豆腐パンケーキが人気!もちもちのヘルシースイーツの作り方!

ヘルシーでもちもち食感を楽しめる豆腐パンケーキの人気レシピをまとめました。豆腐パンケーキはもちもちでヘルシーな味わいが人気。簡単な作り方でもちもち食感の豆腐パンケーキを作れる人気のヘルシーレシピをチェクしていきましょう!

豆腐パンケーキが人気!もちもちのヘルシースイーツの作り方!

目次

  1. もちもち食感の豆腐パンケーキがヘルシーで人気!
  2. 豆腐を使ってパンケーキを作るメリット
  3. 豆腐には体にうれしい栄養素がたっぷり
  4. なぜパンケーキに豆腐を入れるともちもちになるの?
  5. ヘルシーでもちもち!豆腐パンケーキに必要な材料
  6. 簡単な豆腐パンケーキの人気レシピ
  7. もちもち食感の豆腐パンケーキに仕上げるコツ
  8. 実際に豆腐パンケーキを作った人の感想は?
  9. 卵なしでもOK!ヘルシーな豆腐パンケーキの人気レシピ
  10. メレンゲ入りでふわふわ&もちもちになる人気レシピ
  11. 真っ白な見た目!豆腐と豆乳のパンケーキの人気レシピ
  12. 風味豊かなシナモン豆腐パンケーキの人気レシピ
  13. 和の味わいを楽しめる抹茶豆腐パンケーキのレシピ
  14. 甘さ控えめ!塩バター豆腐パンケーキのレシピ
  15. ヘルシーな豆腐パンケーキを作ってみよう!

もちもち食感の豆腐パンケーキがヘルシーで人気!

簡単に美味しく仕上げられる豆腐パンケーキのレシピ

もちもちで美味しいパンケーキを簡単に作りたい!というときに役立つのが豆腐。パンケーキに豆腐を使うことによって、ヘルシーで美味しい仕上がりにすることができます。豆腐を入れるだけでもちもち食感になるので料理初心者の方でも安心。身近な食材を活用して、ヘルシーな豆腐パンケーキ作りを楽しんでみませんか?

ヘルシーで美味しい豆腐パンケーキの人気レシピをチェックしよう

「豆腐パンケーキの作り方ってどんなもの?」「簡単で美味しい豆腐パンケーキのレシピを知りたい!」というときに役立つ豆腐パンケーキレシピをまとめました。豆腐パンケーキをさらに美味しく仕上げるコツもまとめたので、もちもち食感の美味しい豆腐パンケーキを作りたい時に取り入れてみてくださいね。朝食やランチに美味しい豆腐パンケーキを食べてみましょう!

Thumbリコッタチーズを使ったパンケーキレシピ・人気で簡単、美味しい作り方まとめ!

豆腐を使ってパンケーキを作るメリット

冷めてももちもち食感が続く

パンケーキに豆腐を入れるメリットとはどんなものなのでしょうか?まずあげられるのが冷めても、もちもちとした食感をキープできるということ。パンケーキは冷めると食感がパサついたようになってしまいますが、豆腐を入れることで冷めても美味しいのが嬉しいポイント。最後までもっちりとした食感のパンケーキを堪能することができます。

ヘルシーで腹持ちも良い

豆腐を入れることでヘルシーに仕上げられるのも魅力です。粉を全量使うとカロリーや糖質が上がってしまいますが、豆腐で代用することによってカロリーをおさえ、糖質も控えめにすることが可能に。また、豆腐のもちもち効果によって腹持ちも良くなります。カロリーを控えながらしっかりと食べ応えのあるパンケーキをいただきたい時に最適ではないでしょうか。

豆腐には体にうれしい栄養素がたっぷり

豊富なイソフラボンやビタミン類

豆腐には体に嬉しい栄養素が豊富に含まれています。まずあげられるのがイソフラボン。イソフラボンにはアンチエイジング効果があるほか、女性ホルモンと同じような働きをして体の調子を整えてくれる効果を期待することができます。また、ビタミンEやビタミンB群をはじめとした美容や健康に欠かせないビタミンも豊富。健康的な食生活のサポートになります。

タンパク質や食物繊維も豊富

豆腐にはタンパク質も豊富に含まれています。タンパク質が不足すると肌荒れや髪質の低下の原因になってしまうことがあるので、ぜひ摂取しておきたいですね。また、腸内環境を整えることができる食物繊維も豊富に含まれています。便秘気味の時などは食物繊維をしっかり取り入れていくことが大切。このように豆腐にはさまざまな栄養が含まれていることがわかります。

なぜパンケーキに豆腐を入れるともちもちになるの?

豆腐のにがりとタンパク質が結合する

それでは、なぜ豆腐をパンケーキに入れるともちもち食感になるのでしょうか?もちもち食感になる理由としてあげられるのが、豆腐に含まれるにがりとタンパク質。豆腐のにがりとタンパク質は加熱をすることによって結合し、弾力が生み出されます。これによりパンケーキ全体がもちもちとして、膨らみやすくなるのだそう。

他のスイーツに入れても、もちもち食感に

豆腐はパンケーキ以外のスイーツに入れても、もちもちとした食感に仕上げることができます。豆腐ドーナツや豆腐ケーキ、豆腐蒸しパンなどバラエティ豊かなスイーツで活用可能。また、お団子の生地に豆腐をまぜ入れるのもおすすめ。柔らかくでもちもちの食感のお団子を簡単に作ることができます。

ヘルシーでもちもち!豆腐パンケーキに必要な材料

豆腐パンケーキにぴったりな豆腐の種類は?

それでは、豆腐パンケーキに使う豆腐はどんな種類のものが良いのでしょうか?豆腐パンケーキを作る時におすすめなのが絹豆腐。なめらかな絹豆腐は生地との混ざりが良く、美味しく仕上げやすくなります。木綿豆腐の場合は豆腐の風味が勝ってしまい、生地へのなじみも良くないので、できれば絹豆腐を使うようにしてくださいね。絹豆腐を110g用意しましょう。

ホットケーキミックスなどを準備

そのほかには、ホットケーキミックス200g、卵1個、牛乳90mlを用意しましょう。ホットケーキミックスで気軽に作ることができるのが嬉しいポイント。料理初心者の方でも気軽に美味しい豆腐パンケーキを作ることができます。

Thumbホットケーキミックスの作り方・レシピ集!自分で簡単に手作りできる?

簡単な豆腐パンケーキの人気レシピ

材料を混ぜ合わせる

まずは、豆腐と牛乳をボウルに入れて泡立て器で混ぜ合わせます。豆腐がなめらかになるまで混ざったら、卵を加えて混ぜ合わせましょう。全体がなじんでからホットケーキミックスを加え、粉っぽさがなくなるまでヘラをつかってさっくり混ぜ合わせます。

弱めの中火で両面を焼く

生地ができあがったらフライパンを弱めの中火にかけましょう。油をしいて生地を流し入れたら両面に焼き色がつくまで焼いて完成です。とても簡単に作れるので、忙しい朝の時間帯でも気軽に豆腐パンケーキをいただけるのが嬉しいポイント。ぜひ試してみてくださいね。

Thumbスキレットのパンケーキならダッチベイビーを焼こう!詳しいレシピをご紹介!

もちもち食感の豆腐パンケーキに仕上げるコツ

フライパンを温めてから濡れ布巾で冷ます

フライパンは一度温めたら濡れた付近の上に乗せて冷ましましょう。それから再度加熱をすることによって、きれいな焼き色をつけることができます。ちょっとした一手間で美味しくなるのでやってみてはいかがですか。

生地の表面に穴が開いてきたらひっくり返すタイミング

生地を流し入れた後、加熱していると生地の表面に気泡が出て穴が開き始めます。全体に穴が開いてきたら引っくり返すタイミング。焼きすぎると焦げくさい風味になってしまうので引っくり返すタイミングにもこだわりたいですね。

実際に豆腐パンケーキを作った人の感想は?

初心者でも簡単に膨らんでもちもちに

実際に豆腐パンケーキを作った人の感想で多かったのが、簡単にふわふわ&もちもちに仕上げられるということ。パンケーキ作り初心者の方は豆腐を入れてみてはいかがですか。

食べ応えがあってカロリーもおさえられる

豆腐を入れることによって粉の量を減らせるので、ヘルシーな仕上がりに。食べ応えがあるのにカロリーをおさえられると評判を集めています。

卵なしでもOK!ヘルシーな豆腐パンケーキの人気レシピ

卵なし豆腐パンケーキに必要な材料

基本の豆腐パンケーキの作り方がチェックできたら、アレンジレシピも見ていきましょう。最初のご紹介するのが卵を使わなくても美味しく仕上げられるパンケーキのレシピです。パンケーキは卵を使ったほうが良いというイメージがありますが、豆腐があれば卵なしでも十分に美味しく仕上げられるのが魅力。卵がない場合に重宝するレシピです。

卵なし豆腐パンケーキに必要な材料は、絹豆腐100g、牛乳180ml、薄力粉150g、グラニュー糖40g、ベーキングパウダー小さじ1になります。グラニュー糖以外の砂糖を使ってもOK。ダイエット中の方は、カロリー控えめのダイエット甘味料を使うと良いかもしれないですね。

気軽に作れる人気レシピ

絹豆腐は泡立て器などでなめらかにまるまで潰します。牛乳とグラニュー糖を加え、しっかり混ぜ合わせましょう。薄力粉とベーキングパウダーをふるい入れたら、ヘラなどを使ってダマができないように混ぜ合わせます。油をしいたフライパンに生地を入れ、中火〜弱火で加熱。気泡ができてきたらひっくり返し、両面をこんがり焼いたら完成です。

Thumb米粉パンケーキのふわふわな作り方!人気の簡単レシピまとめ!

メレンゲ入りでふわふわ&もちもちになる人気レシピ

メレンゲ入り豆腐パンケーキに必要な材料

「もっとふわふわ&もちもちなパンケーキにしたい!」というときにぴったりなのがメレンゲを入れた豆腐パンケーキのレシピです。メレンゲを入れることによってふわふわ感が増し、豆腐のもちもち感と相まってワンランク上のパンケーキに。メレンゲを作るだけでさらに美味しいパンケーキに仕上げられるので、ぜひ試してみてはいかがですか。

メレンゲ入り豆腐パンケーキに必要な材料は、豆腐20g、水20ml、ホットケーキミックス25g、卵白1個分になります。ホットケーキミックスを少なめに使うことによって、カロリーを大幅ダウンできるのが嬉しいポイント。1枚あたり100kcal程度に抑えられるので、ダイエット中にパンケーキが食べたくなった!というときにおすすめです。

ヘルシーな人気レシピ

卵白をボウルに入れ、しっかりとツノが立つまで泡立てます。豆腐をなめらかになるまで混ぜ合わせたら、水とホットケーキミックスも加えてダマにならないように混ぜ合わせましょう。作っておいたメレンゲを2回に分けて加え、ヘラを使ってメレンゲの泡を潰さないように混ぜます。油をしいたフライパンで両面をこんがり焼いたら完成。

真っ白な見た目!豆腐と豆乳のパンケーキの人気レシピ

豆腐と豆乳のパンケーキに必要な材料

見た目がちょっと変わったパンケーキを作りたい時におすすめなのが豆腐と豆乳のパンケーキ。パンケーキは弱火でじっくり焼くことによって焼き目がつかず、白い見た目に仕上げることができます。豆腐に加えて豆乳を入れることによって、しっとり食感がアップ。白くてもちもちのパンケーキ作りにチャレンジしてみてはいかがですか?

豆腐と豆乳のパンケーキに必要な材料は、絹豆腐300g、豆乳3/4カップ、ホットケーキミックス200g、バターになります。お好みに合わせて粒あんや黒蜜をトッピングしましょう。粒あんをトッピングすることによって和の風味が増します。白くてもちもちのパンケーキとの相性もぴったり。緑茶などと一緒に食べてみてはいかがですか。

おすすめの人気レシピ

絹豆腐をなめらかになるまで混ぜ合わせたら、豆乳とホットケーキミックスも加えましょう。粉っぽさがなくなるまでしっかり混ぜ合わせたら、生地のできあがり。フライパンに油をしいたら極弱火にかけます。生地を流し入れ、弱火でじっくり焼きましょう。

表面に気泡が上がってきたらひっくり返します。ひっくり返して2分ほど焼いたら完成。器に盛りつけ、バターや粒あんなど好みのトッピングをしましょう。

風味豊かなシナモン豆腐パンケーキの人気レシピ

シナモン豆腐パンケーキに必要な材料

風味豊かな豆腐パンケーキに仕上げたい時にぴったりなのがシナモン豆腐パンケーキ。シナモンを入れることによって甘い風味とスパイシーな香りが加わり、いつもとは違った豆腐パンケーキを楽しむことができます。いつもより大人の味わいの豆腐パンケーキにしたい時はシナモンを加えて、たっぷりの風味を感じられる豆腐パンケーキを作っていきましょう。

シナモン豆腐パンケーキに必要な材料は、豆腐1/3丁、卵1個、ホットケーキミックス100g、牛乳大さじ3、砂糖小さじ1、シナモンになります。シナモンは好みの分量を加えましょう。入れすぎるとシナモンの風味が強くなってしまうので気をつけてくださいね。アイスクリームやリンゴ煮をトッピングするのがおすすめ。シナモンの風味とよく合います。

美味しい人気レシピ

豆腐をなめらかになるまで混ぜ合わせます。卵と砂糖、牛乳を加えて混ぜ合わせたらホットケーキミックスとシナモンをプラス。粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせたら生地の完成です。フライパンに油をしいたら生地を流し入れ、両面がこんがりするまで焼いてください。器に乗せ、好みのトッピングをしたらシナモン豆腐パンケーキのできあがりです。

和の味わいを楽しめる抹茶豆腐パンケーキのレシピ

抹茶豆腐パンケーキに必要な材料

見た目もきれいな豆腐パンケーキにしたいときにぴったりなのが抹茶入りの豆腐パンケーキ。豆腐パンケーキの生地に抹茶パウダーを入れることで、きれいなグリーン色の豆腐パンケーキに仕上げることができます。抹茶の風味が引き立ち、和の香りを楽しめるのも嬉しいポイント。抹茶スイーツ好きな方はぜひ抹茶の豆腐パンケーキも作ってみてはいかがですか。

抹茶豆腐パンケーキに必要な材料は、抹茶大さじ1、ホットケーキミックス150g、絹豆腐150g、卵1個、豆乳50mlになります。豆乳の分量は、生地の様子を見ながら加減してください。抹茶入りの豆腐パンケーキなので、粒あんやホイップクリームをトッピングしてボリュームアップするのもおすすめです。美味しい抹茶豆腐パンケーキにしてくださいね。

ヘルシーなレシピ

絹豆腐をなめらかになるまで混ぜ合わせたら、豆乳と卵をプラス。全体がなじむまで混ぜ合わせ、抹茶とホットケーキミックスを加えましょう。ダマができないように混ぜ合わせ、油をしいたフライパンで焼きます。抹茶のきれいな色を出したい場合は弱火でじっくり焼いてください。両面が焼きあがったら完成です。

甘さ控えめ!塩バター豆腐パンケーキのレシピ

塩バター豆腐パンケーキに必要な材料

甘さ控えめの豆腐パンケーキにしたい時は、塩バター豆腐パンケーキを作ってみましょう。塩バターの甘しょっぱい味わいがクセになる美味しさ。甘さが控えめなのでさっぱりといただくことができます。朝食やランチなどで食べるのにぴったり。ベーコンなどと組み合わせてお食事系の豆腐パンケーキとしても楽しむことができます。

塩バター豆腐パンケーキに必要な材料は、小麦粉1カップ、ベーキングパウダー小さじ1と1/2、絹豆腐150g、砂糖大さじ2と1/2、溶かしバター大さじ1、塩小さじ1/3、牛乳大さじ1、バニラエッセンスになります。バターはちょっと高級なものを使うと、さらに風味豊かな仕上がりに。メープルシロップをかけても美味しいので、ぜひ堪能してみてくださいね。

美味しく食べられるレシピ

豆腐をなめらかになるまで混ぜ合わせ、砂糖と溶かしバター、塩、牛乳を加えましょう。全体を混ぜ合わせたら小麦粉とベーキングパウダーをふるい入れて混ぜ合わせます。生地ができあがったら油をしいたフライパンに生地をのせてください。蓋をして弱火でじっくり両面を焼いたら完成です。

ヘルシーな豆腐パンケーキを作ってみよう!

豆腐パンケーキの作り方はとても簡単。いろいろなレシピが揃っているので、好みの作り方で豆腐パンケーキ作りを楽しんでみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-05-31 時点

新着一覧