洗濯石鹸の人気ランキング!失敗しない洗い方や使い方のコツは?

洗濯をするときに使う洗濯洗剤にこだわりはありますか?今、徐々に人気が上がっている洗濯石鹸は肌にはもちろん地球環境にも配慮した洗濯洗剤になっています。洗濯石鹸の種類や使い方、おすすめの洗濯石鹸をランキング形式でご紹介します!

洗濯石鹸の人気ランキング!失敗しない洗い方や使い方のコツは?

目次

  1. 洗濯石鹸とは
  2. 洗濯石鹸の選び方⑴液体・粉・固形
  3. 洗濯石鹸の選び方⑵無添加
  4. 洗濯石鹸の選び方⑶純石鹸分の高さ
  5. 洗濯石鹸の選び方⑷アルカリ剤の有無
  6. 洗濯石鹸の使い方は?
  7. 洗濯石鹸の使い方はココに注意!
  8. 洗濯石鹸人気ランキング7位:エスケー石鹸
  9. 洗濯石鹸人気ランキング6位:シャボン玉石けん液体
  10. 洗濯石鹸人気ランキング5位:太陽油脂
  11. 洗濯石鹸人気ランキング4位:東邦
  12. 洗濯石鹸人気ランキング3位:ミヨシ石鹸液体
  13. 洗濯石鹸人気ランキング2位:シャボン玉石けん
  14. 洗濯石鹸人気ランキング1位:ミヨシ石鹸
  15. 洗濯石鹸で肌にも地球にも優しい生活

洗濯石鹸とは

肌の弱い方はボディソープや石鹸を使用するときに敏感になってしまうものです。ボディソープやボディクリーム選びも大切ですが、体に直接触れることの多い服から見直しを始めてみませんか?服を洗う洗剤によって肌の炎症を抑えることができるかもしれません。

洗剤には、少ない水の量でしっかりと汚れを落とすために様々な薬品が使用されています。肌の弱い方にとっては刺激の強いものも含まれているので洗剤を変えて洗濯をすることで肌に優しい服になってくれます。洗濯石鹸には、液体タイプ・粉タイプ・固形タイプがあります。

徐々に人気が高くなっている洗濯石鹸は液体タイプ・粉タイプ・固形タイプと使いやすいものを選ぶことで自分に合った洗濯石鹸を見つけることができますよ。今回はおすすめの洗濯石鹸と使い方をご紹介します!液体タイプ・粉タイプ・固形タイプの使い方や特徴を見比べてみましょう。

洗濯石鹸の選び方⑴液体・粉・固形

従来の液体洗剤であれば、見た目や香りで選ぶことが多いものです。しかし、洗濯石鹸は液体タイプ・粉タイプ・固形タイプの状態に応じて洗濯方法も異なります。毎日洗濯するのであれば、使い方に手間を感じずに洗濯できる洗濯石鹸を選ぶようにしましょう。

液体タイプの洗濯石鹸

液体タイプの洗濯石鹸は、水に溶けやすい特徴があります。アルカリ剤が入っておらず肌と衣服に優しい液体タイプの洗濯石鹸ですが、その分洗浄力が弱いというデメリットがあります。また、液体タイプは洗濯槽にカビが発生しやすいので定期的な掃除が必要です。

粉タイプの洗濯石鹸

粉タイプの洗濯石鹸は洗浄力が強く、汚れをしっかり落としてくれるという特徴があります。値段も安価で手に入るので洗濯石鹸の中でも粉タイプがコスパが高いでしょう。しかし、水に溶けにくいのであらかじめ水に溶いたりお湯を用いて溶かしてから使用する必要があります。

固形タイプの洗濯石鹸

固形タイプも洗浄力が強く、値段も安価なのでコスパが高い洗濯石鹸です。固形になっているので汚れている部分に固形石鹸を押し当てて部分的な汚れを落とすこともできます。固形タイプは手洗いに向いていますが、洗濯機を使用するときは固形石鹸をすり落として使用する必要があります。

洗濯石鹸の選び方⑵無添加

無添加の洗濯石鹸は、地球環境にもよくエコにつながります。汚れがしっかり落ちる従来の洗剤は合成洗剤になっているので生分解性が低くなっており自然に還りにくいものです。微生物などが分解できないので、合成成分がそのまま残ってしまいます。

合成洗剤がそのまま残ってしまうと、川や海へと排出され有害な成分を含んだまま流れてしまいます。これでは地球環境への悪影響になってしまいます。さらに、エコだけではなく衣服にも成分は残ってしまうので敏感肌の方は炎症を起こすこともあります。

アトピーなどの皮膚の炎症があれば、合成成分を含んだ洗剤は避けたほうが良いでしょう。一度、二度の使用では分からないものですが長期間使用していくと皮膚にも影響が出てしまいます。無添加や合成成分の少ない洗剤を選ぶようにしましょう。

洗濯石鹸の選び方⑶純石鹸分の高さ

純石鹸分とは、洗濯石鹸のもつ洗浄力です。純石鹸分は脂肪酸カリウム・脂肪酸ナトリウムが含まれている割合を指します。脂肪酸カリウムや脂肪酸ナトリウムは生分解性が高くなっているので分解されやすく地球環境にもなり肌にも優しい成分です。

洗濯石鹸を比べたときに、純石鹸分の高さの違いが洗浄力の違いになります。洗濯石鹸は汚れが落ちにくいと言われていますが通常の汚れであれば洗濯石鹸で落とすことが可能です。その中でも特に純石鹸分に注目することで洗濯石鹸の違いを見つけやすくなりますね。

汚れをしっかり確実に落としたいのであれば、純石鹸分が高い洗濯石鹸を選ぶようにしましょう。パーセンテージで示されることが多いので、見比べて選ぶようにしてくださいね。部分洗いでいいのであれば、純石鹸分の高い固形タイプもおすすめです。

洗濯石鹸の選び方⑷アルカリ剤の有無

アルカリ剤は、油汚れに効果的です。食事をこぼしてしまったときや、料理中についてしまった油汚れを落としたいときには洗濯石鹸で落としきれないことも考えられますね。そんなときも想定しながら選ぶのであればアルカリ剤の有無を確認しましょう。

アルカリ剤が入っている洗濯石鹸であれば油汚れに効果的で油を分解することができます。また、油の分解だけではなく石鹸カスが発生しにくくなるので洗濯層にもカビが発生しにくくなります。お手入れや汚れ落としが楽になるというメリットがあります。

洗浄力が上がる分、肌には良くない成分となっています。服にも成分は残ってしまうので肌が弱い方や敏感肌の方は影響が出てしまうことも考えられます。液体タイプは洗浄力が少し弱いのでアルカリ剤が入っていません。不安であれば液体タイプの洗濯石鹸を使用しましょう。

洗濯石鹸の使い方は?

使い方①お湯をためる

約20度ほどのお湯をためて洗濯機にお湯を注いでいきましょう。お風呂の残りを使用すると簡単にお湯をためることができますね。真水でも構いませんが、粉タイプや固形タイプの洗濯石鹸は溶けにくいので、水に溶けるまで時間を要することがあります。溶けやすいように水量は低水位にしましょう。

使い方②洗濯石鹸を入れる

洗濯物の量によって、水の量が異なります。水の量を考えながら洗濯石鹸の量を決めるようにしましょう。洗濯石鹸の量が決まったら、そのままお湯の中へと回し入れましょう。洗剤投入口を使うと詰まることがあるので使用しないようにしてください。

使い方③洗剤を泡立てる

洗濯石鹸を入れたら、お湯の中で溶かしきりましょう。手でバシャバシャと混ぜると液体が溶けていき泡立ち始めます。粉タイプ・固形タイプはなかなか泡立たないこともあるので、しっかり溶かして泡立てましょう。溶かしておかないと石鹸カスがついてしまいます。

使い方④洗濯をする

洗剤の量にあった水の量を設定して洗濯をしましょう。水量に気をつければ、通常の洗濯方法で構いません。柔軟剤を使用する場合は、柔軟剤投入口にクエン酸リンスを入れると柔らかい洗濯物になります。洗いあがった洗濯物は優しい洗濯石鹸の香りがして肌に優しい仕上がりになっていますよ。

洗濯石鹸の使い方はココに注意!

使い方のギモン1.生乾きの臭いがするときは?

洗濯物から生乾きの臭いがするときは、汚れが落ちていなかったことが考えられます。洗濯物を確認して汚れを落ちているかどうかを見てみましょう。汚れ残りがないのであれば、洗濯槽が原因の場合もあります。洗濯層を洗ってカビを取り除きましょう。

使い方のギモン2.洗濯物の手触りが悪くなるときは?

従来の液体洗剤などを使用していた場合は、洗濯石鹸の手触りになれないこともあるかもしれません。石鹸特有の手触りになっているので少しごわついていると感じてしまいますね。気になるときは柔軟剤代わりにクエン酸を利用すると柔らかい仕上がりになってくれますよ。

使い方のギモン3.洗濯物が白くなるときは?

洗濯物に白いまだら模様になっている場合があります。その原因は、石鹸カスの付着が考えられます。洗濯石鹸を投入したときに溶かしきれていなかった部分が洗濯物に付着しているので、事前に溶かしきるようにしましょう。水量不足も考えられるので水量・洗剤量を調整しましょう。

洗濯石鹸人気ランキング7位:エスケー石鹸

エスケーの洗濯石鹸の中で最も洗浄力が高いのはうるおい洗濯せっけんです。洗濯石鹸と聞くと、洗浄力の弱さを考えてしまいますがエスケー石鹸の洗濯洗剤は、純石鹸分が100パーセントでできているので洗浄力に定評がある洗濯洗剤として人気です。

合成成分が入っていないので、純石鹸分のみでできている洗濯洗剤です。粒子の形状が細長い形状になっているので飛び散りにくく、水にも溶けやすい仕様になっています。粉石鹸は、飛び散ってしまうデメリットがあるのでこのポイントはとても使いやすく嬉しいですね。

ランキング7位「うるおい洗濯せっけん」

粉石鹸を使用していると、石鹸粉のカスが残ってしまって衣服に白くまだら模様ができてしまいます。エスケー石鹸であれば水に溶けやすいので衣服に白いまだら模様ができることがありません。使い勝手がいいので、粉石鹸初めての方にも使いやすい洗濯石鹸になっていますよ。

洗濯石鹸人気ランキング6位:シャボン玉石けん液体

シャボン玉石けん液体の特徴的な部分は、有用微生物群が含まれている部分です。有用微生物群はEMと称されることが多く乳酸菌など自然や人に影響を与えない微生物の集合体を指します。河川の浄化などに用いられているので、同じ作用によって洗濯物も綺麗にしてくれます。

汚れを落とすだけでなく、臭いも取り除いてくれる働きがあります。衣服がしっかり綺麗になり肌にも地球にも優しい液体石けんです。液体になっているので使い方も難しくなく水に溶けやすいので、粉や固形を水に溶かす手間が省かれますね。

ランキング6位「洗濯液体石けんボトル」

使い勝手の良さがありますが、少し値段が高くなっています。しかし、簡単な使い方で柔らかい仕上がりになります。室内干しをしても臭いがつきにくくなっているので安心して部屋干しをすることができますね。地球環境にも役立つ、エコにもなる液体洗濯石けんです。

洗濯石鹸人気ランキング5位:太陽油脂

太陽油脂の液体石鹸は、液体石鹸特有の洗浄力の弱さをしっかりカバーしています。純石鹸分が40パーセントと高い表記になているので、液体石鹸でも簡単に汚れを落としきることができるようになっています。液体なので使いやすいところもポイントです。

泡立ちが良い洗濯石鹸なので仕上がりも柔らかくなっています。ふわっとした優しく香る石鹸の香りもクセになってしまいますよ。従来の柔軟剤や香り付けされた合成成分を含んだ洗剤よりも自然に香る優しい石鹸の香りが特徴的で安心できますね。

ランキング5位「パックスナチュロン洗濯用液体石けん」

もちろん、合成成分やアルカリ剤は含まれていないので敏感肌の方や肌が弱い方も安心して使用することができます。おしゃれ服洗いにもおすすめしたい洗濯石鹸です。最初にボトルを購入しておくことで、次回からは詰め替え用の購入で済むのでゴミを増やすことがなくエコで経済的ですね。

洗濯石鹸人気ランキング4位:東邦

ランキング4位「ウタマロ洗濯石けん」

洗濯石鹸人気ランキング3位:ミヨシ石鹸液体

ミヨシの石鹸液体の原料はとてもシンプルです。原料は、水と純石鹸分のみで作られており洗濯石鹸の究極と言われています。ミヨシ石鹸は、洗濯石鹸を他にも販売しておりそのどれもが着色料、防腐剤、香料を無配合にしておりシンプルな原料が魅力です。

シンプルな原料になっているのでアルカリ剤なども含まれていません。肌トラブルがある方におすすめしたいシンプルな洗濯石鹸です。本当の無添加なので、汚れの落ちにくさなどはありますがひどい汚れの場合のみ固形石鹸と併用してもいいですね。

ランキング3位「無添加お肌のための洗濯用液体せっけん」

価格も安価で購入できるので、毎日使用する洗濯は大助かりですね。ミヨシは洗濯洗剤以外にも食器用洗剤やシャンプーやリンスなども取り扱いがあります。肌トラブルが多い方は、ミヨシで一式揃えることができるのも高い人気の秘訣ですね。

洗濯石鹸人気ランキング2位:シャボン玉石けん

シャボン玉石けんは、洗濯石けん以外にもシャンプーやリンス、歯磨き粉や洗顔料など体に触れる製品全てを販売しているので一式揃えることが可能になっています。その中でも、人気が高いのはシャボン玉石けんから販売されている洗濯用粉石けんです。

スノール紙袋は溶けやすい仕様になっているので、煩わしい手間もかかりにくくなっています。また、純石鹸分が99パーセントと非常に高い数値になっているので汚れも簡単に落としてくれます。ほど、純石鹸分のみでできている洗浄力の高い洗濯石鹸です。

ランキング2位「粉石けんスノール紙袋」

汚れをしっかりと落としてくれるので洗い上がりもふわっとした仕上がりになっています。粉石鹸を初めて使用する方は使い方などが不安ですね。そんなときはシャボン玉けんを選ぶと使い勝手の良さに驚きます。つけ置きすると新品のように生まれ変わる洗浄力が人気です。

洗濯石鹸人気ランキング1位:ミヨシ石鹸

ミヨシの洗濯石鹸の中でも最も人気が高い商品が粉石鹸「そよ風」です。そよ風が選ばれるポイントは、まずコスパの高さでしょう。2キロ以上入っており1000円以下で購入することがでいるのでコスパが高く、経済的な洗濯石鹸として人気があります。

純石鹸分は60パーセントになっており、アルカリ剤が配合されているので十分汚れを落としてくれます。油汚れも簡単に分解してくれるので、どんな汚れの洗濯物でもしっかりと綺麗な状態にしてくれますよ。洗い上がりも柔らかい石鹸の香りがします。

ランキング1位「そよ風」

こちらの粉石鹸には、金属イオン封鎖剤を配合しているので石鹸カスができにくい粉石鹸になっています。かすかな香料があるので、無添加独特の匂いを防ぐことができます。ごわっとした手触りではなく柔らかい肌触りになっているのでたくさん洗濯して香りや触り心地を楽しみたくなる洗濯石鹸です。

洗濯石鹸で肌にも地球にも優しい生活

洗濯石鹸は3つのタイプがあるので、ご家庭にあったタイプを選ぶことができますね。肌が敏感な方以外に、地球環境を考えている方にもおすすめしたい洗濯石鹸ばかりです。肌とともに地球環境を考えながら洗濯洗剤を選んでみませんか?

合わせて読みたい洗濯石鹸についての記事はこちら

Thumb赤ちゃんの洗濯ものはいつまで別がいい?洗剤・柔軟剤の選び方解説
Thumbセスキ炭酸ソーダーは重曹より効果が凄い?掃除用洗剤の作り方や使い方を紹介
Thumb靴を洗うときの洗剤でおすすめなのは?臭いに効くのはこれ!
Thumb洗濯槽はどれがおすすめ?人気ランキングと掃除のコツのまとめ!
Thumb枕の洗い方!素材ごとの正しい洗濯方法のコツと乾かし方まとめ
Thumbこたつ布団を洗濯する方法!自宅でできる洗濯と乾燥の仕方!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-20 時点

新着一覧