洗濯の基本的なやり方とは?一人暮らしの初心者のために手順をレクチャー!

一人暮らしを始めると洗濯も自分でやらなければなりませんが、正しいやり方は知っているでしょうか。洗濯初心者さんの為の基本的な洗濯のやり方や、洗濯する際に注意しておきたい点などをまとめてご紹介していきたいと思います。自分で洗濯をした事が無いという人は必見です。

洗濯の基本的なやり方とは?一人暮らしの初心者のために手順をレクチャー!

目次

  1. 意外と知らない基本的な洗濯のやり方
  2. やり方①まずは洗濯物の汚れを落としてポケットの中身を出す
  3. やり方②洗濯物のファスナーは閉めてネットへ仕分け
  4. やり方③洗濯機に洗濯物を投入する
  5. やり方④洗濯機の容量に応じた洗剤を入れる
  6. やり方⑤コースを設定して洗濯機のスイッチを入れる
  7. やり方⑥洗濯物によっては柔軟剤を使用する
  8. やり方⑦洗濯物を正しく干して乾いたら畳む
  9. 洗濯をする際に覚えておきたい注意点
  10. 正しい洗濯のやり方を覚えて、いつでも清潔に

意外と知らない基本的な洗濯のやり方

いざ初めての一人暮らしを開始するとなると意外と知らない事も多く、これまではいかに親に頼りきりの生活をしてしまっていたのかを改めて実感する、という人もいるのではないでしょうか。一人暮らしはやる事がたくさんありますよね。

そんな中でも日々の生活の中で欠かせない事の一つとして洗濯がありますが、正しい洗濯のやり方はご存じでしょうか。洗濯機に入れてただスイッチを入れれば良いだけだろうと思っていると、洗濯物を綺麗に洗う事ができないかもしれません。

今回はそんな洗濯初心者さんの為に、基本的な洗濯のやり方の手順をご紹介していきたいと思います。これまでは適当に洗濯をしていたという人も、正しい手順を覚えれば洗濯初心者を卒業する事ができちゃいますよ。早速チャレンジしてみましょう。

Thumb洗濯機のおすすめはどれ?メーカー別に人気の商品を調べてみた!

やり方①まずは洗濯物の汚れを落としてポケットの中身を出す

洗濯を始める前に、まずは洗濯物の汚れを落とす所から始めなければなりません。初心者の場合には洗濯物をそのまま纏めて洗濯機の中へと放り込んでしまうかもしれませんが、洗濯をしてしまった後には服についた汚れは落ちにくくなってしまうんです。

洗う前の洗濯物には案外ほこりなどが付着していたりするものなので、それらを払いつつ手洗いで落とせそうな汚れがあればその部分のみを先に軽く洗ってしまうのも良いかもしれません。落ちた汚れを他の洗濯物に付着させたくはないですよね。

更に洗濯物にポケットがある場合には、必ずポケットの中身をチェックする習慣をつけておく方が良さそうです。ゴミが入っている事もあるかもしれませんし、ティッシュなどが入ったまま洗濯をしてしまって悲惨な思いをした事のある人もいる筈です。

Thumbドラム式洗濯機のおすすめはどれ?2017年人気ランキングまとめ!

やり方②洗濯物のファスナーは閉めてネットへ仕分け

続いてはパーカーなどファスナーのある洗濯物ですが、これらは必ずファスナーを閉めてから洗濯機へ入れる様にしておきましょう。洗濯機を回している最中に、ファスナー部分が他の洗濯物へと絡んで洗濯物をダメにしてしまう可能性がある為です。

生地が傷みやすい洗濯物は洗濯用のネットに分けて入れるというのも基本的な洗濯のやり方です。洗濯ネットなんて持っていないという人は、100均などでも販売されているので数枚所持しておくと洗濯がしやすくなるのではないでしょうか。

準備が整ったから洗濯物を洗濯機へ投入してしまおう、というのはまだ早いです。手順としては、白や淡い色の洗濯物と色柄物は分けて洗うやり方をする方が良い場合があります。特に新品の色柄物は色落ちして、白い衣服がカラフルになってしまう恐れがある為です。

洗濯初心者さんからしてみればこれらの手順はとても面倒に感じられるかもしれませんが、その手順を守る事でお気に入りの洋服を長く綺麗に使う事ができる様になると思えば、多少面倒なやり方に感じられても手順を守る事はできるのではないでしょうか。

Thumbドラム式洗濯機はパナソニックが人気?電気代はどれくらい?

やり方③洗濯機に洗濯物を投入する

やり方②までの手順を終えたらいよいよ洗濯開始ですが、洗濯機に洗濯物を投入したからといってすぐにスイッチを入れてしまうのはやはり初心者です。実は洗濯機に洗濯物を投入するのにも、きちんと決められた順番があるという事をご存じでしょうか。

洗濯機に最初に投入するのは大きい洗濯物が良いとされているので、ズボンなどのかさばる衣服から順に投入していくのが良さそうです。そこから徐々に小さく軽い物を投入していき、最後にネットに入った洗濯物を投入すれば完了です。

ちなみに洗濯機が大きいからと洗濯機の容量目一杯に洗濯物を投入したくなる人もいるかもしれませんが、基本的に洗濯物の入れ過ぎは洗濯機の回転を悪くしてしまうので、綺麗に汚れを落とす事ができなくなってしまうのだそうです。

その為洗濯をする際には大体8分目程度を目安にすると、洗濯機本来の機能を存分に活用する事ができそうです。面倒だからと洗濯物を溜め込みすぎてしまうのも良くないという事なんですね。洗濯初心者さんは是非覚えておきましょう。

Thumbドラム式洗濯機の乾燥の時間はどれくらいかかる?かしこい選び方は?

やり方④洗濯機の容量に応じた洗剤を入れる

洗濯物を投入し終えたら後は洗濯用洗剤を投入するのみですが、洗濯用洗剤も色々な種類の物が販売されているのでどれを選べば良いか初心者さんは迷ってしまうものですよね。しかし基本的に洗剤に関しては自分の好みに合った物を選べば良いそうです。

更に初心者さんの場合には洗濯物を綺麗にしたいからと沢山の量の洗剤を投入してしまう事もあるそうですが、規定量以上の洗剤を投入しても洗濯物が綺麗になるという事はありません。きちんと定められた量の洗剤を投入する様にしましょう。

ちなみに洗剤を投入する際にはババッと入れて放置してしまう人もいるかもしれません。けれど洗剤はきちんと水で溶かして使う様にしなければ、溶けきっていない洗剤が洗濯物に付いて嫌な臭いの原因になってしまう事もあるのだそうです。

その為洗濯機に洗剤を投入する際には、スイッチを入れた洗濯機から水が出ている状態でその水の勢いで洗剤を溶かし入れていくよう意識をしておくと良いのだそうです。ちょっと面倒かもしれませんが、やはり綺麗に洗濯をしたいですよね。

Thumb洗濯機は一人暮らしの場合どれがいいの?サイズは?安いものでも大丈夫?

やり方⑤コースを設定して洗濯機のスイッチを入れる

全ての準備が整ったらいよいよ洗濯機を稼働させる事となりますが、洗濯機によっては洗濯の用途に応じて様々なコースを設定する事ができたりしますよね。洗濯初心者さんの場合にはこういったコース選びにも迷ってしまうのではないでしょうか。

基本的には用途に合った標準的なコースなどを選んでおけば問題無いかと思いますが、一人暮らしの節約面などを考えれば洗濯をする時間が一番短いコースを選択する方が時間もお金も節約する事ができる結果になりそうです。

Thumbこたつ布団を洗濯する方法!自宅でできる洗濯と乾燥の仕方!

やり方⑥洗濯物によっては柔軟剤を使用する

基本的には洗濯には洗剤のみを使用していれば問題無いものですが、やはり良い香りがついていた方が嬉しかったり、タオルなどはふんわり柔らかな状態で洗濯したいと感じますよね。そういった時には柔軟剤を使用する必要が出てきます。

香りに関しては好みの柔軟剤を選べば良いですが、柔軟剤を使うタイミングは一度洗濯を終えてすすぎ洗いに入る際に少量を投入するというのが基本的なやり方になります。洗濯前の手順と比べても柔軟剤を投入するだけなので特に難しい事もありませんよね。

ただし柔軟剤を使用する際にはやり方に注意が必要な部分があります。というのも、公共の場で他人の香水や柔軟剤の匂いに気分が悪くなってしまったという経験をした事のある人もいるのではないでしょうか。柔軟剤は本来は良い香りがするものですよね。

けれど強すぎる匂いは他人からは良い香りであるとは認識されず、想像以上に迷惑なものになってしまう場合があるんです。強い香りを付けたいからと柔軟剤を沢山入れるやり方はせずに、ほんの少量を入れるという意識を持つ必要がありそうです。

Thumb洗濯槽はどれがおすすめ?人気ランキングと掃除のコツのまとめ!

やり方⑦洗濯物を正しく干して乾いたら畳む

洗濯機が止まったら後の手順はもうわかりますよね。取り出した洗濯物を干していくだけなのでそれなら楽勝だ!と思う人も、干し方にも基本的なやり方があるという事は理解しているでしょうか。干して乾けばそれでいいでは、正しい洗濯とは言えません。

洗濯物は基本的に洗濯を終えてからすぐ干すのがベストですが、大抵の場合は洗濯物を干す道具を使用するのではないかと思います。よく目にする洗濯ばさみの沢山ついた道具は洗濯ハンガーと言うそうですが、一定の間隔が空いている事がわかりますよね。

これは単に干しやすいからというわけではなく、洗濯物は風を通せるよう広い面積で間隔を空けて干す必要があるのです。濡れた洗濯物同士が密着した状態だと菌が繁殖しやすく、風も通らないので乾きにくいというデメリットがあるんです。

洗濯物を干す前には洗濯物を振ってシワを伸ばしてから干す、というやり方を習慣づける事も大切です。シワになったままの服を着ていると、せっかく洗濯をしたにも関わらず何だか不衛生な印象を与えてしまい良くありません。

これらのやり方をきちんと覚えておけば初心者さんでも問題無く洗濯をする事ができるかと思いますが、室内で干すやり方しかできない環境だという場合には、窓を開けて風通しを良くしたり除湿機を併用するやり方も早く乾かす事ができておすすめです。

洗濯物がきちんと乾いたら後は畳むだけです。シワにならないよう気を付けつつ、綺麗に畳んで片付けておく習慣をつける様にしておきましょう。

Thumb洗濯物の基本的な干し方や短縮方法!早く乾かすには裏返しがいいの?

洗濯をする際に覚えておきたい注意点

洗濯の基本的な手順や正しいやり方については理解できたのではないかと思いますが、洗濯には他にも注意しておきたい点があります。あまりにも汚れている洗濯物と軽い汚れしかついていない洗濯物は、一緒に洗ってしまうと汚れが移る原因にもなります。

汚れている衣服はお湯を張った洗面器に洗濯用洗剤を溶かし、汚れた部分には衣類用の漂白剤を塗って30分ほど浸け置きをしておくと良いそうです。こういった下洗いをしてから洗濯機を使用するだけでも、臭いや汚れはかなり違ってくるものです。

Thumbデニムジーンズの洗い方!洗濯で色落ちや縮むのを防ぐ方法は?

正しい洗濯のやり方を覚えて、いつでも清潔に

基本的な洗濯のやり方の手順などについてご紹介してきましたが、何をやるにも誰だって最初は初心者ですよね。知らなかった事を一つ一つ自分の力で覚えていく事ができるというのも、一人暮らしの魅力であり大切な経験なのではないでしょうか。

洗濯に関しても今回ご紹介したやり方はあくまで基本的な初心者向けのものであり、洗濯をする衣服の素材が特殊な物であったりする場合にはまた洗い方にも工夫をしたりしなければなりません。簡単な様で、洗濯というのは奥が深いものなんです。

けれど洗濯は面倒なものだと疎かにしてしまうよりも、洗濯のやり方をマスターして毎日清潔な衣服を身につけられる方が気分よく1日を過ごす事ができるのではないでしょうか。面倒を増やさない為にも、衣服をしまう場所なども工夫したいですね。

Thumb洗濯洗剤ランキングに人気の商品はどれ?粉末と液体どっちが便利?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-04-17 時点

新着一覧