編み込みの仕方の基本!簡単に自分でできるやり方とヘアアレンジ

毎日の髪型に飽きて来たらやってみたくなるのがヘアアレンジです。特に編み込みはヘアアレンジの中でも人気の髪型ですが、編み込みの仕方がよくわからないという片もいるのではないでしょうか?今回は、そんな皆さんのために編み込みの仕方を詳しくご紹介していきます。

編み込みの仕方の基本!簡単に自分でできるやり方とヘアアレンジ

目次

  1. 初心者さんも簡単に出来る!編み込みの仕方とヘアスタイル特集
  2. 編み込みの仕方の前に…編み込みには種類がある?
  3. 編み込みの仕方を自分で練習するポイント
  4. 編み込みに仕方Step①【三つ編みをマスターしよう!】
  5. 編み込みに仕方Step②【表編みをマスターしよう!】
  6. 編み込みに仕方Step③【裏編みをマスターしよう!】
  7. ここから始める!編み込みの仕方を活かすヘアアレンジ【初級編】
  8. レベルアップ!編み込みの仕方を活かすヘアアレンジ【中級編】
  9. 編み込みの仕方を覚えたらトライしたいヘアスタイルたち
  10. 編み込みの仕方をマスターしてヘアスタイルの幅を広げよう!

初心者さんも簡単に出来る!編み込みの仕方とヘアスタイル特集

今回大特集するのは、初心者さんも簡単に出来るようになる編み込みの仕方です。イマイチやり方がわからないという方のために基本的な三つ編みのやり方から始まり、編み込みを使ったヘアスタイルまでをたっぷりご紹介します。初心者さんも自分で簡単にトライ出来るので、是非一緒に始めてみましょう。

編み込みとは?

編み込みとは、ヘアアレンジのテクニックの1つで、三つ編みを編む要領で編んでいる最中に、少しずつ地肌にある毛束を取って編み込んでいきます。この編み込みは、一見難しいように見えますが、練習すれば自分で簡単に出来るようになって、ヘアスタイルの幅も広がります。

編み込みの仕方の前に…編み込みには種類がある?

まず最初にご紹介するのは、編み込みの種類です。編み込みには、大きく分けて2つの種類があります。この2つの種類は、練習してやり方さえ覚えれば、自分で出来るようになります。それぞれに特徴があるので、特徴を知って自分でヘアスタイルを作る時使い分けられるようになりましょう。

種類①表編み

1つめの種類は、表編みです。表編みは、編み込みの一般的なヘアアレンジです。編み込んだ雰囲気はとてもナチュラルで、キュッとまとまったヘアスタイルになるので、キレイに馴染みやすいという特徴があります。編み込みの仕方は、初心者さんであれば三つ編みをマスターした後に、まずこの表編みから覚え始めることがおすすめです。

種類②裏編み

2つめは、裏編みです。裏編みは、表編みと違って、裏側に編んでいくヘアアレンジです。ヘアスタイルに施した時には、表面に編み込みが現れるヘアスタイルになります。編み込みの仕方は、表編みを覚えておくと裏編みも比較的簡単に出来ます。

編み込みの仕方を自分で練習するポイント

続いては、編み込みの仕方を実践して自分で練習する時のポイントをご紹介します。初心者さんが編み込みの仕方を練習する時少し複雑な印象を受けるかもしれませんが、練習を重ねるとだんだんコツを掴んで来てうまくなってきます。そんな編み込みの仕方を練習する時のコツをいくつかお届けします。

ポイント①スタリング剤をつけてまとまりやすくしよう!

編み込みを実際に自分でする時は、もちろんですが、練習する時もワックスをつけて髪の毛をまとまりやすくして、練習してみましょう。髪質にもよりますが、何もつけていないよりもやりやすくなるのでおすすめです。

ポイント②毎日トライしてみましょう!

2つめのポイントは、毎日のヘアスタイルに取り入れる時は取り入れてみることです。編み込みの仕方は、最初は複雑で練習する時は、毎日少しずつ編み込みを盛り込んだヘアスタイルを取り入れてみたり、時間がある時に鏡を見ながら行ってみるようにしましょう。

編み込みに仕方Step①【三つ編みをマスターしよう!】

ここからは編み込みの仕方をご紹介していきます。Stepは全部で3段階です。三つ編み、表編み込み、裏編み込みの順番にお届けします。編み込みを簡単に出来るようになるためにも初心者さんは、まず自分の髪の毛で三つ編みが出来るように練習してみましょう。早速、編み込みの仕方Step①のスタートです。

やり方①毛束を3等分に分けたら開始!

編み込みは、この三つ編みから編み込んでいくのでまずは、三つ編みをマスターするところからスタートしましょう。最初に、三つ編みの太さを決めて毛束を取ります。その毛束を縦に3等分に分けて持ちましょう。左、真ん中、右と3つの束が出来ました。

やり方②三つ編みを作ってみよう!

次に、右側の毛束を真ん中の毛束の上通るようにして真ん中に持ってきます。それが出来たら左の毛束が今度は真ん中になるように上から被せるようにして真ん中に持って来るようにしましょう。それが出来たら、また一番右の毛束を真ん中に持って来るようにします。この動きを繰り返すことで、三つ編みが完成します。

編み込みに仕方Step②【表編みをマスターしよう!】

三つ編みは上手く出来ましたか?それが出来たらいよいよ編み込みの仕方に入っていきたいと思います。初心者さんも簡単に出来る編み込みの仕方を動画を見ながら一緒に進めていきましょう。編み込みの仕方の2ステップめは、表編み込みの仕方です。

やり方①

希望の太さの毛束を取って、先ほどご紹介した三つ編みの時のように1つの毛束を3つに分けていきましょう。それを指の間などに入れて手に持ったら、右側の毛束を内側に持って来て、左側の毛束をまた内側に持ってきます。これを繰り返していくと三つ編みになるのですが、編み込みはここからの行程が違います。

今、最初右側にあった毛束が一番左に、真ん中にあった毛束が一番右に、左にあった毛束が真ん中に来ている状態になっている思います。それが出来たら、今一番左に毛束の下の毛を少し掬って最初、右にあった毛束と合体させます。

やり方②

そしたら、真ん中の毛束を左手に持ち変えて最初、真ん中にあった毛束が右手にある状態なので、その下の毛束を少し掬って合体させ、三つ編みのやり方と同様に、真ん中の毛束に被せるようにしながら編み込んでいきます。その後は、一番左の毛束をまた真ん中に向かって編み込んでいきましょう。今は、右手に2本の毛束、左手に1本の毛束がある状態です。

そしたら、左手に持っている毛束の下の毛を掬って合体させてから、右手の毛束を1本左手に持ち変えます。次に、一番左だった毛束が今は右側にあって、なおかつ1本の状態なので、また下の毛を掬って真ん中に持ってきます。この行程を地肌に毛がなくなるまで続けていくと表編み込みが完成します。

編み込みに仕方Step③【裏編みをマスターしよう!】

続いては、編み込みの仕方の3段階目である裏編み込みを練習していきます。裏編みは、先ほどの表編み込みの仕方と少し違う点があります。表編み込みは、真ん中の毛束の上に左右の毛束を交差させて編んでいくのに対して、裏編み込みは、真ん中の毛束の下を通して交差させて編んでいきます。早速編み込みの仕方をご紹介します。

やり方①

まず、一番左の毛束を左手の人差し指と中指の間に入れてはさみ、真ん中の毛束を左手の親指と人差し指の間に持ちます。そして、一番右側の毛束は、右手の人差し指と中指の間に挟みましょう。ここからまずは裏編みの三つ編みを作っていきます。

真ん中の毛束を左手の親指と人差し指に持ちかえます。こうすると一番右の毛束の上に真ん中の毛束が来ている状態が出来上がります。右の毛束も左手の親指と人差し指に持ちかえましょう。次に、今左手の親指と人差し指で持っている右の毛束を外側に捻って一番左の毛束の上に持ってきます。この時、一番左の毛束を右手の人差し指と中指の間に持ちかえておきましょう。

やり方②

ここまでは、裏編みの三つ編みになります。次から編み込んでいきます。まず今左手の親指と人差し指で持っている毛束の下の髪の毛を中指で掬って合体させます。合体したら左手の人差し指と中指に持ちかえておきます。それが出来たら真ん中の毛束を左手の親指と人差し指に持ちかえて、今一番左にある毛束と下の髪の毛を掬って合体させます。

それが出来たら真ん中にある毛束を左手の親指と人差し指に持ちかえて、外に捻ります。再び真ん中の毛束が右の外に行くように外に捻って指を持ちかえます。これを繰り返していくと裏編み込みが完成します。

ここから始める!編み込みの仕方を活かすヘアアレンジ【初級編】

今までは、編み込みの仕方の基本のやり方を文字と動画を通してご紹介してきました。文字で分かりやすいと思う方は、文章を読みながら、実際に動画を見ながらやりたいという方は、動画を見ながら練習してみましょう。そこまで出来たら、次は、編み込みを使ったヘアスタイルをご紹介していきます。最初は、初級編から始めていきましょう。

ハーフアップ編み込みの仕方

トップから斜め後ろに向かって編み込みをしていく方法です。まず、顔回りの毛束を適量取って3等分します。それが出来たら先ほどご紹介した編み込みの仕方を参考にしながら編み込みを作っていきます。表編み込みにするとナチュラルな編み込みになり、裏編み込みにすると立体的な三つ編みになります。

編み込みを作りながら斜め後ろに進んでいきます。掬う髪の毛がなくなったら三つ編みに変えて毛先まで編んでいきます。毛先まで言ったら、エナメルタイプのゴムで毛先を結びんで留めておきます。これを左右1本ずつ作りましょう。最後に、後ろで2つの毛束を合わせてくるりんと内側に返して、キュッと締めたら完成です。

Thumbハーフアップ編み込みのやり方は?女子力がアップするかわいいアレンジ方法

レベルアップ!編み込みの仕方を活かすヘアアレンジ【中級編】

続いては、裏編みでなおかつ後ろ側に作っていく編み込みポニーテールの作り方です。先ほどはサイドで編み込みを作ったので、目に見えますが、これからご紹介するポニーテールは後ろに編み込みを作っていく分、やや難しいと感じるかもしれませんが、おすすめのヘアスタイルなので是非トライしてみましょう。

ポニーテール編み込みの仕方

全体的にまとまりやすいようにワックスをつけていきます。動画ではトップにボリュームが出やすいように逆毛を立てていますが、難しいという方はなくても大丈夫です。まず、トップの髪の毛を丸く取って3等分に分けます。ここから裏編みをしていきましょう。

全ての髪の毛を後ろでまとめていきたいので、サイドの髪の毛も後ろ側に持っていってまとめます。これを下の方まで編み込んだら、そのまま根元をゴムで結んでもいいですし、毛先まで、三つ編みをして毛先にゴムを留めて束ねるのもGOODです。

Thumb後ろ編み込みのやり方やアレンジまとめ!自分で簡単にできる方法やコツ

編み込みの仕方を覚えたらトライしたいヘアスタイルたち

最後にお届けしていくのは、さらにアレンジの効いた編み込みのヘアスタイルです。基本のやり方に慣れてもっと色々試したいと思う方は、是非参考にしながらマネをして作ってみましょう。

ルーズな編み込みハーフアップ

この編み込みは今までとは少し雰囲気が違ってルーズなふんわり感を表現した編み込みです。編み込みをしていく中で、編み込んだ毛束を少し摘んで外に引っ張っていくと、緩い編み込みが出来上がります。こうすることで、全体的にフェミニンさと柔らかさが出るので、人気です。

くるりんぱと合わせた編み込みポニーテール

トップにくるりんぱというヘアアレンジ方法をプラスしてその下にサイドから持ってくる編み込みを施したヘアスタイルです。トップの毛束を丸く取ってゴムで結んだら、結び目の置くの部分に穴を開けてその中に結んだ毛束を通していきます。トップの毛束を少し上に引っ張ってボリュームを出したら、返した毛束の左右を持ってキュッと締めていくとくるりんぱが完成します。

編み込みの仕方をマスターしてヘアスタイルの幅を広げよう!

編み込みの仕方は、初心者さんでも1度マスターしたら色んな場面で活躍してくれるヘアアレンジテクニックです。前髪やサイド、後ろなどあらゆるところに編み込みを盛り込むことが出来ます。是非マスターして自分だけのオリジナルヘアスタイルを生み出してみましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-20 時点

新着一覧