体重が減らない時の原因・理由!停滞期を脱出する効果的な方法まとめ

体重が減らないときの原因や停滞期を突破する効果的な方法についてまとめました。体重が減らない停滞期は原因をはっきりさせて、効果的な方法で対処することが大切。原因と効果的な方法をチェックして体重が減らない停滞期を抜け出しましょう!

体重が減らない時の原因・理由!停滞期を脱出する効果的な方法まとめ

目次

  1. 体重が減らない停滞期の原因を知りたい!
  2. ダイエットの初期段階は体重がたくさん減るのはなぜ?
  3. 体重が減らない!停滞期の原因とは?
  4. カロリー制限のしすぎは体重が減らない原因になる
  5. 体重は体脂肪以外の原因でも減らない場合がある
  6. 体重が減らない停滞期を抜け出す効果的な方法
  7. 体重が減らない停滞期を抜け出す!効果的な運動方法
  8. 効果的な筋トレで代謝を上げて体重が減らない原因を取り除こう
  9. 食事方法も見直すことで体重を減らすサポートに
  10. 筋トレのサポートになる食材も取り入れよう
  11. ダイエット中に取り入れたい!鶏胸肉のソテー
  12. いろいろ使えて便利!鶏胸肉のチャーシュー
  13. 栄養満点!ダイエットにもおすすめの冷しゃぶサラダ
  14. 冷めてもおいしいササミのピカタのレシピ
  15. 体重が減らないときも我慢強くダイエットを続けよう!

体重が減らない停滞期の原因を知りたい!

ダイエット中に陥りがちな体重が減らない停滞期

ダイエットを開始したときは調子が良かったのに時間が経過するといつの間にか体重が減らない状態になってしまった、ということはありませんか?体重が減らないのには理由があるので、その原因を知って体重を減らすように努力をする事が大切。せっかくダイエットを続けているのに体重が減らないからとすぐにダイエットをやめてしまうのはもったいないですよね。

体重が減らない原因や効果的な方法をチェックしよう

「体重が減らない原因を知りたい!」「体重が減らない状態からしっかりと減るような体へと変わりたい」というときに役立つ情報についてまとめました。体重が減らない期間を経ればまた体重が減るようになるので忍耐力が必要です。体重が減らない場合にチェックしておきたい情報をダイエットに役立てていきませんか?理想の体重へと変わっていきましょう!

ダイエットの初期段階は体重がたくさん減るのはなぜ?

ダイエットのはじめは糖質と水分が抜けて体重が減る

ダイエットを開始した直後は面白いくらいに体重が落ちて嬉しくなりますよね。「これだったら続けられるかも!」と毎日体重計に乗るのが楽しみになります。けれどもダイエットを始めてしばらくしたらピタッと体重が落ちなくなる時期がやってくるのが問題。

ダイエットのはじめに体重が落ちるのはダイエットを意識しはじめた食事や運動により水分や糖質が抜けていくからです。こうしたものが落ちていくことによって体重が減り、痩せているような気持ちになれるということですね。

初期をすぎると体重が減らない停滞期が訪れる

ダイエットの初期を過ぎると最初に溜まっていた糖質や水分が出ていって停滞期が訪れます。停滞期が訪れることによって体重が減らなくなり、「どうして体重が減らないんだろう?」というジレンマに陥ってしまうのがダイエット中の盲点。体重が落ちなくなってしまった場合はストレスを溜めず、停滞期を乗り越えることが重要なポイントになります。

Thumbお腹がすいた時ダイエット中はどうする?ごまかし方やおすすめのおやつ紹介

体重が減らない!停滞期の原因とは?

停滞期は生命維持機能が働いているのが原因

それでは、そもそもなぜ体重が減らない停滞期が訪れるのでしょうか?人間の体は体重が急激に落ち始めると危機を感じ、生命維持機能が働くようになります。エネルギー代謝を落とし、体重が落ちないように自己防衛にはいってしまうのが停滞期の要因。停滞期は健康的な体の作用の1つなので、ダイエット中は停滞期と付き合いながら体重を落とすことが大切です。

停滞期を抜け出せば体重が減らない状態を改善できる

停滞期に入ると2〜3週間ほど体重が減らない時期が続きます。体重が減らないと落ち込まずにダイエットを続けるのが重要なポイント。停滞期に入ったということはそれまでのダイエット方法が順調に進んで体重が減ってきたということを表しています。ある程度の期間が経ったら停滞期が終わり、また体重が落ちていくので不安にならず続けてくださいね。

カロリー制限のしすぎは体重が減らない原因になる

カロリー制限をしすぎることで代謝が落ちる

停滞期はエネルギー代謝が落ちる時期ですが、これはカロリーを制限しすぎて飢餓状態になってしまった場合に起きます。カロリーの制限しすぎは停滞期になる以外にも代謝が落ちる原因になるので気をつけましょう。カロリーが足りないと必要なエネルギー代謝ができず、全体の代謝が落ちてしまうことがあるのです。

代謝を上げるようにすると体重が減らない状態を改善できる

体重を落とすために大切なことはカロリーを制限しすぎるだけでなく代謝を上げるように意識をすることが大切になります。代謝を上げる食材や運動方法を取り入れて、代謝を上げていくことによって停滞期も早く抜け出すことができるように。なかなか体重が落ちない、という場合はカロリー不足になっていることもあるかもしれません。

体重は体脂肪以外の原因でも減らない場合がある

摂取した水分によって体重が減らないことがある

体重=体脂肪という方程式には必ずしもなりません。水分をたくさんとることによって体重が増えた、ということもあるので体重を計るタイミングも大切になります。水分を100mlとったらその分だけ体重が増えるので、水分を輩出した後に体重を計るのがおすすめ。お風呂に入った後やお手洗いに行った後などタイミングをみて体重を計りましょう。

筋肉がついて体脂肪が落ちれば体重が減らない場合もOK

体重だけでなく体脂肪率もダイエットの重要なポイントになります。ダイエットで運動を続けている中で体重は変わらなくても体脂肪が落ちているのであれば、筋肉がついている証拠。体重が減らなかったとしても体脂肪が減って筋肉がついていれば引き締まった体になることができます。

体重が減らない停滞期を抜け出す効果的な方法

代謝を上げる食べ物を取り入れる

停滞期を抜け出すのに重要になるのが食事や運動。停滞期はエネルギー代謝が落ちているので、代謝を上げるような食材を取り入れることが大切になります。生姜やニンニクなど代謝アップの働きを期待できる食材を積極的に取り入れて代謝を上げるようにしましょう。

運動を続ける方法も効果的

運動を続けていくことも大切になります。体重が減らないからといって運動を怠けているとそれまで行っていたダイエットの成果が台無しになってしまうので気をつけましょう。体重が減らないときだからこそ運動を続けて代謝を上げるように意識することが大切です。体重が減らないという理由だけで運動を放棄せず、粘り強く続けてくださいね。

体重が減らない停滞期を抜け出す!効果的な運動方法

ランニングやウォーキングなどの有酸素運動が効果的

代謝を上げて体重を減らすために有効的なのが有酸素運動。ランニングやウォーキングといった有酸素運動は代謝を上げて痩せやすい体づくりのサポートになってくれます。ランニングだと厳しい場合はウォーキングでも大丈夫。大切なのは運動を続けることなので、自分にとってやりやすい方法で有酸素運動を続けていきましょう。

水泳を取り入れる方法も効果がある

有酸素運動では水泳もおすすめ。水泳は全身運動なので効率的にエネルギー代謝を上げることができます。泳げない場合はプールでウォーキングするだけでも効果的。水の中で動くことによって負荷がかかり、効率的にエネルギーを消費できるようになります。

Thumbエアロバイクダイエットの効果的なやり方!成功する方法・ポイントは心拍数

効果的な筋トレで代謝を上げて体重が減らない原因を取り除こう

筋肉は代謝機能を上げる

有酸素運動だけでなく、筋トレをはじめとした無酸素運動を取り入れるのもおすすめ。筋肉はエネルギー消費率の高い器官なので、ほどよく筋肉をつけることによって代謝を上げることができるようになります。

スクワットや腹筋など基本的な筋トレ方法でも十分に効果的

本格的な筋トレではなく、腹筋やスクワットといった基本的な筋トレでも十分に体重を落とすことができます。続けることが大切なので、ぜひ体重を落とすために行ってくださいね。

Thumb骨盤スクワットはダイエットに効果的?1日3分でできる正しいやり方

食事方法も見直すことで体重を減らすサポートに

食事の方法が体重が減らない原因になっていることも

体重を減らすためには運動と食事の両方を意識することが大切です。体重が減らないからといって食事方法を怠けていてはすぐに体重が増えてしまうので気をつけましょう。食事の最初に糖質の多い食材を食べると血糖値が上がり、脂肪をためこみやすくなってしまいます。体重を落としたい場合は食べ方を工夫することも大切。

ベジファーストが基本

血糖値をゆるやかに上昇させるためには野菜を先に食べるのがおすすめ。野菜スープやサラダなどを先に食べてから糖質を含んだ料理を食べるようにしましょう。ただし根菜類は糖質が多いので注意。葉物野菜をはじめとした血糖値を上げにくい食材を食べましょう。

Thumbお腹が空いた時の対処法は?夜中やダイエット中でもおすすめの方法

筋トレのサポートになる食材も取り入れよう

良質なタンパク質

体重を落としたい場合は良質なタンパク質を摂取することが大切。タンパク質は筋肉を作るのに役立つ栄養素です。また、代謝を上げるビタミンB群を豊富に含んだ豚肉などのタンパク質類はエネルギー代謝をアップさせたい場合に最適。

効果的にエネルギーを消費するには糖質も必要

エネルギーを効果的に消費するためには糖質も必要な分量だけ摂取することが重要です。糖質を制限しすぎると体重が落ちたとしてもリバウンドしやすくなってしまうので気をつけましょう。

ダイエット中に取り入れたい!鶏胸肉のソテー

鶏胸肉のソテーに必要な材料

それでは体重が減らないときにも取り入れておきたいレシピをチェックしていきましょう。体重が減らないときもおすすめしたい食材である鶏胸肉を使ったソテーのレシピです。パサパサしがちな鶏胸肉ですが、ちょっとしたコツをおさえることによってしっとりジューシーな味わいに。おいしくてヘルシーな鶏胸肉レシピで体重を減らしていきましょう!

鶏胸肉のソテーに必要な材料は、鶏胸肉1枚、玉ねぎ1/4個、ニンニクひとかけら、醤油大さじ2、酒大さじ1、みりん大さじ1、はちみつ大さじ1、片栗粉、黒胡椒になります。彩りを添えるために、パセリや万能ネギを用意しておくのがおすすめ。レタスやパプリカなどを一緒に付け合わせてサラダ仕立てにしてもおいしくいただけるので、アレンジしてみてくださいね。

おいしいレシピ

玉ねぎとニンニクはすりおろしておきます。鶏胸肉は厚さが均等になるように観音開きにしましょう。ビニール袋に醤油・酒・みりん・はちみつ・黒胡椒を入れ、鶏胸肉とニンニク、玉ねぎもプラスします。鶏胸肉にしっかりと調味料を揉み込んだら冷蔵庫に入れて1時間ほど寝かせてください。鶏胸肉を取り出したらキッチンペーパーなどで水気を拭き取ります。

鶏胸肉の全体に片栗粉をまぶし、油をしいたフライパンで焼きます。蓋をした状態で蒸し焼きにし、両面に焼き色がついたらビニール袋に残った調味料をまわしかけましょう。強火で加熱し、照りが出るまで味をからめたらフライパンから取り出します。お好みの大きさにカットしたらできあがり。

いろいろ使えて便利!鶏胸肉のチャーシュー

鶏胸肉のチャーシューに必要な材料

鶏胸肉を使ったレシピとしておすすめなのが、鶏胸肉のチャーシュー。鶏胸肉をチャーシュー仕立てにしたものでそのまま食べるだけでなくサラダのトッピングしたり、サンドイッチにしたりといったようにバラエティ豊かな方法でアレンジできる便利なレシピです。高タンパク&低脂肪な鶏胸肉で体重を減らすサポートになってくれるのも嬉しいポイント。

鶏胸肉のチャーシューに必要な材料は、鶏胸肉2枚、酒100ml、みりん100ml、醤油100ml、砂糖大さじ3、酢50ml、生姜ひとかけらになります。酢を入れる事によってさっぱりとした風味になるのが魅力。体重を減らしたい場合はキャベツの千切りをたくさん作って、鶏胸肉のチャーシューと一緒に食べるとヘルシーなのに食べ応えのある食事を楽しめます。

気軽に作れるレシピ

鶏胸肉は観音開きにしてからくるくると巻いていき、タコ糸でしっかりと縛ります。フライパンに油をしき、タコ糸でしばった鶏胸肉の表面を焼きましょう。全体に焼き色がついたら酒・みりん・醤油・砂糖・酢・生姜のすりおろしを加えます。

一煮立ちさせたら弱火に落とし、30分ほどひっくり返しながら煮てください。全体に味がなじんだら火を止めてジッパー付き保存袋に鶏胸肉と調味液を入れます。そのまま冷蔵庫で数時間寝かせたら完成。

栄養満点!ダイエットにもおすすめの冷しゃぶサラダ

冷しゃぶサラダに必要な材料

冷しゃぶサラダも体重を減らしたい場合におすすめのレシピ。豚肉は代謝を上げる働きがあるとされるビタミンB群が豊富に含まれているので、体重がなかなか減らない場合のサポートをしてくれます。たっぷりの野菜と一緒にサラダにすればビタミンやミネラルも摂取できるので健康的。食べ応えもあり、ダイエット中でも満足感のある食事に仕上げられます。

冷しゃぶサラダに必要な材料は、しゃぶしゃぶ用の豚肉300g、塩小さじ1/2、白だし大さじ1、酒大さじ1、水300ml、ネギ2本、梅干し3個、大根おろし、ポン酢、いりゴマ、レタス、トマト、キュウリになります。冷しゃぶサラダに加える野菜類は好みに合わせて変えましょう。茹でたもやしや水菜、ミョウガなどいろいろな組み合わせで楽しめます。

簡単なレシピ

鍋に水を入れて沸騰させたら、白だしと塩、酒を入れて豚肉を茹でます。豚肉の色が変わったら取り出し、冷ましておきましょう。ネギは斜め切りにし、キュウリは細切り、トマトはくし切りにします。梅干しの種をとってたたいたら、大根おろしを混ぜ合わせてください。

お皿にちぎったレタスをのせ、キュウリやトマトも盛り合わせます。豚肉をのせたら長ネギと大根おろしをトッピング。ポン酢をまわしかけ、すりゴマをふりかけたら完成です。

冷めてもおいしいササミのピカタのレシピ

ササミのピカタに必要な材料

鶏胸肉の他に高タンパク&低脂肪のササミを使うのも体重を減らしたい場合におすすめの方法。ササミはリーズナブルな価格で手に入れることができるので、お金をかけずに体重を減らす食事を楽しみたい場合におすすめです。ササミのピカタはしっとりとした食感に仕上がり、冷めてもおいしいのでお弁当にもぴったり。ぜひ気軽に作ってみてはいかがですか。

ササミのピカタに必要な材料は、ズッキーニ1/2本、ササミ2本、卵1個、カレー粉小さじ1、粉チーズ大さじ1、バター大さじ1、塩胡椒、小麦粉になります。味付けとしてケチャップやマスタードを添えるのがおすすめ。なくてもおいしくいただけますが、味のアクセントになります。ズッキーニ以外にナスやチーズなど他の具材をピカタにしても良いかもしれないですね。

お弁当にもぴったりなレシピ

卵とカレー粉、粉チーズを混ぜ合わせておきます。ササミは筋を取り除き、食べやすい大きさにカット。ズッキーニは輪切りにします。ササミをビニール袋に入れて塩胡椒と小麦粉をまぶしてください。ズッキーニにも小麦粉をまぶします。フライパンにバターを入れて溶かしたら、ササミとズッキーニを卵液にくぐらせて焼いてください。両面がこんがりするまで焼いたらできあがり。

体重が減らないときも我慢強くダイエットを続けよう!

体重が減らないのには何かしらの原因があります。体重が減らないとしても粘り強くダイエットを続けて理想の体型を手に入れてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-10-23 時点

新着一覧