洗濯の時間はかけすぎに注意!10分の洗いで汚れを落とす方法は?

毎日の生活の中、なんとなく洗濯は洗濯機の設定でお任せして終わっていませんか?実は時間のかけ過ぎは、大事なお洋服をダメにしてしまっているかも!洗濯を、時間をかけずにしっかり綺麗にする新しい方法をご紹介!時短になって一石二鳥かも知れませんよ?

洗濯の時間はかけすぎに注意!10分の洗いで汚れを落とす方法は?

目次

  1. 洗濯はなんとなくお任せ?時間のかけ過ぎかも!
  2. 洗濯は10分が本当は正しい!
  3. 洗濯機の設定は時間が長めに設定されていた?
  4. 理想の洗濯時間は?
  5. まずは洗濯の基本をしっかりと!
  6. 正しい洗濯の仕方!時間配分をしっかりと!
  7. 洗濯を分けても時間は今までよりかからない!
  8. 10分洗濯のメリットは時間だけじゃない?
  9. さらにおすすめ!空いた時間にひと手間でさらに節約!
  10. 洗濯の新常識!時間もお金も節約出来ちゃう!

洗濯はなんとなくお任せ?時間のかけ過ぎかも!

唐突ですが、洗濯って忙しい時やなんとなくやる気の起きない日にやるのはちょっと面倒ですよね?洗濯自体は洗濯機のモードの設定だけでお任せして、洗い終わったなあと思っても中々干すのが面倒だったり…天気の悪い日は特に憂鬱になりがちなんてこと、経験はないでしょうか?洗濯機のモード選択も、正しいモードを選べているかよく分からないなんてことも!

そんな中で、新しい洗濯方法が話題になってきているのをご存知ですか?この方法を実践すれば、時間も節約できて節水にもなるかもしれません!また、洗濯のし過ぎで大事なお洋服がよれよれになって着れないなんてこともなくなるかもしれません。詳しくその方法を見ていきましょう!

洗濯は10分が本当は正しい!

実は、洗濯は洗濯機にもよるかもしれませんが10分程度で洗い終わっていいんです!たったそれだけで、汚れはもちろん綺麗になってくれるというのです。普段、洗濯機のモード設定で洗濯をしている方は30分から1時間くらい時間がかかっていませんか?それが、たったの10分で終わってしまうとなると、ちゃんと洗いあがりに汚れが落ちているか凄く心配ですよね。

しかし、最近の人の服は実は然程汚れていないんだそうです。もちろん、泥んこ遊びをしたお子さんや現場仕事で頑張っている人は違うかも知れませんが、オフィス仕事やお出かけ程度の汚れは10分の洗濯だけで十分綺麗に洗いあげることが出来るんだそうです!そう言われてみると、普段そこまで汚していると思うことはあまりないかもしれませんよね?

また、洗剤なども進化してきていて洗浄力の強い優秀な洗剤が最近は多いです。すすぎが1回で済んでしまうものや、ポーションを入れるだけなど色々なものが出てきています。それに衣類用の漂白剤などを合わせているとなると、洗浄力はあまり心配はないのでしょうか?

洗濯機の設定は時間が長めに設定されていた?

実は多くの洗濯機は、洗濯時間を長めの設定で作られているんだそうです!これは、ある程度の汚れが付いている想定で作られているからなのだそうで、あまり普段汚れない生活をしている人には不要なのかもしれませんね。ソフト洗浄モードの設定があるものは、汚れを落としつつ大事なお洋服を傷めないようにと、さらに長めに設定されています。

確かに、長く洗い時間がかかっているとなんとなく綺麗になりそうな気もしますが、ダメージも大きそうですし落ちた汚れがまた付着していないかも心配なところ。何より、時間がかかるのは否めません。さらにすすぎを2回プラスでするとなると、洗う時間はそんなに要らないかもしれないですね。

理想の洗濯時間は?

そこで現れたのが、噂の10分洗濯!なんと、洗いから脱水まででトータル10分と言う新常識です。もちろん汚れ方にもよりますが、これからご紹介していく方法を使えばこの方法で綺麗に洗い時間の節約も出来てしまいます!この方法なら、まさに忙しくてそこまで汚れない生活を送っている人にピッタリの洗濯方法なんです!

この方法が心配な人も多いかもしれませんが、実は洗濯の洗い時間が長くても、5分からそれ以上は汚れ落ちに変化がないと言う実験結果があるんです。これでは長く洗い時間をとっていても意味がありませんよね?なので、理想の洗濯時間はトータル10分洗濯に決まりです!しっかりと正しい方法を覚えて、ぜひ実践してみましょう!

まずは洗濯の基本をしっかりと!

まずは洗濯の基本をしっかりと覚えましょう!洗濯の洗浄力は、洗濯槽の中での洗濯物が大きく回転する事によって上がります。逆に、洗濯物を詰めすぎてあまり回転出来ないと洗浄力は下がってしまいます。また、水が少なかったりしても汚れは洗い時間を多くとっていたとしても綺麗にはなりません。洗濯物の詰めすぎと水の量は注意して洗濯をしましょう!

また、洗剤の入れすぎにも注意しましょう!洗剤は、多く使ったからと言って綺麗になるものではありません。水の量にあった決まった量の洗剤を入れましょう。柔軟剤も、あまり入れすぎると吸水性が落ちてしまったりと逆効果にもなってしまいます。また洗剤を入れるタイミングですが、まずは水を入れ、洗剤を入れてから洗濯物を入れるといいそうです。

そして、基本ですがめんどくさかったり節約と思ってしてしまいがちですが、色柄物や汚れによって洗濯を分けて行うことも大事な事です。汚れがひどい物や、色落ちのしやすい物を白い物や下着と洗ってしまっては例え時間をかけても綺麗にすることは難しいことです。ちょっと手間でも、汚れや色などによって洗濯は分けて行いましょう。

正しい洗濯の仕方!時間配分をしっかりと!

正しい時間配分を見ていきましょう!まずは洗い時間ですが、約4分にしましょう!5分以上は汚れ落ちに差がないことは先ほどもお伝えしましたが、それを踏まえると洗い時間は約4分もあれば十分です。たっぷりの水で十分に洗濯物が回るスペースを確保して、正しい水と洗剤の量でしっかりと洗えば十分に4分でも汚れを落とすことが出来ます。

そしてすすぎですが、約3分で十分です!実は洗剤は約1分程度のすすぎで落ちるんだそうです!これなら約3分回せば十分ですよね。すすぎで洗剤を落としながら残っていた汚れも落とすと考えることもできます。すすぎは洗剤洗いの時よりも水の量には注意しましょうね!少ないと、この時間でちゃんと洗剤を落とすことも出来なくなってしまいます。

そして最後に脱水です。脱水も約3分で十分!3分程度の脱水時間でもしっかりと水気は切れます。これならトータル10分できっちり済みますね!しかし、衣類系漂白剤の粉タイプを使用した場合や、白い衣類をしっかりと白く仕上げたい場合にはすすぎを1回追加で行うと良いでしょう。これでもトータル13分で済むことになります。

洗濯を分けても時間は今までよりかからない!

この10分洗濯の凄い所は、色柄物や汚れの度合いによって洗濯物を2回に分けたとしても20分ほどしかかからないという事!節約などでまとめて洗う人は少なくないと思いますが、実は先ほども記載した通り汚れや色柄物で洗濯物を分けるのはとっても大事なことです。この10分洗濯なら、時間もかからないので2回に分けても手間ではないのでしょうか?

また、洗濯を分けた方がいいものは汚れや色合いだけではありません。実は硬いものと柔らかいもの、大きい物や小さいものも分けて洗ったほうが汚れ落ちに差があるんです。シーツなどの大きいものや重い物はそれだけで洗った方が綺麗に仕上がります。また、柔らかいタオルなどはそれだけで洗った方がそのままの質感で使用していくことが出来るんです。

10分洗濯のメリットは時間だけじゃない?

洗濯機のモードや設定にも多少の差はあるかもしれませんが、10分前後の洗濯のメリットは時間の節約だけではありません。使用時間が少ない分、節電にもなります。さらにすすぎを1回で行えれば節水にも繋がることになります。これなら、まとめて洗って節約していた人もあまり気にせず分けて洗濯をするのにも抵抗はないのではないでしょうか?

また、洗濯時間をしっかりと守ることで洗濯物のダメージを少なくすることにも繋がることになります。洗濯のし過ぎなどでかかるダメージは、物にもよりますが少なくありません。汚れはしっかりと落としつつ、あまりダメージのかからない10分の洗濯なら、大事なお洋服も心配なく洗うことができますね!

さらにおすすめ!空いた時間にひと手間でさらに節約!

10分で洗濯を終えれるのであれば、ちょっと手間をかけてみてはいかがでしょうか?きちんと前処理を行うと、もっと綺麗に仕上がるかもしれません。先ほども記載した、衣類などの洗濯物を分ける作業も大事な前処理。事前に分けておけば、後は洗濯をする時にそのまま順に入れていくだけで綺麗に洗いあげられます。

また、全体の汚れが気になる物を洗う場合には事前に付け置きをしておいたり、粉洗剤などで洗濯をしてすすぎを2回にするなどの工夫も大事です。これなら、より綺麗に仕上げることができます。空いた時間のひと手間だけなので、今までの洗濯を1回するのよりもやはり時間は少なく済みますよ!

洗濯の新常識!時間もお金も節約出来ちゃう!

いかがでしたか?10分で洗濯を出来ると。時間やお金の節約にも繋がりますね!さらにひと手間の作業も行えれば、より洗濯物を綺麗に仕上げることやダメージを減らせるなどと良い事尽くしです!今までの洗濯方法を、この10分の洗濯方法に変えてみてはいかがでしょうか?洗濯が面倒ではなく、楽しい時間に変わるかもしれませんよ!

一緒に読みたいおすすめの記事

Thumb洗濯機のおすすめはどれ?メーカー別に人気の商品を調べてみた!
Thumb洗濯機は一人暮らしの場合どれがいいの?サイズは?安いものでも大丈夫?
Thumb洗濯の物干しを室内で便利に!おすすめな場所とアイデアまとめ

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-23 時点

新着一覧