チアシードの戻し方は?正しい水の量と時間・保存方法についてまとめ

チアシードの戻し方や必要な時間、保存方法についてまとめました。チアシードを効果的に取り入れるためには水を使った戻し方や保存方法をしっかりチェックしておくことが大切。水の量や時間、保存方法などチアシードの戻し方のまとめを参考にしていきましょう!

チアシードの戻し方は?正しい水の量と時間・保存方法についてまとめ

目次

  1. チアシードの戻し方や必要な時間を知りたい!
  2. チアシードとは、どんなもの?
  3. チアシードは腸内環境を整えるのに最適
  4. チアシードは健康的な生活のサポートにもなる
  5. チアシードの戻し方や必要な水の量は?
  6. 戻し方以外にも重要!チアシードの保存方法
  7. チアシードの戻し方を活用したジュレのレシピ
  8. 簡単で美味しい!チアシードのココナッツプリン
  9. ヘルシーなチアシードパンのレシピ
  10. チアシードの戻し方のまとめを参考にしていこう!

チアシードの戻し方や必要な時間を知りたい!

栄養豊富で人気のチアシード

「スーパーフード」と呼ばれ、ミランダ・カーをはじめとした美意識の高いセレブにも愛用されていることで知られているチアシード。豊富な栄養を含むチアシードを効果的に取り入れるためには水を使った戻し方や必要な時間、保存方法をチェックしておくことが必要です。正しい戻し方を把握することでチアシードの効果を最大限に引き出せるのがポイント。

チアシードの戻し方のまとめをチェックしよう

「水を使ったチアシードの戻し方や必要な時間を知りたい!」「チアシードの保存方法はどうすれば良いの?」とういときに役立つチアシードの情報についてまとめました。チアシードの基本情報のまとめを参考にしておけば、チアシードに含まれている豊富な栄養素をしっかり取り入れることができます。チアシードの戻し方のまとめを見ていきましょう!

チアシードとは、どんなもの?

南米原産の紫蘇科の種子

現在ではすっかり日本でも定着したチアシードですが、一体どんなものなのでしょうか?チアシードの原産地は南米。紫蘇科の種子を乾燥させたものがチアシードになります。チアシードは紀元前からマヤ族をはじめとした南米の民族に食べられてきた食材。栄養が豊富なことから、「チアシード=力の種」と呼ばれ、古くから重宝されてきました。

多くの栄養を含んでいる

チアシードに含まれている栄養はさまざま。ダイエットや美容、健康的な生活を楽しむために必要な栄養がたっぷり含有されているのがチアシードの魅力です。昔から南米で健康を保つために用いられてきたのも納得の栄養価の高さ。忙しい日々を送る中で栄養不足になりがちな現代の生活にも役立つとして、多くの人がチアシードを取り入れています。

Thumbバジルシードダイエットの効果と食べ方まとめ!チアシードとの違いは?

チアシードは腸内環境を整えるのに最適

豊富な食物繊維を含んでいるチアシード

チアシードに含まれている栄養素としてあげられるのが食物繊維。食物繊維は腸内の環境を整えて老廃物を排出するのに欠かすことができません。食物繊維が不足すると便秘の原因にもなってしまうので、毎日の食事でしっかりと摂取しておくことが大切になります。なかなか食物繊維がとれないときにチアシードを活用してみるのがおすすめ。

チアシードの全体の4割の成分が食物繊維と言われ、高い含有率を誇っているのがポイント。効率的に食物繊維を摂取したいときにぴったりです。最近便秘気味だな、と感じたらチアシードを摂取して便秘を解消してみてはいかがですか。

美肌やダイエットのサポートに

便秘を解消して体内の巡りをよくすることで代謝を上げる働きを期待することができます。代謝が上がれば脂肪を燃焼しやすくなるのがポイント。ダイエット中で効率的に痩せたい、というときには腸内環境を整えることが大切になります。また、代謝がスムーズに行われることで肌細胞の生まれ変わりも促進され若々しい状態を保ちやすくなるのも魅力。

Thumbチアシードとは何?その副作用と栄養・効果について。栽培方法は?

チアシードは健康的な生活のサポートにもなる

必須アミノ酸を豊富に含んでいる

チアシードには必須アミノ酸が含まれているのも特徴です。必須アミノ酸は体内で作ることができないので、食事から摂取するのが必要不可欠。チアシードには9種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれているので、健康的な生活をキープしたいときに最適です。毎日の食事で栄養不足が気になるときは活用してみてはいかがですか。

ミネラルやビタミンも豊富

チアシードはビタミンやミネラルも豊富。ビタミンB群やビタミンC、カルシウム、鉄分、マグネシウムといった豊富な栄養を含み、健康的な毎日をサポートしてくれます。チアシードのこうした栄養成分をしっかり吸収するためには正しい戻し方をすることが大切。チアシードの栄養を効果的に取り入れていきましょう!

Thumbチアシードダイエットの効果と成功の方法まとめ!【やり方・食べ方・口コミ】

チアシードの戻し方や必要な水の量は?

チアシードの簡単な戻し方

チアシードは水で戻してから摂取したほうが効率的に吸収することができるようになります。チアシードの分量に対して10倍の量の水を用意しましょう。チアシードは水を含むことで膨らみ、プルプルとしたジェル状になります。

チアシードの戻し方にはどのくらい時間がかかる?

チアシードはしっかりとふやかすことで吸収しやすくなります。チアシードをふやかす時間は12時間ほど。時間がかかるので、前の晩にふやかしておくと効率的です。前の晩にふやかしてチアシードを飲み物に入れたり、シリアルにトッピングするなどして食べていきましょう。

戻し方以外にも重要!チアシードの保存方法

高温多湿を避けて保存しよう

チアシードは保存の仕方も大切。チアシードはしっかりと密閉して高温多湿を避けて保存しましょう。

水を使った戻し方をした場合は1日で食べきる

チアシードを水で戻した場合は、1日で食べきるようにしましょう。水で戻したチアシードをいつまでも放置していると傷んでしまうことがあるので注意です。保存している間は冷蔵庫に入れて冷やしておくと安心。保存方法もチェックしてチアシードを活用してくださいね。

チアシードの戻し方を活用したジュレのレシピ

チアシードジュレに必要な材料

チアシードは水で戻して摂取する以外にもさまざまなアレンジ方法があります。おすすめなのがチアシードを使ったジュレ。チアシードは水を含むことでジュレ状になるので、ゼラチンを使わなくても簡単にジュレを作ることができます。チアシードのジュレはサラダやカルパッチョなどさまざまなものに使えるので、飽きずにチアシードを食べられるのが魅力。

チアシードのジュレに必要な材料は、チアシード小さじ1、オリーブオイル小さじ1/2、レモン果汁小さじ1/2、はちみつ小さじ1/3、塩になります。ジュレの分量は好みに合わせて増やしていきましょう。冷しゃぶにかけてさっぱりといただくのもおすすめ。お刺身サラダにかけるのも良いですね。シンプルな味わいなのでバリエーション豊かな料理を楽しめます。

いろいろ使えるレシピ

チアシードは事前に水でふやかしておきます。オリーブオイル・レモン果汁・はちみつ・塩を混ぜ合わせてましょう。できあがったドレッシングとチアシードを混ぜ合わせたら完成です。ぜひいろいろな料理で活用して、チアシードを満喫してみてくださいね。

簡単で美味しい!チアシードのココナッツプリン

チアシードのココナッツプリンに必要な材料

チアシードはスイーツに活用することもできます。チアシードが水を含むとプルプルとした状態になるのを活用して、ココナッツプリンを作ってみてはいかがですか?チアシードを使えばゼラチンを使わなくても簡単にココナッツプリンを作れるようになります。ココナッツの甘い香りが美味しいプリンをチアシードを使って作っていきましょう!

チアシードココナッツプリンに必要な材料は、牛乳150ml、ココナッツミルク250ml、はちみつ大さじ3、チアシード大さじ3になります。お好みに合わせてトッピングをするのもおすすめ。ブルーベリーなどのフルーツをトッピングしても良いですし、刻んだナッツ類をトッピングするのも良いですね。シリアルをトッピングして食感に変化を与えても美味しくいただけます。

簡単なレシピ

ボウルにココナッツミルクを入れて、なめらかになるまで混ぜます。牛乳とはちみつを加え、混ぜ合わせましょう。チアシードを入れて混ぜ合わせたら好みの容器に流し入れ、冷蔵庫へ入れます。3時間ほど冷やしてチアシードがしっかりとふやけたら完成。お好みでトッピングをしていただいてくださいね。

ヘルシーなチアシードパンのレシピ

チアシードパンに必要な材料

チアシードを使ったヘルシーなパンもおすすめしたいレシピ。チアシードを入れることによって水分が保持され、時間が経ってもふわふわとした状態を保てるのが嬉しいポイントです。大豆粉を使用するので、通常のパンよりもヘルシーに仕上げることが可能。ダイエット中でも美味しいパンが食べたいときにチアシードパンを作ってみてはいかがですか。

チアシードパンに必要な材料は、チアシード10g、水90ml、オリーブオイル20ml、卵2個、砂糖7g、アーモンド粉20g、大豆粉60g、強力粉60g、ドライイースト5g、塩少々になります。シンプルなパンなので、ドライフルーツを入れるなどのアレンジをするのもおすすめ。いろいろなバリエーションのパン作りを楽しんでみてくださいね。

おすすめのレシピ

チアシードは事前に水でふやかしておきましょう。ふやけたチアシードを電子レンジで軽く加熱して温めます。ホームベーカリーにふやかしたチアシード・オリーブオイル・卵・砂糖・アーモンド粉・大豆粉・強力粉・ドライイースト・塩を入れてこねるモードをスタート。

こねあがって一次発酵まで終わったら取り出し、8等分にします。8等分にしたら丸めて二次発酵させましょう。パン生地が2倍に膨らんだら、170℃に予熱したオーブンで12分ほど焼いたら完成です。

チアシードの戻し方のまとめを参考にしていこう!

チアシードを効果的に使うためには戻し方をチェックすることが大切。チアシードはしっかりとふやかした方が栄養を吸収しやすくなるので、事前に水につけてふやかしておいてくださいね。いろいろな方法でチアシードを活用していきましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-09-26 時点

新着一覧