牡蠣の食べ過ぎは何個から?栄養効果やコレステロールについて調査

牡蠣の食べ過ぎになるのは何個からなのか、栄養効果やコレステロールも含めて調査しました。牡蠣を食べ過ぎないためには何個まで大丈夫なのか調査を知っておくことが大切。牡蠣のコレステロールも把握して、食べ過ぎないように栄養効果を取り入れていきましょう!

牡蠣の食べ過ぎは何個から?栄養効果やコレステロールについて調査

目次

  1. 牡蠣は何個からが食べ過ぎなのか調査を知りたい!
  2. 牡蠣にコレステロールは多く含まれているか調査
  3. 牡蠣にはさまざまな栄養効果がある!
  4. 牡蠣にはビタミンの栄養効果も豊富
  5. 調査を要チェック!牡蠣を食べ過ぎるとどうなる?
  6. 牡蠣は何個までなら食べ過ぎにならないか調査!
  7. 牡蠣を健康的に活用!牡蠣豆腐のレシピ
  8. 冬食べたい!熱々の牡蠣グラタンレシピ
  9. 牡蠣の旨味が詰まった牡蠣雑炊のレシピ
  10. 何個までなら食べ過ぎにならないか調査を参考にして牡蠣を楽しもう

牡蠣は何個からが食べ過ぎなのか調査を知りたい!

ついつい食べ過ぎてしまう牡蠣

プリプリとした食感と濃厚な旨味が美味しい牡蠣。旬になるとたくさん出回る牡蠣ですが、美味しくついつい食べ過ぎてしまいますよね。牡蠣鍋や牡蠣のアヒージョ、生牡蠣など牡蠣料理の種類もバラエティ豊か。いろいろな種類の牡蠣を食べていたらいつのまにか食べ過ぎになっていたということもよくあります。

とても美味しい牡蠣ですが、食べ過ぎは体によくない場合があるので何個までが大丈夫なのかチェックしておくことが大切になります。何個まで牡蠣を食べても大丈夫か知っておけば、美味しい牡蠣を安心して食べられるように。健康的に牡蠣を楽しむためにも、何個までなら牡蠣の食べ過ぎにならないのか学んでいきましょう!

牡蠣の食べ過ぎを防いで栄養効果の調査を活用しよう

「牡蠣は何個までなら食べ過ぎにならないの?」「牡蠣に含まれている栄養やコレステロールについて知りたい!」というときにぴったりな牡蠣情報をまとめました。牡蠣の基本的な上昇をチェックしておけば、効果的に牡蠣を食べられるようになるのでぜひ知っておきたいですね。牡蠣について詳しく知って、牡蠣料理を堪能していきましょう。

牡蠣にコレステロールは多く含まれているか調査

魚介類はコレステロールが多いイメージ

牡蠣を食べるときに気になるのがコレステロール。魚介類はコレステロールが高めのものもあるので、コレステロール値が気になる場合はコレステロールの量もしっかり把握しておきたいですね。コレステロールの摂取しすぎは生活習慣病につながる場合があるので要注意です。

牡蠣はコレステロールが少ない

気になる牡蠣のコレステロールですが、実はコレステロールは低い食材として知られています。コレステロールは控えめなので、コレステロール値が気になる方でも安心。ただし、食べ過ぎはよくないので適量を守りながら牡蠣を堪能してくださいね。

牡蠣にはさまざまな栄養効果がある!

体づくりに欠かせない亜鉛

亜鉛は体の器官を健康的に保つために欠かすことができないミネラルの一種です。普段の生活では亜鉛不足になってしまう場合が多いので、積極的に摂取しておきたい栄養。牡蠣には豊富な亜鉛が含まれているので、亜鉛不足かなと感じた場合におすすめです。

コレステロールをおさえるタウリンやアミノ酸の栄養効果もたくさん

コレステロールをおさえたり、疲労回復にもつながるタウリンも牡蠣には豊富に含まれています。また、健康的な体づくりに必要不可欠なアミノ酸も豊富。どちらも元気な体づくりに必要とされる栄養なので、牡蠣を食べて摂取していきたいですね。

牡蠣にはビタミンの栄養効果も豊富

疲労回復などの栄養効果があるビタミンB群がたくさん

牡蠣にはビタミンB群も豊富に含まれています。ビタミンB群は疲労回復のサポートになるビタミン。疲れ気味のときなどに摂取すると元気がつけやすくなります。また、代謝をアップさせる効果も期待することができるので脂肪燃焼のサポートをしてくれるのも嬉しいポイント。

ビタミンCやビタミンEで美容の栄養効果も

お肌の調子を整えるビタミンCも含まれているのが嬉しいポイント。また、アンチエイジング効果を期待できるビタミンEも含まれているため、若々しい肌を保ちたい場合に役立ちます。牡蠣にはたくさんの栄養が含まれているので、ぜひ有効活用していきたいですね。

調査を要チェック!牡蠣を食べ過ぎるとどうなる?

食べ過ぎると亜鉛の摂取過多になってしまう

いろいろな栄養が豊富な牡蠣ですが、食べ過ぎには要注意。牡蠣を食べ過ぎると亜鉛の摂取過多になってしまいます。亜鉛は体に良い成分ですが摂取しすぎると体調不良の原因にもなるので気をつけましょう。

食べ過ぎはお腹がゆるくなることも

牡蠣の食べ過ぎはお腹がゆるくなってしまうこともあります。何事もやりすぎはNG。適量を守りながら牡蠣を楽しむことが大切になります。

Thumb亜鉛を含む食べ物・食材ランキング!過剰摂取による中毒にも注意!

牡蠣は何個までなら食べ過ぎにならないか調査!

1日の亜鉛の推奨摂取量

牡蠣の食べ過ぎできになるのが亜鉛の摂取過多。1日あたりの亜鉛の摂取量は13mgほどが良いとされているので、それを目安に牡蠣を食べる量を決めておくと安心です。

食べ過ぎにならない数は何個?

牡蠣には100gあたり13mgの亜鉛が含まれています。なので、健康的に牡蠣を食べたい場合は5個以内におさえておくのがおすすめ。牡蠣を食べるときはこのくらいの分量を目安にして、美味しくいただいていきましょう。

牡蠣を健康的に活用!牡蠣豆腐のレシピ

牡蠣豆腐に必要な材料

牡蠣の栄養をしっかりとることができるおすすめの料理レシピもチェックしていきましょう。体を温めることができる牡蠣豆腐は気軽に作れる牡蠣レシピ。牡蠣と豆腐がよく合い、とても美味しくいただくことができます。オイスターソースをベースとした味付けなのでご飯との相性ばっちり。簡単に豪華な牡蠣料理を作れるので便利です。

牡蠣豆腐に必要な材料は、豆腐1丁、牡蠣150g、長ネギ1/2本、生姜1/2かけら、オイスターソース大さじ2、鶏がらスープ1カップ、砂糖小さじ1、酒大さじ1、水大さじ1、片栗粉大さじ1/2、塩になります。ピリッとした辛味が欲しい場合は唐辛子の小口切りをプラスしましょう。煮崩れが気になる場合は、豆腐ではなく厚揚げを使用するのもおすすめです。

美味しいレシピ

ネギは斜め切りにして青い部分と白い部分で分けておきましょう。生姜は薄くスライスしてから千切りにし、豆腐は角切りにします。牡蠣は流水で洗ってから熱湯で軽く茹でておいてください。深めのフライパンに油をしいたら生姜とネギを炒めます。

生姜の香りがたってきたら鶏がらスープ・砂糖・酒・水・オイスターソースを入れ、ひと煮立ちさせてから豆腐と牡蠣をプラス。豆腐と牡蠣が温まったら水と片栗粉を溶かしたものをまわしかけてとろみをつけます。器に盛り付け、ネギの青い部分をトッピングしたら完成。

Thumb豆腐のタンパク質は筋肉にいい?正しい摂取量と注意点についてまとめ

冬食べたい!熱々の牡蠣グラタンレシピ

牡蠣グラタンに必要な材料

牡蠣が多く出回る冬のシーズンになると食べておきたいのが牡蠣グラタン。ホワイトソースと牡蠣の相性はばっちりで、熱々のグラタンは体の奥から温めてくれます。牡蠣の旨味がぎゅっと詰まった味わいはクセになる美味しさ。簡単に作れるのに豪華なメイン料理になるので、冬のおもてなし料理としても牡蠣グラタンが大活躍してくれます。

牡蠣グラタンに必要な材料は、ほうれん草1束、牡蠣130g、玉ねぎ1/2個、しめじ1パック、バター大さじ2、小麦粉大さじ3、コンソメキューブ1個、牛乳1カップ、塩胡椒、とろけるチーズになります。しめじ以外には舞茸やしいたけなど他のきのこを使ってもOK。ジャガイモなどの具材をプラスしても美味しいので、いろいろ試してみてくださいね。

おすすめのレシピ

牡蠣は流水で洗って汚れを落としておきましょう。玉ねぎは薄切りにし、しめじは石づきをとってほぐしておきます。コンソメキューブは砕いて牛乳と合わせておいてください。ほうれん草はさっと茹でて冷水でしめ、ざく切りにします。フライパンに油をしいたら玉ねぎを炒め、しんなりとしてからしめじと牡蠣をプラス。軽く炒め合わせてからいったん取り出します。

バターをフライパンに溶かし、小麦粉を加えてなめらかになるように混ぜ合わせましょう。コンソメキューブを入れた牛乳を加え、ほうれん草を加えた具材を戻します。とろみがつくまで煮たら塩胡椒で味を整えてください。耐熱容器に入れ、とろけるチーズをトッピングしたらこんがりするまで焼いて完成です。

Thumb豆乳や米粉でホワイトソースを作る方法&グラタンアレンジレシピも!

牡蠣の旨味が詰まった牡蠣雑炊のレシピ

牡蠣雑炊に必要な材料

ほっこりと温まりたいときにおすすめなのが牡蠣雑炊。雑炊に牡蠣を入れることによって旨味たっぷりの美味しさを楽しむことができるようになります。優しい味わいなので、風邪気味のときにもぴったり。栄養豊富な牡蠣でエネルギーチャージをすることができます。お米に牡蠣の旨味がしっかりしみこんだ牡蠣雑炊をぜひ堪能してみてくださいね。

牡蠣雑炊に必要な材料は、牡蠣150g、ご飯2人分、酒大さじ5、だし400ml、醤油大さじ1、生姜ひとかけら、万能ネギ1本になります。お好みで溶き卵をまわしかけても美味しくいただけるのでおすすめ。卵のまろやかな美味しさが牡蠣と絶妙にマッチします。しめじや舞茸などのきのこを入れても美味しいだしが取れるので、アレンジしてみてくださいね。

簡単なレシピ

牡蠣は流水で洗っておきます。鍋に酒を入れたらひと煮立ちさせ、牡蠣を加えてください。牡蠣がぷっくりするまで熱を通したら取り出しておきましょう。牡蠣を煮た汁にだしを加え、すりおろした生姜とご飯も入れます。ご飯がだしになじむように煮込んだら牡蠣を戻し入れてください。軽く温めて醤油で味付けをし、器によそいます。刻んだ万能ネギをトッピングしたら完成。

Thumb美味しい雑炊の作り方・簡単レシピまとめ!卵・白だしなどの使い方のコツ

何個までなら食べ過ぎにならないか調査を参考にして牡蠣を楽しもう

体に良い栄養を豊富に含んでいる牡蠣ですが、美味しいからといって食べ過ぎると体調不良の原因になってしまうことがあります。1日あたり5個くらいを目安にして食べておくと安心。牡蠣はいろいろな料理に使うことができるので、アレンジを楽しみながら健康的に牡蠣をいただいてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-02-23 時点

新着一覧