ローラが香水をプロデュース!大人気スティックタイプも♪口コミは?

ローラがプロデュースするする香水に練り香水のスティックパフュームがあります。可愛らしくて携帯にに持ち運びやすいスティックタイプの練り香水です。ローラがプロデュースする香水は、今時の女性を魅了しています。何故ならローラの生き方が反映されている香水だからです。

ローラが香水をプロデュース!大人気スティックタイプも♪口コミは?

目次

  1. ローラのプロデュースする香水について
  2. ローラがプロデュースする香水ブランド”Vasilisa”とは
  3. 香水について
  4. ローラがプロデュースする香水の特徴
  5. ローラがプロデュースする香水ヴァシリーサ「オードパルファム」
  6. 大人気!ローラがプロデュースする香水ヴァシリーサ 「ボディミスト」
  7. 最新作はオードパルファム!ローラプロデュースの香水
  8. 大人気!Vasilisa2016バースデーエディションコフレ
  9. 大人気!限定発売の「オー・ド・グレイス」
  10. ヴァシリーサ「パフュームスティック」
  11. 大人気の「パフュームスティック」
  12. 「パフュームスティック」のシリーズ
  13. ローラがプロデュースする練り香水「パフュームスティック」の特徴
  14. 大人気!ローラのセンスが生きるボトルデザイン
  15. ローラのプロデュースする香水のマーケティング戦略
  16. ローラの生き方に合った香水

ローラのプロデュースする香水について

ローラと言えば、最初の頃はバラエティに出演する今時のタレントかと思われていましたが、最近ではファッションセンスの良さから若い女の子のファッションリーダーとなり、2013年には香水のブランドを立ち上げました。ローラのプロデュースするブランドは2013年、ローラがオリジナルブランド「Vasilisa(ヴァシリーサ)」と言います。

ローラがプロデュースする香水ブランド”Vasilisa”とは

Vasilisaとは、古代ギリシャ語で女王や王妃を言い、女王や王妃のような気品さや、優雅さ、エレガントさをコンセプトとしています。

香水について

香水は、濃度15 - 20%、アルコール75 - 80%、蒸留水0 - 5%、持続時間およそ5 - 7時間のパフューム、濃度10 - 15%、アルコール80%、蒸留水5 - 10%、持続時間およそ5時間のオードパルファン、濃度5 - 10%、アルコール80%、蒸留水14 - 15%、持続時間およそ3 - 4時間のオードトワレ、があります。

ローラがプロデュースする香水の特徴

ローラがプロデュースするスティックタイプの香水は、濃度2 - 5%、アルコール90%以上、蒸留水5% - 10%、持続時間およそ1 - 2時間の練り香水である、オーデコロンがあります。主にローラのプロデュースする香水は、オードパルファンが多いと言えます。

ローラがプロデュースする香水ヴァシリーサ「オードパルファム」

ヴァシリーサ「オードパルファム」2種 50ml ¥3,456(税込) は「ロージーロージー」、「リトル シークレット」の2種類からなっています。

バラをイメージした “大人のエレガンス” 「ロージーロージー」

一つは、バラをイメージした “大人のエレガンス” 「ロージーロージー」です。「ロージーロージー」は、ただ、バラを全面に押し出すのではなく、石鹸の香りなどとミックスして工夫しています。大人っぽいエレガントなシーンで使って欲しいパルファムです。

ローラが好きな可愛く甘い・バニラの香り「リトルシークレット」

一方、「リトルシークレット」は、可愛く甘い・バニラの香りをイメージしています。ローラ本人が、バニラは大好きな香りなので一年中身にまといたいという冬に限定という概念を覆し、プロデュースしています。こちらは、甘い香りがファーストに押し出されています。

大人気!ローラがプロデュースする香水ヴァシリーサ 「ボディミスト」

ヴァシリーサ「ボディミスト」100ml ¥1,296(税込)は、種類は、ダーリンローズ・クリーミーバニラ・ガーデンローズ・バケーションタイム・サニーカクテルがあります。お風呂上りや暑い夏に、バカンスやシーン、その日の気分に合わせて使います。

ダーリンローズボディミスト

ヴァシリーサ「ダーリンローズボディミスト」本体価格:100ml・1,200円は、ローズの香りと言えば、キツいイメージありますが、ヴァシリーサの香りは、そんなにきつくもなくどちらかと言えば上品な印象です。髪の毛にかけて楽しむこともできます。

クリーミーバニラボディミスト

クリーミーバニラボディミスト 本体価格:100ml・1,200円は、グルマン系の香りにというより、ヴァシリーサシリーズ特有のパウダリーな甘い香りに、甘酸っぱいようなベリーの香りがします。バニラはしつこくない甘さで、ベリー系の香りはフルーティーなさは弱いですが、軽い香りです。

香りは強く、朝から夕方まで残ります。仕事中は香水だと強すぎることもありますが、ふわっと香るくらいのボディミストなので安心して楽しめます。

クリーミーバニラボディミストの口コミ

口コミでは、ミュゲ&フルーツカクテルはないし、バニラと書いてますが、個人的には昔使ったボディショップのネロリのシャワージェルの香りに似ている気がするとのことです。缶・ビン類が持ち込み厳禁な職場もあるらしく、プラ容器なので安心という事でした。

シアーブーケボディミスト

爽やかな甘い植物系とアップル&ジャスミンの香りが蠱惑的です。最初のレモンやアップルのはじけるような爽やかさをアクセントに、エレガントなローズが優しく上品に全体を包み込んでいます。

シアーブーケボディミストの口コミ

口コミでは、梨の香りが苦手なのですが周りの反応が凄く良かったということです。好感を持たれやすい、甘いアップルキャンディの香りとシャンプーの香りがします。洋梨ぽさはあまりないし、つけたては優しい香りすると言います。

最新作はオードパルファム!ローラプロデュースの香水

ヴァシリーサオードパルファム「トーキョーブロッサム」

サクラが花咲く様子をイメージした限定の香りが登場しています。フルーツの爽やかな甘さに、透明感あふれるフローラル系の香りが濃厚で、少し花にツーンと来る香りの奥に桜の香りがするアクセントで、その割にはすっきりしたパウダリーな清潔感、すべてを絶妙なバランスでかけ合わせた魅力的なフレグランスです。石鹸と言われれば、石鹸と言う感じもします。

ヴァシリーサオードパルファム「トーキョーブロッサム」の口コミ

こちらはシャボンソープのような優しい石鹸の香りの後から桜の香りがふわっと香ってくる感じで、キツすぎず主張しすぎない柔らかい香りなので普段使いに便利。石鹸系の清潔感ある爽やかな香りの中に、かすかに桜が香るこの香り、は気に入っているとのことです。

ヴァシリーサ「サニーカクテル」ボディミスト

ヨーロッパではおなじみのすずらん&果実のカクテルの香りがミックスされたボディミストです。

ヴァシリーサ「サニーカクテル 」ボディミストの口コミ

ヴァシリーサ「サニーカクテルボディミスト」の口コミは、彼がこれに似た香りをつけていたので購入しました。香りはとても高貴で、カクテルとあるだけ良い意味で酔いそうな香りです。女性用とありましたが男性でも使える香りです。ほのかに香るのが嫌味なく好きです。

大人気!Vasilisa2016バースデーエディションコフレ

Vasilisa 2016バースデーエディションコフレ¥8,640(税込)です。オードグレイススパークルオードパルファム、オードグレイスオリジナルキャンドル、シリアルナンバーカードからなります。

大人気!限定発売の「オー・ド・グレイス」

ローラの誕生日をアニバーサリーし、ローラ自身が特にお気に入りの香りオード グレイス スパークル オードパルファム 50mLの限定ラメ入りボトルと、同じ香りのキャンドル、500セット限定のシリアルナンバー付特別限定セットが発売となりました。

「オー・ド・グレイス」のイメージは、シンプルでありながら、柳のようなしなやかさと美しさを持つ奥深い香りのフレグランスです。

ローラ自身が特にお気に入りの香り「オー・ド・グレイス」

最初は、マンダリンやチェリーの瑞々しさを絶妙なバランスが大人の洗練された透明感を表に出して、次に美しい庭の優雅で気品あふれる甘さ、バニラやココナッツ、マシュマロの可愛らしいシュガリーな甘さが重ねて協奏曲のように奏でます。

元々バニラのような甘い香りが好を好む人たちには、ほんとに砂糖のような甘すぎるものは、だんだん年齢的にも合わないかもと思う人たちがいます。そこで、大人でもつけて違和感がないのがこの香水です。

ヴァシリーサ「パフュームスティック」

ローラがプロデュースするスティックタイプの練り香水

モデル・タレントとして活躍中のローラがブランド「ヴァシリーサ」より、スティックタイプの練り香水「パフュームスティック」をプロデュースしています。最近は、ほのかに感じる香りが主流になりつつありますが、その時流に乗って、スプレータイプの香水では、何だか香りが強すぎるように感じると思われる方も香水を楽しめる幅が増えてきています。

大人気の「パフュームスティック」

通勤電車の中や職場では迷惑なような気もするし、もっとさりげなく楽しめる香りをと追及すると、人気が高まりつつあるのが、練り香水です。前述にも言及したように、気軽に、控えめな香りを楽しめると好感度がアップしており、職場でも楽しめるので働く女性にもぴったりです。スティック型なので携帯にも便利ですし、動物のイラストも可愛いです。

「パフュームスティック」のシリーズ

大人気!練り香水のヴァシリーサ

練り香水のパフュームスティックは、「ベンジャミン」、「メリッサ」、「アンナ」が発売され大人気で、「フィオナ」、「オリバー」が次いで発表されました。5種類全部揃えたいと思わせる、練り香水のパフュームスティックです。

ヴァシリーサ / パフュームスティック「ベンジャミン」

ヴァシリーサ/パフュームスティック ベンジャミン、5g・1,500円パフュームスティック「ベンジャミン」は、フレッシュなペア(セイヨウナシ)と南国の香りであるジャスミンの香りがします。「ベンジャミン」と名付けられたいたずらっ子っぽい表情を浮かべたかわいらしい子猫がパッケージにはが描かれています。

口コミでは人気があってしなぎれだったとか、爽やかで凛としたすごく良い香りで、大人の女性も楽しめる嫌味がないフルーティーな香りは、オフィスでも嫌味なくつけられますという意見が多数寄せられています。

ヴァシリーサ / パフュームスティック「メリッサ」

パフュームスティック「メリッサ」は、靴下を履いたうさぎのイラストが目印です。フルーティなイチゴ、ラズベリー、ブルーベリー、クロスグリの爽やかさとバニラの濃い甘さが共存する香りをバランスよくミックスしています。

口コミでは、バーバリーのブリットの香り、大好きなのに、価格面で手が出せずにいたアバクロンビー&フィッチの香水によく似た香りと言われています。そして、ほんのちょっと甘えん坊な顔ものぞかせる魅力的なたたずまいに大人っぽさがあり、さりげなくかわいらしさも演出したい人にぴったりの香りです。

ヴァシリーサ / パフュームスティック「アンナ」

フェミニンでフローラルな香りの「アンナ」5g・1,500円、パフュームスティック「アンナ」は、バラをくわえたオウムのイラストが目を惹く植物系をイメージするスティックです。香りは芍薬とローズをミックスした、上品な花の香りです。花の印象が残るので一見フェミニンですが、ライトな香りで、オフィス使いなど日常で活躍してくれる香りです。

ヴァシリーサ / パフュームスティック「アンナ」の口コミ

甘すぎず、つけると花の香りが混ざった石鹸のような香りで、お気に入りです。スティックなのでとても使いやすくほのかに香るので、急いで付けたり、ちょっとした狭い場所で付けても安心です。

ヴァシリーサ / パフュームスティック「フィオナ」

ヴァシリーサ/パフュームスティック「フィオナ」5g・1,500円は、チェリー&マシュマロの甘くて若い香りの「フィオナ」は、持っているだけで夢を叶えてくれそうな、ユニコーンが描かれています。

ヴァシリーサ / パフュームスティック「フィオナ」の口コミ

クチ込みでは香りは薄く、2時間程度しか持続しませんので、塗り直しが必須で、私は1日5~8回程度塗っています。持続性は期待できませんが、スティックなので、その都度サッと香りたい部分に塗って楽しめます。

ヴァシリーサ/パフュームスティック 「オリバー」

ヴァシリーサ/パフュームスティック「オリバー」5g・1,500円は、勇ましい表情をしたライオンが目を引くパッケージで、ピーチとフリージアが重なるやわらかなフルーティフローラルな香りを惹きつけます。耳の後ろにちょっとひと塗りするだけで、ふわっと桃のようないい香りがします。

ローラがプロデュースする練り香水「パフュームスティック」の特徴

5つの香りがそろったパフュームスティック、香りが強すぎない、携帯に便利というところが昨今の香水事情を踏まえていて人気が高まっています。特に日本人は体臭が少なく入浴の習慣が根付いている日本ならではの事情だと言えます。

近づいた時だけ気がつく香りは、親しくなったり距離を縮めて初めて感じてもらえますし、ほのかな香りは、欧米を真似していた日本が日本ならではの香りの境地を開拓したとも言えます。好きな人だけに知ってもらいたい期待も込めて使ってみたい、練り香水シリーズです。ローラはそんな人たちを代弁するオピニオンリーダーです。

大人気!ローラのセンスが生きるボトルデザイン

ローラのファッションセンスは、パッケージそのものも、若者からの絶大な信頼を得ています。例えば、キャップの鳥かごのデザインがたまらない!という声が続出です。ローラは、ボトルの2種類の色のグラデーションや、キャップに結ばれたシフォン素材のリボンにまで、こだわっています。

女性は石鹸の空き箱にしても、ハイセンスの物なら使い終わっても手元に置きたいと思うものです。可愛いだけじゃない、大人の女性のエレガントさをも併せ持つコンセプトのヴァシリーサはローラが持つアンテナを最大限に活用して、「このボトルが欲しい」と思わせるパッケージデザインに成功しました。

ローラのプロデュースする香水のマーケティング戦略

また、ローラは、限定商品や限定セットなど、若い女性層のマーケティングを非常に研究しています。同じ香りでも、限定ボトルとなると欲しくなるのが女性というものという心理を利用したオーロラカラーボトルも人気がありました。

グローバル化が叫ばれている昨今でも、歴然とした日本人には日本人の好みがあります。ローラは既存の香水から脱却して、日本人の好む香水を開拓したタレント・モデルと言えます。

ローラの生き方に合った香水

ローラ自身は香水をどのように使っているかと言いますと、朝いちで出掛ける時、自分にスイッチを入れるために香水を一かけするそうです。また、夕方、友達に会うときもかけていくそうです。そのためにパフュームスティックなどの大胆な発想が出てきたと言えます。

ローラは売り出しの頃は、面白いタレントという感じでしたが、彼女のファッションセンスや生き方は今の女性の支持を集めるようになってきています。また、磨きがかかり、大人の女性をイメージするCMも難なくこなしています。

実際のローラは勉強家で英語を勉強し、オペラには週2~3回通っています。自分の生き方でいい、人に合わせなくてもいい、人にはそれぞれの生き方があるのだからと言うのが彼女のモットーです。練り香水のスティックパフュームもそんなローラにライフスタイルに合わせた香水だと言えるでしょう。今後の彼女の活躍に目が離せません。

ローラと香水について知りたい方はこちら

Thumbローラの髪色がおしゃれ♡人気のアッシュ系?地毛は何色?画像まとめ
Thumbローラの水着グラビアショットがインスタに公開!【画像まとめ】
Thumb石鹸の香りがする香水の人気ブランドランキング!清潔感が漂う匂いは?
Thumb香水の付け方ってどうしたらいい?女性の場合はどこが一番長持ちする?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-10-23 時点

新着一覧