万年筆のブランドでおすすめは?選び方や国内外の人気モデルを紹介

万年筆を持っている人ってかっこいいですよね。いざ雑貨店で購入してみようと思っても万年筆のブランドもたくさんあるので、どれを購入していいのか決められないですよね。今回は万年筆のおすすめの国内外のブランドを紹介したいと思います。

目次

  1. 万年筆の魅力
  2. たくさんある万年筆のブランド
  3. 万年筆には種類がある
  4. 選び方に注意、海外ブランドの万年筆はサイズが大きめ
  5. 国内の万年筆のブランドと言えばPILOTがおすすめ
  6. 世界からも信頼のある国内ブランドSAILORの万年筆
  7. 日本を代表する万年筆のブランドと言えばPLATINUM
  8. ドイツで親しまれている万年筆のブランド、シュナイダー
  9. 万年筆の歴史が長いドイツのブランド、ヴァルドマン
  10. 誰もが聞いたことのある万年筆のドイツブランド、モンブラン
  11. 気軽に購入できるアメリカの万年筆ブランドCROSS
  12. アメリカの大統領たちが愛用するブランドSHERFFERの万年筆
  13. ビジネスマンに最適なブランド、フランクリン・コヴィーの万年筆
  14. クラシックなスタイルのイギリスのブランド万年筆ダンヒル
  15. お気に入りの万年筆ブランドを見つけましょう!

万年筆の魅力

普段、私たちの生活の中で万年筆を使うことは、とても少ないですよね。万年筆を持っていない人の方が多いかもしれません。

diplopenさんの投稿
21878848 370579576712993 512120480056999936 n

しかし雑貨屋さんで、ガラスケースなどに綺麗に飾られている万年筆を見ると、高級感が溢れていて、また素敵なデザインや色がたくさんあるので選び方がわからないですよね。

kojiochanさんの投稿
21879256 187525235124685 1755286329953878016 n

それでも万年筆なだけに意外にも値段が高かったりと、ペンにそんなにお金をかけるのはちょっと…と断念してしまうこともあるかと思います。しかし万年筆を一つ持てば、文字を書く気持ちも変わりますし、普通のペンとは違い長く使うことができるからこそ、人気があるのも事実です。

heartfulthingsさんの投稿
21910006 181526475725881 2362977889705525248 n

少しでも万年筆に魅かれる気持ちがあるのであれば、早速、雑貨屋さんなどに行って自分の好みに合う万年筆のブランドを見つけて、自分だけの素敵な万年筆を手に入れましょう。

たくさんある万年筆のブランド

実は万年筆にはたくさんのブランドがあります。それも国内と国外を合わせるとその数はさらに増えます。それだけ万年筆は世界中の人に愛されている文房具なのです。

yukiukiusagiさんの投稿
21879471 358592717895956 8304299969527939072 n

万年筆の歴史は実はかなり昔からあり、約1000年以上前に遡ります。万年筆の始まりとも言われているのが、古代エジプト時代で衣服などを汚さないためのペンとして発明されたことがきっかけです。

kiyo6969さんの投稿
21879486 543470649378129 8417011202844000256 n

その後はヨーロッパのイギリスをはじめ自動的にインクを吸い取る方法を発明して、今日の万年筆の形へと変化してきました。昔からのものが今も使われている万年筆は、歴史的な文房具と言えますよね。

cono_miさんの投稿
21879292 271197420060120 4471409706480435200 n

その後は、日本にも海外からの万年筆が輸入されて国内で広がりました。そして今では世界中の国々で、独自の万年筆を開発したりと、現代では世界中の万年筆のブランドから自分の好みのものを購入できるようになったのです。

万年筆には種類がある

万年筆と言えば万年筆ではなく、万年筆の中でも種類があります。万年筆の種類は大きく分けて2種類あります。種類によって万年筆の普段のお手入れの仕方も変わってくるので、選び方としては自分のやりやすい方にしましょう。

diplopenさんの投稿
21909425 1968748616702534 6223763333980356608 n

雑貨やさんでも種類別にガラスケースに収納されているので、実際に万年筆の触り心地や、感触、字の書き心地など、木になるところはしっかりとチェックすることが大切です。種類によっても万年筆は変わってきます。

コンバーター式

コンバーター式は、万年筆のインクの補充の代表的なやり方です。万年筆を購入する際に、値段が高めにはなってしまいますが、その分インクの減り方が少ないので、インクの持ちも良く、追加でインクを購入するまで、長くその万年筆を使用することができます。

hoppypensさんの投稿
21910598 805770046261937 6407602773361164288 n

コンバーターと言われるインクを補充する器具をつけて、インクの補充ができる万年筆なので、インクの補充方法には、プッシュ式と回転式、板バネ式と3種類あります。

mizuki___izさんの投稿
21827494 1742595426041569 9074162944551419904 n

いくつか種類があるのインクの補充方法が違うように感じますが、基本的には、全てインクの瓶の中から万年筆のペン先を使用してインクを補充する方法です。瓶のインクがなくなっても購入した雑貨店などに在庫があれば簡単に購入できます。

カートリッジ式

カートリッジ式は、インクの入っているカートリッジを万年筆に差し込むだけでインクの補充ができる、とても簡単なインクの補充方法です。なので人気が高いのがカートリッジ式の万年筆です。

mmoe_2017さんの投稿
21911533 1899980400265088 4703400445123493888 n

しかしインクの補充がとても簡単なため、ブランドによってはコンバーター式よりも値段が上がるものもあります。このカートリッジは万年筆のブランドによって、サイズや形状が違うので、購入するときは同じブランドである必要があります。

a410237さんの投稿
21879374 117972632233872 4385580956937879552 n

そしてカートリッジ式の万年筆はインクの補充がとても簡単なので、万年筆に慣れていない、初心者の人でも気軽にインクを補充できるのが魅力の一つです。手先が器用ではない方でも簡単に交換できるのはとてもいいですよね。

65535sebさんの投稿
21827478 305888539891330 2296612097997406208 n

カートリッジ式の場合、同じブランドのもの同士ではないとインクの交換ができませんので、インクの交換が必要な時も購入した雑貨店で確認するか、雑貨店ではなくそのままブランド店から購入することも可能です。

選び方に注意、海外ブランドの万年筆はサイズが大きめ

国内と国外とでも雑貨店行けば、ブランドの種類がたくさんある万年筆ですが、やはり国内と国外では万年筆にも少し違いがあります。もちろん万年筆自体が一回り大きかったりと、サイズの違いがあります。

pelikan400さんの投稿
21827026 493113411069646 6090016751007825920 n

選び方で気をつけたいのが、万年筆のペン先の細さです。これはブランドによっても細さが変わってきますが、海外の方が日本よりも一回り太めです。

the_wadaさんの投稿
21827802 493508221013152 5353312551302070272 n

また国内や国外の万年筆のサイズの違いだけではなく、購入するときは実際に手にとって、持ちにくさを確認してみることも大切です。万年筆はその名の通り長く使えるように、できているペンです。

esolairoさんの投稿
21827160 1536189149774464 5990242216885354496 n

持って見て自分に手にしっくりとくるのか確認していることと同時に、実際に紙に書いてみて、筆圧についても把握しておくことがおすすめです。雑貨店の中には、すでに万年筆で書いたサンプルがあるところもありますが、実際は人によって筆圧も違うので、雑貨店の人にお願いして、直接自分で書いていることが正しい選び方です。

国内の万年筆のブランドと言えばPILOTがおすすめ

日本の多くの雑貨店などで取り扱われているブランドではないでしょうか?雑貨店だけではなく、デパートや百貨店でも売られている万年筆ブランドです。

国内のブランドで万年筆と言えば、PILOTの万年筆が人気もあり知名度もとても高いです。これから万年筆を初めて使用してみようと考えている人からすでに万年筆を普段から使用している人まで、幅広く万年筆の種類を取り揃えているのでおすすめの国内ブランドです。

そしてPILOTのブランドは日本国内だけの知名度が高いだけではなく、世界中でも万年筆のブランドとして知名度が高く、日本製という、日本のブランドを代表する万年筆の品質の良さで信頼が世界中からあります。

PILOTの人気モデル、エラボー万年筆

日本語の文字の美しさにこだわる選び方なら、より綺麗に表現できる万年筆モデルとしてエラボーがおすすめです。日本語の特徴のとめ、はらい、はねにも対応できる優れものです。

世界からも信頼のある国内ブランドSAILORの万年筆

日本を代表する万年筆のブランドの3つの内に入るSAILORの万年筆もとても人気があります。万年筆のブランドSAILORがすごいのは、日本で初めて金ペンの製造を手掛けたことです。

SAILORの万年筆は、職人さんによる手の込んだ万年筆が特徴で、万年筆の製品の一つ一つのクオリティーがとても高いです。手にとってしまえば、あまりの万年筆の良さの魅力に吸い込まれてしまいます。

そして、SAILORの万年筆は完全に日本製というところまでこだわっているので、安心して使用することができます。信頼度の高い万年筆で、SAILORはオーダーメイドの万年筆にも対応しているのが人気の理由でもあります。

SAILORの人気モデル、プロフェッショナルギア万年筆

長くいつまでも愛用したいものの選び方として人気があるのがプロフェッショナルギア万年筆です。柔らかいタッチに書きやすいのが特徴です。

日本を代表する万年筆のブランドと言えばPLATINUM

日本を代表する万年筆の3大ブランドの中に入るブランドPLATINUM。PLATINUMのブランドの魅力はなんといっても、万年筆へのこだわりのあるデザインです。

そして低価格のものから高価なものまで、幅広い値段で万年筆もあるので、若者から高齢の方まで、いろんなニーズに対応しているのも人気の理由の一つです。

また、PLATINUMの万年筆の特徴は、インクの出具合が調節させれているので、細字を書くのにとても適しています。PLATINUMの万年筆は鉛筆で書いている時と似ている感覚があるので、細字で書くことが好きな人には魅力的すぎるおすすめの万年筆の仕上がりです。

PLATINUMの人気モデル、プレピー万年筆

どの種類を買えばいいのか選び方がわからない方におすすめなのが、プレピーの万年筆モデルです。初心者でも扱いやすいとして人気が高いモデルになっています。

ドイツで親しまれている万年筆のブランド、シュナイダー

ドイツを代表するくらい、ドイツ国内で親しまれている万年筆のブランドがブランド、シュナイダーです。ブランド名から分かるようにドイツを強調しています。

ブランド、シュナイダーの万年筆は、低価格なのにも関わらず品質がとても良く人気のあるブランドです。ビジネスではなく、学生のために学校やまたは家庭でも気軽に万年筆を使えるように作られているので、どのニーズにも対応しているのでおすすめの万年筆です。

シュナイダーの人気モデル、ID万年筆

低価格で、購入しやすいのと日常生活でも気軽に使うことができる万年筆として人気があるモデルになっています。

万年筆の歴史が長いドイツのブランド、ヴァルドマン

ブランドのヴァルドマンは約80年以上の歴史のある万年筆のブランドです。ヴァルドマンの凄いところは、万年筆に刻まれた純銀含有率92.5%という上質なシルバーを使用していることです。

なのでヴァルドマンの万年筆に、刻印として数字の925が刻まれているのはヴァルドマンの純銀へのこだわりを物語っています。

万年筆へのデザインと高級感へのこだわりがある人には人気で魅力的な仕上がりです。そしてたくさんの万年筆のモデルがあるので、さらにこだわれるブランドとしてドイツ国内では人気のあるブランドです。

ヴァルドマンの人気モデル、セトラ万年筆

シンプルでスタイリッシュなデザインとして人気のある万年筆モデルとなっています。シルバーな色が高級感を出しています。

誰もが聞いたことのある万年筆のドイツブランド、モンブラン

世界の中でも万年筆と言えば、誰もが思うのが、ドイツブランドのモンブランです。万年筆を持っている人、興味がある人になら知らない人はいないと言えるブランドです。

万年筆の最高峰とも言われるだけに、モンブランの万年筆を持っているだけで、それだけでステータスになるとも言われている、高級な万年筆です。

モンブランの人気モデル、マイスターシュテュック万年筆

モンブランの代表的な万年筆として堂々の人気を誇るモデルのマイスターシュテュックで、品質とデザインにこだわりのある万年筆です。

気軽に購入できるアメリカの万年筆ブランドCROSS

アメリカで人気のある万年筆のブランドと言えば、CROSSです。世界中から見て万年筆の歴史はまだまだ浅いですが、アメリカ国内では男性だけではなく女性からの人気がある万年筆として話題になっています。

また、アメリカのオバマ元大統領もCROSSの万年筆を使用していたと話題にもなり、比較的にリーズナブルなので、購入しやすく、シャープなデザインなので選ばれています。

CROSSの人気モデル、クラシックセンチュリー万年筆

CROSSの中で選び方が難しい人におすすめなのが、CROSSを代表する万年筆モデルのクラシックセンチュリーです。

アメリカの大統領たちが愛用するブランドSHERFFERの万年筆

CROSSと同じくらいにアメリカで万年筆のブランドと言えば、SHERFFERの名前が出ます。SHERFFERブランドの原点は、家族経営の小さな宝石店が始まりでした。

そこから、今ではアメリカを代表する万年筆ブランドまで成長したのです。SHERFFERの万年筆の特徴は、優れた機能を施した万年筆ということです。万年筆の高度な機能と高品質のため、歴代のアメリカの大統領に愛された万年筆ブランドと言えます。

SHERFFERの人気モデル、プレリュード万年筆

贈り物として万年筆の選び方に困っているのであれば、おすすめなモデルがプレリュードの万年筆です。シンプルで美しいモデルになっているのが特徴です。

ビジネスマンに最適なブランド、フランクリン・コヴィーの万年筆

フランクリン・コヴィーの万年筆ブランドは、実はCROSSのブランドが手がけています。ですが、フランクリン・コヴィーとはビジネスやマネジメントの先駆けの人としてアメリカでは有名な方です。

electronscribblesさんの投稿
21690126 1853541508307865 4391514973948346368 n

そんな彼の名前からできたブランドの万年筆は、ビジネスパーソンに合う落ち着いていてシンプルなデザインとして、魅力があります。万年筆の性能もCROSSのようにしっかりとしていて、万年筆の故障にも永久保証などもあり信頼のあるブランドです。

フランクリン・コヴィーの人気モデル、フリーモント万年筆

クラシックなスタイルのイギリスのブランド万年筆ダンヒル

ダンヒルというブランド名を聞いて、最初に思いつくのは、イギリスの世界的ファッションブランドの「ダンヒル」ではないでしょうか?

実はそのファッションブランドからも他の万年筆のブランドと比べればまだまだ、数は少ないですが、万年筆を製造しています。ダンヒルの万年筆の特徴としては、ブランドそのものの高級感が溢れる雰囲気です。

デザインは少ないので自分の好みのを見つけることは難しいかもしれませんが、大人な男性の魅力を引き出す、高級感な万年筆です。そしてダンヒルの万年筆には、金が使用されているので、高級感を出したいと思っている男性には本当におすすめの万年筆に仕上がっています。

ダンヒルの人気モデル、サイドカー万年筆

お気に入りの万年筆ブランドを見つけましょう!

万年筆のブランドの数はたくさんあるので、今回紹介できなかっらブランドがたくさんあります。日本をはじめ世界中の人から愛されていている万年筆。

vitstyle_comさんの投稿
21827475 1434818856555079 1721892637104930816 n

外国では、親から子へと引き継がれている万年筆の歴史があるくらい、万年筆の使用が当たり前です。スマートフォンやコンピュータの発達によって、私たちは普段からあまり字を書く機会が減ってきました。

_yummy_34さんの投稿
21879050 117796908933178 7148168986184646656 n

ですが、字には書く人の思いが込められていますし、その字から相手のことを考えたりすることもできるのです。万年筆にはそんな現代の人たちが忘れてしまいがちだったことを思い出させてくれる筆記具ではないでしょうか?

yuiro.cさんの投稿
21878926 1113691982099116 3101857666440364032 n

万年筆は一度買うと、本当にいつまでも長く使用することができます。今やこれから先に万年筆を購入しようと考えているのであれば、選び方として自分に合う、好みの素敵なデザインの万年筆を選びましょう。

万年筆以外の文房具に興味がある方はこちらへ

Thumb無印良品の文房具おすすめは?便利で人気のステーショナリー特選!
Thumbコストコの文房具おすすめは?値段も調査!【シール・ノート】
Thumb文房具おすすめランキング!最新の便利でかわいい文房具は?

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ