ローションの作り方!パイナップル&豆乳ローションでムダ毛を撃退できる?

ムダ毛のお手入れに有効なローションの作り方をご存知ですか?もっと簡単に、かつ肌を傷めることなくお手入れできたら。その点、パイナップル&豆乳ローションは抑毛効果だけでなく、美肌も作れるのです。では、そのローションの作り方はどうするのか、調べてみましょう。

目次

  1. ムダ毛を抑制するローションの作り方ってあるの?
  2. 豆乳ローションの作り方次第でムダ毛を抑制できる!
  3. 豆乳ローションの作り方で美肌作りにも効果的!
  4. 簡単な豆乳ローションの作り方・材料編
  5. 簡単な豆乳ローションの作り方・道具編
  6. 簡単な手作り豆乳ローションの作り方・実践編
  7. 簡単な豆乳ローションの作り方・保存の仕方編
  8. 簡単な手作り豆乳ローションの作り方・注意する点
  9. パイナップル&豆乳ローションってどんなもの?
  10. 簡単なパイナップル&豆乳ローションの作り方
  11. 手作りの豆乳ローションのメリット・デメリット
  12. 豆乳ローションはどのくらいで効果が出るのですか?
  13. こうすれば豆乳ローションを効果的に使える!
  14. 豆乳ローションの使用の際の注意点
  15. 豆乳ローションを使うのをやめてしまうと?
  16. ≪まとめ≫パイナップル&豆乳ローションの作り方を見て手作りしよう!

ムダ毛を抑制するローションの作り方ってあるの?

豆乳ローションがムダ毛を抑制する効果があることは知っていますか?豆乳ローションやパイナップル豆乳ローションなどが市販でありますので、知っている方もわりといるかと思います。さて、そのローションですが、手作りも可能です。

arisa155さんの投稿
18512457 443076436046764 5950302392581881856 n

豆乳ローションやパイナップル豆乳ローションは、ムダ毛を抑制できるだけでなく、肌をきれいにする美肌効果もあります。そのローションが手作りできるなんて、なんだか嬉しいことですね。ローションの作り方は簡単で1時間ほどでできます。また材料も、安価で簡単に手に入りますので、買ってきてすぐ作ることができます。

take_tamu_3さんの投稿
13767735 1763719550578952 2079288619 n

豆乳ローションの作り方次第でムダ毛を抑制できる!

豆乳ローションの効果は大豆イソフラボンによる

豆乳ローションが抑毛に効果があるのは、ローションに含まれる大豆イソフラボンによります。大豆イソフラボンは「エストロゲン」という女性ホルモンに似た性質があり、男性ホルモンを抑制する働きをします。女性ホルモンは女性らしい体を保ってくれます。豆乳ローションに含まれる大豆イソフラボンが、女性ホルモンの働きを助けてくれるのですね。

shinkane_gontaさんの投稿
21689160 124364568219871 4836816375743774720 n

豆乳ローションの抑毛効果

豆乳ローションに含まれる大豆イソフラボンがムダ毛が生えてくるのを押さえてくれ、毛を細くし薄くする効果が期待できます。個人差はありますが、毎日使い続けることでムダ毛が生えてくるのが遅くなり、目立たなくなってきます。

ムダ毛が生えてくる毛母細胞の働きを豆乳ローションは抑えてくれます。そのため、ムダ毛が生えるサイクルが遅くなったり、ムダ毛が細く薄くなり目立たなくなってきます。結果、ムダ毛の処理回数が減っていくという嬉しい効果があるのです。

datsumosalon1234さんの投稿
21827555 267269507120583 3681824391957577728 n

豆乳ローションの作り方で美肌作りにも効果的!

豆乳ローションの美容効果

ムダ毛というものは、処理をする回数が多いと、特にワキなどは黒ずんでくることがあります。ワキの黒ずみはムダ毛の自己処理によるものです。豆乳ローションでムダ毛が薄くなることにより毛穴も目立たなくなります。使うほどにシミや黒ずみを防いで、肌を明るくする作用があり、つるすべの肌にしてくれるのです。

ma_x1x1xさんの投稿
19379419 104153776875163 4857758610509266944 n

また、大豆イソフラボンに含まれる「エストロゲン」には、コラーゲンの生成を助ける作用があります。そのため、肌のハリや弾力を保ってくれる効果があるのです。その他に、シミやしわの原因になる活性酸素を除去してくれます。肌の老化防止・エイジングケアにも一役買ってくれそうですね。

himemodeさんの投稿
21690180 169037566993452 61608123290353664 n
豆乳ローションのムダ毛の効果!手作りで脇の黒ずみを簡単に薄くする方法! | Pinky[ピンキ-]

簡単な豆乳ローションの作り方・材料編

豆乳ローションの作り方・基本的な材料

無調整豆乳:500ml、生レモン:2個、消毒用エタノール:60ml。これだけの材料で、簡単に豆乳ローションが手作りできます。出来上がりは350mlくらいで、約1ヶ月分の量です。

i_mi4218さんの投稿
21372409 241085846415397 5111361306758217728 n

無調整豆乳の大豆固形分は、8~12%の物がローションを作るのに適しています。濃ければよいというわけではないので注意してください。

豆乳ローションの作り方・使用するレモンは?

また、レモンはレモン果汁ではなく、生のレモンを使用してください。レモン果汁には皮の成分が入っているためです。皮の部分には、「ソラレン」という成分が入っています。

ca_sickさんの投稿
21436072 124131898246405 5531783341692420096 n

レモンの皮には紫外線に当たると炎症を起こしたり、日焼けを促進するソラレンという成分が入っているのです。レモン果汁の場合、この皮の成分が入っている可能性があるため、必ず生のレモンを使いましょう。

豆乳ローションの作り方・使用するエタノールは?

消毒用エタノールは、ドラッグストアや通販で安価で売られています。家庭薬品の傷用消毒液は成分が異なるため使えません。必ず「消毒用エタノール(アルコール)」という物を準備してください。コストコで購入すると普通のドラッグストアより安いようです。

sachipitsukoさんの投稿
13636157 1081162745306502 2046545366 n

消毒用エタノールは、肌への浸透をよくしますし、保存のためにも入れた方が良いでしょう。ただ多く使うと肌が乾燥気味になります。乾燥肌の方は10mlほど減らして作ってもよく、脂性肌の方は逆に10mlほど増やしてもよいでしょう。肌の状態に合わせて量を加減してください。

簡単な豆乳ローションの作り方・道具編

小鍋、ボウルとそれに入るステンレス製のざる、きれいなガーゼ又はキッチン用手ぬぐい(ざるを覆える大きさの物)、キッチンペーパー2枚、保存容器(きれいに洗った化粧水の空き瓶・又は100均にあるボトル)、調理用温度計(あれば)。計量カップ・計量スプーン、レモン絞り器。

fuki__stagramさんの投稿
21436246 2372423139648525 1808512373594521600 n

簡単な手作り豆乳ローションの作り方・実践編

1.レモンの皮をむいて搾ります。キッチンペーパーで包んで搾ってもよいです。※皮の成分が入らないように皮をむきます。2.消毒用エタノールを別容器に取り分けておきましょう。3.ボウルにステンレス製のざるを入れ、その中に清潔なガーゼとキッチンペーパーを2枚重ねて入れます。

kodomotokurasukotoさんの投稿
14031609 252275398499474 216395707 n

4.豆乳を小鍋に入れて、弱火で60~65度になるまで温めます。※温めすぎると、被膜(湯葉)ができてしまいます。この温度になると有効成分が壊れてしまうので注意。5.65度になったらレモン汁を加え、弱火のまま10秒くらい混ぜます。6.丁寧に混ぜていると、つぶつぶができます。

gab_dayoさんの投稿
12120339 1183266081688013 1783289535 n

7.「6」の状態になったらエタノールを加えます。※エタノールは引火性があり危険なので、必ず火を止めて入れてください。8.暖かい豆乳を「3」のキッチンペーパーに流し込んで濾します。20分ほど放置して薄い透明の黄色のローションが出来上がりです。

miyaaaah1128さんの投稿
12292909 1168508566510876 1531834706 n

9.石鹸でよく手を洗います。しっかり洗うことで、できたものに雑菌が繁殖するのを防ぎます。10.ゆっくりと液体を絞り出します。11.冷めたローションを保存容器に移し替えて、冷蔵庫で保存します。

簡単な豆乳ローションの作り方・保存の仕方編

出来上がったローションは、保存容器(スプレー容器など)に保存します。冷蔵庫で1週間ほど保存ができます。1週間以上使用しない分は、別容器に小分けに保存すると便利です。その際は冷凍庫で保存で、1ヶ月ほど保存が可能です。

yamayo.ikethannさんの投稿
13408843 1781650475404600 570201568 n

簡単な手作り豆乳ローションの作り方・注意する点

豆乳は70度以上になると湯葉ができてしまい有効成分が壊れてしまうので、温めすぎに注意をしてください。できるだけ料理用温度計を使うことをおすすめします。

babykeyceさんの投稿
11191391 1596116760643411 1151772866 n

消毒用エタノールは引火性があるので、キッチンで使用するときには十分な注意が必要です。最初に別容器に取り分けるときは火から離れた場所に置きましょう。その他、豆乳と混ぜる際には、必ず火を止めてから入れるようにしてください。

r.homesinteriorさんの投稿
21820312 325081467902569 6677580247174479872 n

パイナップル&豆乳ローションってどんなもの?

豆乳ローションの応用バージョンとして、パイナップル&豆乳ローションがあります。これはパイナップルを加えたものですが、基本の豆乳ローションより抑毛効果や美容効果がアップします。手作りするのにその分手間と費用もかかりますが、より効果を期待して作ってみるのもよいでしょう。

saki.nagayamaさんの投稿
13556720 1688481618087246 1528764928 n

簡単なパイナップル&豆乳ローションの作り方

パイナップル&豆乳ローションの材料

パイナップル&豆乳ローションの材料は、基本の材料に加えて以下のものを用意してください。生パイナップルの芯1/2個分50gくらい、にがり15ml、ミキサーかフードプロセッサー。※パイナップルは缶詰でなく生の物を用意。食べる部分でも作れますがもったいないので、芯で作ります。

tokokawaguchiさんの投稿
21689279 150122815577393 6205716130510667776 n

パイナップル&豆乳ローションの作り方

1.「豆乳ローションの作り方・実践編」の1~3と同じように準備します。2.パイナップルを切ります。縦方向に切り、中央の芯の部分を切り出します。3.取り出した芯を適当な大きさに切り、ミキサーかフードプロセッサーにかけます。4.「3」ににがりを加えてよく混ぜます。

5.「豆乳ローションの作り方・実践編」の4~6の手順で作り、レモンを入れつぶつぶになった豆乳に「4」を入れます。6.「豆乳ローションの作り方・実践編」の「7」以降の手順と同じように作れば出来上がりです。

手作りの豆乳ローションのメリット・デメリット

豆乳ローションのメリットって?

簡単に作れる豆乳ローションですが、メリットとしてはカミソリを使っての脱毛や除毛剤の使用より肌への負担が少ないことが挙げられます。植物由来の成分で手作りのため合成の刺激物などが入っておらず、肌が敏感な方などには使用しやすいかと思います。また、添加物や保存料を使用しないため、市販品より有効成分が濃くなり、効果が高くなります。

ai_caocaoさんの投稿
21688941 888271861347624 3795120526804910080 n

豆乳ローションのデメリットは?

デメリットとしては、効果を感じられるのに時間がかかることです。手作り品なので、市販の豆乳ローションより濃い有効成分ですが、使用してすぐに効果が出るものではありません。また、作る手間がかかり、保存期間が短いのも欠点でしょう。

市販品の豆乳ローションとはどう違うか

豆乳ローションやパイナップル&豆乳ローションには市販品もありますが、手作りとどう違うでしょうか。市販品は買うだけで手軽に始められ、その他の美肌成分も含まれる物も多くあります。しかし手作りと同じように、効果を感じられるのに時間がかかり、添加物や保存料が含まれるものが多いです。

市販品を買うとお金もかかりますが、手作りとどちらが自分に合うか、使い勝手がいいかを比較してみるのもよいでしょう。

ローションパックの効果がすごい!肌がプルプルになる簡単なやり方は? | Pinky[ピンキ-]

豆乳ローションはどのくらいで効果が出るのですか?

豆乳ローションやパイナップル&豆乳ローションの効果が出るのには、かなり個人差があるようです。早いと1週間くらいで変化が表れ始める方がいるようです。ムダ毛の濃い方太い方は、2~3ヶ月くらいの期間を見てみましょう。

たっぷりと使うのが早めに効果が表れやすいようです。ムダ毛の抑制よりも、美肌効果が早く出たりするかもしれません。焦らず気長に使い続けてみてみましょう。

こうすれば豆乳ローションを効果的に使える!

より効果を出すための正しい使い方

毎日使い、朝晩と1日2回たっぷりとつかうのが基本です。もったいないからと少量しか使わないのでは効果が出にくいです。ムダ毛を処理した後やお風呂上りなど、肌が清潔できれいなときに使うとよいでしょう。お風呂上りは毛穴が開いているので、より浸透しやすく効果も高いです。

mari_salon.du.dolceさんの投稿
20836952 452394201808820 1685807563129487360 n

アルコールが入っているため、肌が乾燥しやすくなります。塗った後は化粧水などでしっかりと保湿しましょう。ムダ毛が気になる部位にまんべんなく丁寧に塗りましょう。使用感や匂いが気になる方は、洗い流してもよいです。塗ってから10分待ち、成分が浸透してなじんでから洗い流します。

maki.miuraさんの投稿
14487208 1758376087712466 8668142424586977280 n

市販品でも手作りでも、最初に豆乳ローションを使用するときは、パッチテストをした方が無難です。どんなに良い物でも個人差があり、合う合わないがあるからです。ただ、生理前や生理中の肌の調子が不安定な時期は避けた方が良いと思われます。

【簡単なパッチテストの方法】 1. 二の腕の内側部分に豆乳ローションを薄く10円玉大に塗ります。 2. 塗った部分を擦らないようにして24時間置きます。 3. 24時間後に塗った部分に変化がなければ使用を開始してもOKです。 テストの間はお風呂に入れませんので、入浴した後にテストを開始するといいでしょう。もし24時間以内に塗った部分に赤みやかゆみ、発疹などがあれば直ちにテストを中止し、洗い流します。残念ですが豆乳ローションの使用は見合わせましょう。

豆乳ローションを使ってもよい部位

使わない方が良い部位としては、髪が生えている頭皮や目の周りの眉毛やまつ毛の部位です。基本的にはなくなっては困る部分の毛がある部位以外なら、どこでも使うことが可能です。もちろん顔に塗っても構わないです。

ailelash2015さんの投稿
21819688 119406252099404 2185336212686897152 n

手作りの豆乳ローションは、添加物や防腐剤のパラベン、大豆のたんぱく質などのアレルギーの原因となる成分は使用していないので、安心して全身に安心して使うことができます。

apple.h16さんの投稿
13562004 1069006589858756 368964024 n

豆乳ローションの使用の際の注意点

手作りの豆乳ローションは、エタノールを使用するため、肌が乾燥しやすくなります。そのため、乾燥肌の人は10mlほどエタノールを減らして作ってみてもよいでしょう。逆に脂性肌の人は、10mlエタノールを大目にしてもよいでしょう。乾燥が心配な方は、豆乳ローションの使用後にしっかりと保湿をすれば大丈夫のようです。

豆乳ローションは、尿素入りの化粧品と一緒に使用しないようにしてください。尿素は豆乳と併用すると分解されてアンモニアになり、肌がアンモニアのツンとした匂いになってしまいます。アンモニアは肌荒れを起こす可能性がありますので、ご使用はお控えください。

chouyou617さんの投稿
21568566 1955701018031775 1067174917788663808 n

手作りの豆乳ローションは、防腐剤などの保存料が入っていません。そのためあまり日持ちしないので、冷蔵庫で保存しても作ってから1週間ほどで使い切りましょう。匂いが変化して来たり、浮遊物や沈殿物が増えて来たらそれ以上は使わないようにしてください。

suzu_k4さんの投稿
20225677 112100182777024 8054670843877261312 n

冷凍した豆乳ローションは、冷蔵庫で自然解凍をします。いったん解凍した豆乳ローションは、また冷凍しないようにしてください。品質が変化して劣化し、それを使用するのは肌にとってよくありません。

malco_yanさんの投稿
21819822 1895396717388526 7509085782536093696 n

豆乳ローションを使うのをやめてしまうと?

もし豆乳ローションを使用するのをやめてしまったら?豆乳ローションによって萎縮した発毛を促す部分・毛母細胞や毛乳頭はすぐには元に戻るわけではありません。すぐにムダ毛が生えてくるわけではなくとも、しばらくするとまた生えやすくなってきます。豆乳ローションでは永久脱毛はできないので、やめてしまうと元に戻ってしまいます。

豆乳ローションによって抑えられていた発毛が、ローションを中止することによってサイクルが復活し、またもとのムダ毛が生えやすい状態に戻ってしまうのです。そのため、ムダ毛が気になる場合、何度も作らなくてはなりませんが、ローションを使うことによってムダ毛が薄くなっていくなら、その内あまり頻繁に作らなくてもよくなるでしょう。

≪まとめ≫パイナップル&豆乳ローションの作り方を見て手作りしよう!

豆乳でごく簡単に手作りローションが作れる。そのローションがムダ毛を抑制する効果があるだけでなく、肌をきれいにしてくれる美肌効果もあるとなると、少々手間をかけても作ってみたくなるのではないでしょうか。

豆乳ローションやパイナップル&豆乳ローションは、即効性はないですが、使い続けていくうちに効果が見えてくるものです。作ってしまえばあとは、朝晩ローションをつけるだけという手軽さ。カミソリや除毛剤による肌の傷みから解放され、かつ肌もきれいにしてくれる。こんなうれしいローションを、あなたも一度作って試してみませんか?

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ