洗濯機のおすすめはどれ?メーカー別に人気の商品を調べてみた!

洗濯機は色々な種類があります。おすすめの洗濯機と言えども、使い方や容量、値段などを考えると自分におすすめと言えるかわかりません。そのため、おすすめと言われている人気の洗濯機についての知識を得て、自分が使いやすいと思える洗濯機を使って欲しいと思います。

洗濯機のおすすめはどれ?メーカー別に人気の商品を調べてみた!

目次

  1. 選び方がわからないときはおすすめの洗濯機
  2. いつでもおすすめの洗濯機は同じメーカーなのか
  3. 2017年のおすすめの洗濯機
  4. 2017年のおすすめの洗濯機の値段とは
  5. ドラム式洗濯機と縦型洗濯機の違いについて
  6. 2017年の一人暮らしにおすすめの洗濯機は
  7. 2017年の日立のおすすめの洗濯機
  8. 2017年のパナソニックのおすすめの洗濯機
  9. 2017年のシャープのおすすめの洗濯機
  10. 2017年の東芝のおすすめの洗濯機
  11. 2017年のおすすめの洗濯機を安い値段で買える時期は
  12. おすすめの洗濯機の大きさは
  13. おすすめの洗濯機の容量は
  14. おすすめの洗濯機の乾燥機能について
  15. まとめ:使いやすい洗濯機を使おう

選び方がわからないときはおすすめの洗濯機

現在では洗濯機の種類がたくさんあり、購入する時に迷う人は多いのではないかと思います。家電製品はいつも進化し続けています。そのため、選ぶ基準がわからないことが多くなっています。

購入する時には最終判断は自分自身になります。しかし、いくつかの候補をあげることも多すぎてできません。そのため、おすすめの洗濯機を聞くことが多くなります。

おすすめの洗濯機と言われてもメーカーの違いや、ドラム式と、縦型とで違いがあります。そして、一人暮らしから家族世帯と選び方も違います。

おすすめの洗濯機と言われるものも多くあり、自分の使い方などを明確にする必要もあります。そこから、自分にあった洗濯機を見つけてほしいと思います。

いつでもおすすめの洗濯機は同じメーカーなのか

洗濯機には縦型、ドラム式、二層式と種類が色々とあります。そして、洗濯容量の違いもあるために、さらに多くの洗濯機があるように感じられます。

ドラム式の洗濯機が魅力的でも、洗濯機を置くスペースを考えると、ドラム式は多きすぎて置くことができないと断念していた人も多くいます。

しかし、最近では、ドラム式でもコンパクトサイズの物が多くなってきています。そして、縦型の洗濯機の性能がドラム式と並んできているようにも感じられます。

そのため、おすすめの洗濯機となると、縦型もドラム式もどちらもおすすめがあります。メーカーなどを見てみると、同じようなメーカーがおすすめのランキングの上位になっています。

一人暮らしにおすすめの洗濯機や、値段を安く抑えたいと思い購入する洗濯機には、良く聞くメーカーではないものも多くなっています。

Thumb縦型洗濯機おすすめ2017!乾燥機の種類や人気メーカーの機能を比較!

2017年のおすすめの洗濯機

ドラム式

2017年のおすすめのドラム式洗濯機は、洗濯容量が10キロ以上の物が多いです。その中でも上位になるのはパナソニックと日立になります。

パナソニックの洗濯機は洗濯槽も衣類と一緒に洗濯してくれることで、手入れが簡単と言われています。また、洗浄力も乾燥も清潔性もどれも高機能が揃っていることでおすすめの洗濯機と言われています。

日立の洗濯機は乾燥機能を使ったときには、風アイロンの効果でシワを伸ばしてくれる効果があることで注目されており、2017年のおすすめの洗濯機と注目されています。

縦型

縦型の洗濯機のおすすめも日立とパナソニックが強いと言われています。日立はよく聞くビートウォッシュが洗浄力の強さで常におすすめの洗濯機と言われています。

それに対して、パナソニックの洗濯機は、泡洗浄のために衣類を優しく洗い上げてくれると言われています。そして、マジックドラムがカビや臭いを寄せ付けないと言われており、手入れがラクだと言われています。

縦型洗濯機も最近では乾燥機能も付いています。しかし、乾燥機能についてはドラム式の方が優れているとも言われています。

Thumbドラム式洗濯機のおすすめはどれ?2017年人気ランキングまとめ!

2017年のおすすめの洗濯機の値段とは

おすすめの洗濯機の値段は、容量によっても多少違いがあります。ドラム式の洗濯機は10万円を超えるものが多いと言われています。それから比べると縦型の洗濯機の方が10万円以下の物が多いです。

しかし、日立の縦型洗濯機のビートウォッシュは10万円を超えるとも言われています。ビートウォッシュの人気は高いために価格があまり落ちないのかもしれません。

しかし、値段はその時により、変動があります。そして、ネットでの価格と店頭での価格の違いもあります。しかしおすすめの価格の安い洗濯機を選ぶという場合には、縦型の洗濯機がおすすめになります。

ドラム式洗濯機と縦型洗濯機の違いについて

洗濯機の購入を考える時、ドラム式と縦型の洗濯機で迷うことがあります。一番の違いは見た目の違いがあります。そして、値段の違いもあります。しかし、ドラム式と縦型の洗濯機の違いをよく知っている人は少ないように感じられます。

ドラム式洗濯機ついて

ドラム式洗濯機は見てわかるように、斜めドラムのため、洗濯物を入れて取り出すことが子供でも出し入れが出来るようになっています。

また、少ない水で洗うことができるたたき洗いになります。そのため、縦型洗濯機よりも6割から7割も節水することができると言われています。

洗浄力は縦型洗濯機に比べると弱く、洗濯時間も長めであると言われています。しかし、衣類の痛みは少なくシワも少ないと言われています。

また、ドラム式洗濯機は乾燥機が優れているとも言われています。ヒートポンプ式が採用されており、電気代を安くすませることができて、シワにもなりにくく、衣類をふんわりと仕上げてくれると言われています。

ドラム式洗濯機の容量は10キロ以上がほとんどになります。乾燥容量は6キロから7キロと言われています。大容量なのは、ドラム式洗濯機は家族世帯を中心に考えられていると言われています。

しかし、ドラム式洗濯機は最近ではコンパクトサイズもでていますが、大きいイメージがあります。そのため、家庭の洗濯パンなどの幅や奥行きなどを十分に把握しなければ、合わなかったということもあると言われています。

縦型洗濯機について

縦型洗濯機は、コンパクトサイズが多いのが特徴です。その為、一人暮らしなどの人は縦型洗濯機の容量で十分と考える人も多いようです。

最近の縦型洗濯機は乾燥機能もついているものが増えてきています。しかし、乾燥機能はドラム式とは違い、ヒーター式のために、電気代がかかるとも言われています。また、高温で乾かすことで衣類を傷めてしますとも言われています。

洗浄力はドラム式に比べると強いと言われています。もみ洗いなどをしている洗濯機が多いことと、たっぷりの水で泡立てて衣類と落とすためとも言われています。そのため、衣類の痛みはドラム式よりはあると言われています。

しかし、最近の縦型洗濯機は、少ない水でもしっかりと洗えるように各メーカーが色々な洗浄方法を掲げられています。洗浄時間はドラム式に比べると早いです。

縦型洗濯機は昔からあるように、上から開けるタイプになります。現在では、2重のフタになっている場合や、洗濯している様子を見れるように工夫されている洗濯機もあります。

Thumb洗濯機はドラム式と縦型どっちが人気?乾燥機の選び方・違いを比較!

2017年の一人暮らしにおすすめの洗濯機は

一人暮らしにおすすめの洗濯機は縦型というイメージがありますが、ドラム式洗濯機もおすすめになっています。縦型洗濯機と考えると値段が安いとは言えませんが、価値のある洗濯機のために2017年は一人暮らしでも注目されています。

一人暮らしだからそんなに洗濯物はたまらないと思っていても、洗濯物をためてから洗う人は、洗濯の量は増えます。そのため、ドラム式の洗濯機も安い値段ではないですがおすすめと言われています。

一人暮らしの場合には、洗濯機の設置場所などにより、洗濯機の選ぶ物が変わってくることがあります。狭い場所でも置けることでおすすめと言われている洗濯機は、パナソニックの縦型洗濯機になります。

パナソニックの縦型洗濯機と同様に注目されているのが日立の縦型洗濯機になります。サイズの違いがある程度で、洗浄力の差などはそれほどないと言われています。

また、縦型洗濯機でも背の低い女性にも取り出しやすいように、洗濯槽が高くなっているとも言われていることから、一人暮らしにはおすすめの洗濯機と言われてます。

一人暮らしの洗濯機を選ぶ際には、洗濯容量も考えてほしいと思います。こまめに洗濯するのであれば5キロくらいで十分と言われています。しかし、まとめて洗う人は7キロがおすすめと言われています。

7キロになると、ドラム式洗濯機も選ぶことができます。ドラム式洗濯機はカビの発生などをおさえてくれて、節水などに繋がります。そのため、設置場所に余裕があることこと、価格に余裕がある場合には、一人暮らしでもドラム式洗濯機の方がおすすめと言われています。

一人暮らしにおすすめと言われている洗濯機には、よく聞くメーカーのものもありますが、聞きなれないメーカーのものも多数あります。その中でもハイアールというメーカーの洗濯機は安いにも関わらず乾燥機能もついているといわれて人気があります。

Thumb洗濯機は一人暮らしの場合どれがいいの?サイズは?安いものでも大丈夫?

2017年の日立のおすすめの洗濯機

2017年の日立の洗濯機はドラム式も縦型でもどちらも人気があると言われています。元々、日立は洗濯機の機能がいいといわれています。

日立のおすすめの洗濯機はどちらかと言うとドラム式の人気が高いとも言われています。2017年の日立の洗濯機は業界最大と言われている最大洗濯容量が12キロと言われています。そして、洗剤や汚れ具合を確認して自動で洗い方を調整することが出来る機能も搭載されていると言われています。

その他のドラム式洗濯機の特徴は、シワを作らないと言われている風アイロンと、たたき洗いやもみ洗いなどをされると言われているナイアガラ洗浄です。

また、温水ナイアガラ洗浄を使うと、黄ばみや臭いの原因をなくしてくれるとも言われているため、2017年のおすすめの洗濯機と言われています。

縦型洗濯機は2017年以前から有名なビートウォッシュがおすすめと言われています。大容量の洗濯容量11キロと洗濯乾燥機付きのものが人気とも言われています。

ドラム式洗濯機と同様にナイアガラ洗浄を搭載されているために、洗浄力は抜群であると定評があります。しかし、洗濯している時の音は意外と静かなことで人気があります。

また、自動お掃除機能をとうさいされているのは日立だけと言われていることでも注目が高いといえます。しかし、節水量を考えると縦型洗濯機よりもドラム式洗濯機の方が水道代は安いと言われています。

2017年のパナソニックのおすすめの洗濯機

パナソニックの洗濯機も洗濯機能がいいと定評があります。パナソニックの洗濯機は縦型洗濯機が人気となっています。

2017年のパナソニックの洗濯機は洗剤を泡立たせて洗うことで汚れを浮かせて落とす泡洗浄が特徴といわています。泡立ちが少ないですが、しっかりと汚れを落としてくれると言われています。

また縦型洗濯機はパナソニックがコンパクトだと言われています。また、他社のメーカーから比べるとパナソニックの縦型洗濯機は泡洗浄のために、衣類の痛み方は少ないのではないかとも言われています。

また、洗濯槽を洗浄するのに使われる水がすすぎで貯めた水を使用することから、節水効率がよく、水道代が他社のメーカーよりも安いとも言われています。

ドラム式洗濯機は温水泡洗浄が特徴とも言われています。また、温度調節によって衣類の選択コースを選べることもおすすめと言われています。

パナソニックのおすすめのドラム式洗濯機の乾燥機能はヒートポンプ式のために、低燃費だとも言われています。洗濯から乾燥までをしっかり使いたいという人はおすすめになります。

Thumbドラム式洗濯機はパナソニックが人気?電気代はどれくらい?

2017年のシャープのおすすめの洗濯機

シャープの縦型洗濯機は洗濯槽に穴がないことが特徴と言われています。穴がないことで、水を巻き上げる力が強いとも言われています。また、カビなどを発生を防ぐことができて清潔であるとも言われています。

また、乾燥機能はハンガー乾燥が出来ることが特徴になります。そして、他のメーカーと違い、内蓋がないことで間口が広くて毛布などを洗いたいというときには使いやすいとも言われています。

また、業界唯一と言われている、洗濯槽内にLEDライトが使用されており、洗濯の様子を見ることができるようになっています。デザインもスタイリッシュであるとも言われています。

ドラム式洗濯機はコンパクトタイプなので、ドラム式の中では設置場所に困らないと言われています。一人暮らしや夫婦世帯などにおすすめと言われています。

2017年の東芝のおすすめの洗濯機

2017年の東芝の洗濯機はウルトラファインバブル洗浄が特徴と言われています。ナノサイズの小さな泡により細かい繊維にまで届いて汚れを落としてくれると言われています。

また、低振動と低騒音と静かさを追求された洗濯機であるとも言われています。東芝の洗濯機はドラム式洗濯機がおすすめと言われています。

2017年のおすすめの洗濯機を安い値段で買える時期は

洗濯機は家電製品としては高価なものになります。そして、生活に欠かせないものとも言えます。そのため、機能などを重視して購入することが多くなります。

しかし、最近は節約志向の家庭が増えています。良いものを安い値段で買えるようにしたいと思う人が多いです。洗濯機も壊れてから購入では遅いので安い値段で変える時期などを知ると、先に購入することができるようになると思います。

2017年のおすすめの洗濯機を安い価格で買える時期は、縦型洗濯機とドラム式洗濯機では時期が違うと言われています。

過去の洗濯機の販売時期を見ると縦型洗濯機は5月から8月にと言われています。そして、ドラム式洗濯機は9月から10月と言われています。

安い値段で洗濯機を買いたいと思うのであれば、新商品が発売される1ヶ月前後がおすすめと言われています。また、最近ではネットで欲しいと思う洗濯機の安い価格を調べてから、家電量販店に行くことでも安い値段まで交渉することが出来るとも言われています。

おすすめの洗濯機の大きさは

洗濯機の大きさは洗濯容量によって大きくなると言われています。また、洗濯機の大きさのおすすすめと言われるものは少ないようです。

おすすめの洗濯機の大きさは、自宅の洗濯機の設置場所により変わるとも言われています。最近ではコンパクトサイズも人気になっています。

ドラム式洗濯機も最近では以前よりも大きさが小さくなっていることで、ドラム式洗濯機を選ぶこともできるようになったと言われています。

Thumbドラム式洗濯機のサイズはどれくらい?大きいほうが便利?寸法のまとめ!

おすすめの洗濯機の容量は

おすすめの洗濯機の容量は、家族世帯などでは容量大きいものを選ぶことが多いと言われています。また、一人暮らしでもこまめに洗うタイプと、まとめて洗うタイプでも容量の選び方が変わるとも言われています。

一人暮らしなら4キロ程度でも十分と言われています。そして、一般家庭では7キロ程度といわれていますが、まとめ洗いなどをすると言われている場合には、8キロ以上が良いとも言われています。

容量によっておすすめの洗濯機が変わるとも言われています。容量が大きくなることで、ドラム式などがおすすめになると言われています。

おすすめの洗濯機の乾燥機能について

おすすめの洗濯機の乾燥機能はドラム式洗濯機の方がどのメーカーも優秀だと言われています。ドラム式洗濯機は洗濯と乾燥のどちらも使うことがいいとも言われています。

また、ドラム式の乾燥機を使用することの方が、電気代を安く抑えることが出来るとも言われています。そして、ドラム式の乾燥機の方が、衣類を傷めにくいとも言われています。

乾燥機を頻繁に使うという人であれば、ドラム式洗濯機がおすすめになります。しかし、乾燥機はたまにしか使わないと言う人や、機能としてはあって欲しいと感じる人は縦型洗濯機で十分と言えます。

Thumbドラム式洗濯機の乾燥の時間はどれくらいかかる?かしこい選び方は?

まとめ:使いやすい洗濯機を使おう

洗濯機は生活の中で必需品になります。また、簡単に買い換えることもできないものです。そのために、購入時には自分でもおすすめの洗濯機についての情報を知ってほしいと思います。

そうすることで、使いやすくて、便利な洗濯機を安い値段で購入することができます。長く使うことを考えて色々な事を考えて悩んでほしいと思います。

その場かぎりではなく、しっかりと自分の生活にあった洗濯機を選んでほしいとも言います。そして、毎日清潔に身なりを整えてほしいと思います。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-18 時点

新着一覧