牡蠣のカロリーはどのくらい?栄養豊富で驚きの効果・効能まとめ

牡蠣のカロリーや牡蠣に含まれる驚きの栄養・効能についてまとめました。牡蠣には豊富な栄養が含まれ、驚きの効能も期待できるのでカロリーと一緒にチェックしておきたいですね。牡蠣のカロリーや驚きの豊富な栄養・効能について学んでいきましょう!

牡蠣のカロリーはどのくらい?栄養豊富で驚きの効果・効能まとめ

目次

  1. 牡蠣の栄養効能やカロリーについて知りたい!
  2. 牡蠣のカロリーはどのくらいある?
  3. カロリー以外に知りたい!牡蠣に豊富に含まれる亜鉛とは?
  4. ビタミンB群やビタミンEも牡蠣は豊富に含有
  5. カロリー控えめで栄養も豊富な牡蠣は料理に大活躍!
  6. 濃厚な味わい!牡蠣のバター醤油焼きレシピ
  7. ご飯と相性ぴったり!牡蠣のしぐれ煮のレシピ
  8. 旨味たっぷり!牡蠣の炊き込みご飯のレシピ
  9. ヘルシーに食べられる揚げない牡蠣フライのレシピ
  10. 低カロリーで驚きの栄養を含む牡蠣を活用してみよう!

牡蠣の栄養効能やカロリーについて知りたい!

驚きの豊富な栄養を備えている牡蠣

濃厚な旨味を感じることができる牡蠣。牡蠣の旬がやってくると、やっぱり食べたくなりますよね。牡蠣を食べるときに気になるのがカロリーや栄養です。牡蠣にはどのくらいのカロリーが含まれているのか、栄養や効能も含めて知っておくことも大切。牡蠣のカロリーを把握していれば、ダイエット中でも安心して美味しく食べられるようになります。

牡蠣のカロリーや驚きの栄養・効能についてチェックしよう!

「牡蠣のカロリーってどのくらいあるの?」「牡蠣の栄養について知りたい!」というときに役立つ牡蠣の情報についてまとめました。いろいろな栄養を含む牡蠣は、健康的な生活を送りたい場合にもぴったりな食材です。牡蠣の美味しい料理レシピもまとめたので、気軽に牡蠣を楽しんでみてはいかがですか?牡蠣についていろいろ学んでいきましょう!

牡蠣のカロリーはどのくらいある?

驚き!牡蠣はとても低カロリー

牡蠣を食べるときに気になるのがカロリー。牡蠣のカロリーはどのくらいあるのでしょうか?牡蠣100gあたりのカロリーは100gあたり60kcalになります。牡蠣1個あたり20gほどなので、1個のカロリーは12gほど。牡蠣はカロリーの低い食材と言えそうですね。

ササミと比べても牡蠣は低カロリー

高タンパク&低カロリーで知られ、ダイエットにもよく用いられるササミ。ササミのカロリーは100gあたり80gです。牡蠣が100gあたり60kcalなことを考えると、ササミよりも低カロリーな食材と言えるでしょう。

Thumb鶏ささみのカロリーは一本どれくらい?!食べ方次第では太るかも?

カロリー以外に知りたい!牡蠣に豊富に含まれる亜鉛とは?

体の健康を保つのに欠かせない亜鉛が牡蠣に豊富

亜鉛はミネラルの一種で健康的な体づくりには欠かせません。体内の器官を正常に機能させる働きを担ってくれます。

牡蠣はレバーよりも豊富に亜鉛を含んでいる

牡蠣には、そんな亜鉛が豊富に含まれています。牡蠣の次に亜鉛を含むと言われいる豚レバーの倍以上もの亜鉛を含有しているのが特徴。亜鉛不足なときにも牡蠣が効果的です。

Thumb亜鉛を含む食べ物・食材ランキング!過剰摂取による中毒にも注意!

ビタミンB群やビタミンEも牡蠣は豊富に含有

疲労回復や代謝促進の効能があるビタミンB群

牡蠣にはその他にもいろいろな栄養が豊富に含まれています。疲労回復や代謝促進に役立つビタミンB群が含まれているのが嬉しいポイント。元気な生活を楽しみたいときに最適です。

アンチエイジングの効能を期待できるビタミンE

牡蠣にはアンチエイジング効果があるとされているビタミンEも含まれています。ビタミンEが老化の原因となる活性酸素の排出に役立ってくれるのが特徴。若々しい状態を保ちたい場合にも牡蠣が役立ちそうですね。

カロリー控えめで栄養も豊富な牡蠣は料理に大活躍!

カロリーをおさえながらいろいろな料理に使える

このように牡蠣にはさまざまな栄養が含まれています。低カロリーなのでダイエット中も安心して食べられるのも魅力。牡蠣をいろいろな料理に使ってみませんか?

カロリー控えめな牡蠣料理を楽しんでみよう!

牡蠣は洋食にも和食にも使えるのが嬉しいポイント。気分に合わせてぴったりの牡蠣料理を堪能することができます。牡蠣の旬がやってきたときは、栄養豊富な牡蠣料理を作って食卓を彩っていきたいですね。牡蠣料理のレシピもチェックしていきましょう!

濃厚な味わい!牡蠣のバター醤油焼きレシピ

牡蠣のバター醤油焼きに必要な材料

それでは、おすすめしたい牡蠣のレシピをチェックしていきましょう。まずおすすめしたいのが牡蠣のバター醤油焼き。牡蠣の濃厚な風味を楽しむことができる牡蠣のバター醤油焼きは簡単に作ることができるので、牡蠣を使ってメイン料理をすぐに作りたいという場合にも大活躍します。バター醤油の豊かな風味を堪能してみてはいかがですか。

牡蠣のバター醤油焼きに必要な材料は、ニンニクひとかけら、片栗粉大さじ1、酒大さじ2、バター大さじ1/2、醤油大さじ1/2、みりん大さじ1/2、牡蠣260g、塩胡椒になります。お好みで刻んだパセリをトッピングするのもおすすめ。ベビーリーフはトマトなどを飾れば見た目も華やかになるので、食卓が華やぎます。ぜひ気軽に取り入れてみてくださいね。

簡単なレシピ

牡蠣はパッケージから取り出したら分量外の片栗粉をまぶして優しく揉みます。流水にあてて汚れや片栗粉を洗い流しましょう。牡蠣の水気をキッチンペーパーで拭き取ったら塩胡椒で下味をつけ、片栗粉をまぶしておきます。ニンニクはみじん切りにしてください。

フライパンにバターを溶かし入れたらニンニクを炒めます。ニンニクの香りが出てきたら、牡蠣を加えて1分ほど加熱。酒をまわしかけ、蓋をして蒸し焼きにします。2分ほど蒸し焼きにしたら醤油とみりんを加えて味を絡め、火を止めましょう。器に盛りつけたら完成です。

Thumbバターの代用品は?オリーブオイルやマーガリンで代用できる?

ご飯と相性ぴったり!牡蠣のしぐれ煮のレシピ

牡蠣のしぐれ煮に必要な材料

ご飯と相性ぴったりな牡蠣料理を作りたいときにおすすめなのが牡蠣のしぐれ煮。醤油をベースとした甘辛い味付けがご飯とよく合い、ご飯がすすみます。しっかりと味付けがされてあるので日持ちできるのも嬉しいポイント。ご飯のお供としてだけでなくお酒のおつまみとしても美味しくいただけるので、レシピを活用してみてはいかがですか。

牡蠣のしぐれ煮に必要な材料は、牡蠣400g、生姜ひとかけら、砂糖大さじ3、みりんひと回し、醤油ひと回し、酒150mlになります。醤油やみりんの分量は好みに合わせて調節していきましょう。味付けがしっかりとしているので3日ほど日持ちさせることができます。多めに作って、いろいろな料理にアレンジしてみてはいかがですか。

簡単に作れるレシピ

牡蠣は流水で洗います。沸騰させたお湯で牡蠣を軽く茹でましょう。他の鍋に牡蠣と酒を加えたら、全体が浸るくらいの水を加えます。火にかけて一煮立ちさせてください。千切りにした生姜と砂糖、みりんを加えて落し蓋をし沸騰させます。アクが出てきたら取り除き、醤油を加えましょう。

15分くらい煮詰めながら全体に味をからめていきます。焦げ付かないようにゆすっていくのがポイント。煮汁がほとんどなくなるまで煮詰めたら火を止めます。しばらく放置してしっかりと牡蠣に味がしみこんだら完成。

旨味たっぷり!牡蠣の炊き込みご飯のレシピ

牡蠣の炊き込みご飯に必要な材料

牡蠣の美味しさを余すことなく堪能したい場合にぴったりなのが牡蠣の炊き込みご飯。ご飯に牡蠣の旨味がしっかりとしみこんで、風味豊かな炊き込みご飯に仕上げることができます。牡蠣が入っているだけで豪華な見た目になるのも嬉しいポイント。牡蠣の旬がやってきたら、たっぷりの牡蠣を使って美味しい炊き込みご飯を作ってみてはいかがですか。

牡蠣の炊き込みご飯に必要な材料は、牡蠣160g、米2合、生姜40g、醤油大さじ2、みりん大さじ1、酒大さじ1、だし150mlになります。お好みで万能ネギやミツバを取り入れると見た目もきれいな牡蠣の炊き込みご飯にになるのでおすすめ。生姜は新生姜が出回っている場合はそれを使うのも良いですね。風味豊かな牡蠣の炊き込みご飯を楽しんでいきましょう。

気軽に作れるレシピ

米はといでから30分ほど浸水させましょう。生姜はみじん切りにします。牡蠣は流水で洗って汚れを落としてください。鍋に醤油・みりん・酒・だしを入れたらひと煮立ちさせ、牡蠣を加えます。牡蠣がぷりっとして熱が通ったら取り出しましょう。

炊飯釜に米を入れたら牡蠣を煮た汁を加え、メモリ通りに水を加えます。炊飯器の蓋をした、炊飯をスタート。炊き上がったら牡蠣と生姜を加えて混ぜ合わせ、再び蓋をします。数分蒸らしたら完成。

Thumb鍋で炊飯をする方法!実は簡単?鍋で炊き込みご飯を作ってみよう!

ヘルシーに食べられる揚げない牡蠣フライのレシピ

牡蠣フライに必要な材料

牡蠣と言えば、やはり牡蠣フライですよね。ただし、牡蠣フライは油を使うのでカロリーがきになるところ。そんな場合におすすめなのが揚げない牡蠣フライです。オーブンを使って揚げずに作る牡蠣フライなので、ヘルシーに仕上げられるのが魅力的なポイント。牡蠣のジューシーな旨味も楽しめるので、ぜひ作ってみてはいかがですか。

牡蠣フライに必要な材料は、牡蠣130g、塩小さじ1、片栗粉小さじ1、卵1個、パン粉1カップ、小麦粉大さじ3、サラダオイル大さじ2になります。この他にキャベツの千切りやミニトマトなども用意して一緒に盛り付けると、きれいな見た目に。サラダオイルではなくオリーブオイルを使っても美味しく仕上がるので、油の種類は好みによって変えてくださいね。

美味しいレシピ

牡蠣は片栗粉と塩を優しく揉み込んでから流水で洗い、汚れを落とします。鍋にお湯を沸かして分量外の塩を加えたら、洗った牡蠣を茹でましょう。牡蠣を1分ほど茹でたら取り出しておきます。卵を溶き、パン粉にサラダオイルを混ぜ合わせてください。片栗粉に小麦粉をまぶしてから卵をつけ、パン粉をまぶします。230℃に予熱したオーブンで牡蠣を焼いたら完成。

低カロリーで驚きの栄養を含む牡蠣を活用してみよう!

牡蠣には亜鉛やビタミンB群、ビタミンEなどさまざまな栄養が含まれています。カロリー控えめなので、体重がきになるときも気軽に食べられるのも嬉しいポイント。しぐれ煮やバター醤油焼きなどバラエティ豊かな料理に使うこともできます。栄養豊富な牡蠣料理をぜひ堪能してみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-07-09 時点

新着一覧