ベビーバスはいつまで使える?期間や赤ちゃんのお風呂デビューの時期

ベビーバスは沐浴のため必要と感じて、その後いつまで使えるのか知っている人は少ないかと思います。初めての赤ちゃんのお風呂デビューを知っても、お風呂に入れることに不安を抱えているのであれば、ベビーバスをいつまでも上手く使用することができます。

ベビーバスはいつまで使える?期間や赤ちゃんのお風呂デビューの時期

目次

  1. ベビーバスはいつまで使用可能とういう期間があるのか
  2. ベビーバスの安全性はいつまで
  3. ベビーバスはいつまで使う人が多いのか
  4. ベビーバスはいつまでも使えるものなのか
  5. ベビーバスの種類は色々とあるのか
  6. いつまでも使えるベビーバスの代用品はあるのか
  7. いつまでも使えるベビーバスを選ぶ時の選び方
  8. ベビーバスは沐浴としていつまで使うことができるのか
  9. 赤ちゃんのお風呂デビューの時期はいつから
  10. ベビーバスはお風呂デビューした赤ちゃんにいつまで使うことができるのか
  11. ベビーバスはいつまで使う人はいるのか
  12. ベビーバスを再利用していつまでも使おう
  13. ベビーバスなしで赤ちゃんをお風呂デビューさせて自分は一緒洗えるのか
  14. お風呂デビューしてからいつまでの期間?
  15. まとめ:ベビーバスを使用して育児をラクにしよう

ベビーバスはいつまで使用可能とういう期間があるのか

赤ちゃんが生まれるときに必要なものとしてベビーバスと聞いたことがある人は多いように感じられます。ベビーバスは赤ちゃんが産まれてからの沐浴時に使用します。

そのため、色々な種類がある中で自分が使いやすいと思う物を購入されると思います。昔から赤ちゃんの沐浴にはベビーバスは使われているため、ベビーバスは赤ちゃんが生まれる前に用意するものになります。

必ず、1度は使用する目的があるベビーバスですが、ベビーバスを使用できると言われている期間がいつまでなのか知っている人は少ないように感じられます。

沐浴が終わったらベビーバスは終わりのように感じられますが、ベビーバスを使える期間は以外に長く、首がすわる2から3ヶ月くらいから、6ヶ月くらいまでと言われています。

また、使い方や大きなベビーバスなど、子供の成長によっては1歳前後まで使用できるとも言われています。以外に長く使えるベビーバスなのでレンタルでなくても十分元が取れると、購入する人や、譲り受ける人が多いです。

ベビーバスの安全性はいつまで

現在多くのベビー用品があります。便利なものが多いので、色々使うことでも子育てしやすい環境が作れるようになっています。しかし、便利でも安全性については様々な口コミ多くあります。

ベビーバスは安全性について問われているものは少ないです。そのため、安全性は高いといえます。しかし、絶対に安全ということは言えません。

ベビーバスは水を使うので、注意して赤ちゃんの沐浴をしなければ行けません。安全性に気を取られず、自分の注意力なども重要になります。

ベビーバスはいつまで使う人が多いのか

ベビーバスは赤ちゃんが産まれてから、自宅に帰り、産後1ヶ月くらいまでは沐浴のために多くの人が使用します。これは産まれたばかりの赤ちゃんは免疫力が弱く、体幹も安定しないために大人と一緒の広いお風呂に入れることができないためです。

ベビーバスはその名の通りに、赤ちゃんが入るための小さなバスタブになります。色々なタイプがあるので選んだ種類により、使える期間も少し変わります。

赤ちゃんの1ヶ月検診が問題なく終わると、広いお風呂デビューがで大人と一緒にできます。その言葉のとおりに、毎日広いお風呂に入れないと行けないと思う人も多いかもしれません。

しかし、その言葉通りに広いお風呂に入れなくても良いと言われています。それは、赤ちゃんの身体が安定していないのに、広いお風呂に入れて頭をぶつけるなどすると危ないと言われています。

そのため、赤ちゃんは身体が安定するまでは、ベビーバスをしようして身体が安定するまで沐浴を続けることがおすすめと言われています。

ベビーバスはいつまでも使えるものなのか

ベビーバスは沐浴が終わったら使うのをやめる人が一番多いと言われています。そのため、一般的には、早い人であれば1ヶ月、首がすわると言われている3ヶ月頃という人が多いです。

広いお風呂デビューした時に、赤ちゃんを寝かせたり、座らせて置けるバスチェアなどが現在ではあるので、ベビーバスを卒業して、バスチェアに移行する人が増えていることも、ベビーバスがあまり使われない理由かもしれません。

しかし、使い方によっては、ベビーバスはお風呂デビューした後も使用できます。寒い時期はベビーバスにお湯を入れて赤ちゃんを浸からせておくことで、冷えから守ることができます。

その他にも、アイディア次第で、用途は色々とあるので、試用期間が過ぎたあとでも使えると言われています。

ベビーバスの種類は色々とあるのか

ベビーバスを見たことがある人は、色々な種類があることを知っていると思います。購入する時は家庭にあった使い方が出来るようなものを選ぶことが必要です。

昔からある、プラスチック製のバスタブが少し大きい、床置タイプのベビーバスは、赤ちゃんの身体が大きくなっても色々な使い方が出来ると言われています。

そして、同じプラスチック製のシンクタイプのベビーバスは、シンクサイズなので床置タイプより小さめになります。そして、その名の通りに家庭のシンクで沐浴することができます。また、背もたれが付いていたり、赤ちゃんのずり落ちを防ぐストッパーがついているので、安全性が高いです。

エアータイプのベビーバスも最近は多くなっています。シンクタイプと同じように、赤ちゃんのずり落ちを防ぐストッパーも付いています。そして、一番は持ち運びも簡単で、空気を抜くと収納場所に困らないのが人気になります。

また、折りたたむタイプのベビーバスもあります。このタイプは長く使用することができることと、置く場所に困らないことでの注目を集めています。

最近少しずつ増えているベビーバスがマットタイプになります。シンクで使用する時にマットを敷いてお湯をためて、沐浴することができます。これも場所を取らないので、持ち運びと収納に便利と言われています。

また、ドイツ生まれのベビーバスのタミータブは沐浴時から、広いお風呂デビューになっても使用できるとして注目を集めています。

いつまでも使えるベビーバスの代用品はあるのか

ベビーバスは沐浴時に使用することが多いです。しかし、ベビーバスとして使うことをだけを考えると、使える期間が短いと思えます。そのため、その後も使えるもので代用品はないかと考える人も多くいます。

ベビーバスで沐浴するのと同じように使えるものは、普段の生活の中には色々とあると言われています。ベビーバスの代用品としては、衣装ケースが一番多いです。

また、水遊びなどが出来るようにと小さめのベビープールで代用する人もいます。更に、タブトラッグスと呼ばれているイギリス生まれの園芸用のバケツも柔らかく、水に強いことから使われています。

ベビーバスとして代用することが出来るものはありますが、これは代用品であることを認識して使用してください。無理やり使用すると、赤ちゃんの事故にも繋がります。代用品を考えるのは、一番最後でも良いかもしれません。

いつまでも使えるベビーバスを選ぶ時の選び方

ベビーバスの使える期間は長くて6ヶ月から1歳程度と言われています。シンクタイプのベビーバスは小さめにできているので、赤ちゃんの成長によっても個人差はありますが、3ヶ月くらいまでと言われています。

いつまでも使えると言えるものではないベビーバスは、選ぶ時にレンタルを考える人もいます。出産時に、遠くに里帰りすると言われる人は、赤ちゃんの沐浴のためにベビーバスをレンタルすることもあると言われています。

しかし、一般的にはレンタルの料金などを考えると、購入する金額と、ベビーバスを使用できる期間を考えると購入することが多いようです。

ベビーバスの購入は、いつまで使用できるかということを考えて選ぶことは少ないです。ベビーバスの選び方は、沐浴をする場所を考えて選ぶ人が多いです。

他には、沐浴する人が誰なのかによってもベビーバスの選び方は変わります。そして、一番はベビーバスを収納する場所を考えて選ぶことです。使わなくなるものではあるので、その後を考えて選ぶことになります。

Thumbベビーバスのおすすめ15選!シンク・空気など人気アイテムの選び方

ベビーバスは沐浴としていつまで使うことができるのか

ベビーバスは沐浴としては1ヶ月検診で問題がないと言われるまでと言われています。広いお風呂デビューをしても、一人でお風呂に入れるのが大変な場合などは、赤ちゃんが3ヶ月頃までは沐浴でも良いと言われています。

しかし、それ以降のベビーバスでの沐浴は、個人差はありますが、赤ちゃんの身体が大きくなることで、ベビーバスでは窮屈になり、赤ちゃんの成長にもよくないと言われています。

沐浴後のベビーバスの活用法は、広いお風呂に入る際に、子供を座らせておけるバスチェア代わりに活用する程度が望ましいようです。

赤ちゃんのお風呂デビューの時期はいつから

赤ちゃんのお風呂デビューは1ヶ月検診問題なく終わってからになります。また、母親も産後1ヶ月検診で大丈夫と言われてから、赤ちゃんとのお風呂デビューをされてもいいと言われています。

赤ちゃんとのお風呂デビューの際にも、お風呂の温度を気にすることが必要になります。また、湯煎に浸かるのは2から3分程度で長湯はしては行けないと言われています。

赤ちゃんとのお風呂デビューは、身体を洗って、湯煎に浸かり、出るまでには、10分から15分程度で終わるようにすることが必要です。

また、赤ちゃんとの温泉デビューも1ヶ月検診で問題なく終わってからと言われています。赤ちゃんと母親の身体を考えると、首がすわるといわれている2から3ヶ月とも言われています。

ベビーバスはお風呂デビューした赤ちゃんにいつまで使うことができるのか

ベビーバスは広いお風呂デビューされた赤ちゃんに使える期間はどの程度なのか気になる人はいると思います。赤ちゃんの沐浴理由として使う人ももちろんいます。

そして、一番は親が洗っている時に、赤ちゃんをのせておくベビーバスチェア代わりとしてベビーバスを使う人も多くいます。また、冬には赤ちゃんが寒くならないように、お湯に浸からせて置くためにも使う人もいます。

その他にも、夏の熱い日には、赤ちゃんが汗もにならないように、ぬるま湯で汗を流してあげる時にも使うことができます。

お風呂以外にもベビーバスは使い方によっては用途があると言われています。それは、おもちゃ入れにも使えるということです。さらに、ベビーバスを近くに置いて、抱っこだけでは大変な時は、少しだけ座らせておくこともできます。

考え方で用途は色々とあります。但し安全性などは自己責任の使い方も多くなります。そのため、子供から目を離さないよう注意することが重要だということも覚えておいてほしいと思います。

ベビーバスはいつまで使う人はいるのか

ベビーバスは最高で1歳くらいまで使用する人がいると言われています。ベビーバスの種類が色々ある中で、見かけたことが少ないですが、ドイツ生まれのタミータブは使える期間が比較的長くなっています。

タミータブは日本の赤ちゃんには少し大きめとも言われています。その為、はじめに使うときには注意が必要に感じられます。しかし、身体が大きくなってからは、安定して使いやすいと言われています。

このタミータブは2歳くらいまで使うことが出来ると言われています。ベビーバスとしては長く使うことができます。そして、子供がタミータブを気に入るともよく聞かれています。

また、折りたたみ式のベビーバスも少し大きめのものであれば、長く使うことが出来るとも言われています。更に、用途も色々とあると言われています。

普通のベビーバスは窮屈に感じることもあり、場所も取ることから、広いお風呂デビューした後に、使うことがすくなくなります。長く使うことを考えるのであれば、お風呂デビュー後からも使えるタミータブや折りたたみ式のベビーバスを考えることもおすすめです。

ベビーバスを再利用していつまでも使おう

ベビーバスは使うことをやめたら、置場を取るだけで使いみちがないと感じている人は多くいます。しかし、上手にベビーバスを再利用して使っている人もいます。

再利用として使われている方法は、赤ちゃんのおもちゃ入れとして使う方法です。他には、赤ちゃんの成長にもよりますが、夏の暑い日には、プールとしても活用できます。

さらに、よく使われているのは、洗濯物のつけおきに使われています。赤ちゃんの頃は汚れ物も多くなるので大きくてつけおきには最適とも言われています。とくに大きなマットなども洗うことも出来ることでも便利と言われています。

ベビーバスなしで赤ちゃんをお風呂デビューさせて自分は一緒洗えるのか

赤ちゃんと一緒のお風呂デビューは嬉しいものです。しかし、赤ちゃんと一緒のお風呂は誰かがいる時に行いたいと思うことが多いです。

けれども、そんなことは言ってられないことが多く、母親一人で赤ちゃんをお風呂に入れることの方が多く感じられます。

そんなときにはベビーバスがあると少しお風呂に入りやすく感じられます。ベビーバスがないとお風呂に入れることができないのかと感じる人もいますが、そんなことはありません。

ベビーバスがないなら、他の方法を見つけることができれば良いのです。赤ちゃんだけを洗って一緒に湯船に浸かるという人もいます。また、赤ちゃんをお風呂場の近くに寝かせておいて、先に母親が洗って、その後に赤ちゃんと一緒に入るというやり方もあります。

お風呂デビューしてからいつまでの期間?

ベビーバスやベビーバスチェアが必要と感じるのか

お風呂場には危険がいっぱいとよく聞いたことがある人はいるかと思います。首がすわっていない赤ちゃんがお風呂デビューしても、一人で一緒に入れる時はベビーバスやベビーバスチェアがあると便利と言われています。

その後も、お座りが安定していない赤ちゃんをお風呂に入れる時にもベビーバスやベビーチェアがあると便利と言われています。動き出しても一時的にはベビーバスやベビーバスチェアを使うことで、危険を回避することもできます。

ベビーバスやベビーバスチェアが赤ちゃんには窮屈と思えるようになったら、使うことをやめる人が多いように感じられます。それは、赤ちゃんの成長にもよくないと思われるからです。

また、自分がお風呂に入れやすいと思える方法が他にあると思えたときには、ベビーバスやベビーバスチェアは使わないことがあります。自分が便利と思える使い方をすることが重要です。

Thumb赤ちゃん用お風呂椅子は必要?ベビーバスチェアの使い方・おすすめ紹介

まとめ:ベビーバスを使用して育児をラクにしよう

いつまで使うかを考えよう

ベビーバスは沐浴の時には大活躍します。しかし、最近のベビーバスはその後のことも考えられていて、育児をラクにしてくれる工夫がされています。

そのため、沐浴のときだけベビーバスを使うのではなく、お風呂デビューした後も、活用して欲しいと思います。上手くベビーバスを使うことで、苦痛に感じていた赤ちゃんとのお風呂の時間も楽しむことができます。

赤ちゃんとのお風呂での時間はスキンシップの時間でもあります。そして、その後のいい思い出となるので、楽しんで、自分なりの色々な方法で、ベビーバスを活用して、お風呂の時間でもラクしてほしいと思います。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-06 時点

新着一覧