柔軟剤入り洗剤の上手な使い方!おすすめの人気洗剤10選!

柔軟剤入り洗剤を使っていますか?洗剤と柔軟剤を別々に買い、使うのもいいと思いますが1つにまとまっていると経済的にも節約になりますし、洗剤の置き場所も1つにまとめられていいですね。今回は柔軟剤入り洗剤の上手な使い方とおすすめの人気洗剤をまとめてみました。

柔軟剤入り洗剤の上手な使い方!おすすめの人気洗剤10選!

目次

  1. 柔軟剤入り洗剤とは?
  2. 柔軟剤入り洗剤について
  3. 柔軟剤入り洗剤のメリット
  4. 柔軟剤入り洗剤のデメリット
  5. 柔軟剤入り洗剤の選び方
  6. 柔軟剤入り洗剤の上手な使い方
  7. 3つの柔軟剤入り洗剤とは?
  8. ボールド・ジェルボール3d・癒しのプレミアムブロッサムの香り
  9. 香りつづくトップ・アロマプラス・エレガントイエロー
  10. フレグランス・ニュービーズ・ジェル花しずくの香り
  11. ラボン・ラグジュアリーリラックス
  12. ボールド・プラチナ・ピュアクリーンの香り
  13. アタック・高浸透リセットパワー
  14. ファーファ・トリップ・ドバイ
  15. 緑の魔女・ランドリー用
  16. ミューラグジャス
  17. 365days・パッションフルーティーの香り
  18. 柔軟剤入り洗剤と単品の柔軟剤を一緒に使ってもいいの?
  19. 柔軟剤入り洗剤の上手な使い方のまとめ

柔軟剤入り洗剤とは?

柔軟剤入り洗剤は、使ったことがない方だとどういう商品なのかわかりませんよね?洗剤と柔軟剤は洗濯機に入れる際混ぜてはいけないはずなのに、混ぜてある商品が出ているんです。衣服の汚れはきちんと落ちるの?柔らかく仕上がるの?など疑問に思いますよね。今回は柔軟剤入り洗剤について、メリットやデメリット、上手な使い方とおすすめ人気商品をご紹介いたします。

柔軟剤入り洗剤について

柔軟剤入り洗剤とはどういう商品なのか、効果はどういう感じなのか気になりますよね。疑問に思うことを2つご紹介したいと思います。

①洗剤と柔軟剤はなぜ一緒に入れてはいけないのでしょうか?

洗剤と柔軟剤はなぜ一緒に入れてはいけないと誰しも耳にしたことがあると思いますが、なぜ混ぜてはいけないのでしょうか?それは、洗剤と柔軟剤の役割りが果たせなくなってしまうからなんです。2つを一緒に入れてしまうことによって、どちらの効果も得られなくなってしまうからです。しかし、柔軟剤入り洗剤だけは大丈夫なように作られているのです。次でご紹介いたします。

②柔軟剤入り洗剤は効果あるの?

柔軟剤入り洗剤は実は効果がきちんとあるんです。洗剤と柔軟剤は混ざっていても、時間差で効果を発揮するようになっています。柔軟剤入り洗剤に入っている柔軟成分に、水に溶けるのが遅くなるような工夫がされているのです。なので汚れも落ち、柔らかく仕上げることができます。

柔軟剤入り洗剤のメリット

柔軟剤入り洗剤を使用することによってさまざまなメリットがあります。3つほどメリットについてまとめてみました。

①時間を短縮できる

洗濯は毎日のことですよね。少しでも早く終わらせたいと思いますよね。そんな時は、柔軟剤入り洗剤を使うことによって時間短縮になります。別々に入れる手間も省け、汚れを落としてくれて柔らかく仕上げてくれます。一石二鳥ですね。

②経済的に節約できる

柔軟剤入り洗剤を使うことで、別々に買うこともないので経済的に節約できます。別々に買っていると、よくあることだと思いますが片方だけ先になくなってしまい、買い忘れた為に洗濯ができないというようなトラブルも防ぐことができます。柔軟剤入り洗剤は1本で済みますのでコスト削減になります。

③種類がある

実は、柔軟剤入り洗剤は種類があります。選べるので自分好みの柔軟剤入り洗剤を選んでみて下さい。好みの香りが見つかると思いますよ。

柔軟剤入り洗剤のデメリット

①柔軟効果が低いデメリット

柔軟剤入り洗剤はメリットだけではなく、デメリットもあります。それは、柔軟効果です。柔軟効果をより強く出せるのは単品の柔軟剤の方です。柔軟剤入り洗剤でも十分柔軟効果はあるんです。が、単品の柔軟剤の方が柔軟効果が高いです。柔軟効果は絶対という方は、単品の柔軟剤をお求め下さい。

②洗浄力が低いデメリット

柔軟剤入り洗剤の方もデメリットがあります。それは、洗浄力です。柔軟剤入り洗剤も十分な洗浄力はありますが、単品の洗剤に比べて洗浄力が低いです。汚れ落ちを重視するのであれば、単品の洗剤を使用することをおすすめいたします。

柔軟剤入り洗剤の選び方

自分のお好みで選ぶことは賛成ですが、しかし、ポイントをあらかじめ知ってからご購入いただいた方が後悔しないと思います。2つのポイントをまとめてみました。

①赤ちゃんの衣類にも使用できるもの

赤ちゃんや小さいお子様がいる家庭でも低刺激の洗剤を使われていると思いますが、柔軟剤入り洗剤にもあるんです。ご購入する時は「低刺激性」「ノンシリコン」「弱酸性」と書いてあるのもを選びましょう。ただし、100%異常が現れないというわけではありませんので、ご注意下さい。

②消臭・防臭効果を重視する

柔軟剤入り洗剤にも、消臭や防臭などの商品がたくさんあります。雨の日などは部屋干しするとイヤな臭いが発生する場合もあります。消臭や防臭は殺菌効果によってイヤな臭いを防いでくれるので助かります。

柔軟剤入り洗剤の上手な使い方

ふんわり柔らかく仕上げるためには、上手な使い方があります。2つのポイントをご紹介いたします。ポイントを守り、使い方を覚えて使用してみましょう。

①定められている量を使うこと

柔軟剤入り洗剤を使う時は必ず量を守って使って下さい。きちんと守って使うことによって、良い仕上がりにすることができます。きちんとした量でないと、衣服の繊維を壊しかねません。柔軟剤入り洗剤の容器の裏を見て使い方を確認してから使って下さいね。

②衣服の量を調節すること

柔軟剤入り洗剤よりも、衣服の方が多く入れてしまうと洗濯する意味がなくなってしまいます。柔らかく仕上げるどころか汚れすらきちんと落ちません。柔軟剤入り洗剤の量に対しての衣服を入れて洗濯して下さい。そして、脱水まで終わったら早めに干して下さい。デメリットが、放置しておくと嫌な臭いの原因になってしまいますので注意して下さい。

③柔軟剤入り洗剤の投入口について

柔軟剤入り洗剤は柔軟剤ではありませんので、絶対に柔軟剤投入口に入れないで下さい。なぜかと言えば、洗剤と柔軟剤は使用するタイミングが違うからです。柔軟投入口は最後の方で使用される所なので柔軟剤入り洗剤を入れてしまうと洗剤が衣服に残って、すすがれないまま終わってしまいます。気を付けて下さい。

粉末洗剤投入口以外に「液体漂白剤投入口」はありませんか?ありましたら、そこへ入れて下さい。無い場合は、衣服に直でかからないように避けて洗濯槽に直接入れて下さい。ある程度、水が溜まってから入れるのがなおいいですね。

3つの柔軟剤入り洗剤とは?

①ジェルボールタイプの柔軟剤入り洗剤

粉末、液体に続いて第3の洗剤としてジェルボールが販売されています。水溶性のフィルムの中に、液体洗剤が入っています。ジェルボールのメリットは、計って入れなくてもいいことです。使い方は、1個ポンッと入れればいいだけなのですごく楽ですね。デメリットでいえば、1人暮らしの方にとっては1個の量が多いと思うので液体洗剤の方がいいかもしれません。

②液体タイプの柔軟剤入り洗剤

液体洗剤のメリットは、溶けやすく季節関係なく使える所です。すすぎが1回で大丈夫という洗剤もあります。デメリットは、洗浄力でいうと粉末洗剤の方が上です。ただし、頑固な汚れでなければ液体洗剤で十分汚れが落ちます。節水や時間を重視する方には液体洗剤がおすすめです。

③粉末タイプの柔軟剤入り洗剤

粉末洗剤のメリットは、安さと洗浄力です。特に頑固な汚れに最適です。育ち盛りのお子様のドロで汚れた衣服や靴、汗をたくさん吸った衣服を選択することが多い方におすすめです。デメリットは、粉末タイプは水の温度の低さによって溶け残ってしまいます。冬場はお湯と混ぜて使ったり、液体洗剤を使うようにするといいでしょう。

ボールド・ジェルボール3d・癒しのプレミアムブロッサムの香り

おすすめの人気柔軟剤入り洗剤①

癒しの香りの柔軟剤入り洗剤です。新しくなり、3つの効果になりました。1つ目は、アイロンがけが楽になります。2つ目は、前よりもより白くしてくれます。3つ目は、フレッシュクリーンな香りです。「ふんわりアップ」成分が入っているので衣服をやわらかくふんわり仕上げてくれます。すすぎは1回で大丈夫ですし、まとめ洗いにも向いています。

シワが少ない上にやわらかく仕上がるのはすごく助かりますよね。アイロンがけもスムーズにできるため、短時間で終わらせることができるのは忙しい方たちにピッタリです。節水と時短で洗濯ができるのはありがたいことです。

香りつづくトップ・アロマプラス・エレガントイエロー

おすすめの人気柔軟剤入り洗剤②

贅沢な香りの柔軟剤入り超コンパクト洗剤です。エッセンシャルオイル配合で、柔軟剤の香りに近くなっています。そして、さまざまな衣服でも香りが長続きするようになりました。イヤな臭いがしないのが良いですね。

柔軟成分配合なのでふんわりやわらかく仕上がります。すすぎ1回で大丈夫なので節約になりますね。wの香りキープ成分が配合されているので、心地よく着ることができますし匂いも長続きします。

フレグランス・ニュービーズ・ジェル花しずくの香り

おすすめの人気柔軟剤入り洗剤③

消臭と発光をしてくれます。フレッシュカプセル配合で花しずくの香りが続きます。衣服を着ている時はイヤな臭いを消してくれて、洗い上がりのような爽やかな香りがします。汗の臭いなど気になる時に最適の商品になります。

無蛍光と無漂白です。ただし、設備上蛍光剤配合洗剤と共用しているために、微量の蛍光剤が検出される場合があります。すすぎは2回することをおすすめしています。

ラボン・ラグジュアリーリラックス

おすすめの人気柔軟剤入り洗剤④

こちらの柔軟剤入り洗剤には3つのポイントがあります。まず1つ目が「白さ」です。衣服の汚れをしっかり落としてくれます。2つ目は「ふんわり」です。ふんわりやわらかく仕上げてくれます。3つ目は「抗菌」です。雨の日に部屋干しするとイヤな臭いがしますよね。その臭いを防いでくれます。

皮脂汚れやドロ汚れのような頑固な汚れも真っ白にしてくれます。香りはラグジュアリーリラックスで、名前の通りリラックスし、癒される香りです。ラボンは匂いが濃厚なイメージです。香りで選びたい方におすすめです。植物由来のもののみなので安心してお使いいただけます。

ボールド・プラチナ・ピュアクリーンの香り

おすすめの人気柔軟剤入り洗剤⑤

部屋干しが消臭され、天日干しを超えるピュアな香りです。白くなるまで汚れを落としてくれます。頑固な汚れには直接ぬって少しおいてから洗うと、より白さが増します。すすぎ1回で大丈夫なので節約にもなり助かりますね。

仕上がりはなんと、もともちやわらかな上にふんわりです。タオル類を洗うと1番実感すると思います。香りも優しいのでリラックスでき癒されます。

アタック・高浸透リセットパワー

おすすめの人気柔軟剤入り洗剤⑥

汚れや、臭いの洗浄力がパワフルです。除菌・消臭成分配合で、頑固な汚れや黄ばみが落ちます。99%除菌なので部屋干ししても大丈夫です。つけおきするともっとキレイに仕上がりますよ。さわやかなフレッシュフローラルの香りです。詰め替え用もあり、簡単に詰め替えることができるので便利です。

靴下や上履きなどの汚れなどもキレイに取れるのはありがたいですね。真っ白になるなら、履く方も洗う方も気持がいいですね。1度お試し下さい。

ファーファ・トリップ・ドバイ

おすすめの人気柔軟剤入り洗剤⑦

マイクロパウダー製法なので、冷たい水でも溶け込みます。冬場は特に粉が固まっていたりしませんか?溶けてくれるのは助かりますね。洗浄力も抜群で白さに磨きをかけます。柔軟成分配合でふんわりやわらかです。ドラム式洗濯機にもおすすめですよ。

心身の疲れをとってくれるアラビアンムスクの香りで、強すぎず、甘すぎずリラックスできます。パッケージのデザインも可愛くていいですね。

緑の魔女・ランドリー用

おすすめの人気柔軟剤入り洗剤⑧

ドイツ生まれの環境に優しい成分を使っているので肌にも優しく、安心して安全に使用できます。頑固な汚れもキレイに落としてくれて、排水溝のイヤな臭いもとってくれます。洗濯洗剤がここまでしてくれるのはありがたいですね。使用するたびに排水パイプがキレイになるのは気持ちがいいですね。

濃縮タイプで、すすぎ1回で大丈夫なので節水にもなり助かります。フローラルの香りでやわらかく仕上げてくれます。無蛍光、無漂白です。ドラム式にも使用可能です。値段も結構するのですが、損はないと思います。

ミューラグジャス

おすすめの人気柔軟剤入り洗剤⑨

弱酸性の優しく作られていますが、洗浄力もあり柔軟効果もきちんと発揮してくれるので、ふんわりやわらかく仕上がります。雨の日の部屋干しにも最適です。イヤな臭いを消してくれます。天然由来成分が入っているので、小さいお子様にも安心してお使いいただけます

高級美容成分配合です。そして、ブランド香水や化粧品で使っている香りを12種類以上調合し使っているので、上質な香りがします。香りで選びたい方におすすめです。ボトルデザインがかっこよくて素敵です。インテリアとして活用できますね。

365days・パッションフルーティーの香り

おすすめの人気柔軟剤入り洗剤⑩

今回は青いボトルの方をご紹介いたします。弱酸性、ノンシリコンの柔軟剤入り洗剤が誕生しました。汚れを落とす7種類の界面活性剤が配合されているのでキレイに落としてくれます。高度な柔軟効果なので、ふんわり感アップです。

毎日衣服は着るものなので肌に優しいのは嬉しいですね。小さいお子様や敏感肌の方に使用できますので安心して安全にお使いいただけます。パッションフルーツの香りなので爽やかな洗い上がりです。

柔軟剤入り洗剤と単品の柔軟剤を一緒に使ってもいいの?

主婦の方たちが疑問「柔軟剤入り洗剤と普通の柔軟剤は一緒に使っていいの?」と思いますよね。今、種類も増え始めてきている柔軟剤入り洗剤ですが、実は一緒に使わない方がいいのです。柔軟剤入り洗剤には柔軟効果が十分あります。そこへ、単品の柔軟剤をプラスしてしまうとデメリットが発生してしまうのです。

吸収性が悪くなり、タオル類など水分を吸収してくれないので拭いても気持ち悪いです。ですので必ず適量で使用するようにしましょう。もっとやわらかさや、ふんわりを求めるのであれば柔軟剤入り洗剤ではなく、単品の柔軟剤をおすすめいたします。

柔軟剤入り洗剤の上手な使い方のまとめ

柔軟剤入り洗剤の上手な使い方、おすすめ人気10選をご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか?柔軟剤入り洗剤にもそれぞれタイプがあります。

メリットやデメリットがある中で使い方さえきちんと守っていただければ上手に使えるということです。自分のタイプをお選びいただき、ぜひ1度柔軟剤入り洗剤をお試し下さい。使い方はこちらのほうでも書いてありますので参考にしていただきたいと思います。

洗濯洗剤や柔軟剤についてもっと知りたいあなたへ

Thumb洗濯洗剤ランキングに人気の商品はどれ?粉末と液体どっちが便利?
Thumb赤ちゃん用の洗濯洗剤は必要?選び方やおすすめ人気商品を紹介!
Thumb柔軟剤でおすすめは?人気の香りやふわふわになる商品を比較まとめ

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-23 時点

新着一覧