化粧水の正しい使い方!美肌効果がアップする上手なつけ方と基本

化粧水は、毎日スキンケアの時に使う美容のためのアイテムです。毎日使ってはいますが、中には未だに使い方がわからないという方もいるのではないでしょうか?そこで今回は、美肌効果をアップするために覚えておきたい化粧水の使い方をご紹介していきます。

化粧水の正しい使い方!美肌効果がアップする上手なつけ方と基本

目次

  1. スキンケアは化粧水の使い方から始まっている!?
  2. 化粧水の基本の「き」
  3. 化粧水の役割って何?
  4. 主な化粧水の種類とは?
  5. 使い方の前に…化粧水の選び方
  6. 化粧水の使い方で目指す美肌の条件とは?
  7. 化粧水の正しい使い方のポイント
  8. 化粧水の使い方で活用するアイテムとは?
  9. 手でつける化粧水の正しい使い方
  10. コットンでつける化粧水の正しい使い方
  11. 化粧水の後のスキンケアアイテムの使い方は?
  12. 化粧水の使い方を実践!おすすめの化粧水【保湿編】
  13. 化粧水の使い方を実践!おすすめの化粧水【美白編】
  14. 化粧水の使い方を実践!おすすめの化粧水【エイジングケア編】
  15. 目指せお肌美人!化粧水の正しい使い方をマスターしよう!

スキンケアは化粧水の使い方から始まっている!?

みなさんは、毎日のスキンケアで化粧水を使っていますか?ほとんどの方が「YES」と答えるほど欠かすことの出来ないスキンケアアイテムの1つである化粧水は、ドラッグストアやデパートに行けば色んなメーカーから色んな効果の化粧水が発売されています。そんな化粧水の正しい使い方をご紹介していきます。つけ方はもちろん、役割も一緒におさらいしていきましょう。

化粧水の基本の「き」

最初にご紹介していくのは、今回特集する化粧自体のことです。毎日のスキンケアで何気なく使っている化粧水とは一体どんなアイテムなのでしょうか?効果や使い方の前にチェックしていきましょう。

化粧水とは?

化粧水とは、スキンケアの行程の中で一番最初につけるアイテムで、皮膚に潤いを与えて、滑らかにする機能を持つ水のような液体タイプのスキンケア用品です。その種類は、豊富で肌質やお肌の悩みに合わせて選ぶことが出来ます。

化粧水の役割って何?

次に見ていくのは、化粧水の役割です。何気なく毎日使っている化粧水には、役割や効果があります。それを頭に入れておきながら使うとさらに、化粧水の必要性がわかってくるのではないでしょうか。それでは、早速チェックしていきましょう。

効果①肌を整えてくれる

化粧水の1つめの効果は、肌を整えてくれる効果です。肌に不足している水分を補ってあげることによって、肌の状態が整い、保湿成分や美肌成分が吸収しやすいお肌に導いてくれます。

効果②角質層を整えてくれる

2つめの効果は、角質層を整えてくれる効果です。角質層とは、表皮の一番表面にある部分で、水分保持やバリア機能を担っています。その厚さは、ラップくらいの約0.02mmと言われています。そこへ化粧水によって水分を補給してあげることで、角質層に水分が染み込んで皮膚全体に他の成分が浸透しやすくなります。

主な化粧水の種類とは?

続いては、化粧水の主な種類をご紹介していきます。先ほども少し出てきましたが、化粧水は、効果や肌質、お肌の悩みによって種類がたくさんあります。その中でも主に使われている化粧水の種類をいくつかお届けしていきましょう。

種類①保湿化粧水

化粧水の1つめの種類は、保湿化粧水です。保湿化粧水とは、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどの保湿成分を配合していて、保湿力が他の化粧水よりも高く、肌に潤いを与えることを目的に作られています。

種類②美白化粧水

2つめにご紹介するのは、美白化粧水です。美白化粧水とは、ビタミンC誘導体やトラネキサム酸、アルブチンなどの美白成分が配合されていて、日焼けによるシミやメラニンの生成を抑制してくれる働きが魅力の化粧水です。

種類③エイジングケア化粧水

3つめの化粧水の種類は、エイジングケアの化粧水です。エイジングケアとは、年齢に応じておこなうお肌の手入れのことです。お肌は、年齢を重ねるごとにトラブルなども目立ってきます。化粧水の中に含まれている成分により、お肌の弾力やツヤを与えてくれたり、シワやたるみを対策してくれるアイテムもあります。

使い方の前に…化粧水の選び方

ここまで化粧水のことについてみてきました。化粧水の効果や種類は、どんどん広がっています。その中から自分に合った化粧水を選ぶ必要がありますが、どう選んでいいのかわからなくなることってありませんか?使い方やつけ方の前に、まずは正しい選び方からお届けしていきましょう。

選び方①肌質で選ぶ

1つめの化粧水の選び方は、肌質で選ぶ方法です。主に、オイリー肌、混合肌、乾燥肌、敏感肌といった4つのタイプに分けることが出来ます。オイリー肌の方は、さっぱりとした使い心地の収れん化粧水、混合肌の方は、しっとりタイプの化粧水、乾燥肌の方は、高保湿タイプの化粧水、敏感肌の方は、低刺激タイプの化粧水を選ぶようにしましょう。

選び方②お肌の悩みで選ぶ

2つめの化粧水を選ぶ方法は、お肌の悩み別に選ぶということです。お肌の悩みと言えば、シワ、シミ、ニキビ、くまなどがあります。これらの肌トラブルに効果を発揮してくれる特徴を持ったスキンケアアイテムを選ぶようにしましょう。

選び方③目的で選ぶ

3つめのポイントは、目的で選ぶことです。目的とは、「美白したい」「カサカサを緩和したい」などのどういう美肌になりたいかによって選ぶということです。気になるところにアプローチしてくれる化粧水を選ぶようにしましょう。

化粧水の使い方で目指す美肌の条件とは?

次は、今回の化粧水の正しい使い方を覚えてなりたい「美肌」についてお話ししていきます。皆さんは美肌の条件って何があるか知っていますか?この美肌の条件を覚えておきながら、毎日のスキンケアを実践していきましょう。

条件①みずみずしい潤い

美肌の条件の1つめは、みずみずしい潤いのあるお肌です。角質層にしっかりと水分が蓄えられていて、きめ細かいお肌が理想です。さらに、ツヤツヤとみずみずしくて見ただけでもその柔らかさがわかるような整ったお肌は美肌の条件の1つになっています。

条件②血色のいい透明感

美肌の条件の2つめは、血色が良くて透き通った透明感のあるお肌です。肌のターンオーバーが順調なので、肌トラブルもなく、常に新鮮な肌の状態が保たれています。まるで光を反射してしまうようなキラキラとした輝くようなお肌がポイントです。

条件③ハリと弾力

美肌の条件の3つめは、ハリと弾力です。みずみずしさ、透明感、この2つの条件が揃っているお肌は、必然的にハリと弾力があります。指で触れた時に、跳ね返るようなハリを感じたり、潤いで満たされた印象を受けます。美肌の条件には、やはり化粧水を使った保湿は欠かせないようです。

化粧水の正しい使い方のポイント

ここからは、いよいよ化粧水の正しい使い方に入っていきたいと思います。化粧水を正しく使うためには、いくつかのポイントがあります。それを踏まえて化粧水を使っていくようにしましょう。ここでは、化粧水の正しいつけ方のためのポイントをご紹介します。

ポイント①手を清潔にしておく

スキンケアを行う前は、手を清潔にしておきましょう。手が汚れているまま化粧水などのスキンケアをしてしまうとそれが肌トラブルの原因に繋がったりする可能性があります。せっかく洗顔して顔をキレイに洗ったとしても手が汚れていては、意味がありません。手も一緒に洗って清潔にするようにしましょう。化粧水をつける時は、手以外のアイテムとしてコットンもおすすめです。

ポイント②お肌のコンディションを確かめながらつける

化粧水のつけ方のポイントの2つめは、お肌の状態を見極めながら化粧水をつけることです。お肌は、季節や体調などによって変化します。そんなお肌の状態を一番理解しているのは、自分ですよね。今日は乾燥している、肌トラブルが出来ているなどお肌の状態を見ながら化粧水の量を調節したりすることがポイントです。

ポイント③化粧水をつけた後のスキンケアを欠かさない

化粧水をつける時のポイントの3つめは、化粧水後のスキンケアです。化粧水を使って水分を保水した後は、必ず乳液や保湿クリームなどの油分の多いアイテムでフタをしていあげるようにしましょう。これを怠るとお肌がさらに乾燥して美肌どころではなくなってしまいます。ここも重要なポイントです。

化粧水の使い方で活用するアイテムとは?

次にご紹介していくのは、化粧水をつける時のアイテムです。薄々わかっている方もいると思いますが、化粧水をつけるアイテムとしては、手とコットンの2つのパターンがあります。もちろんメリットも違うのでその部分からお届けしていきましょう。

手でつけるメリットとは?

1つめは手で化粧水をつけるつけ方です。手を使用して化粧水をつけるメリットは、手で肌が温まるので化粧水が浸透しやすくなったり、実際に肌の状態を感じながらつけることが出来ます。ただ、手は色々なものを触っているため雑菌がついている可能性もあるので気をつけましょう。

コットンでつけるメリットとは?

2つめは、コットンでつける方法です。衛生面で信頼出来ますし、化粧水を細かいところまでつけることも出来ます。さらに、コットンをつけて化粧水をつけるとそのままパックすることが出来ますし、色々なスキンケアに応用することが可能です。

手でつける化粧水の正しい使い方

それでは、早速化粧水の正しいつけ方をご紹介していきます。先ほどもお伝えしたように化粧水をつける時は、手でつけるつけ方とコットンをつけるつけ方があります。まずは、手でつける化粧水のつけ方をご紹介していきます。

つけ方①手の平につけて化粧水を温める

手の平に適量の化粧水を出して、手の中で化粧水を温めます。手の平に広げた化粧水を両頬、顎、Tゾーンにプレスするようにつけていきましょう。イメージとしては、グーッとお肌に押し込むようにつける感じでつけていくことがポイントです。

つけ方②細かい部分は重ね付けする

全体的につけたら、乾燥の気になる部分はもう1度重ね付けをしていきます。再び手の平に化粧水を出して温めた後、気になる部分にプレスしていきましょう。それが終わったら、手の平を広げてお顔全体を覆うようにプレスして、さらに化粧水を皮お肌の奥まで入れ込んでいきます。

コットンでつける化粧水の正しい使い方

続いては、化粧水をコットンを使ってつけるつけ方です。手でつける時とは、少し違ったつけ方なので、化粧水をつける時は、違う方法でつけていくようにしましょう。

つけ方①コットンに化粧水を出してお肌に塗布する

コットンを持って化粧水を染み込ませていきます。次に、お顔につけていくのですが、その際もつけ方があります。両頬、おでこ、あご、鼻筋につけて最後に目元や口元につけていくのですが、内側から外側に向かって放射線状になるように押し当ててつけていきましょう。

つけ方②ハンドプレスをして終了

手でしっとりしていることを確認してOKだったら、コットンパックをして、最後に顔を全部覆うようにハンドプレスしたら終了です。

Thumb化粧水はコットン?それとも手?正しいパッティングのやり方を調査!

化粧水の後のスキンケアアイテムの使い方は?

ここまで化粧水のつけ方をご紹介してきました。正しい化粧水のつけ方を知っただけでは、スキンケアは終わりません。化粧水をつけた後の乳液や保湿クリームなどのアイテムも大切になってきます。

スキンケアを行うタイミングとは?

スキンケアを行うタイミングは、朝は起きて顔を洗った後、夜は洗顔の後につけるようにしましょう。お風呂上がりは、とても乾燥しやすい状態になっています。洗顔をして出来るだけ早いタイミングでスキンケアを行うことがおすすめです。

美容液のつけ方

化粧水を行った後には、そのまま乳液や保湿クリームをつける方もいれば、美容液をつける方もいます。美容液をつける時のつけ方は、手の平に適量の美容液出してピンポイントの場所につけていきます。指でつけて軽く叩くようになじませていきましょう。

乳液&保湿クリームのつけ方

乳液や保湿クリームのつけ方は、手の平に適量の乳液やクリームを出して手の中で温めるようにしながら広げていきます。それを両頬、あご、おでこにプレスするようにしながらつけていきます。決してこすらないようにしましょう。皮膚は、とてもデリケートで傷つきやすい部分です。しっかりプレスしてお肌に入れ込んでいきます。

化粧水の使い方を実践!おすすめの化粧水【保湿編】

ここからは、化粧水の使い方で使ってみたくなるおすすめの化粧水をご紹介していきます。スキンケアで使っている数々の化粧水の中から、3つのテーマで全部で6つの化粧水をお届けしていきましょう。まずは、保湿効果に優れた化粧水です。

その①【ロート】極潤ヒアルロン液

極潤のヒアルロン液には、3つのヒアルロン酸が入っています。とろんとしたテクスチャーでお肌にキュッと吸い付いて潤いのあるお肌に仕上げてくれます。シンプルな作りなのでお肌にも優しく、敏感肌の方も使えるアイテムになっています。

その②【小林製薬】ヒフミドエッセンスローション

ヒフミドは、角質層にみずみずしい潤いを与えてくれてハリと弾力をくれます。乾燥で出来てしまうシワや潤いを与えることでバリア機能を高めてくれたりします。手に乗せてつけることの出来る化粧水です。

Thumb化粧水で乾燥肌におすすめは?保湿力が高い人気ランキングまとめ

化粧水の使い方を実践!おすすめの化粧水【美白編】

次の化粧水は、美白効果のある化粧水です。先ほどご紹介した保湿化粧水も人気ですが、今からご紹介する美白化粧水も人気です。早速2つの化粧水をご紹介していきます。

その①【エリクシール】ホワイトクリアローションC

エリクシールのホワイトクリアローションは、大人のお肌におすすめの美白化粧水です。ハリや弾力はもちろんですが、お肌を明るくなることで印象も華やかに明るくしてくれます。この化粧水は、使い心地を3つから選ぶことが出来ます。自分のお肌に合ったものが見つかります。

その②【資生堂】HAKU

HAKUは、メラニンの生成を防ぐ効果があります。その名前通り、お肌に潤いと透明感を与えて明るさのあるキラキラと輝くようなお肌にしてくれます。

Thumb美白化粧水のおすすめランキングBEST5!市販で安い!効果は?

化粧水の使い方を実践!おすすめの化粧水【エイジングケア編】

最後にご紹介するのは、エイジングケアにおすすめの化粧水です。やはり年齢を重ねるごとにお肌の変化が気になります。そんなお肌の変化に対応してくれる化粧水をお届けしていきましょう。

その①【アヤナス】ローションコンセントレート

アヤナスのローションコンセントレートは、大人の女性におすすめの化粧水です。その秘密は、お肌に溶け込むテクスチャーが魅力のアイテムになっています。ローションに含まれる保湿成分が肌内部まで浸透してエイジングケアに大きな助けとなってくれます。

その②【無印良品】エイジングケア化粧水

身近なブランドである無印良品のエイジングケア化粧水は、天然美肌成分10種とヒアルロン酸などを配合したエイジングケアをしている方のためのおすすめの化粧水です。保湿成分は、先程ご紹介したヒアルロン酸だけでなく、コラーゲンも配合しているので、保湿力にも優れたアイテムです。

Thumbエイジングケアとは?何歳から始める?おすすめの化粧水ランキングも紹介

目指せお肌美人!化粧水の正しい使い方をマスターしよう!

いかがでしたか?化粧水の種類は色々あれど、つけ方は1つです。手でもコットンでも自分のお肌や習慣にあった方法を選んでスキンケアをしていきましょう。化粧水は、美容液や保湿クリームをつける前のお肌を整える重要な行程です。1日の始まりと終わりには、スキンケアをしてお肌を労ってあげることも美肌のために大切なことです。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-07-17 時点

新着一覧