自転車の子供乗せで前はいつから何歳まで?選び方や注意点を調査

自転車の前の子供乗せの選び方や注意点、何歳まで子供乗せはOKなのかなどについてまとめました。自転車の前の子供乗せは選び方や注意点をチェックしておくことが必要不可欠。何歳まで可能なのかを含めて自転車の前の子供乗せについて学んでいきましょう!

自転車の子供乗せで前はいつから何歳まで?選び方や注意点を調査

目次

  1. 自転車の前の子供乗せの選び方や注意点を知りたい!
  2. 自転車の子供乗せってどんなもの?
  3. 自転車の前の子供乗せは何歳から何歳までOK?
  4. 前に子供乗せをつけるときに最適な自転車の選び方は?
  5. 前に子供乗せをつけた自転車の選び方の注意点
  6. 子供乗せ自転車に必要な機能の選び方のポイント
  7. 自転車の前の子供乗せに子供を乗せる時の注意点
  8. 電動自転車でおすすめ!ブリヂストンのハイディツー
  9. デザインも機能性もばっちり!ビッケモブも人気の子供乗せ自転車
  10. お気に入りの子供乗せ自転車で出かけよう!

自転車の前の子供乗せの選び方や注意点を知りたい!

何歳までかなど悩むことが多い自転車の前の子供乗せ

子供が成長してきたらお母さんとお出かけをする機会も多くなりますよね。保育園などの送り迎えや買い物など、いろいろなシーンで出かけることが多くなった子供とのお出かけに便利なのが自転車の子供乗せです。子供と徒歩でお出かけをするのは時間がかかりますし、いろいろと面倒なことも起こりがち。そんな時も自転車の子供乗せを活用すればぐっと楽になります。

自転車の子供乗せを利用する時に気になるのが、自転車の選び方や注意点、何歳まで前に乗せることができるといったこと。自転車の前に子供乗せができる期間をしっかり把握しておかないと思わぬ事故につながる場合もあるので気をつけておくことが重要になってきます。大切な子供だからこそ親が安全を確保してあげることが重要なポイント。

自転車の前の子供乗せについてチェックしよう!

「自転車の子供乗せが前の場合、何歳から何歳まで大丈夫?」「子供乗せ自転車を選ぶ時の注意点を知りたい!」というときにぴったりな自転車の子供乗せに関する情報をまとめました。基本的なポイントさえおさえておけば、気軽に子供たちと一緒に自転車でお出かけができるようになります。お気に入りの自転車で子供たちと出かけてみましょう!

Thumb赤ちゃんの自転車のせはいつから?注意点やおすすめ商品について紹介

自転車の子供乗せってどんなもの?

自転車の子供乗せには前と後ろで2種類ある

そもそも、子供乗せ自転車とはどういったものなのでしょうか。簡単に言うと、専用の自転車に子供が乗れるシートを取り付けたスタイルのことを言います。子供を乗せることができるので小さな子供と一緒にお出かけしやすいのが嬉しいポイント。そんな子供乗せ自転車には前と後ろの2種類があります。

子供乗せを前にするか後ろにするかは子供の年齢や体重などによって変わります。子供の大きさにそぐわない乗せ方をすると事故につながる可能性が高くなるので、注意点はしっかりおさえておくことが重要なポイント。

何歳かによって自転車の子供乗せを前か後ろか決めよう

「何歳になったら前から後ろに移動をさせる」といったように子供乗せ自転車の基本をチェックして、最適な乗り方で子供を自転車に乗せてあげましょう。年齢にふさわしくない乗せ方をすると子供に怪我を負わせることになってしまうかもせいないので要注意。便利な子供乗せ自転車だからこそ、思わぬ事故につながらないようにすることが重要です。

自転車の前の子供乗せは何歳から何歳までOK?

10ヶ月くらいから前の子供乗せできるように

それでは、まずは自転車の子供乗せを前にする場合に最適な子供の年齢についてチェックしていきましょう。前の子供乗せに座らせる時は、子供の発育状態をチェックすることが大切になります。自転車に子供を乗せるためには首と腰がすわっていることが第一条件。だいたい10ヶ月以降から首と腰がすわってくるので、前の子供乗せができるようになります。

10ヶ月が経過したからといってすぐに自転車の子供乗せができるようになるわけではありません。月齢は目安なので、子供の発育状態をしっかり把握することの方が大切です。まだ首や腰が座っていない状態で自転車に乗せるのは危険なので気をつけてくださいね。

何歳でも100cm&15kg以上になったら前の子供乗せはやめよう

自転車の前の子供乗せはいつまでもOKというわけではありません。少なくとも15kgを超えたら前に子供を乗せるのはやめましょう。15kg以上の子供を前に乗せているとハンドルの操作が難しくなり、適格な運転をすることができなくなってしまいます。ふらふらとした自転車の運転は自分たちだけでなく周囲にも迷惑をかけるので気をつけてください。

子供の身長も要チェック。子供が100cm以上になると親の視界がふさがれ、安全な自転車走行がしにくくなってしまいます。子供が100cm以上になった場合も前の子供乗せはやめましょう。法律上では6歳未満なら前の子供乗せはOKということになっていますが、成長度合いによって見極めることが大切。前に乗せられなくなったら後ろの子供乗せを活用してくださいね。

前に子供乗せをつけるときに最適な自転車の選び方は?

電動自転車のメリット&デメリット

子供乗せ用の自転車を選ぶ時は選び方のポイントをおさえておくことも大切です。自転車には大きく分けて電動自転車と普通の自転車の2種類があるので、自分が操作しやすい自転車を取り入れることが重要。電動自転車と普通の自転車の両方のメリット&デメリットをチェックしていきましょう!

電動自転車のメリットは、なんといっても走行をアシストしてくれるということ。きつい上り坂がある時も電動自転車であれば楽に上ことができます。子供だけでなく荷物も乗せている場合も楽々。デメリットは重量が重くて女性に扱いづらいところです。また高価な値段もデメリット。そういった問題をクリアできる電動自転車を選びたいですね。

普通の自転車のメリット&デメリット

普通の自転車を選ぶ場合のメリットは電動自転車よりも軽量なところ。万が一自転車が転倒しても簡単に起こすことができます。また、リーズナブルな値段で購入できるのも嬉しいポイント。デメリットとしてあげられるのがアシスト機能がないので運転が大変なところです。子供以外に重い荷物がある場合は運転が大変かもしれません。

電動自転車と普通の自転車にはそれぞれメリット・デメリットがあるので、自分の状況にあったものを選ぶのがポイント。どういった点を優先していくのかを考えながら選んでいきましょう。

前に子供乗せをつけた自転車の選び方の注意点

注意点1:安全基準を満たしたマークがついているか否か

子供乗せ用の自転車の選び方には注意点もあるのでチェックしていきましょう。まず気をつけておきたいのが購入する自転車が自転車協会が定めた安全基準をクリアしていることを示す「BAAマーク」や製品安全協会の定めた基準を満たしていることを示す「SGマーク」がついているかどうか。こうしたマークがついている自転車は安全に使いやすくなっています。

注意点2:前に子供乗せをつけるのにふさわしい機能がついているか

次に気をつけておきたいのが子供を乗せるのに適した機能が備わっているかどうかということ。大人が自転車に乗るのとは違い、子供を乗せる場合はいろいろと気をつけておかないことがたくさんあります。子供乗せをする時に必要な機能もチェックしておきましょう。

子供乗せ自転車に必要な機能の選び方のポイント

選び方のポイント1:フットレストやステップがついている

子供乗せをする時にあると良い機能としてあげられるのがフットレストやステップ。足の巻き込みを防止するステップやフットレストがついていないと、走行中に思わぬ事故が起こってしまう場合があります。子供の足の安全を守るためにもステップやフットレストがついているかどうかはしっかりチェックしておきましょう。

選び方のポイント2:両足スタンドやハンドルロックがついている

両足スタンドがついているかどうかも重要なポイント。片足のスタンドの自転車に子供乗せをつけていると自転車を止めた時にバランスを崩して倒れてしまう場合があります。両足スタンドであればバランスを取りやすいので安心。また、ハンドルロックも大切。バランスを崩してハンドルが急旋回するのを防いでくれるので、子供を乗せていても安全です。

自転車の前の子供乗せに子供を乗せる時の注意点

注意点1:ベルトをつける

子供乗せの自転車に子供を乗せる時には必ずベルトをしましょう。ベルトをしていないと子供が動いたり暴れたりした時に落ちてしまいます。

注意点2:ヘルメットをつける

万が一のことを考えてヘルメットをつけることも大切。事故があったとしてもヘルメットで頭を保護していれば不慮の事態を防ぐことができるかもしれません。子供の安全を第一に考えて、しっかりと装備をしてから自転車に乗せてくださいね。

Thumb赤ちゃん・乳児用ヘルメット!商品の選び方や子供用自転車も紹介

電動自転車でおすすめ!ブリヂストンのハイディツー

おしゃれを追求した子供乗せ用自転車

それでは、子供乗せにぴったりな人気の電動自転車をチェックしていきましょう。まずおすすめなのがブリヂストンのハイディツー。ママ世代に人気の雑誌「VERY」とコラボして作り上げた子供乗せ電動自転車なので、とてもおしゃれなのが魅力です。

お出かけが楽しみになるようなおしゃれなデザインだと、お母さんも気分が上がりますよね。機能性もしっかり備わっているので安心です。

2人の子供を乗せることも可能

ハイディツーは幼児2人同乗基準適合車に指定されているので、チャイルドシートを取り付ければ2人の子供を乗せることができます。複数人の兄弟がいる場合に役立ちそうですね。

デザインも機能性もばっちり!ビッケモブも人気の子供乗せ自転車

グッドデザイン賞を受賞した商品をグレードアップ

同じくブリヂストンのビッケモブはグッドデザイン賞とキッズデザイン賞を受賞したビッケ2eのグレードアップバージョン。おしゃれな見た目と快適な乗り心地で人気を集めている電動自転車です。

アシスト力も抜群

大容量バッテリーなので、つらい坂道でもしっかりとアシストしてくれるのが嬉しいポイント。サドルカバーやヘルメットなどオプションも充実し、おしゃれなお出かけを満喫できます。

お気に入りの子供乗せ自転車で出かけよう!

子供を乗せることができる自転車は便利ですが、しっかりと安全面で気をつけておく必要があります。子供の安全を第一に考えながら自転車でお出かけしてみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-09-21 時点

新着一覧