自転車の子供乗せができるものでおすすめは?選び方や人気商品紹介

子供乗せ自転車は何歳から子供を乗せられるの?子供乗せ自転車は前に子供を乗せるタイプと後ろに子供乗せするタイプがあります。子供乗せ自転車はどっちがおすすめ?今回はそんな子供乗せ自転車のオススメメーカーや人気商品をご紹介します!

自転車の子供乗せができるものでおすすめは?選び方や人気商品紹介

目次

  1. 子供乗せ自転車が欲しい!
  2. 子供乗せ自転車どう選ぶ?電動?自力?
  3. 子供乗せ自転車、何インチが人気なの?
  4. 子供乗せ自転車の選び方!大人の身長も考慮しよう。
  5. 子供乗せ自転車の後ろ乗せ、前乗せの違いは?
  6. 子供乗せ自転車は何歳から可能?
  7. 子供乗せ自転車の危険度を把握しよう
  8. 前子供乗せ自転車は一体型とオプションがある!
  9. 子供乗せ自転車の安全マーク!知ってますか?
  10. 子供乗せ自転車人気おすすめ「フィデース 子供乗せ自転車 20インチ」
  11. 子供乗せ自転車「丸石サイクル ふらっか~ずシュシュ」
  12. おすすめ人気の子供乗せ自転車「ブリヂストン ハイディツー」
  13. おすすめ人気の子供乗せ自転車「ブリヂストン モブe」
  14. おすすめ人気の子供乗せ自転車「パナソニック ギュット・ミニ・DX」
  15. 人気の子供乗せ自転車の選び方!まとめ

子供乗せ自転車が欲しい!

育児の中で、子供を連れての外出に便利な子供乗せ自転車。育児をする中で抱っこ紐やベビーカーよりも、気軽に出かけられるママたちには欠かせない子育てアイテムです。そんな子供乗せ自転車は子供が何歳から乗せられるのでしょうか。子供乗せ自転車の人気商品やおすすめの子供乗せ自転車の選び方をご紹介します。

最近では自転車屋さんの他にも、ホームセンターや雑貨屋でも子供自転車を扱っていたり、通信販売の商品としても子供乗せ自転車は販売されています。子供乗せ自転車のママの口コミや評判なども気になります。人気商品はなぜ人気なのかなどもまとめていきます。

子供乗せ自転車どう選ぶ?電動?自力?

育児をする中で気になる子供乗せ自転車。子供乗せ自転車の購入を考えたときに悩むのが電動か?自力か?ですね。最近は電動自転車の普及も伴い、子供乗せ自転車も電動を利用している人が多いようです。電動自転車のメリットはなんといっても子供を乗せていてもすいすい漕げること。ちょっとした坂道ならがんばらなくてもすいすい漕げます。

電動子供乗せ自転車のデメリットは、重たい、充電が面倒、金額が高い、メンテナンスが必要。等です。しかし快適な子供乗せ自転車として重宝されています。一方自力の子供乗せ自転車は、金額的にも半額以下!特段メンテナンスも必要なく、永遠に乗り続けることができます。電動に比べれば自力で漕ぐので坂道の多い地域では不利ですが、平坦な道で使用する分には何も問題ありません。

子供乗せ自転車、何インチが人気なの?

子供乗せ自転車を購入する際にはまだまな悩みが尽きません。続いては子供乗せ自転車の大きさになります。通常26インチくらいの大きさが大人の自転車サイズですが、子供乗せ自転車には20インチというサイズも人気商品になっています。理由は、子供を乗せる時のママの負担や子供自身の乗り降りのしやすさがあります。

26インチになると年中くらいの子供でもよじ登るのに苦労します。しかし20インチは幼稚園児くらいなら簡単に自分で乗り降りしてくれるちょうど良い高さです。また、20インチが人気の理由に万が一自転車を立てた状態で乗ろうとした、乗せようとして子供乗せ自転車が倒れた場合のこともあるようです。26インチの自転車と20インチの自転車では倒れて落下する高さに多少差があるので低いほうが安心という事です。

しかし、20インチとは大人の折りたたみ自転車程度のタイヤの大きさなので、26インチの自転車と同じ距離をすすむのに、比較すると漕ぐ回数が多く必要です。何はともあれ、実際に店舗で乗ってみないと感覚は人それぞれです。まずは自転車屋さんで試乗するのが一番手っ取り早いのです。しかし、子供乗せ自転車を購入する際には前もって知識を持っておくのも大切です。続いては、子供乗せ自転車は何歳から乗せてもよいものなのか?についてです。

子供乗せ自転車の選び方!大人の身長も考慮しよう。

子供乗せ自転車の選び方として何点か挙げて来ましたが、実際に自転車を漕ぐ大人の身長はどうでしょうか。高身長の人が20インチの自転車では窮屈に感じてしまうこともありますし、メーカーによっては大柄な人が乗っても快適に子供乗せ自転車を漕げるように考慮して設計されている子供乗せ自転車もあります。

乗り心地も、乗りやすさも実際に乗ってみるのが一番よいのですが、実際にお店で試す場合は乗り心地の他にも乗っている自分がどんな風に見えているのか鏡で確認するのも大切です。せっかく高価な買い物をするのであればおしゃれに乗りこなしたいですよね!

子供乗せ自転車の後ろ乗せ、前乗せの違いは?

子供乗せ自転車にはハンドルの間に子供を乗せるスタイルと、運転者の後方に子供乗せを設置して載せるタイプがありますね。あの違いは何なのでしょうか。自転車は実は乗り物ということで「道路交通法」が適用されています。自動車と同じように道路交通法を守る義務があるのです。子供乗せ自転車のルールについては都道府県によって違いがあるので購入する前にお住まいの都道府県の交通ルールを確認しましょう。

全国的な法律としては、子供乗せ自転車の前後に乗せられる子供の年齢は6歳未満となっています。小学生は対象外なのです!です。また、前乗せと後方乗せの違いは、自転車の前に子供乗せを設置している場合、前方に乗せる事が出来る子供の年齢は4歳未満15キロ以内と法律で決まっています。後方は先ほどお伝えしたとおり6歳未満となります。体重については前乗せ、後方共に子供乗せ椅子によって体重制限があるので確認しましょう。

子供乗せ自転車は何歳から可能?

法律では自転車の2人乗りは法律違反になりますが、子供を乗せる場合は都道府県の定める法を守れば可能となっています。大人がおんぶ紐でしっかりとおんぶすれば子供乗せを設置しなくても自転車の二人乗りを可能としている地域もあります。では子供乗せ椅子を設置した場合はどうでしょうか。

一般的な子供乗せ自転車はチャイルドシートのメーカーにもよって違いがあるので確認が必要ですが、前乗せに関してはほとんどのメーカーが1歳頃~4歳(15キロ未満)身長100センチ以下、としています。後ろ乗せは1歳~6歳、体重22キロ以下、前後共に子供乗せを行う場合は子ども2人で30キロ以内となっています。1歳~2歳はしっかりと固定できていないと眠ってしまったときなどに転落の恐れもあるので自己責任できちんと管理しましょう。

子供乗せ自転車の危険度を把握しよう

子供乗せ自転車の前乗せ、後ろ乗せともにメリットデメリットがあり、また子供乗せ自転車の危険性も把握下上で子供乗せ自転車の選び方を検討したいですね。子供乗せ自転車は便利で快適な外出をサポートしてくれます。しかし、自転車の事故や怪我はあとをたちません。子供乗せ自転車の事故や怪我は、子供乗せ自転車を漕いでいる時だけではなく、停車している状態でも事故や怪我があるのという事は頭に置いておきましょう。

専用の保険なども普及しているので子供乗せ自転車と共に検討しておくと良いでしょう。また、子供乗せ自転車の前乗せのメリットとしては、前乗せは1歳くらいの子供でも自分の視界内で子供の様子を確認できるので安心して乗せる事がメリットです。子供を後ろ乗せする場合は前乗せの様にハンドルに重さが加わらないので運転しやすく、風や日光が直接子供に当たらない、乗り降りが楽。などというメリットがあります。

前乗せのデメリットとしては、ハンドルに子供乗せを設置するのでハンドル操作が難しい、4歳以降は後ろ乗せに移行する必要がある。などのデメリットもあります。後ろ乗せは、子供の様子を運転中に確認するのが難しいというのがあります。ご自身のスタイルで利用しやすい方を選びましょう。前乗せの子供乗せはハンドル一体化の物と後付できるものなどメーカーによって様々です。

前子供乗せ自転車は一体型とオプションがある!

子供を前に乗せる自転車を選択する場合、2通りあります。一つは販売の時点でハンドルと子供乗せが一体化された設計の物、こちらは、子供を乗せる位置が程よい高さに設置してあるので、運転者も前方の視界が良好です。後付の前乗せ子供椅子よりも安定感があるのも一体型のメリットです。また、一体型はオプションのレインガードなどの選択しが豊富なのも嬉しいですね。電動自転車の場合、子供からは自転車のボタンが押しにくいような設計になっているものもあります。

もちろん、前に子供乗せ椅子を設置出来ない自転車もあるので注意しましょう。後付の前乗せ椅子は自転車のかごが従来どおりに使用でき、子供乗せしない場合の快適な荷空間を確保してあるので、荷物の出し入れもしやすいのが特徴です。育児の荷物をたくさん積んで移動で気安いのは嬉しいです。また、後付の椅子は子供の成長に合わせて取り外しできるのも嬉しいですね。子供のせの選び方はあなた次第です!

子供乗せ自転車の安全マーク!知ってますか?

子供乗せ自転車の選び方のポイントがいくつかわかってきたところで、「BAA」マークというのをご存知ですか?一般社団協会 自転車保安協会が設定する安全基準をクリアした自転車にの添付される安全マークです。厳しい審査基準をクリアした、安全に子供を乗せられる子供乗せ自転車の証といっても良いでしょう。BAAマークの無い自転車でも子供乗せ椅子を設置する事は出来ますが、万が一の保証や安全を考えるとBAAマークのある自転車を選びいたいですね。

何よりも、快適な移動よりも安全に子供を乗せられることが第一条件ですね。数千円の違いで安全を手に入れられるのですから、ここはきちんと基準をクリアしたものを選択しましょう。子供を同時に子供乗せ自転車に乗せる場合は、先ほどお伝えしたとおり、ハンドルと一体型になっている前乗せと後付の子供乗せ椅子があるので自分のスタイルに合ったものを選びましょう。

子供乗せ自転車人気おすすめ「フィデース 子供乗せ自転車 20インチ」

十店舗ではなかなか見かけないのですが、フェデ-スの子供乗せ自転車がおしゃれだと人気です。BAA認定車で、20インチのなんとなくレトロなデザインがおしゃれですね。タイヤが太めに作れれており、20インチの低い車体で安定感があります。ネット通販などで販売されているものには、子供乗せや防犯登録込みなどのオプションが豊富なので人気です。

非電動自転車で価格は42,800円ほどです。サイトによってはオプション付きで3万弱で販売している事もあるのでサイトをチェックしてみましょう。3人乗りには鯛オプしていないので1人のりの子供乗せ自転車としては、いずれ子供乗せを取り外してもおしゃれに乗ることが出来るデザインなので長い目でみての自転車の選び方におすすめです。

子供乗せ自転車「丸石サイクル ふらっか~ずシュシュ」

非電動自転車のメーカーの中でも人気なのが丸石サイクルのふらつかーずです。運転者の乗り降りがスムーズになるように低く作られていたり、安全に子供乗せができると評判の商品です。また、スタンドもしっかりしているのもおすすめポイントです。子供2人乗せに対応している商品で、太いパイプで安全に走行できます。

20インチの商品ですが、育児には嬉しい2人乗せ対応商品で、価格は53,266円程です。アッシュ系のくすんだ落ち着いた色が多いのでおしゃれな育児ママたちにも人気で。ハンドルの中央部分に設置できる前乗せ子供シートは子供を乗せない時には自転車のかごとして活用できるのもうれしいですね。

おすすめ人気の子供乗せ自転車「ブリヂストン ハイディツー」

育児ママにも人気のファッション誌との子ラボで誕生したハイデーツーは26インチの電動自転車です。価格は非電動自転車の2倍しますが、幼児同時乗せにも対応している商品で安心して子供乗せをすることができます。おしゃれと育児を両立できるハイセンスなデザインで人気です。

育児にかかわるパパもママも快適に乗れるように考え抜かれた26インチの商品でおしゃれに育児を楽しみたいパパママに大人気なんだそうです。カラーも5色展開という事で自分好みの色に出会えること間違いなしです。前乗せの椅子は子供が成長したら取り外す事が出来るのでママパパ自転車としても将来活躍してくれそうですね。

おすすめ人気の子供乗せ自転車「ブリヂストン モブe」

子供乗せ電動自転車のなかでもデザイン性の高さや考えぬかれた乗り心地で大人気のビッケで、2012年グッドデザイン賞などを受けた電動自転車の進化系として販売されている「ビッケモブ」。かわいいデザインとカラーバリエーションで育児を楽しくしてくれると人気です。

ビッケeは運転者がまたぎやすい設計にバージョンアップされてさらに使いやすくなりました。身長の低いママでも気にせず自転車に乗り込めますね!価格は118,100円程ですがカラーも5色展開、3人乗りにも対応しているので安全に、しかもおしゃれに育児できる快適子供乗せ自転車としてインスタなどにも多く登場しているおすすめ自転車です。

おすすめ人気の子供乗せ自転車「パナソニック ギュット・ミニ・DX」

言わずと知れたパナソニック。電機メーカーから販売されているギュットミニ。5色展開のかわいらしいデザインで人気の商品です。3人乗りに対応しており、20インチのbodyは乗り降りが簡単で安定しているので3人乗りにおすすめです。低い重心で走行可能なので、前後に子供を乗せても安定して走行できます。

駐輪の際、ハンドルが同時に固定される機能が付いているので、ハンドルが動いて自転車が転倒したり子供の乗り降りの際にも安全です。カラーも5色展開なので、お気に入りの色が見つかりそうですね!安定感のある電動自転車として人気のおすすめ商品です。かわいらしいカラーがそろっているので、好みの色の自転車でご機嫌で出かけましょう!

人気の子供乗せ自転車の選び方!まとめ

子供乗せ自転車の基本の選び方や、子供乗せ自転車の前乗せ、後ろ乗せの選び方など人気商品と共にご紹介してきました。気になる自転車はみつかりましたか?自転車の前乗せはおよそ1歳くらいから4歳の15キロ未満の子供という決まりがあることがわかりました。また、後方は1歳から6歳までの22キロくらいまでの幼児が対象で、小学生は道路交通法で禁止されている事もわかりました。

子供の前乗せは子供の様子を走行中にも確認できるメリットや、小さな子供でも安心して乗せられるメリットがあり、後ろ乗せは長い期間活用でき、運転も前乗せト比較すると安定して運転できる事ができます。前乗せ、後ろ乗せ共に自転車の選び方には安全性を考慮してじっくりと選びたいですね。あなたの育児に合ったおしゃれで快適な自転車を見つけてくださいね!

その他の子供の自転車に関する記事はこちら

Thumb赤ちゃん・乳児用ヘルメット!商品の選び方や子供用自転車も紹介
Thumb赤ちゃんの自転車のせはいつから?注意点やおすすめ商品について紹介
Thumb自転車用レインコートおすすめまとめ!人気のオシャレなものは?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-11 時点

新着一覧