できます。

冷凍アボカドを使えるレシピ

ジャガイモは電子レンジで加熱して皮をむき、潰しておきましょう。冷凍アボカドは解凍します。エビは殻をとってぶつ切りにし、バターを加熱したフライパンで炒めてください。エビの色が変わってきたら白ワインを加えてアルコールを飛ばし、塩胡椒で味を整えます。潰したジャガイモにチーズとアボカド、粗熱をとったエビを加えて混ぜ合わせ、塩胡椒で味を整えましょう。

食べやすい大きさに丸めたら、薄力粉・溶き卵・パン粉の順で衣をつけます。揚油できつね色になるまで揚げたら完成。

冷凍アボカドのメリットを活用してみよう!

アボカドの美味しい状態をキープできる冷凍保存はとても便利。冷凍したアボカドは、いろいろな料理で活用してみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-07-09 時点

新着一覧